IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

日本の消費税10%はいつから?最新情報/住宅ローン/契約

税金

我々の私生活に大きく影響を及ぼすことになる消費税10%について、その概要を生活の中でどのように大きな影響が出るのか、簡単では有りますが纏めました。その中でも、住宅ローンなど高額な物に対して8%と10%の差を書いてみました。

更新日時:

日本の消費税10%はいつから?

日本の消費税10%はいつから?最新情報/住宅ローン/契約

消費税10%増税はいつからかは、2013年10月1日の閣議で決定され、第1段階として2014年(平成26年)4月に8%〔消費税6.3%/地方消費税1.7%〕へと引き上げられました。 さらに、第2段階として、2015年(平成27年)10月に10%〔消費税7.8%/地方消費税2.2%〕へと引き上げられる予定でしたが、経済状況などを勘案して再検討するという方向でいつからかの決定は見送られました。 平成26年11月18日に、安倍晋三首相は首相官邸の記者会見にて、21日に衆院を解散すると表明したため、2015年10月に予定していた消費税増税10%への引き上げを保留する考えを示したのち、さらに今後も消費税増税10%を1年半先送りすることとし、2017年4月とすることを明言しました。

2017年4月に消費税は増税されるの?

2017年4月の消費税10%への増税は、再延期はせず10%へ増税する方針でしたが、2016年5月中旬より、2017年4月に予定していた消費税増税10%をさらに延期するという方針がでてきました。 それは、国内外の経済情勢が先行き不透明であるという点と、4月に起こった熊本地震による景気への影響もあることを心配されてるからです。安倍晋三首相は「適時望ましい事に判断していきたい」と述べていますので、またもや消費税10%増税がいつからかは明言されませんでした。

消費税10%への引き上げはいつまで延期されるの?

日本の消費税10%はいつから?最新情報/住宅ローン/契約

しかし、その後、消費税10%増税がいつからかについて、「今後の経済状況などを加味したうえで、平成28年5月30日に、2017年4月に予定していた消費税10%への増税を2年半留保することとし、2019年10月(平成31年10月)にする」という方針で決定しました。 消費税10%増税がいつからかは、1度に5%を増税した場合、家計への負担が大きく日常生活への影響もあることより5%から8%さらに10%への2段階での引き上げになるということです。

消費税を増税するとどうなるの?

消費税は、高水準な財源調達力を持ち、税収が経済情勢に左右されにくく統一しているため、働き盛りの年代などといった特定の人への偏りがないことにより、いつからか社会保障のための安定した財源に向いてると考えられ、今回の消費税率の引き上げが行われていることになってしまいました。 しかし、消費税が8%から10%へと増税になると、低所得者ほど税負担が大きくなってしまう「逆進性」の問題が生じてしまいます。消費者側にとっては、マイホームや自動車、家電、教育費用や日用品など、あらゆる消費に対して個人の負担が大きくなってしまいます。 今回の改正法案(8%、10%への増税)で述べられていることは、税率と引き上げ期間のみで、税率引き上げに伴って生じる、多くの問題点や課題などが、まだまだたくさんあります。

増税前に知っておきたいこと

日本の消費税10%はいつから?最新情報/住宅ローン/契約

消費税は2014年4月に5%から8%へと引き上げられました。消費税10%増税がいつからかといえば、2017年4月には10%に増税される予定でしたが、2019年10月まで先送りになってしまいました(2016年7月現在)。 2年半先送りとなった消費税10%の増税はいつからか、また、私たちの暮らしにどんな影響が出るのでしょう。さらに、増税前に知っておくことや、備えることはどんなことがあるのでしょうか。また、どのようにして消費税はいつから引き上げられるのでしょうか。消費税増税の前に知っておきたいことは多くあります。

どうして消費税はひきあげられるの?

消費税は、景気にコントロールされず、法人税などと違い税収が働き盛りの人といった特定の人だけではなく、国民全体で負荷できるといった特徴があります。 今後膨らんでくる社会保障費や、法人税の引き下げなどによる税収の減額などにより、日本の財政はさらに悪化していいくことが予想されます。国の財政を確保するためには、国民全体で平等な負荷という点から、いつからか消費税10%への増税は避けては通れない道となっています。

家計への影響は?

日本の消費税10%はいつから?最新情報/住宅ローン/契約

消費税が10%になった場合、今後の家計への影響はいつから、どのくらいあるのでしょう。大和総研の試算(2015年1月)によりますと、世帯年収1,000万円、両親のどちらか片方のみが労働する4人家族で2017年4月に10%増税があったと仮定し、年間で約17万3,000円の負担金額が増加すると言われています。 今後は、消費税の増税のみでなく、子ども手当(児童手当)の減少や、厚生年金保険料増加などといった多方面からの影響もありますので、家庭への影響は大きいと言えます。それゆえに消費税10%増税がいつからかが気になります。

専業主婦世帯の負担は大きいの?

消費税は、個人の収入に左右されることなく購入するもの全てにおいて平等に徴収されますので、個人差もありますが、専業主婦世帯などといった所得の低い世帯の方が負担感が大きく感じられることがあります。 また、消費税増税の他にも所得税や児童手当などについても、専業主婦家庭は共働き世帯と比べた場合には負担感が大きく感じられます。それゆえに、消費税10%増税がいつからかが大変気になります。

共働きはいつからメリット?

