IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

いつからマイナンバー提出が必要か|確定申告・年末調整など

更新日:2020年08月28日

暮らしの知恵

マイナンバーが様々な手続きにいつから提出に必要があるのか?と疑問を抱く方もおられるでしょうし、提出の義務化がされるのか?なども気になりますよね。今回はこのいつから提出が必要になっていくのかをあらゆる分野で詳しくご紹介していきます

マイナンバーはいつから提出する必要があるのか?

いつからマイナンバーが開始されたかご存知でしょうか。マイナンバーがいつから運用されたかというと2016年に1月からになります。そして今回は2016年に運用が開始されたマイナンバー制度にて、マイナンバーの提出がいつから義務化されるのかなどを詳しくご紹介していきます。 「いつから提出が必要なのか」気になりますよね。その疑問を解決するべく、様々な分野に分けてわかりやすく解説していきます。いつからかマイナンバーにより副業がバレてしまったという事案もありますので、そちらも詳しくご紹介してきます。

いつから始まった?マイナンバー制度とは?

マイナンバー制度とは国民一人一人に設けられた12桁の番号を表記した個人情報カードのことを指します。いつから開始されたかというと、マイナンバー制度は2016年より運用が開始され、社会保障や税金、災害対策の情報を効率的に管理するために発行され、脱税などより少なくし、国民の税金の負担をより減らすために作られたものです。 今まで、手続きにあらゆる種類や手間が必要であったため、この個人マイナンバー1つで様々な手続きが出来るようにするために政府が作ったマイナンバー制度になります。

いつから確定申告に必要?

確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までの1年間の所得の金額などを計算し、納めた税金との過不足を清算する手続きであり、個人従業主の方やフリーランスの方は行なった経験があると思いますが、会社などに務めている方にはあまり触れない申告でしょう。いつからマイナンバーが必要かというと、現在のマイナンバー制度では、確定申告について通知カードと本人確認書類でまだ手続き可能であり、義務化はされておりません。 ですので、個人経営の方やフリーランスの方はマイナンバーの提出は現在必要ではありませんが、いつからというと2021年より銀行口座にマイナンバーが義務化されると政府が報じているのでこのタイミングで確定申告にも必要になる可能性があります。

マイナンバー制度は年末調整にも適用?

年末調製は確定申告と似通った手続きで、主にサラリーマンの方や公務員の方などの給与所得者などに1年間支払った給与を再計算し、所得税の過不足を調整する事です。会社務めの方は、確定申告しなくても会社がこちらの年末調整をしてくれているので確定申告の必要はありません。 このように年末調整はどこかに務めている方の手続きであり、いつからマイナンバー提出が必要かというとすでに会社では国の政策によりマイナンバーの提示を求めています。しかし、年末制度のマイナンバー制度は、いつから義務化されるかは決められておらず、理由を伝えれば提出しなくても、会社は年末調整を行なってくれます。ただ、会社との関係があまりよくないので、提出が勧められる形になるでしょう。

いつから銀行口座にマイナンバー制度?

いつから銀行口座でのマイナンバー制度が開始されるかと疑問を抱く方もおられるでしょう。政府が報じている情報では、マイナンバー制度により2021年より銀行口座開設にマイナンバーの提出を義務づけると政府が報じており、銀行口座にマイナンバー制度を導入する目的は個人の所得把握をするためです。 本格的にいつから通知されるようになるかというと銀行口座は2018年より、マイナンバー制度の告知を始めて2021年より銀行口座開設などにマイナンバー制度によりマイナンバーの提出を義務化する予定です。現在は銀行口座の開設などに、マイナンバーの提出は必要ありませんのでご安心ください。

いつから証券口座に必要?

株式投資を行なっている方は、いつから証券口座にマイナンバー制度が導入されるか気になることでしょう。具体的にいつから必要かというと、証券口座開設には、現在マイナンバー制度のよりマイナンバーの提出が必要であり、マイナンバー制度が開始される前に口座開設していた場合は2018年の12月末までにマイナンバー制度により、マイナンバーの提示をする必要があります。 ただ、義務ではないので絶対に提出しないといけないということではありません。しかしマイナンバー制度により、株式の売買が行えなくなるなどの支障が生じる可能性がございますので、把握しておく必要があります。

いつから支払調書に必要?

支払調書は、報酬などの支払いを行なった事業者などが、詳しい明細を書き税務署に提出するもので、報酬を受け取った人物が確かに申告をしているかどうかを税部署が調べるために参考にする書類になります。いつからマイナンバーの提出が必要かというとマイナンバー制度の開始された2016年より提出が必要になっております。 ただし、個人通知カードと本人確認書類があれば、マイナンバーの提出の必要が現在はありません。いつから義務化されるかは未だ政府は公開しておりませんが、2021年の銀行口座開設に必要になるのと同様にマイナンバー制度が設けられ、マイナンバーの提出が必要になっていく可能性があります。

いつから法定調書に必要?

「法定調書」とは、先ほど記載した「支払調書」や「源泉徴収票」を含む書類のことで、主に報酬の支払った方が税務署に提出する種類のことを言います。ですので、簡単に説明すると税務署がお金の動きを把握するために必要な資料などを指します。いつからマイナンバーの提出の必要があるか、法定調書を作成される方には気になることでしょう。 いつから提出が必要かというと、現在は税務署に提出する書類はマイナンバー制度によりマイナンバーの提出が必要となっており、マイナンバーの提出の必要があります。税務署に申告する書類や提出する内容のものは、ある程度必要になると把握しておきましょう。

マイナンバー制度は社会保険に適用?

社会保険とは、医療保険や年金保険、介護保険のことは全般的に言います。あらゆる人生でのリスクをみんなでカバーし、みんなで社会的供出をしようと国が作った制度であり、務めている方でしたら知っている仕組みでしょう。いつからマイナンバー制度が社会保険に付属してくるかというと現在、社会保険に税金を支払っている方でしたら、マイナンバーの提出をしている方もおられるでしょう。 ただ、個人従業主の方やフリーランスの方はマイナンバーの提出の義務はなく、提出の必要はありません。しかし、提出を市役所が呼びかけているので、いつから義務化されるかは政府は告知していませんが、これからマイナンバー制度の発展により、提出の必要が出てくるでしょう。

健康保険にも適用?

初回公開日:2017年10月06日

記載されている内容は2017年10月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング