IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

年金はいつからもらえる?受け取る方法/年金の払い込み

暮らしの知恵

年金制度に不安を感じている人が増えてきましたが、この記事では年金制度の成り立ちから、身分別の年金制度の仕組みを具体例を出して紹介しています。他には年金の免除制度や納付方法も紹介しています。最後のほうでは年金の未来についても解説しています。

更新日時:

年金はいつからもらえる?

年金はいつからもらえる?

年金制度はいつから始まったのか

年金制度がいつから始まったのかは、下記のサイトが詳しいです。年代別に整理されているので見やすいです。

いつから年金制度の免除制度ができたのかも記されているので、年金のことを総合的に知るには貴重な資料です。

誰だって年金の支給日は気になるようになる

年金制度は破綻していると言う人もいますが、いつかは多くの人が年金の支給日が気になるようになるでしょう。年を取ればできる仕事も少なくなって、年金が頼りになるからです。年を取ってくると、切実に感じるでしょう。

10年

平成29年8月1日から、年金の最低納付期間が10年になりました。それ以前は25年が最低納付期間でしたので、保険料を払わない人を減らす苦肉の策だと推測します。しかし10年の納付期間で支給される年金はかなり少ないことが予想されます。

70歳

年金の支給年齢は、段階的に引き上げられているのが実情です。将来的には70歳から、支給されるようになる可能性があります。その裏側には、厳しい財政事情があります。現時点では仮に70歳から年金を受給した場合は、年金額が42.0%増額されます。

68歳

いつから年金が支給されるかの問いには、現在は厚生年金と国民年金の場合は65歳からと答えることができますが、必ずしも65歳の時点で受給しなければならないものではありません。繰り下げて受給した方が増額されます。68歳0ヶ月から68歳11ヶ月までは、25.2%~32.9%まで支給額が増額されます。

65歳以上

現時点では65歳の誕生日から、年金の受給は可能ですが増額率はありません。生活面に不安がなくて、健康状態が良好な人は68歳以降に受給した方が賢明でしょう。68歳ぐらいになれば、アルバイトでも働く場所が少なくなるのが理由です。

60歳

「いつから年金が受給できるのか?」この疑問は、60歳から受給できた時代からもありました。しかし60歳から支給される時代は、終わってしまいました。厳しい財政事情を反映して、現在では65歳から支給されるようになりました。

誕生日

現在の年金制度では、65歳の誕生日の前日の翌月分から支給されるようになります。しかし支給年齢は時代とともに変更になるので、現在の年金支給年齢が将来も続くとは限りません。

厚生労働省

厚生労働省は年金制度の仕組みを考え、実施している機関です。いつから年金を支給するのかという問題を、具体的に考えています。しかし現在の年金制度に不安を抱く人が多くなった原因は、真剣に検証しなくてはいけないでしょう。

国家公務員

国家公務員は加入している保険がサラリーマンとは異なり、支給される年齢も異なります。昭和28年4月2日以降に生まれた方の、支給開始年齢は61歳からになります。

地方公務員

地方公務員も、サラリーマンとは違う保険に加入しています。年金支給年齢も、厚生年金や国民年金の加入者とは異なります。一般組合員で昭和30年4月2日~昭和32年4月1日生まれの人は 、62歳から年金が支給されるようになります。 特定消防組合員の場合は、上記とは異なります。昭和30年4月2日~昭和34年4月1日生まれの人は、60歳から年金が支給されます。

働いている妻は年金を納付することになりますが、支給年齢は厚生年金の例と同じになります。しかし夫の扶養家族になり第3号被保険者になることもできます。そのときの条件は年収が130万円未満になるので、働き方の工夫が必要です。

専業主婦

専業主婦で夫の扶養になっている場合は、第3号被保険者になり保険料を払う必要はありません。それでも65歳から老齢基礎年金を受給できます。ちなみに夫が妻の扶養になっている場合も第三号被保険者になり65歳から年金が受給できます。