日本の消費税10%はいつから?最新情報/住宅ローン/契約

たとえば、世帯収入1,000万円の家庭の場合、世帯主一人の収入が1,000万円より、夫婦共働きで500万円ずつの収入合算での所得税の方が負担が軽減されます。 また、児童手当に関しても、主たる生計維持者(世帯主など主に家計を支えている者)」の収入が基準として算出されますので、夫婦共稼ぎの世帯より専業主婦世帯の方が支給される金額が減少してしまうといった傾向にあります。 さらに、配偶者の所得が一定金額以下の場合に適用される「配偶者控除」や「配偶者特別控除」に関しても、いつからか見直しや縮小さらに廃止といった動きもでてきておりますので、専業主婦世帯の家庭にはますます厳しい状況になってしまいます。 今後のさまざまな負担を考え、家計を守るためには色々な方法を考えなくてはなりません。それゆえに、消費税10%増税がいつからかが重要です。

消費税増税に備えるにはどうしたらいいの?

まずは、増税になった場合には、どの位負担増になるか、いつから負担増になるかを把握することが重要です。過去の支出と最近の支出を比べ、消費税が増税された時の負担額をシミュレーションして、いつから差額がどの位になるのかを知ることが良いでしょう。 次に、支出の面で削れる項目をピックアップして、住宅ローンや光熱費、子供の習い事の月謝など必ず必要となる出費の金額といつから必要か、外食や旅行、衣類の購入などをどの位節約できるのかを考えましょう。

専業主婦の消費税10%

専業主婦家庭では、消費税が10%に増税された場合には負担感が大きくなり、外に働きに出るのもひとつの方法ではありますが、専業主婦が働きにでれば増加分が補えるとは一概にはいえません。 主婦が働きに出る時には、職場でののお付き合いや子供の保育料といった出費が、増えてしまうことも考えられます。まずは、ご家庭の収支を把握したうえで、増税した場合にはどの位負担増になるのか、いつから負担増になるのかをしっかり知っておくことが必要です。消費税10%増税がいつからかが気になります。

消費税が増税になる前にマイホームを購入するべき?

日本の消費税10%はいつから?最新情報/住宅ローン/契約

消費税が増税する前に、マイホームを注文しておきたいという方も多くみられます。しかし、過去消費税が8%に増税になる直前に、マイホームを駆け込み注文する方が多く、この様な駆け込み需要が要因となり、いつからか住宅メーカーが住宅の価格をつり上げてしまうこともあります。 そんな反面、増税後には住宅購入の需要が減り、住宅メーカーは売上を確保するために住宅の価格を下げたり、価格はそのままで装備品を無償で取り付けたりといったサービスをしてくる住宅メーカーも多くあります。それゆえに、消費税10%がいつからかが気になります。

いつから10%が影響?

消費税が増税される前に住宅を注文したとしても、いつからか住宅メーカーがつり上げた高い価格で住宅を購入してしまえば、本当に節約になったかどうかがわかりません。消費税が10%に増税される前に注文受付けをする場合には、住宅の価格などをしっかり見据えて注文することをおすすめします。 消費税増税後も、住宅ローンの支払いは続きます。いつからか消費税が10%に増税された後も、生活費などを含め、無理なく住宅ローンの支払いができるかどうかを配慮したうえで注文の手続きをすることをおすすめします。それゆえに、消費税10%がいつからかが気になります。 マイホームなどといった大きな買い物をする場合には、今のうちに増税分を考慮して無理なく返済ができるのかを確認し、しっかり検討して購入することをおすすめします。

国税庁

日本の消費税10%はいつから?最新情報/住宅ローン/契約

次に、消費税10%はいつから増税されるかに深く関わっている国税庁について説明します。

国税庁とは

国税庁は財務省の外局として内国税の賦課・徴収をし、税務行政での研究立案を行い、国税局および税務署の指揮監督をします。 国税局は内国税の賦課・徴収を行い、国税庁の地方分局として作られた行政組織で、沖縄県(同県は国税事務所)を除く全国11カ所の地域で活躍しています。また、税務署は国税庁ならびに国税局(国税事務所)の指揮監督の下に、内国税の賦課・徴収を行う第一線の税務行政機関で、全国に500箇所以上で活躍しています。 国税庁・国税局・税務署は別組織ではありますが、それぞれの役割を知らない方も多く、税に関係する国の代理人としてひとくくりで認識されている方も少なくありません。しかし、消費税10%がいつからかにとって重要です。

国税庁の組織機構

日本の消費税10%はいつから?最新情報/住宅ローン/契約

これより、分かりづらい国税組織の機構について説明をいたします。消費税10%がいつからかにとって重要ですが、実のところ国税庁、国税局、税務署の3機関について理解するためには、国税庁の就職仕事内容を把握するのが一番手っ取り早い方法です。 まず最初に、国税庁の会社の中身などについて概観する点から始めましょう。国税庁の仕事としては、主として以下の4つに分類が可能です。

国税庁の仕事

国税庁の仕事は、税務行政を執り行うために必要とされるものを企画したり立案したりし、その内容を国税局や税務署を指揮監督し、企画した案件を実行させるといった機関です。 国税局や税務署の指揮監督しながら税務行政の代表者として、他の省庁とやり取りをすることもあります。したがって、消費税10%がいつからかにとって重要です。

国税局と税務署の違いは?

