IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

婚約から結婚までの手順や注意点|報告/両家顔合わせ/婚姻届け

ビジネスマナー

プロポーズされたらすぐに婚姻届を出したくなりますよね。でもちょっと待ってください。婚姻届を出す前にすることはありませんか?お互いの両親への挨拶、結婚式や新婚旅行のことなどきちんと考えていますか?この記事ではそんな婚約から結婚までの手順について説明しています。

更新日時:

婚約から結婚までの手順や注意点

報告

結婚が決まってからの手順としては、まずは両家ともに各自親に報告します。その後女性の実家に2人で挨拶に行き、次に男性の実家に挨拶に行きます。そして両家への挨拶が無事に済んだら、友人や職場の上司、そして同僚に報告をします。 結婚が決まったら嬉しくてつい友人に報告してしまいたくなりますが、友人への報告は両家への挨拶が終わってからした方がスマートな手順ですので覚えておきましょう。

両家顔合わせ

手順としてはお互いの家の雰囲気を知るのに大切な機会である両家顔合わせは、婚姻届を提出する前に行いましょう。日程や場所や料理の内容はお互いの家の都合を考慮しながら慎重に決めましょう。あとは費用の分担や服装も決めましょう。服装はある程度両家で揃えていく方が場の空気がまとまります。 両家の顔合わせはその家によって形式が変わってきますので、お互いの家の意見を聞きながらセッティングしましょう。結納に近いようなきちんとした顔合わせから、会話をしながら食事をするだけのものまで自分たちに合った食事会にしましょう。

婚姻届け

婚姻届を提出するまでの手順を間違えてしまうと、入籍日が変わってしまいますので注意しましょう。婚姻届は役所に行けばもらうことが出来ます。その時に役所の人に書き方の注意点などを聞いておくとその後も間違えることなくスムーズに進みます。婚姻届には保証人を書く欄もありますので、誰に書いてもらうのか考えておきましょう。 婚姻届をきちんと書いて持っていけば、どこの役所でも受理してくれるわけではありません。本籍地と異なる役所に提出する場合は戸籍謄本が必要になります。

名義変更

婚姻届を役所に提出し受理されると、女性の場合苗字が変わり名義変更をしなければなりません。書類の手続きは大変ですが、後回しにしないですぐに手順良くとりかかりましょう。各種手続きには新しい苗字の印鑑が必要になりますので、あらかじめ作っておくことをオススメします。 名義変更しなくてはいけないものは、年金手帳や免許証やパスポート、銀行口座やキャッシュカード、携帯電話などの手続きが必要になります。パスポートは直近で海外に行く予定がない場合は海外に行くときでも大丈夫です。しかしそのときは忘れずに名義変更しましょう。結婚後すぐに新婚旅行に行く人は飛行機のチケットとパスポートの名前が一致していないといけませんので注意して下さい。

引っ越し

結婚すると引っ越しが必要になります。その手順について説明します。先ほど婚姻届けや名義変更について説明しましたが、もし日程に余裕があるようでしたら婚姻届けを出す前に引っ越しをした方がスムーズに進みます。 なぜかというと引っ越しをする際に転入届と転出届を出す必要がありますが、名前が変わってしまうとこちらの手続きにも支障が出てきてしまうからです。無駄な氏名変更や住所変更の手続きが増えてしまうことになりますので手続きの手順に気を付けてください。

国別の婚約から結婚までの手順

フランス

日本人同士の場合は方法が2つあります。日本方式にて婚姻する方法とフランス方式にて婚姻する方法です。配偶者のどちらか1人が外国人の場合はフランス方式になります。以下2つの方式の手順について説明します。 日本方式とはフランスにある在外公館に届を出すことです。必要な書類は窓口に用紙がある婚姻届と夫婦2人の戸籍謄本、そして夫婦2人プラス証人となる人2名の身分証明書写です。 フランス方式とは婚姻が成立した日から3か月以内に婚姻届を領事部窓口へ届け出ることです。3か月を超えてしまう場合はその理由も一緒に提出することになります。なお、郵送による手続きも可能です。必要な書類は婚姻届と婚姻証明書と同和訳文、夫婦2人の戸籍謄本、2人のフランス滞在許可証です。

中国

中国の場合、日本人は日本の法律に中国人は中国の法律についての要件を満たされているかが重要です。日本人は男性は18歳以上、女性は16歳以上で結婚することが可能です。しかし中国は男性22歳以上、女性20歳以上でないと結婚出来ないのです。 婚姻の手順は夫婦2人が必要書類を準備します。そして中国人の戸籍所在地の省、自治区、直轄市の人民政府が指定する婚姻登記機関に行き、手続きを行い「結婚証」を受領します。必要な書類は日本人場合、日本の地方法務局長等が発行した「婚姻要件具備証明」(独身証明)と翻訳会社による婚姻要件具備証明の中国語訳文、パスポートです。 中国人の場合は、「居民戸口簿」及び「居民身分証」と婚姻登記員の面前で、自らに配偶者が無く、相手と直系血縁ではなく3代以内に親戚関係が無いことを、表明することです。

