IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

正社員のメリット|待遇・対象者/職種別・デメリット

転職ノウハウ

正社員として働く際は責任感と使命感を担って働く事が求められます。非正規社員として働く人のお手本となり、正社員としての仕事をしていきましょう。正社員としての福利厚生や厚生年金のメリットはありますが、メリットばかりを重視せず、実りある仕事をするようにしましょう。

更新日時:

正社員になった時に得られるメリットとなる利点など

現在、様々な働き方があります。契約社員で働く人、派遣社員で働く人、アルバイトで働く人、日雇いで働く人、パートタイマーで働く人がいますが、正社員で働く場合は責任感や仕事への使命感、他に契約社員や派遣社員として働く人の職務上の管理なども、正社員の仕事です。 正社員として働く場合は、会社からそれなりの待遇を受けて仕事ができることがメリットですが、会社の顔として働くので、それなりの人格者で会社の将来や展望を考えられる人が選ばれます。会社の同僚と協力して仕事をしていけるのか、派遣社員や契約社員の見本となるような人物なのかも問われます。 正社員は責任があるにしろ、派遣社員や契約社員とは違う昇進があります。仕事をしていく上で、結果を残したり、それなりの年齢になれば昇進できる様になっており、将来がある程度保証されて、身分と仕事に見合った対価が支払われる事も正社員として働く際のメリットです。 現在は女性も男性並みに正社員として採用される場合が多く、女性に合った仕事、男性に合った仕事もあり、女性も正社員として採用されることも多いですが、資格を持っている事が大きな武器となっています。 では雇用形態別、性別、職業別にそれぞれの正社員として働く際のメリットを紹介していきましょう。

日給の場合で働く場合

正社員で日給として働く場合は、警備会社や小さな会社な会社が多く、正社員として正式採用される前に日給として支払われる場合が多いです。日給として働く場合は時給と違って、会社の中では正社員として採用が決まって、期間限定で日給で支払われる場合があり、小さい会社や警備会社での正社員での正式採用として働く前の短い期間、日給で働く場合があります。

月給で働く場合

月給で給料が支払われる場合は正社員として、正式採用されている場合です。社会保険や厚生年金などに加入でき、正社員として働けるので、会社自体がしっかりしていれば正社員として働く際のメリットを実感できることになります。 時給や日給と違って、月給で給与が支払われる場合は正社員としての社会保険や厚生年金などを受ける事が出来て、正社員として働くメリットを感じる事が出来るでしょう。

正社員になったときの福利厚生など

社会保険や厚生年金や結婚や出産があった場合の手当やその他の手当の事を福利厚生といいます。大きな会社の場合は、定年後会社の宿泊施設を利用して旅行を楽しんだり、スポーツを楽しむ事が出来るので、大きな会社で働く場合は大きなメリットになります。

正社員になったときの社会保険など

正社員として採用されても、社会保険に加入できない場合があります。転職などをした会社自体が小さい場合、社会保険になかなか加入できない場合があります。新入社員として採用された場合は社会保険に加入しやすいです。 最近は派遣社員、アルバイト、契約社員にも社会保険に加入できることもあり、正社員だけになれた時のメリットにはならなくなっています。それだけ働き方が多様化しています。

正社員になったときの厚生年金など

正社員になったときも厚生年金は加入できますが、最近はアルバイト、派遣社員、契約社員として働く人も、厚生年金に加入できる場合があります。勤務時間が8時間を越えている場合などは労働基準監督署により、加入が義務づけられています。 正社員として厚生年金に入った場合も会社の規模で定年後にもらえる年金の額が変わってきます。大きな会社で正社員として働いた場合は厚生年金のメリットが大きくなります。

正社員として産休を取る場合

少子高齢化が急速に進んでいる現代では、産休を取る事を推進している企業もあり、女性は産休がしっかりとれる会社を選ぶという時代になっています。今、イクメンという言葉も生まれてくる程、男性も育児に参加しないと現代では子供が育てにくい世の中になっています。 派遣社員や契約社員、アルバイトの産休はとりにくいですが、正社員として働く場合は産休がとりやすい会社もあるので正社員として働く際のメリットとなります。