国税局は、税務署の事務を指導監督する機関で、主に大規模な法人や大口の税金滞納者や大口脱税者などの賦課・徴収を行っています。また、拠点を札幌・仙台・関東信越・東京・金沢・名古屋・大阪・広島・高松・福岡・熊本の11箇所おき、税務相談などといった納税者へのサービスも行っています。 税務署は、担当する管轄区域において、内国税の賦課・徴収を行い、税務行政執行の第一線とされる機関です。各税務署の署長は、管轄内全ての内国税の賦課・徴収を行う権限持っています。拠点は全国に518箇所あり、いつからか国税局のOBを含め約4万3千人の方がこの機関で働いています。したがって、消費税10%がいつからかにとって重要です。

最新情報

日本の消費税10%はいつから?最新情報/住宅ローン/契約

消費税が10%に引き上げられるのはいつからでしょうか。上述したように、当初は平成27年10月スタートで3党合意で、成立しました。しかし、自然災害の発生や日本の景気動向が予測を下回っているため、安倍晋三首相を中心とした内閣の判断で、延期されました。 その結果、消費税増税はいつからになったかといえば、平成28年11月18日の時点で、消費税10%開始は、平成31年10月1日スタートに再延期されました。つまり、当初の予定からは4年遅れでの10%への増額となります。 ただし、不測の事態がないとも限りませんので、また延期される可能性がゼロではないというのが、本当の最新情報といえます。

新築の住宅を建てるときは経過措置

日本の消費税10%はいつから?最新情報/住宅ローン/契約

消費税10%がいつから始まるかの最新情報のひとつとして、家を買ったり建てたりする人には、経過措置や他の制度の影響を気にしておきます。 後述しますが、消費税が2%上がることで、金額の大きな買い物をする時の税金の金額も大きな差がでます。もし、9月30日が8%で、10月1日が10%となると、9月末は大混乱となります。そこで、過去にも実施した経過措置を設け、消費税が上がる半年前に住宅購入請負契約すれば、消費税は低いままでよいという措置が実施されるといわれています。

消費者目線の軽減税率

消費税が10%に上がると、すべての購買活動での税金負担が増加します。当初は、食品を含めた、生活用品においても例外なく負担増の予定でしたが、与党を構成する政党から、生活者の負担を軽減するために、軽減税率制度が提案され承認されました。 したがって、平成31年10月からの消費税増税に合わせて、軽減税率制度が実施されます。詳細については、後半で説明しますが、食品や新聞など生活必需品に対しては、税率を8%に据え置くという内容です。

財務省

日本の消費税10%はいつから?最新情報/住宅ローン/契約

財務省とは、日本国内政府を構成する「省」のひとつで、我が国の中央政府において財務さじ加減を担当する政府組織です。英名は大蔵省時代から一貫して Ministry of Finance(MOF)となっており、日本語名が財務省となった今でも海外からは、同じ英語名の認識になっています。 ここからは、財務省の役割といつから消費税10%との関わりについて説明します。もちろん、消費税10%がいつからかにとって重要です。

概要

財務省とは、日本国の政府部門における財務管理を担当する省で、いつからか日本政府の経理部門ともいえる重要な省庁となりました。一方、お金を取り仕切るということからも、また、以前、大蔵省時代にバブル崩壊の引き金を引いた事などから、一般的な印象は少なからずも良い印象ばかりではありません。 とはいえ、大蔵省や財務省が、日本国の中央政府(霞が関)の財政破綻を真剣に憂慮し、恒常的に増税(10%の消費税増税をいつから行うか)や緊縮の政策を取り続けている点から見て、実はこうした官僚組織は政府の経理部門としては、まともに稼動していると判断できます。 となると、財務省に関連する各種の問題は、日本の国益と財務省の考えるベネフィットが必ずしも一致してないということといえます。

担当業務

日本の消費税10%はいつから?最新情報/住宅ローン/契約

なお、財務省の担当業務としては、予算編成、税制の企画・管理(消費税10%をいつから開始するかはここで企画)、国庫の管理、税関業務、通貨の信用性維持・他国為替相場の安定、国債管理(借換国債)があります。消費税10%がいつからかにとって重要です。

職員構成

財務省の職員においては、いつからかキャリア組を東大法学部出身者が多数を占めています。ただし、その中の多くの職員が経済に、必ずしも明るいとは限らないのも現実です。 そのため、大蔵省時代には東大法学部出身者の多いキャリア組と、その他多くのンキャリア組の間に多数の摩擦を生じていましたが、大蔵省の分離により、ノンキャリア組の多くが金融庁に異動したことで省内での摩擦は軽減され、今の摩擦は財務省と金融庁の政策の違いとして表面化するケースが多くなっています。 ちなみに、金融庁との分離により、財務省の組織機能は日本国の中央政府部門における経理となったため、経済に疎いから業務ができないということはなくなりました(裏をかえせば経済に関しての財務省の見解は必ずしもあてにはならないともいえます)。しかし、消費税10%がいつからかにとって重要です。

国家財政運営状況

日本の消費税10%はいつから?最新情報/住宅ローン/契約

国家財政営業状況としては、2017年度の国債額は898兆円(なお、地方債200兆は軽減傾向にあり、国際間の借金比較の場合には中央政府の負債を使用する現象から対象外とする。毎年負担減してる高速道路の借金などについても同様)で、いつからか年間30兆程ずつ負債が膨張しています。 この国債額と対比できる資産合計は、平成24年では640.9兆円で、資産・負債差額は257.1兆円の赤字になっています。 これが国際的に認識されている正確な日本政府の債務残額と考えるべき数字です。つまり、消費税10%がいつからかにとって重要です。

大蔵省から財務省へ

財務省の前身省庁である大蔵省は、国内で古くからの政権の金勘定担当組織として命名されてきました。律令制で認識された八省の中に大蔵省があり、呼称の由来という意味では1200年の歴史があります。 明治期の発足から中央省庁改革(2000年)にて現行組織の財務省になるまで、名前変更は変わることなく大蔵省として存続していました。そして、省庁再編時に金融庁を分離して、金融行政が担当から外れると同時に財務省となりました。消費税設立、そして10%はいつからかにとって重要な省庁です。

