IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

いつからマイナンバー提出が必要か|確定申告・年末調整など

確定申告・税金

マイナンバーが様々な手続きにいつから提出に必要があるのか?と疑問を抱く方もおられるでしょうし、提出の義務化がされるのか?なども気になりますよね。今回はこのいつから提出が必要になっていくのかをあらゆる分野で詳しくご紹介していきます

更新日時:

マイナンバーはいつから提出する必要があるのか?

いつからマイナンバーが開始されたかご存知でしょうか。マイナンバーがいつから運用されたかというと2016年に1月からになります。そして今回は2016年に運用が開始されたマイナンバー制度にて、マイナンバーの提出がいつから義務化されるのかなどを詳しくご紹介していきます。 「いつから提出が必要なのか」気になりますよね。その疑問を解決するべく、様々な分野に分けてわかりやすく解説していきます。いつからかマイナンバーにより副業がバレてしまったという事案もありますので、そちらも詳しくご紹介してきます。

いつから始まった?マイナンバー制度とは?

トピック1014950/要素1796599

マイナンバー制度とは国民一人一人に設けられた12桁の番号を表記した個人情報カードのことを指します。いつから開始されたかというと、マイナンバー制度は2016年より運用が開始され、社会保障や税金、災害対策の情報を効率的に管理するために発行され、脱税などより少なくし、国民の税金の負担をより減らすために作られたものです。 今まで、手続きにあらゆる種類や手間が必要であったため、この個人マイナンバー1つで様々な手続きが出来るようにするために政府が作ったマイナンバー制度になります。

いつから確定申告に必要?

確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までの1年間の所得の金額などを計算し、納めた税金との過不足を清算する手続きであり、個人従業主の方やフリーランスの方は行なった経験があると思いますが、会社などに務めている方にはあまり触れない申告でしょう。いつからマイナンバーが必要かというと、現在のマイナンバー制度では、確定申告について通知カードと本人確認書類でまだ手続き可能であり、義務化はされておりません。 ですので、個人経営の方やフリーランスの方はマイナンバーの提出は現在必要ではありませんが、いつからというと2021年より銀行口座にマイナンバーが義務化されると政府が報じているのでこのタイミングで確定申告にも必要になる可能性があります。

マイナンバー制度は年末調整にも適用?

年末調製は確定申告と似通った手続きで、主にサラリーマンの方や公務員の方などの給与所得者などに1年間支払った給与を再計算し、所得税の過不足を調整する事です。会社務めの方は、確定申告しなくても会社がこちらの年末調整をしてくれているので確定申告の必要はありません。 このように年末調整はどこかに務めている方の手続きであり、いつからマイナンバー提出が必要かというとすでに会社では国の政策によりマイナンバーの提示を求めています。しかし、年末制度のマイナンバー制度は、いつから義務化されるかは決められておらず、理由を伝えれば提出しなくても、会社は年末調整を行なってくれます。ただ、会社との関係があまりよくないので、提出が勧められる形になるでしょう。

いつから銀行口座にマイナンバー制度?

いつから銀行口座でのマイナンバー制度が開始されるかと疑問を抱く方もおられるでしょう。政府が報じている情報では、マイナンバー制度により2021年より銀行口座開設にマイナンバーの提出を義務づけると政府が報じており、銀行口座にマイナンバー制度を導入する目的は個人の所得把握をするためです。 本格的にいつから通知されるようになるかというと銀行口座は2018年より、マイナンバー制度の告知を始めて2021年より銀行口座開設などにマイナンバー制度によりマイナンバーの提出を義務化する予定です。現在は銀行口座の開設などに、マイナンバーの提出は必要ありませんのでご安心ください。

いつから証券口座に必要?

株式投資を行なっている方は、いつから証券口座にマイナンバー制度が導入されるか気になることでしょう。具体的にいつから必要かというと、証券口座開設には、現在マイナンバー制度のよりマイナンバーの提出が必要であり、マイナンバー制度が開始される前に口座開設していた場合は2018年の12月末までにマイナンバー制度により、マイナンバーの提示をする必要があります。 ただ、義務ではないので絶対に提出しないといけないということではありません。しかしマイナンバー制度により、株式の売買が行えなくなるなどの支障が生じる可能性がございますので、把握しておく必要があります。

いつから支払調書に必要?

支払調書は、報酬などの支払いを行なった事業者などが、詳しい明細を書き税務署に提出するもので、報酬を受け取った人物が確かに申告をしているかどうかを税部署が調べるために参考にする書類になります。いつからマイナンバーの提出が必要かというとマイナンバー制度の開始された2016年より提出が必要になっております。 ただし、個人通知カードと本人確認書類があれば、マイナンバーの提出の必要が現在はありません。いつから義務化されるかは未だ政府は公開しておりませんが、2021年の銀行口座開設に必要になるのと同様にマイナンバー制度が設けられ、マイナンバーの提出が必要になっていく可能性があります。

いつから法定調書に必要?

