IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

豆乳の女性への効果・効果を高める方法・男性への効果は?

家事

肌荒れや便秘の改善にも役立つといわれている「豆乳」。世間では牛乳に代わって毎日の食生活に豆乳を取り入れる性が増えてきました。当記事では豆乳の女性に対するたくさんのメリットから、男性に対するデメリットまで幅広い情報をご紹介していきます。豆乳が好きな方は必見です!

更新日時:

豆乳と牛乳の違いっていったい何?

豆乳の女性への効果・効果を高める方法・男性への効果は?

体に良いことで知られる豆乳。スーパーなどで牛乳コーナーのそばに一緒に置かれて販売されていることも多い豆乳ですが、豆乳のことを牛乳の仲間だと思っている方はたくさんいるのではないでしょうか? 豆乳と牛乳は似ているようで実は全く異なる別の原材料が出来ています。当然栄養素なども違い体に対する効果も異なります。豆乳と牛乳は同じように考えずきちんと分けて考えるようにしましょう。 ここではまず豆乳と牛乳の違いについてご紹介致します。普段何気なく使っている豆乳ですが、思わぬ栄養素にびっくりすること間違いなし。知っておくと自分や家族の健康管理にも効果的に役立てることが出来ますので、ぜひゆっくりとご覧ください。

原材料

豆乳と牛乳はまず原材料が全く異なります。牛乳はみなさんご存知の通り、牛のミルクから作られています。 一方で豆乳は大豆を細かくくだいて煮た後の液ものになります。原材料は動物性と植物性で全く違いますが、どちらも体に良いと言われており積極的に摂取したい食材であることに変わりはありません。原材料が違うということは身体への効果について良いこともあります。 例えば牛乳アレルギーを持っている方でも豆乳は飲むことができますし、大豆アレルギーの方は牛乳は飲むことができます。 食感が似ているこの2つは料理の代用に使える場合もありますので、アレルギーを持っている人にとっては食べられるメニューが増えることにもつながります。色々なメニューで牛乳と豆乳の代用を行ってみましょう。

栄養素

豆乳と牛乳は栄養素も大きく異なります。まず豆乳の主な栄養素であるイソフラボンですが、これは女性ホルモンに非常によく似た成分であると言われており、摂取することで更年期障害うを予防したり肌の衰えを防ぐ効果があると考えられています。女性にとってはとても大切な栄養素であるといえます。 次に牛乳の主な栄養素ですが、牛乳はなんといってもカルシウムが非常に豊富です。カルシウムの量については豆乳よりも牛乳の方が優秀であるといえるでしょう。豆乳と牛乳には栄養面でそれぞれ良い効果がありますので、どちらが良いというよりは2つを同じように上手に摂取するのがおすすめです。

カロリー

豆乳の女性への効果・効果を高める方法・男性への効果は?

では牛乳と豆乳のカロリーの違いはどうでしょうか。牛乳は成分無調整の普通の牛乳でコップ1杯200mlで約130キロカロリーあります。豆乳のほうはコップ1杯200mlでおよそ90キロカロリー程度になります。毎日牛乳を飲む人であれば、豆乳に変えた方が摂取カロリーをおさえる効果があることが分かります。 牛乳の場合は低脂肪乳になるともう少しカロリーは控えめになりますが、普通の牛乳と低脂肪乳では味がかなり変わり薄く感じる人もいるのではないでしょうか。美味しくカロリーをおさえたい時は豆乳はかなりおすすめで効果的な飲み物です。

牛乳と豆乳の味についてですが、牛乳はとろりとした飲み心地なのに比べて豆乳は少しサラリとしています。豆乳は飲んだ時に豆の香りが鼻に抜けるのが特徴で、独特の風味があります。味の好みは人それぞれですが、料理などで加熱するとその違いはもっとはっきりと出てきます。家族みんなで牛乳と豆乳を飲み比べ、どちらが好みかをチェックしてみてはいかがでしょうか。

豆乳の女性への効果とは?嬉しい4つの効果をご紹介!

豆乳の女性への効果・効果を高める方法・男性への効果は?

では次は豆乳の女性への嬉しい効果を4つご紹介致します。上記でも少しご紹介致しましたが、豆乳の主な成分であるイソフラボンは女性ホルモンにとてもよく似ています。豆乳を摂取することで体の中の女性ホルモンを増やすことができると、色々と嬉しい効果が期待できます。 豆乳は自宅の近くのスーパーなどで簡単に購入することができます。手軽に始められて美味しい豆乳で身も心も綺麗に変身してしまいましょう。

美肌になれるローション効果がある

豆乳の女性への効果・効果を高める方法・男性への効果は?