年金の支給停止解除について

年金の支給停止解除について

公的年金を受給している人が亡くなった場合は、年金受給停止の手続きをしなければなりません。年金の受給を停止するには、年金事務所か年金相談センターに「年金受給者死亡届」を提出します。 その際は死亡した人の年金証書・死亡の事実を証明できる書類(戸籍抄本、死亡診断書のコピー)が必要です。手続きの期限は厚生年金は死亡日から10日以内で 、国民年金は死亡日から14日以内になります。 年金を受給しながら働いている人がいます。そんな人は給料と賞与を合わせた額が一定額以上になれば、年金が停止されるシステムになっています。60歳から65歳未満で年金支給額が14万円の例では、給与と賞与を12ヶ月で割った金額が42万円になれば全額年金が停止されます。 しかし勤めていた会社を退職して、年金以外の収入がない場合は14万円分を受給することができます。会社が厚生年金の資格喪失届を年金事務所に提出するので、特別な手続きは必要ありません。退職した翌月分から支給停止は解除されます。

いつから年金を受給できる

いつから年金を受給できる

満額

いつから年金が受給できるのかと、指折り数えて待っている人もいるでしょう。基本的に最低納付機関を満たしていれば受給できます。現在は25年間が最低納付期間ですが、平成29年8月1日からは最低納付期間が10年になりました。

請求

最低納付期間を満たした方は、日本年金機構から3ヶ月前に年金請求書が送付されてきます。その書類に必要事項を記入して、手続きしてからの受給になります。

マイナンバー

「いつから年金が支給されるのか?」「いくら年金が支給されるのか?」こんな相談を各地の年金事務所では受け付けています。基礎年金番号が分からない場合であっても、マイナンバーカードで年金額の相談を受けることができます。 また平成29年1月以降は年金関係の届書にマイナンバーを記載することによって、提出書類が少なくなるようになりました。順次対応予定なので、手続きの日によっては必要書類が異なる可能性があります。

いつから年金の払い込みをする

いつから年金の払い込みをする

20歳

国民年金の保険料は、20歳から60歳までの40年間の間に納付することになっています。平成29年8月1日以前から保険料を支払っている人は、20歳から60歳までの間に最低25年間は保険料を納付する必要があります。

サラリーマン

サラリーマンで厚生年金の場合は、入社した年から保険料を払うようになっています。入社した年の年齢が16歳の場合だったら、16歳から保険料を払うようになっています。20歳から払う国民年金とは異なります。

増額

いつから年金が受給できるかが分かっていても、年金だけでは不安だと感じる方もいるでしょう。そんな人は年金を増額する方法を、実行すればいいでしょう。自営業の方であれば、国民年金基金に加入する方法があります。 他には年金を繰り下げて、受給する方法もあります。会社員の場合は60歳を超えても引き続き働くことができたら、厚生年金の保険の加入期間が長くなり支給額も増えます。

クレジット払い

国民年金の場合は、保険料をクレジット払いにすることが可能です。クレジットカードで払うメリットは、自動的に支払いができることとクレジットカードの種類によっては、ポイントがたまることでしょう。

強制加入

「いつから年金がもらえるのだろう?」「本当に年金が支給されるのかなぁ?」そんな不安を背景に若い世代を中心に、年金を払わない人が増えてきました。しかし年金制度は下の世代が年金受給者を支える制度なので、年金を払わない人が増えてきたら年金制度は破綻してしまいます。そんな状態に政府や年金機構が危機感を感じたのか、強制加入させる流れになってきています。

差し押さえする理由

年金の強制加入の流れになっていますが、それでも保険料を払わない人がいます。そんな人たちを対象に、年金の差し押さえ処置をすることがあります。差し押さえを積極的にするようになった理由に、政府や日本年金機構の年金制度への危機感があります。

年金3号の資格者は恵まれている

年金3号とは、第3号被保険者のことです。条件を挙げます ・20歳以上60歳未満 ・第2号被保険者に扶養されている配偶者 年金3号の人は扶養されているので、年金の保険料を払う必要はありません。年金3号の人は保険料を支払う必要がありませんが、65歳から満額を受給できるようになります。

免除申請と免除の条件とは

経済的な理由で保険料を収めるのが、苦しい人たちがいます。そんな人たちのために、年金の保険料の免除制度があります。未納のままにしないで、手続きをしましょう。免除される対象者は下記の引用文を参考にしましょう。

本人、配偶者(別居中の配偶者を含む)、世帯主それぞれの前年所得(過去の年度分については、 前々年や前々々年所得等)が一定額以下の場合や失業等の理由がある場合、申請により保険料の納付 が全額免除または一部免除となります