金融庁

日本の消費税10%はいつから?最新情報/住宅ローン/契約

省庁再編時に金融監督業務が金融庁に分離された主だった要因は大きく3つあります。 1.バブル崩壊の最終的な引き金を大蔵省がひいたという批判 2.国家の財務コントロールと金利にかかわる金融行政の同時連続に矛盾があること(機能相反) ・財務管理としては利率は常にゼロ近くが望ましい。 ・金融行政としてはゼロ金利政策は緊急応対であり現況に対応して解除が必要。 ・以上二点から機能が矛盾しどちらか(主に金利制御)が機能不全となる。 3.大蔵省の天下り問題

財務省は財政コントロールに特化

こうした理由からの分離の結果、財務省はおもに財政コントロールに特化するということとなりました。かつ、同じように一部(税関業務など)を除き、所管する監督業界がなくなり業界の意見に財務省が左右させられるということも少なくなったともいえます。ただし、いつからか始まった天下り先自体は今でも存在しています。消費税10%がいつからかにとって重要です。

分離の効果はいつから

金融庁の分離により、最近では財務省には景気・経済操作のシステムは実質上なくなっています。公共事業の積み増しなどの経済対策は、財務省が単体で行うことはなく、日本国政府全体の意志として、政治家と各省庁が経理である財務省に予算を要求する体制となっています。

いつからか国家財政の番人

日本の消費税10%はいつから?最新情報/住宅ローン/契約

今の財務省は、国家財政の番人として国家財政に特化したことにより、以下の特性が強く出ています。

財務省の特性

・増税により税を行い国家予算を確保して増やそうとする(消費税10%はいつからか) ・各省庁の予算軽減に執心する ・財政破綻キャンペーンの強化 ・消費税アップキャンペーンを強力に展開(消費税10%はいつから) ・特別会計に切り込み一般会計化への模索

すべてのは財務省の利益

しかし、注意しなければならないのは、これらすべては財務省としての権益、省益に適ったものである点です。省庁再編にて財務を健全化させたいといった日本国政府の利益と、財務省の省益が上手に整合したレアな例といえます。 したがって、これらは日本政府の利益であり、一般消費者や、ひいては企業などを含めた国民全体の利益であるとは言い切れないことを注視すべきです。消費税10%がいつからかにとって重要です。

消費税10%いつからアップ?

日本の消費税10%はいつから?最新情報/住宅ローン/契約

財務省はいつからか事実上の下部機関である財政制度等審議会に、向こう50年の財政のため「財政収支を対GDP比で7~11%改善」と主張させています。 30~50兆円の改善をやりたいというということは、国債の他に使ってる予算を半減させるか消費税を今の8%から15%以上(消費税10%いつからもこの範囲)の増税するということで、つまりはいつからか23%以上が必要という宣言にほかなりません。 実際に財務省が消費税の目標値として27%をターゲットにしてるともいわれており、通過点である消費税10%はいつからからも、ここから決定をみるといえます。 ただし、消費税が27%になった場合、日本国では確実に日本国内消費が衰退しGDP縮小するためGDP比の財政状態は悪化しますが、経済には疎い多くの職員が気が付いていないか、意図的に無視しているともいえます。消費税10%がいつからかが重要です。

消費税10%はいつからでも

このような点から、財務省という組織は、日本国における中央政府部門の経理部門の域を出ることなく、経済という視点では、必ずしも知識が豊富ということではありません。 つまり、経理部門である財務省から見た時、安定的に収入が入る消費税はのどから手が出るほどほしい財源であり、その点では経理としての彼らのスタンスはぶれていないといえます。 その意味では、消費税10%の開始は、財務省からしてみればいつからでも構いません、できうる限り早く実施したいのが本音といえます。 なお、国債格付けに関連して財務省自身が自国硬式貨幣建てで国債を発券しており、通貨発行権を有する日本が債務不履行になる事態は存在しないと明言しています。つまり、外に対しては日本国内が破たんすることなどあり得ない明言しておきながら、国内には財政破綻キャンペーンを行うというダブルスタンダードを実行しているといえます。

IMFとの関係

日本の消費税10%はいつから?最新情報/住宅ローン/契約

IMF(国際通貨基金)副専務理事はいつからか慣例として財務省を退官した人物が着任します。それゆえに、財務省の判断に沿った発表がIMFの認識としてこの国のメジャーメディアに流されることになります。 その主な中身が「この国の財政は破綻状態であり消費税増税をいつでもいつからでも、一刻も早く実行せねばならない」です。つまり、上記の消費税増加キャンペーン(10%いつからでも実施)にIMFを利用しているといえます。 従って、IMFが国内の財政について見識を出した時、ある意味財務省のコメントだと認識してほぼ間違いではありません。消費税10%がいつからかについても同様です。

いつからか下部組織

現在、IMFのスタンスとして「先進国に緊縮財政を求めたのは誤りだった」と結論づけています。しかし、一方で、注意書きの中に「日本だけは財政健全化を緩めない唯一の例外とする」と読みにくい表示があります。これは消費税10%がいつからかにとって重要です。 これはIMFに財務省が多くの職員を派遣しておりいつからか事実上、下部組織化してるのが原因で、財務省の意見を組んで無理にねじ込んだ結果、おかしな表記が掲載されているといえます。 ちなみに、いつからかIMFにこれだけ多くの影響がでるのは、いかに日本がIMFに対してお金を出したり、貸したりしているかの所作といえます。