豆乳のエストロゲン効果で女性にとって非常にうれしいものは、美肌になれるローション効果があるということです。女性は体内のホルモンのバランスが崩れてしまうと肌荒れを起こしたりくすみが出てしまうことがあります。豆乳のイソフラボンは肌の余計なトラブルをしっかりと防ぎ、女性の肌を美しい肌へと導く効果が期待できます。 美味しく食べたり飲んだりするだけで肌が綺麗になるというのは女性にとっては願ってもないことです。肌が綺麗になると、すっぴんにも自信が持てるようになります。肌の状態が悪くなかなか改善しないと悩んでいる人には、豆乳は非常におすすめの効果のある飲み物といえるでしょう。

胸が大きくなる効果がある

豆乳に含まれるエストロゲンは、女性ホルモンにとてもよく似ています。女性の胸は何も対策をしないでいると体内からどんどん女性ホルモンが減少していきます。 女性ホルモンが減少してくると胸にハリがなくなるばかりではなく、胸の形まで悪くなっていくということが分かっています。胸は女性にとってとても大切な体の一部です。皆さんもぜひ何とかしたいと考えていることでしょう。 豆乳に含まれるエストロゲンは上手に摂取することで、体内で女性ホルモンの代わりに働いてくれる効果があります。胸にハリを与えて形を整え、胸が大きくなる手助けまでしてくれるため、女性にとってはとっても嬉しい効果あるといえるでしょう。年齢と共に胸の悩みが出てきている人は豆乳効果で上手にバランスを保ちましょう。

ダイエットに効果的

豆乳の女性への効果・効果を高める方法・男性への効果は?

豆乳の効果を考えた時に欠かせないのがダイエットにも効果的だということです。豆乳は牛乳にくらべてカロリーはおよそ半分ほどと非常に低カロリーです。ほんの少しのカロリーでもおさえたいとダイエットを頑張っている人にとっては、豆乳はとても効果のある魅力的な飲み物となります。 また豆乳に含まれる大豆ペプチドという栄養素は基礎代謝を活性化する効果があるともいわれています。基礎代謝があがれば体の脂肪は燃えやすく、結果としてダイエットにも非常に効果を発揮すると考えられます。 ただし豆乳にも幾つか種類があり、無調整豆乳は大豆そのままの味であるのに対して、調整豆乳のほうは砂糖などで味付けをしている場合があります。身体への栄養はあまり変わらなくても、糖分が入っているため当然のことながら無調整豆乳よりカロリーは高くなります。ダイエッ中の方は気を付けましょう。

便秘を解消する効果がある

豆乳は便秘を解消する効果もあります。豆乳は原材料が大豆から出来ていますので、食物繊維がとても豊富です。食物繊維は固くなりつまりぎみになったベンも柔らかくスムーズにしてくれる効果がありますので、便秘の方にもおすすめです。 便秘は放っておくと肌荒れをおこしたりお腹が痛くなることもあります。また便秘はひどくなると倦怠感を感じることもあり、体調が悪くなってしまうこともあるため定期的に豆乳を飲んですっきり便秘を解消したいものです。 便秘を解消するために豆乳を飲む場合も、たくさん飲めば良いというものではありません。1日にコップ1杯200mlも飲めば十分効果を発揮しまうので、飲みすぎないようにしましょう。

生理痛を和らげる効果がある

豆乳はさらに生理痛を和らげる効果もあるといわれています。豆乳に含まれるイソフラボンは女性ホルモンとよく似た成分であり、体内の乱れたホルモンのバランスを整える効果があります。生理痛は頭痛、腹痛、倦怠感、吐き気、腰の痛みなど症状の重さは人それぞれです。ひどい時は立ち上がることもできないこともある生理痛は、憂鬱に感じている人もたくさんいます。 豆乳を飲むことで女性ホルモンが正常になると、これまでのツライ生理痛が少しずつ和らぐと考えられています。生理痛がひどい人はぜひ試してみてはいかがでしょうか。ただしあまりに生理痛がひどい場合は他の病気が隠れている場合もありますので、産婦人科などできちんと診察を受けるのをおすすめします。

豆乳の効果を高めるおすすめの方法とは?

豆乳の女性への効果・効果を高める方法・男性への効果は?

豆乳の様々な効果をご紹介致しました。豆乳の持つパワーに驚いた人も多いのではないでしょうか。次はそんな豆乳のもつ効果をさらに高めるおすすめの方法をご紹介致します。豆乳はそのまま飲んでも十分美味しいのですが、もうひと手間加えることでさらに美味しく摂取することができます。 どうせ豆乳を飲むなら美味しく効果的に楽しみたいものです。豆乳のもつパワーを最大限に引きだして健康や美容に役立てましょう!