婚姻登記員の面前で、自らに配偶者が無く、相手と直系血縁ではなく3代以内に親戚関係が無いことを、表明すること

フィリピン

フィリピンの結婚の条件は3つあります。まず1つ目は男女ともに18歳以上であることです。次に2つ目は21歳未満の場合は親権者や後見人、監督責任者の同意が必要なことです。3つ目は21歳以上で25歳未満は親権者や後見人などの人に助言を求める必要がありますが、助言が得られない場合は結婚許可証は申請してから3か月は発行されないということです。 結婚までの手順はまず婚姻要件具備証明書を入手します。次にフィリピン国籍の方が住んでいる地域の役所で結婚許可証を申請します。10日間一般公示されその後結婚許可がおりる形になります。そして結婚許可証には120日という有効期限があり、その間に結婚式を挙げることになりますので、手順を間違えないようにしましょう。

婚姻要件具備証明書を入手するまでの手順

フィリピン人の婚約者とともに在フィリピン日本国大使館に行きます。必要な書類は日本国籍の方の戸籍謄本(抄本)とパスポートです。離婚歴がある方は戸籍謄本にきちんと記載されているかどうか確認して下さい。フィリピン国籍の方は出生証明書が必要となります。 その後問題がなければ、婚姻要件具備証明書が発行されます。

フィリピンでの結婚成立後の手順

フィリピンでの結婚が成立したあとの手順は、3か月以内に日本の役場に結婚届を提出することです。必要な書類は日本国籍の方の戸籍謄本とフィリピン国籍の方の出生証明書とその日本語訳、結婚証明書とその日本語訳です。

カナダ

カナダの結婚の手順は日本と比べると少し大変なので注意して手続きして下さい。まずは結婚許可証を申請し取得します。そして教会や役場で立会人とともに結婚式を挙げなくてはなりません。ここが日本と大きく異なるところなので気を付けて下さい。結婚式が終わったら結婚証明証を申請し取得し日本大使館に提出する手順となります。 日本のように披露宴をする場合は結婚の約1年前から準備する必要があります。

結婚許可証を入手するまでの手順

手順としては、2人のうちどちらか1人が必ず出向きます。そして結婚許可証を申請し申請料となる100ドルを支払います。申請してから3か月以内に結婚しなければなりません。出生証明(birth certificate)、永住権や市民権のカード、パスポート等、公的な氏名、生年月日、出生地がわかるものの提出が必要(両者)です。

出生証明(birth certificate)、永住権や市民権のカード、パスポート等、公的な氏名、生年月日、出生地がわかるものの提出が必要(両者)

状況別での結婚までの手順

妊娠

婚姻届を提出するより先に妊娠が発覚してしまった場合は、今までの手順と異なります。夫婦となる2人が結婚すると決めたならすぐに、両家の両親に結婚と妊娠の報告をしましょう。そして両家顔合わせの日程を決めましょう。 妊娠中は何かと忙しく時間がありませんが、今後の家族関係にも関わってくるので両家の顔合わせは出来るだけ早く行いましょう。そして婚姻届を提出しましょう。もし出産前に結婚式を挙げるのであれば安定期に入ったころがおすすめです。日程が詰まっていますので早めに式場を探し、準備にとりかかりましょう。

同棲

結婚をする前に同棲しているカップルは結婚すると決まっても大きく生活は変わりませんが、きちんと手順を踏みながら進めていきましょう。 まずは両家の顔合わせです。先に同棲しているからこそきちんと場所を改めて両家の顔合わせをしましょう。内容はかっちりとしたものでもカジュアルなものでも構いませんが両家のご両親にきちんと挨拶をすることが大切です。そこで両家の両親から了承が得られてから婚姻届を提出しましょう。間違っても顔合わせの前に婚姻届を提出しないようにしましょう。

結婚が破談してしまった場合の流れ

婚約はしたものの結婚が破談になってしまったら、手順としてはまず両親に報告です。そして結婚式を挙げる予定だったときは、式の日が近づいてくるとキャンセル料がとられてしまう場合もありますので、1日でも早く式場にキャンセルすることを伝えて下さい。結婚も破談になったうえにキャンセル料も支払わなければいけなくなると、どちらが払うかなどで喧嘩になる可能性もありますので注意して下さい。

書類関係手順を頭に入れておき、素敵な結婚にしよう!

婚約が決まったら嬉しくて早く婚姻届を出したくなってしまいますが、きちんと手順をふんでから提出するようにしましょう。結婚は自分だけの話ではなく自分の家族や相手の家族にもかかわってくる話ですので、急がずにしっかり婚姻届を出すまでの時間の使い方を考えましょう。

アクセスランキング