IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

お宮参り後の食事|費用とお礼品/地域別・自宅で準備する場合

ビジネスマナー

お宮参りは地域ごとに風習があり、その地域の氏神様にお参りすることが習わしです。ただし別の地域から引っ越してきた場合など、よく分からないことも少なくありません。そこで地域ごとのお宮参りの神社と共に、食事ができるおすすめのお店をご紹介します。

更新日時:

お宮参りの食事

赤ちゃんの成長を願って地域の氏神様に挨拶しお参りをする行事のことを、お宮参りといいます。家族や赤ちゃんにとっては、生まれて初めての行事です。地域によって、いつお宮参りに行くかは違いがありますが、生後1ヶ月、生まれた日を1日目とし、男の子の場合は31日目、女の子の場合は32日目に、お参りをする習わしとなっています。 ただし生まれて間もない赤ちゃんの健康やお母さんの体調なども考慮し、必ずその日にしなければならないということはありません。 暑さや寒さが厳しい時には避けた方がいいですし、お日柄のいい日や家族の都合が合わないといったことがあれば、先に延ばしても問題はありません。生後100日目のお食い初めと一緒に、お宮参りを行う地域もあります。 ただ習わしであるお宮参りの後の食事は、どのように用意すればいいのでしょうか。外で食べる場合や自宅で食事をする場合どうすればいいのかご紹介します。

挨拶はいつする?

お宮参りは両親と赤ちゃん、双方の両親と身内だけで行うことがほとんどですが、お宮参りの後の食事会を行う場合、主催が挨拶をすることになります。父方の祖父、もしくはご主人が挨拶をするのが習わしですが、事前に挨拶をしてもらうよう依頼を忘れないようにしましょう。 食事の前に、挨拶をお願いします。ご主人が挨拶をする場合、無事お宮参りを終えることができたこと、参列してくれたご両親への感謝を述べ、奥様への労りと感謝、今後も見守ってもらえるようにお願いする言葉で締めるようにします。

費用・相場はどれぐらい?

お宮参りの後の食事は、お宮参りが午前中に行われるため、ランチかもしくは余裕を持って夜に改めて行うかのどちらかになります。ランチの場合なら3000円か5000円、ディナーの場合は5000円から10000円程度が相場です。 ただしお宮参りをした神社の別館で食事ができることもありますし、仕出しのお弁当をお願いした場合や、食事をするレストランによってはお宮参り用のコースが用意されていることもあるため、お宮参りの費用なども考えて選ぶ必要があります。

手土産は必要?

お宮参りに遠方から両親が来てくれる時などには、手土産を用意しましょう。おめでたい行事なので、紅白まんじゅうを用意する地域もありますし、荷物にならないようお菓子の詰め合わせを渡すこともあります。 基本的には参列してくれた双方の両親に手土産を渡しますが、父方の祖父母がお宮参りを主催して行う際には、手土産は不要です。ただし地域によって風習が違いますので、事前に父方の祖父母に費用や手土産については相談しておくことが必要です。

地域別お宮参り後の食事

お宮参りについては、地域によってしきたりの違いもありますが、その地域でお宮参りをするならここ、とされる有名な神社も多くあります。 お宮参りの後の食事で、お勧めのお店を地域ごとにご紹介します。

東京

東京では中央区にある水天宮、JR原宿駅から徒歩圏内にある明治神宮がお宮参りの神社として広く知られており、参列する人も多くいます。 赤ちゃんを連れての移動は、なるべく短時間の方が赤ちゃんもぐずることがなくお勧めです。また食事をする場所も、神社から近い方が負担になりません。 水天宮なら徒歩圏内の「ロイヤルパークホテル」、明治神宮なら同じ敷地内にある「明治神宮文化館」、もしくは少し歩きますが「明治記念館」がお勧めです。タクシーの移動ができますし、お店がいくつかあるので、個室のお店を選ぶのもいいでしょう。 ランチをする場合は時間が決まっていますので、事前の予約がお勧めです。