「法定調書」とは、先ほど記載した「支払調書」や「源泉徴収票」を含む書類のことで、主に報酬の支払った方が税務署に提出する種類のことを言います。ですので、簡単に説明すると税務署がお金の動きを把握するために必要な資料などを指します。いつからマイナンバーの提出の必要があるか、法定調書を作成される方には気になることでしょう。 いつから提出が必要かというと、現在は税務署に提出する書類はマイナンバー制度によりマイナンバーの提出が必要となっており、マイナンバーの提出の必要があります。税務署に申告する書類や提出する内容のものは、ある程度必要になると把握しておきましょう。

マイナンバー制度は社会保険に適用?

社会保険とは、医療保険や年金保険、介護保険のことは全般的に言います。あらゆる人生でのリスクをみんなでカバーし、みんなで社会的供出をしようと国が作った制度であり、務めている方でしたら知っている仕組みでしょう。いつからマイナンバー制度が社会保険に付属してくるかというと現在、社会保険に税金を支払っている方でしたら、マイナンバーの提出をしている方もおられるでしょう。 ただ、個人従業主の方やフリーランスの方はマイナンバーの提出の義務はなく、提出の必要はありません。しかし、提出を市役所が呼びかけているので、いつから義務化されるかは政府は告知していませんが、これからマイナンバー制度の発展により、提出の必要が出てくるでしょう。

健康保険にも適用?

健康保険とは、突然の怪我や休業、死亡事故や出産などの不定期に起こる備えに国が作った制度であり、公的な医療保険制度です。 主にサラリーマンの方や民間型の企業で働かれている方と務めている家族が入る国の公的な医療保険制度となっており、保険加入者と会社が一緒に保険料を負担して運用する保険です。いつからマイナンバー制度が導入されるか、マイナンバーの提出が必要になるか疑問を抱く方もおられることでしょう。 具体的にいつから提出が必要なのか、会社務めの方などマイナンバー制度によりマイナンバーの提出が求められ提出の必要がありますが、個人事業主の方やフリーランスの方が加入する国民健康保険などは現在、マイナンバーを提出する義務はなく、個人通知カードと本人確認種類の提出でも可能となっております。

マイナンバーを提出すると会社に副業がバレるのか?

会社が役所に副業の事実を聞き出せるのか?

会社務めをされている方で、株式やFXなどのあらゆる副業をしている場合、マイナンバーの提出で会社に副業がバレると心配されている方もおられることでしょう。そして、会社が市役所にあなたが副業しているかを聞いてたとしても市役所を伝えることはできません。なぜなら、マイナンバーの利用目的などは法律上厳しく国が法律を定めているからです。 この理由により、副業を聞き出すためにマイナンバーの情報を利用するのは法律上禁止されており、結論を言えばあなたの働く会社が市役所に副業をしているかを聞き出す子は法律にできません。もし会社がこのことを把握していない場合に、市役所に問い合わせたとしても法律により、市役所は何も伝えないのでご安心ください。

役所が会社に副業をしている事実を伝えることはあるのか?

今回はその逆のパターンで、市役所があなたの務めている会社に副業を伝えることがあるかどうか、そのパターンがるかどうかをご紹介します。こちらも同様ですが、マイナンバーの利用目的は国の定めた法律により、伝えることはありません。 ですので、市役所がマイナンバーを個人情報に近い内容を会社に教えたりすることはありませんので何度もお伝えしますが、ご安心ください。結論はマイナンバーの提出により、あなたの務めている会社に副業がバレることはありません。

マイナンバー制度の落とし穴とは?

トピック1014950/要素1796552

いつから情報が出回ったかは把握できませんが、マイナンバー制度の開始により副業がバレたという事例があります。今回このバレる仕組みをお伝えします。なぜ、会社がこの副業を知れたのかというと、副業の際に提出したマイナンバーと本業で提出したマイナンバーのデータが市役所で合わせられ、所得金額と税率に違いがあり、住民税などの税金に相違が生じたのが理由の一つでした。 ですので、市役所と会社が情報を伝えることは厳しい法律により禁止されていますが、申告の際に出るデータで発覚してしまうことはあるのです。

副業のバレない方法をご紹介!

あなたの会社に副業がバレるシュチュエーションは住民税の納付時です。しかし、これを打開する方法があるのです。それは、確定申告の際に項目がありますのでそちらを普通微収を選択すること方法で、普通微収とは、自分で住民税を納めることでありこの方法を取れば、会社が住民税のことに触れることはありません。 そしてバレた事例にはこれとは逆の特別微収を選択し、会社が住民税を納めたから内容に触れて副業がバレたのが副業のバレる手順です。

マイナンバーが必須になっていく可能性

トピック1014950/要素1796536

いつからマイナンバー制度が始まり、いつから手続きにマイナンバーの提出が必要が解いてきましたが、あらゆる手続きにマイナンバー制度が導入され、いつからとは言っていられないほど必要になってきました。結論を伝えていくとこれから、マイナンバー制度はより充実した内容になっていきあらゆる場面で提出が必要になることでしょう。 結論でいつから通知されていくかというと、銀行口座開設であれば2021年、証券口座開設であれば現在提出が必要で、その前に作られた方は、2018年の12月末までにマイナンバーの通知が定められておりますので、このことを知っておく必要があります。

アクセスランキング