財務省巨悪論

日本の消費税10%はいつから?最新情報/住宅ローン/契約

企業においては経理部門が力を持ちすぎると、多くの場合企業経営が傾くといわれます。これは予算が硬直化したり組織として正しい戦略が取れなくなるからです。 財務省は徴税権と予算編成権を持つ強力な官僚機構であって、このことにより財政が正しく運営されないことが多々存在してきたと言われています。このため、いつからか一部知識人から財務省巨悪論が展開させられる事が多いのは致し方がないといえます。 一方、日本国政府をひとつの組織としてみた場合、財務省をその経理部門として位置付けた場合、彼らの業務は必ずしも間違っているとは言えない点があります。財務省設置法に明記されてるよう、日本政府の健全な財務を達成するために、財務省が業務を運営しているからです。

国民が主のはずがいつからか

中央政府において経理部門である財務省の意見を抑え、正確な品評を下すべきは、経営者に該当する政治家と、株主に該当する国民諸氏であるのが民主主義国家の基本です。以上の点から組織としては、経理部門である財務省が絶対的な悪とは断じる事ができないことを国民は認識する必要があります。

いつからか歳入庁の創設?

日本の消費税10%はいつから?最新情報/住宅ローン/契約

その昔、金融庁を大蔵省から分離してしまったように、税収入を司るシステムを分離し歳入庁を創設すべきという論陣は古くから存在します。著名な人物が歳入庁の創設を公言することもあります。 分離した金融庁が比較的にまともに運営されている現実にから鑑みても、実際に実践するかどうかはさておき、ひとつのアイディアとしては議論に値する内容といえます。もちろん、消費税10%がいつからかにとって重要です。

財務大臣

明治の内閣官制発足時から、長らく経済政策全般を主管してきた大蔵大臣の権力は絶大であって、戦前は内務大臣、外務大臣と並んで副総理格の大臣と見做されてきました。 名前が財務省に替わり、省庁再編に伴って金融行政が日銀と金融庁の手に渡った、現在においても、財務大臣は税制と予算編成の最高責任者としての権限を持ち、いつからか総理大臣への最右翼の閣僚ポストとされています。もちろん、消費税10%がいつからかにとって重要です。

いつからか国際会議対応

金融庁設置後、建前では財政官庁と金融官庁の分離がなされましたが、省庁のトップである閣僚の方では、財務大臣と金融担当大臣を兼務する機会がみられます。これは、まだに財政と金融の分離が十分ではないことを意味するとも取られるます。 ただし、他方「財務大臣・中央銀行総裁会議」など財政関連の国際会議に参加する際、日本国外が財政金融全般に関与できる閣僚を出席させるのに対し、日本のみが金融監督権限を持たない財務大臣を出席させざるをえない問題等に対応するためともいえます。

消費税が10%になったら

日本の消費税10%はいつから?最新情報/住宅ローン/契約

つぎに消費税が10%になった場合の影響について説明します。具体的な影響を考えると、いつから消費税が10%に増税されるかが気になります。

いつから何が高くなるか

2019年に消費税10%へと消費税は増税されると言われています。増税された場合には、何が高くなり、何が変わらないのか分からない方が多くみえます。また、消費税が10%へ増税されるのと平行して実施されるのが「軽減税率制度」ですが、対象となる飲食料品はどんな種類のものがあるのかわかりません。 昔は消費税がなく、100円を握ってお菓子を買いに行ったものです。40歳以上の方なら、消費税が無かった頃のことは、鮮明に記憶の中に残っているでしょう。 しかしながら、30代以下の方にとりましては、物心ついた時には既に消費税が導入されていましたので、消費税の無い日本というものは全く想像できないでしょう。 消費税が日本に導入されたのは、平成元年である1989年4月、いまから28年前です。最初の税率は3%で、全額国税(地方分無)でした。しかし気が付けば、いつから消費税10%になるかが気になる時代になりました。

軽減税率の対象になる飲食料品ってなに?

日本の消費税10%はいつから?最新情報/住宅ローン/契約

軽減税率の対象品目とされる「飲食料品」とは、食べ物表示法に該当する食品(酒税法に定義する酒類を除きます、以下「食品」)をいいます。 食品表示法に意義する「食品」とは、全ての飲食物に該当し、「医薬品、医療繊細品などの品質、有効性及び安全性の活用等に関係する法律」に概念する「医薬品」、「医薬部外品」そのうえ「再生医療等商品」を除き、食品衛生法に意義する「添加物」を含む商品とされます。ここでいわれる「飲食物」とは、人の飲食用として口にする飲食品をいいます。 軽減税率は消費税10%がいつからかが気になる要因です。

飲食料品とは?

「飲食料品」とは、人の飲用または食用として用いられる、米穀や野菜、果実などの農産物、食肉や生乳、食用鳥卵などの畜産物、魚類や貝類、海藻類などの水産物めん・パン類、菓子類、調味料や飲料などや、製造あるいは加工された食べ物、添加物(食品衛生法に定義するもの)をいいます。 また、全体資産のなかで、一定の条件を満たす商品を合理的、医薬品、医薬部外品、再生医療などの品物、酒税法に定義する酒類は除きます。

飲料品の取扱があるか否か

日本の消費税10%はいつから?最新情報/住宅ローン/契約

減軽税率が適応さられるか否かの判定は、事業者が軽減税率の対象となる飲食料品を取り扱いする時点(発注を行う時点)で行われます。 よって、飲食料品の譲渡の判定の採否については、事業者が人々のための飲食用として提供した場合には、発注者が人のための飲食以外の目的で使用しない場合でも、「飲食料品の譲渡」に該当し、軽減税率の活用対象となります。消費税10%がいつからか、軽減税率にとって重要です。

住宅ローン

2019年10月より、消費税は8%から10%に先に引き上げられる予定です。マイホームの購入を検討されている方にとっては、どれくらい、いつから負担増になってしまうのかがとても気になるところです。 消費税が10%に増税された後にマイホームを購入した場合、いつから、どのくらい家計への影響があるのかをしっかり知っておく必要があります。

いつから増税の影響?