福岡

福岡では、引き飴という飴をお宮参りの日に近所に配る習わしがありますが、行うところは少なくなっています。またお宮参りに行く日も、地域によって違いがありますので、事前に確認しましょう。 神社が多くある福岡で、お宮参りで選ばれる神社には、太宰府天満宮、櫛田神社があります。特に櫛田神社は氏神様として広く地元に知られています。 太宰府天満宮にはすぐ近くに「古香庵」という会席料理のお店があります。個室があり、予約なしでも食事ができますが、お子様ランチは予約が必要です。 櫛田神社の場合は、JR博多駅近くのホテル日航福岡内にある、会席料理店「弁慶」が子連れでも安心して利用できます。個室もあり、節目のお祝いにも利用できるお店です。

横浜

横浜でお宮参りに行く神社には、伊勢山皇大神宮や篠原八幡大神が有名です。ただし横浜には区ごとに神社が多くあり、お宮参りをする際には自分の住んでいる地域の産土神様にお参りするのが習わしとなっています。 お宮参りの食事をする場合は、ランドマークタワー内のお店や、横浜駅周辺のホテルなど個室のお店を選んで行うことがほとんどです。お宮参りプランを用意しているお店も多いので、移動手段も考えながら選ぶといいでしょう。

大阪

大阪でお宮参りの神社として知られるのは、住吉大社と成田山不動尊です。 住吉大社は初詣などにも多くの参拝者が訪れ、地元の大阪だけでなく他の地域からも多くの人が訪れる神社です。成田山不動尊は、お宮参りのことを「初まいり」といいます。年間200万人を超える人が訪れる場所でもあります。関西ではお宮参りの際に、厄除けの意味から額に男の子は「大」の字、女の子は「小」の字を書く習わしがあります。 住吉大社でのお宮参りの後の食事は、「廣田屋」なら個室もあり、お宮参りの食事にも対応してもらえるのでお勧めです。住吉大社周辺では個室のある店が少ないので、堺駅周辺のホテルでの食事も考えましょう。 成田山不動尊の場合は、すぐ近くにある「ちくま庵」が完全個室なので、安心してゆったりと食事をすることができます。

名古屋

名古屋でお宮参りで選ばれることの多い神社は、熱田神宮と塩竃神社があります。熱田神宮では、お宮参りのことは「初宮詣」と呼ばれ、歴史ある由緒ある神宮ということで多くの参拝者が訪れます。塩竃神社は、安産祈願で知られており、子供にゆかりの深い神社です。 どちらも予約不要でご祈祷をお願いできますが、祭事の多い神社ですので日程には注意する必要があります。 熱田神宮でのお宮参りの後の食事では、熱田神宮に近い「大和田」、「あつた蓬莱軒」がどちらもひつまぶしの名店として有名です。ただし人気店ですので、事前の予約をしておいた方がいいでしょう。 塩竃神社の場合は、すぐ近くにある「汐のや」が個室もあり人気のお店です。予約をしておかないと、当日入ることは難しいお店です。割烹料理なので年代を気にせず美味しくいただけます。

お宮参り後自宅で食事をする場合

お宮参りは赤ちゃんのことを気遣いながらの行事ですので、考えている以上に赤ちゃんとお母さんには負担がかかります。季節によっては、長時間外にいることで体調を崩すことにもなりますので、お宮参りの後の食事は自宅に帰ってからの方が負担にならないこともあります。 ただし食事の準備などをするとなると、かえって疲れてしまいますので、会席料理店のお弁当をお願いする、また出前を取る、テイクアウトを利用するのもいいでしょう。後の片付けのことも考え、お母さんに負担をかけないようにすることも大切です。

赤ちゃんが健やかに育つことを祈りながら準備をしよう

お宮参りは赤ちゃんにとって初めての行事ですが、家族にとっても記念となる1日です。ただし赤ちゃんとお母さんの体調を最優先として、負担がかからないよう食事をする場所も選ぶことが大切です。 特にお宮参りでは赤ちゃんの着替えなどで荷物が多くなりがちなのでレストランを予約する際には、食事の内容も含め事前に細かく打ち合わせをするようにしましょう。

アクセスランキング