豆乳ヨーグルト

豆乳の効果を高めるおすすめの方法の1つめは、豆乳ヨーグルトです。世間でも話題の豆乳ヨーグルトは簡単に作れて栄養抜群の健康レシピです。作り方はとても簡単で、スーパーなどでまず無調整豆乳と飲むヨーグルトを準備します。 1000ccの豆乳パックのうち100ccだけを別の容器へ移して、残り900ccになった豆乳パックに飲むヨーグルトを100cc入れて蓋をし、容器を軽く振って混ぜ合わせます。少し甘い方が好みの場合はハチミツなどで調整すると美味しく頂けます。 豆乳ヨーグルトは豆乳の植物性の乳酸菌と、ヨーグルトの動物性の乳酸菌を効率よく摂取できるため 、腸内環境を整えるのに非常に高い効果があります。

ホット豆乳

豆乳の効果を高めるおすすめの方法の2つめは、ホッと豆乳です。ホット豆乳とは時間がない時は豆乳をレンジで温めるだけで完成する簡単なものですが、寒い日でも体を芯から温めることができて非常にリラックス効果もあります。 豆乳はダイエットにもおすすめだとご紹介しましたが、ダイエットでは新陳代謝をあげることが基本となります。ホット豆乳を定期的に摂取することで更なるダイエット効果が期待できるようになるでしょう。 ホット豆乳は腹持ちも良いため、時間がない朝の朝食にしたり、病気や風邪で食欲が無い日にもとてもおすすめです。温かい飲み物は心と体の緊張を解きほぐす効果もありますので、試験勉強の合間のオヤツとしても良いでしょう。

飲む時間

豆乳の効果を高めるおすすめの方法の3つめは、豆乳を飲む時間を変えてみるということです。たとえばダイエット中の人であれば、食事の前に飲むことでカロリーの高い余計な間食を防ぐことができますし、食べすぎも予防することができます。 また豆乳を飲むのは朝の朝食の時間もおすすめです。豆乳の独特のとろみのある食感が非常に腹持ちがよいため、仕事や勉強に集中できるという効果があるためです。 逆に豆乳を飲む時間で気を付けたいのが夕方から夜にかけての時間です。お風呂上りに牛乳の代わりに一杯グイッと飲みたいところですが、夕方から夜にかけては摂取したカロリーを消費することなく体に溜め込んでしまうため、飲む量によっては太ってしまうことも考えられます。 豆乳はカロリーが低いとはいいますが、コップ1杯200mlで50g程度のご飯と同じぐらいのカロリーがありますので、飲む時間には気を付けましょう。

毎日飲む

豆乳の効果を高めるおすすめの方法の4つめは、毎日飲むことです。ただし世間では一般的に豆乳の飲みすぎは身体を冷やす原因になったり太る原因になることもあると考えられています。しかし豆乳は1日にコップ1杯200ml程度であれば飲みすぎということはありません。豆乳は上記でご紹介したように女性には嬉しい効果がたくさんありますので、適量を毎日続けるのが一番おすすめです。 食べすぎや飲みすぎが体に良くないのは豆乳だけではありません。何でもやりすぎは身体に負担をかけてしまう原因になるということを覚えておき、自分に合った適量を時間をかけてチェックしてみましょう。

豆乳の男性への嬉しい効果とは?本当に良い効果はあるの?

豆乳が女性にとって健康や美容に非常に効果があるとご紹介してきましたが、では豆乳は男性にはどうなのでしょうか?実は豆乳は女性だけでなく男性にも大きな効果があることが分かっています。豆乳が男性にもたらす嬉しい効果を順番にご紹介いたします。今日から豆乳を飲むことを習慣にしたくなること間違いなしです。ぜひご覧ください。

コレステロールを下げる

豆乳の男性への嬉しい効果の1つめは、血液中のコレステロールを下げることです。豆乳は大豆からできているのは皆さんご存知の通りですが、実はその大豆に含まれる大豆たんぱく質がコレステロールを下げるのに効果を発揮します、大豆たんぱく質コレステロールから作られる胆汁酸と結びつく性質があるのですが、この時に結び付いた胆汁酸はそのまま体の外へと排出されます。その結果として血液中のコレステロールの値が下がることになります。 焼肉やラーメンなど油っぽい食べ物が大好きな人は、健康診断などでどうしてもコレステロールの値が高めだと言われてしまうことがよくあります。豆乳で簡単にコレステロールを下げられるのは非常に魅力的だといえるでしょう。

髪の薄さやムダ毛が改善する

豆乳の男性への嬉しい効果の2つめは、髪の毛の薄さやムダ毛が改善するということです。一般的に髪が薄くなってしまったりムダ毛が濃くなるのは男性ホルモンが活発なことが原因です。男性ホルモンは立派な骨格や強い筋肉を作ることができるメリットがある反面、抜け毛が増えてしまったり胸毛やすね毛、ヒゲなどのムダ毛が濃くなってしまうというデメリットもあります。 豆乳は女性ホルモンと非常によく似た成分からできているため、男性が定期的に摂取することで過剰な男性ホルモンをおさえ、女性ホルモンを活性化させることができます。女性ホルモンが増えた男性は髪の毛が豊かになったりムダ毛が目立たなくなるほかに、肌荒れまで改善することもあるようです。美容に関心がある男性はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

筋トレにもおすすめ

豆乳の女性への効果・効果を高める方法・男性への効果は?