日本の消費税10%はいつから?最新情報/住宅ローン/契約

予定どおり消費税が10%に引き上げられた場合には、マンションや一戸建てなどの分譲住宅は、2019年10月1日以降引渡しの物件から消費税が10%になってしまいます。しかし、注文住宅の場合は、経過措置があり2019年3月31日までに工事請負契約を締結すれば、引渡しが消費税率10%に改正された後でも改定前の8%で購入することができるとされています。 また、分譲住宅の場合では、計画外の内装の変更や設備などの追加工事に対しても、2019年3月31日までに申込を結んでおけば、消費税は8%のままで10%への増税は据え置きとされます。消費税10%がいつからかが重要です。

いつから増額?

マイホームは、いつからか人生で一番といって良いほどの高価なお買い物となりました。マイホーム購入の際には消費税が8%から10%に増税されると、家計への影響も大きくなります。たとえば、2,000万円のマイホームを購入する場合には、消費税8%なら160万円の負担となりますが、10%に増税された後には200万円となり40万円も負担金額が増えてしまいます。 さらに、消費税は仲介手数料などといった諸費用の一部にもかかってきます。マイホームそのものより高価ではありませんが、このような諸費用での消費税の増加負担分も家計に影響してきます。消費税10%がいつからかが重要です。 諸費用は、基本現金で支払わなければなりませんので、消費税が10%に増税された後にマイホームを購入予定の方は、負担増の分を見越した自己資金の準備が必要となります。

消費税10%がかかるもの

日本の消費税10%はいつから?最新情報/住宅ローン/契約

住宅取得の諸費用として、消費税のかかるものと消費税がかからないがあります。消費税がかかるものは、仲介手数料や融資手数料、司法書士に支払う登記手数料やエアコン・カーテンなどのオプション費用、さらに引っ越し費用や家具・家電費用などがあげられます。これらは消費税10%がいつからかが重要です。 また、消費税がかからないものとしては、団体信用生命保険火災保険や地震保険、住宅ローン保証料、マンションの修繕積立金などがあげられます。

増税で住宅ローン減税やすまい給付金はどうなるの?

消費税が8%に増税された時には「住宅ローン減税」や「すまい給付金」などといった、マイホーム購入後の税負担や家計負担を軽減する制度が新たに設立されました。 消費税が10%に増税となった場合にも、この2つの制度は継続される予定です。住宅ローン減税については変更はなく、2021年12月末までのマイホームの購入や入居で、住宅ローンの年末残高の限度額は4,000万円(認定長期完璧な住宅・認定低炭素住宅の事例は5,000万円まで)、控除率は1%、控除期間は10年間のままとなります。

住まい給付金制度には変更があるの?

住まい給付金はについては、一部変更があります。給付額決定の基準となる収入額の目安は、消費税8%の際の上限は510万円ですが、消費税が10%増税されると775万円に引き上げられます(持ち合わせ購買の際には、一年の収入650万円[都道府県民税の所得割額13.30万円]以下です)。 また、給付額についても費用額が425万円以下では30万円だったのが、収益額450万円以下の場合は50万円へと変更されるといわれています。すなわち、消費税が10%になると、住まい給付金を受取れる金額が増えることになります。消費税10%がいつからかが重要です。 しかし、2019年10月以降に引き渡しもしくは入居された方でも、消費税の経過措置を利用して消費税8%でマイホームをを購入された方は、すまい給付金は8%の場合の給付額になります。

契約

日本の消費税10%はいつから?最新情報/住宅ローン/契約

2014年4月に消費税が5%から8%に引き上げられたことは、今でも鮮明に記憶に残っていることでしょう。当初、2017年4月に10%へ引き上げが予定されていましたが、景気へのしわ寄せを考慮し、2019年10月まで10%への増税を見合わせる方針となりました。 今後、予定どおり2019年10月に消費税を10%に増税した場合、マイホームの購入を予定されている方にはどれくらい負担がいつから出てくるのでしょう。消費税が5%から8%に増税された2014年にも、マイホーム購入時への負荷についてはとても大きな話題となりました。これより、10%への増税に向けて押さえておくべきポイントを紹介します。

押さえておくべき2つのタイムリミット

10%増税に向けて押さえておくべきポイントとは、消費税が10%に増税される前に住宅を購入しようと考えた際、申込み時に2つのタイムリミットがあります。消費税10%がいつからかが重要です。 一つ目は、「引渡し」のタイムリミットです。消費税が8%のままで住宅を購入しようと考えた場合、引き渡しの期限は2019年9月30日までとなります。 不動産売買契約は締結しても、契約から引き落しまでにあるほどの期日がかかってしまうため、この商品を逆算して住まい探しを始める事が重要となるんです。それゆえに、いつから消費税が10%になるかが重要です。