保険料が免除になる収入の目安を紹介します。国民年金の例になります。4人家族で所得が162万円のケースは、全額免除になります。

年金から介護保険料も払う必要あり

年金生活者であっても、介護保険料は払う必要があります。介護保険料は、40歳から払うようになっています。しかし世帯の年間収入額や資産額が市区町村で決められた額の上限を超えていない場合は減額されることがあります。各市町村によって条件は異なりますので、詳しいことは各市町村の窓口で相談したらいいでしょう。

年金生活者であっても年末調整は行う必要あり

年金生活者であっても、年末調整をする必要があります。年金は雑所得に分類されているからです。年末調整をしなければ還付金の請求ができなくなるので、必ず年末調整はしましょう。個人で年末調整をする場合でも、ネット上には年末調整の書き方を解説して記事やサンプルがあるので参考にしたらいいです。

年金から天引きされるのは介護保険だけじゃない

先に年金からも、介護保険料を徴収されると書きました。しかし年金から天引きされるのは、介護保険料だけではありません。国民健康保険料・後期高齢者医療保険料・住民税も徴収の対象です。年金を全額使えるわけではないので、年金生活の生活プランをしっかりと立てることが大切です。

扶養家族である人の年金はどうなる

夫がサラリーマンで家族の者が扶養家族であれば、第3号被保険者になり65歳になれば老齢基礎年金を受給できます。第3号被保険者の条件を挙げます。 ・20歳以上60歳未満であること。 ・世帯主が厚生年金保険の被保険者か共済組合の組合員であること しかし時代と共に金額も条件も変更になる可能性が大です。そんなことを考えたら、「いつから年金がもらえるの?」という疑問は永遠の疑問と言えます。

いつから年金のことを考える

年金のことを漠然と考える時期は

いつから年金のことを漠然と考えるのかは、詳しい統計がないので分かりません。しかし50代になれば年金の話題が、多くなってくるのは事実でしょう。それぐらいの年代から年金のことを意識してくるのでしょう。 計算高い人はその頃からいつから年金が受給できるのかを仮定して、老後の生活のシュミレーションをするでしょう。そんな人は、いつから年金が支給されるかの情報に敏感なはずです

いつから年金のことを具体的に考えるのか

年金は遠い未来の話だと感じていた人も、年金の最低支給年齢の5年ぐらい前になると意識が変わる可能性があります。いつから年金を受給できるのかを、真剣に考え出す人が多くなるでしょう。 いつから年金が支給されるかだけに意識が向いているのではなくて、いつから年金を受給しようかという具体的な計画を立てる人が増えてくるでしょう。家族持ちの人は配偶者と一緒に、いつから受給するかの話題で話し合うこともあるでしょう。

年金の未来と不安

年金の未来と不安

「いつから年金が支給されるの?」この疑問は中高年だけではなくて、若い人でも抱く疑問でしょう。「いつから支給されるか分からないなら、保険をかけても無駄です」という、若い人の声を聞きます。でも老齢になったら、若い時には真剣に考えなかった大きな問題が出てきます。 ・いつ亡くなるのか分からない ・いつまで健康でいられるのかが分からない ・生活の不安 特に最後の生活の不安は、老齢者にとっては切実な問題です。老齢になれば体力も落ちて、物覚えも悪くなりがちです。そんな人たちが、若い人と同じように働いて生計を立てることは難しいです。そんな問題を少しでも解消しようということで、年金制度が発足しました。 一時期は年金制度を支える人が多くて、年金制度は問題なく運営されていました。しかしいつしか少子化になり、人口が減少してきました。その頃から、「いつから年金がもらえるのか?」という疑問が出てきたのでしょう。

豊かな年金生活を送ろう

年金生活のメリットは、ある程度の収入を国から保証されることです。納付した保険料が少なくて年金が少ない場合であっても、一定額が国から保証されたら生活の余裕ができます。そんな恩恵を享受して働き蜂のように働いていたときには、実現できなかった家族旅行をするのも有意義なことです。 夫婦水入らずで昼間からショッピングを楽しむのも、夫婦の絆を深めるのにいいでしょう。人は仕事のためだけに、生きているのではありません。年金が受給できたら、収入と自由のバランスがよくなります。そのバランスを活かして、豊かな老後を送りましょう。

アクセスランキング