豆乳の男性への嬉しい効果の3つめは、筋トレにとても有利に働くということです。筋トレで美しい筋肉をつけるためには、良質なたんぱく質が欠かせません。たんぱく質は牛肉や豚肉などにも豊富に含まれていますが、これらの食材はたんぱく質と一緒に脂質も摂取してしまうのが難点で、食べすぎると筋肉よりも早く脂肪を蓄えてしまう結果になりかねません。 アミノ酸の含有量などでは植物性たんぱく質である豆乳よりも肉類の動物性たんぱく質のほうが優秀だとされていますが、ぽっちゃり体型の男性が筋トレをする場合ではまず植物性たんぱく質が豊富な豆乳で体を引き締めた方が効果的だといえます。体がある程度引き締まってきた後は、動物性たんぱく質と植物性たんぱく質をバランスよく摂取するのが望ましいでしょう。

男性は豆乳のとりすぎに注意!豆乳によるデメリットとは?

豆乳の女性への効果・効果を高める方法・男性への効果は?

豆乳の男性への嬉しい効果をご紹介しましたが、実は男性が豆乳をとりすぎると思わぬデメリットが起こる場合があります。体に優しくヘルシーな豆乳ですが、その特性をよく理解していないと後で大慌てすることにもなってしまいます。男性が豆乳をとりすぎるととても繊細な部分に変化を及ぼす可能性があり、結婚している人にとっては今後の家族計画にも影響を与える恐れがあります。男性の豆乳によるデメリットを3つご紹介致します。

胸が大きくなる

男性が豆乳をとりすぎることで起こるデメリットの1つめは、なんと胸が大きくなってしまうということです。女性であれば大歓迎であるバストのサイズアップですが、男性にはデメリットしかありません。豆乳がもつ女性ホルモンによく似たエストロゲンが、豆乳を飲むことで男性の体の中に入り、男性を女性化してしまうため起こる症状です。 男性は胸が大きくなるとぴったりしたTシャツを着た時やワイシャツ姿になった時に違和感を感じるようになり、人によっては羞恥心を感じてしまうこともあるでしょう。胸筋が発達している胸と女性のように膨らんでしまった胸はやはり違います。豆乳を好んでよく摂取している男性は、摂取する量には気を付けた方が良いでしょう。

精子の数が減る

男性が豆乳をとりすぎることで起こるデメリットの2つめは、精子の数が減ってしまうということです。精子の数が減ると聞くと思わずドキッとしてしまいますが、これも豆乳の成分であるエストロゲンが影響することで起こります。エストロゲンは女性ホルモンに似ている成分ですので、いわば男性ホルモンとは真逆の効果をもたらします。エストロゲンで男性ホルモンをおさえこむということは、男性の生殖機能にデメリットを及ぼす可能性が高いということになるのです。 結婚していて近い将来子どもが欲しいと考えている男性は、豆乳を毎日大量に摂取することはやめておいたほうが無難です。豆乳と精子の数の因果関係についてよく理解しておきましょう。

男性の性欲がおさえられる

男性が豆乳をとりすぎることで起こるデメリットの3つめは、男性の性欲がおさえられてしまうということです。性欲の減退もまた、同じく豆乳の成分であるエストロゲンによる影響が大きいと言われています。性欲というのは男性ホルモンと密接に関係しており、男性ホルモンが多い男性ほど性欲が強いということが分かっています。豆乳のエストロゲンによって男性ホルモンを過剰におさえすぎてしまうと、男性は魅力的な女性を前にしても性欲を感じなくなってしまいます。 性欲が必要以上におさえられてしまうと豊かな性生活を送ることが難しくなり、妻や彼女とセックスレスになってしまう恐れも出てきます。豆乳を摂取して肌や髪が綺麗になったからといって、男性が大量の豆乳を飲むのは控えた方が良いでしょう。

適度な量の豆乳で健康的な生活を送りましょう!

豆乳の女性への効果・効果を高める方法・男性への効果は?

豆乳が体にもたらす効果や、男性が豆乳を飲んだ時のデメリットなどについてご紹介致しました。豆乳は体に良いだけでなく、私たちの体に様々な影響を及ぼす食品です。あまりに過剰に豆乳を摂取することはおすすめできませんが、自分に合った豆乳の量を把握することで体の悩みを改善する手助けになる食品でもあります。 話題の豆乳をを毎日の食生活に取り入れ、適度な量の豆乳でぜひ健康的な生活を送りましょう!

アクセスランキング