「引渡し」のタイムリミット

消費税が8%のままで住宅を購入しようと考えた場合、引き渡しの期限は2019年9月30日までとなり、この日までに住宅の引き渡しを完了しなくてはなりません。消費税10%がいつからかが重要です。 不動産売買契約は締結されたとしても、契約から決済まで多くの期日がかかってしまうこともあります。契約から引き渡しまでの日程を逆算して、マイホーム探しを始める事が重要となります。 注文住宅を建てる時には、完成時期が少しずれ込むことがあります。そんな時のために、工事請負申込みの締結期の時期が重要となってきます。 請負申込の「2019年3月31日」までに締結したら、引渡しが2019年10月以後になってからでも8%のままで購入できる経過措置が講じられます。それゆえに、いつから消費税が10%になるかを知ることが重要です。

消費税10%影響範囲

日本の消費税10%はいつから?最新情報/住宅ローン/契約

消費税が10%に増税された後に増税が影響すると言われるのは、大きく分けた場合、売買価格と仲介手数料の2つにわかれます。 マイホームを購入する際に消費税が課税されるのは、不動産のうち「建物」です。「土地」については、将来的に消費されるものではありませんので消費税は課税されません。また、課税対象となるのは、一戸建てでもマンションも同じです。それゆえに、いつから10%かが重要です。 しかし、周りでは「新築物件にだけ消費税が課税される」といった声も多く耳にすることがあります。それは間違いで、中古物件でも課税対象となってしまう場合もあります。売主が「課税企業」の場合には、消費税が課税されます。 そのため、中古物件の場合でも、課税取引業者が確保してる物件の場合は、消費税の課税対象となりますので、中古住宅の購入を検討される場合は、業者が「課税企業」かどうかを確認注意した方が良いでしょう。

高額物件はいつからが重要

たとえば、3,000万円の住宅を買物する場合には、消費税の増税前後での個人負担分を試算した場合、増税前の場合は、3,000万円×消費税8%=3,240万円になります。増税後には、3,000万円×消費税10%=3,300万円となり、増税後には60万円も個人負担額が増加してしまいます。 高価な住宅になるほど、消費税が10%に増税された後には、個人負担額が増加してしまいますので、消費税10%がいつからかが重要ですので、マイホームの購入を検討される場合は、しっかり試算されることをおすすめします。

仲介手数料

さらに、マイホームを購入する場合には、不動産業者に対し仲介利率を支払わなければなりません。しかも、仲介手数料にも消費税がかかりますので、10%に増税となった場合には負担額も増加してしまいます。消費税10%がいつからかが重要です。 仲介手数料は、『(商売数字×3%+6万円)×消費税』として算出されます。たとえば、5,000万円の住宅を購入した場合、増税前と後では次のように変わってきます。

個人負担額増

増税前の8%の場合には、5,000万円×3%+6万円に消費税8%=168.48万円となります。10%に増税された後には、5,000万円×3%+6万円に消費税10%=171.6万円となりますので、消費税の増税により仲介手数料の個人負担額が3万1,200円も増加してしまいます。消費税10%がいつからかが重要です。 消費税の増税後には、個人負担額がかなり増えてしまいますので、政府がこの状況を見越して、一定の要件を満たす場合には所得税や住民税が控除できる制度を別途設けています。

住宅ローン控除ってなに?

住宅ローン控除とは、住宅を購入してから6ヶ月以内に入居し、入居後も継続して住み続けるといった条件で、入居した年から10年間にわたり住宅ローンの残高の1%に値する所得税が控除される制度です。 10年間で最大400万円までの所得控除を受けられますので、マイホーム購入後の個人の税金負担額が大幅に軽減されます。消費税10%がいつから増税されるかにも重要です。

いつからマイホームを買ったらいいの?

消費税増税前後において、マイホーム購入ののベストなタイミングは、消費税額だけを比較した場合、増税前の方が当然消費税の負担額が少なく購入できます。しかし、増税前の駆け込み需要が多くなった場合には、住宅メーカーも住宅の価格を値上げしてくる場合がありますので、増税後の反動が大きく出る可能性もあります。 消費税増税後には、増税後の反動で一気にマイホーム購入の需要が減ってしまいます。こうなった時には、住宅メーカーは売上を確保するために、住宅の価格を下げたり無償で付属の機能を追加してくれることもありますので、一概に消費税だけを見据え、無理をして増税前に購入すればよいといったことはありません。 どちらの場合でも、いつから消費税10%になるかが気になることにかわりはありません。

消費税10%が非対象

また、中古住宅については、売主が消費税の課税対象企業ではない場合が多いため、住宅に消費税が課税されないことが多いです。 中古住宅の場合にも、増税後の売上を確保するために住宅の値引きをすることも考えられますので、一概に消費税だけに着目し焦って購入する必要はありません。焦って購入した場合には、不動産会社に足下を見られ、高めな住宅を掴まされる可能性も十分に考えられます。いつから消費税10%になるかはさほど影響ないと考えておきます。 消費税の増税もマイホーム購入を決める重要なポイントにもなりますが、受け渡しまでの期限と、住宅購入後にムリのない生活を送ることができるかを検討することが最も重要です。 マイホーム購入前にはしっかり試算し、ある程度の自己資金を確保することで、増税後に購入しても、ムリのない生活が送れるでしょう。

日本の消費税10%はいつから?最新情報/住宅ローン/契約

消費税は、2019年10月1日に8%から10%に引き上げられる予定です。消費税を8%のままで住宅購入するためには、住宅の引き渡しが、2019年9月30日までに完了していなければなりません。引き渡しが2019年10月1日以後になってしまった時には、消費税が10%に増税されてしまいます。消費税がいつから10%になるかも重要です。 また、注文住宅の際にに限っては、請負申し込みが2019年3月31日までに完了していれば、物件の引き渡しの日程に左右されず消費税は8%のままで購入することもできます。ここでも、消費税がいつから10%になるかが重要です。 契約をして、9月中に引渡しが終れば、消費税は8%なのままで購入できますので、駆け込み需要が増えてくるでしょう。

消費税10%で50万円増額

消費税が10%になった時の増税額を試算してみた場合、例えば住宅の価格が2500万円だったとすると、消費税が8%の場合は200万円 10%に増税された場合は250万円となり、50万円も増額になってしまいます。消費税がいつから増額されるかが重要です。

消費税10%と住宅ローン

住宅ローンを利率1.2%で借入した場合の総支払額を試算してみると、2500万借入れしたとして、消費税が8%の時の総支払額は、約3062万円となります。消費税が10%に引き上げられた後に2500万円借入したとすると、総支払額が約3124万円となり、ローンの利子だけで、約62万円も増えることになります。 消費税が10%に増税されれば、住宅だけではなく、家具や電化製品も同じように上がりますので、個人の負担額が大きくなります。 ムリをして慌てて購入するのは、決して良くないです。良い物件に巡り合い、自己資金が確保でき、支払いもムリをせずできるなど、購入者にとって最適な時がマイホームを購入するタイミングと言えるでしょう。その意味でも、いつから消費税10%になるかが重要です。

消費税10%の経過措置とは

日本の消費税10%はいつから?最新情報/住宅ローン/契約

消費税が、2014年4月から消費税率が5%から8%となった際に、5%の税率を据え置く「経過措置」という措置がありました。簡単にいえば、「原則として消費税率は8%ですが、一部例外として5%のまま据え置きをする」ということです。 具体的に説明すると、今現在も、過去に契約した長期のリース料や地代家賃 、一定の請負契約家賃などについては、条件を満たしていれば、消費税率が5%に据え置かれています。2019年年10月から消費税率が10%になる場合にも、この経過措置が適応されます。よって、2019年10月事後は5%、8%、10%の3つの税率が混在することになります。

軽減税率と経過措置との関係

消費税の増税は、1989年4月に消費税3%(一括国税消費税)、次に1997年4月に消費税は5%(国税消費税4% 地方消費税1%)へと増税されました。 2014年4月に現在の消費税の8%(国税消費税6.3% 地方消費1.7%)になり、2019年10月に消費税は10%(国税消費税7.8% 地方消費税2.2%)に増税になると法律で決まっています。ただし、いつから10%に増額かは、流動的な面もあります。

消費税8%から10%

経過措置の具体的な例としては、消費税の税率が8%から10%に上がる時に、「酒類および外食を除く飲食料品」と「定期購読サービスが締結された書籍や週2回以上発行される新聞」を対象に、消費税の軽減税率制度8%(国税消費税6.24%地方消費税1.76%)が導入されます。 例えば、月刊誌の定期購読契約を2014年3月15日にし、1年分の購読料を前払いしたケースでは、今の1年分は全額旧税率のままの8%が適用されるということです。 しかし、月刊購読の書籍の中には、電子版やデジタル版などといったオンライン上においての情報配信サービスもあります。定期購読契約をしていたとしても、紙媒体ではありませんので、経過措置の対象外となってしまいます。

2019年10月1日以降

また、賃貸契約を2019年3月31日までに締結し、2019年9月30日までに貸付けを開始した場合には、2019年10月1日以降についても、一定の条件が満たされている場合には、旧税率を適用することができます。 リースの契約については、リース契約の内容などによっては適用されない場合もありますので、注意が必要です。リース契約が所有権移転ファイナンシャルリースの場合には、リース申込みとはいいますが、売買契約と変わりません。 また、所有権移転外ファイナンシャルリースの場合は、実質的には賃貸借となりますので、経過措置の対象となるのですが、2019年4月1日以降の申込からは、売買契約となってしまうため、経過措置の対象には該当しなくなります。いつから消費税10%になるかが重要です。

所有権移転外ファイナンシャルリース

しかし、売買とされる所有権移転外ファイナンシャルリース取引について、賃借人が賃貸借処理をしている場合があります。 売買とされる所有権移転外ファイナンシャルリース取引については、引渡時点の税率が適用されますので、2019年9月30日までにリース資産の引渡しを受けたものについて分割控除をする場合には、2019年10月1日以後の支払いに係る分割控除についても旧税率の8%が適用されます。やはり、いつから消費税10%になるかが重要です。

自動更新

リース契約には、自動更新の条項がほとんどです。自動更新とは、契約期間満了時に取引を継続するか否かの意志表示がされており、従来と同じ内容の取引を継続する契約を新たに締結したと考えられます。 つまり、2019年3月31日までに契約が自動更新された場合には、2019年年10月1日以後は経過措置の対象となり消費税率は8%とります。逆に2019年4月1日以後に自動更新されたリースについては、経過措置は適用されなくなります。いつから消費税10%になるかが重要です。

消費税10%でも賢く対応すれば大丈夫

日本の消費税10%はいつから?最新情報/住宅ローン/契約

ここまで、消費税はいつから10%に増額になるのかについて、さまざまな観点から説明してきました。軽減税率の適応など、国民目線の政策も実施されていることは、喜ばしいことです。 しかし、結果的に家計の負担になることに変わりはありません。ただし、我々が安心な国民生活を送る上では必要な政策といえます。 日本に暮らす我々が、いつから消費税が10%に上がるか、何が対象かをよく理解して、少しでも負担を減らし、かつ安心した生活を送る事を心がけましょう。

アクセスランキング