正社員の人の扶養になる場合

正社員の配偶者やその子供は、旦那が正社員だと経済的な余裕が持てて、子供に十分な教育を受けさせて、配偶者となる奥さんには契約社員やアルバイト、派遣社員よりは豊かな生活が保障されます。 正社員になれたからといって健康面を気を付けていないと、旦那の仕事がままならくなり一家離散となりかねません。正社員の妻として旦那を支える場合は生命保険などに入り、食事や運動をするようにして健康面に気を配らないといけません。

性別や転職または学歴による正社員のメリット

女性より男性の方が、会社で活躍する時間が多いので若干男性の方が給与が高いですが、最近はその傾向が薄れてきています。また高卒で正社員として働く場合、大卒として正社員として働く場合、転職後の正社員として働く場合もそれぞれの学歴や性別、職種などでも待遇が変わってきます。

正社員で女性の場合

女性はいずれは家庭に入り、家庭を築くので男性より会社にいる時間が少ないという理由で男性より正社員の場合でも給与が低かったのですが、晩婚化や独身の人が多い現代に置いてはそのような男尊女卑のような考え方はなくなってきています。 女性が正社員として働く際のメリットは産休がとりやすいということです。大きな会社だと育休後も職場復帰がしやすいのも正社員のメリットです。

正社員でシングルマザーの場合

子育てしながら正社員をする女性の場合、子供が小さくて、いざ正社員としての職を探しても、子供が熱を出したりすると仕事を休まなければいけないので、苦労して正社員の職を得た人も少なくないです。 その場合、保育士などがいる会社に勤める場合は子供を預かってもらえるので正社員のシングルマザーとして働く場合は、子供が預かってもらえる会社が多く、現在では働きやすくなっています。

正社員でママの場合

離婚をしていなくて、夫婦揃って子育てをしながら夫婦で正社員として働く場合は、保育士がいる会社などでは正社員の場合、託児所を利用する事が出来ます。正社員の母親として働く場合は、子供に女性が働くことの必要性を小さな頃から見せる事ができるので、子供の情操教育にもよいメリットがあることは言うまでもありません。

高卒で正社員になった場合

大卒より高卒で正社員として採用された場合は、企業側は即戦力として使える人材を求めて高卒の人を雇い入れます。大卒の人より根性がある場合も多く、会社で活躍してくれると信じて正社員として雇い入れています。 高卒として働くメリットは厚生年金を20歳からきちんと払える事があげられます。大卒だと23歳から厚生年金に加入する事になり、その分老後にもらえる年金額が下がります。

転職して正社員になった場合

何歳で転職したのかでも変わってきますが、大きな会社へ転職する場合は、以前いた会社でそれなりの実績を残してきた人も多く、即戦力を求められます。 出世のメリットは新入社員として入ってきた人には劣るかもしれませんが、本人努力次第でその後の会社の中での立場は変わってきます。転職したら、また転職を繰り返さない事が大切になってきます。待遇なども転職しても変わらないので正社員としてのメリットは十分感じられるでしょう。

新卒で正社員になった場合

男性、女性問わず、会社の期待を背負って新卒として入社できたのですから、正社員として新卒で入社できたら、他の派遣社員、契約社員などとは待遇も、福利厚生もまるで違ってきます。 よく入社1年目の夏のボーナスをもらったら正社員として働いている会社を辞める人がいますが、会社としては莫大なお金をかけて人を雇い入れているので、大変な迷惑となる共に、自分の履歴も傷つける事になります。新卒として採用された場合、会社に奉仕する気持ちで努力しましょう。

職業別に見た場合の正社員のメリット

職業別の正社員のメリットは職種が変わっても待遇は変わりません。中には専門知識を必要とする仕事や資格を取らないとできない仕事もあり、また待遇なども違ってきます。

歯科助手の場合

歯科助手として仕事をする際は昔の様に女性ばかりではありません。男性も歯科助手として働く場合があります。 今、歯科医師の資格も昔より取得しやすくなっていて、ライバルとなる歯科医が多く、正社員として雇われても、他の歯科医との競争でなくなっていく歯科医もあります。歯科助手として働く場合は、同じ地域に歯科医が何軒もあるような土地での仕事は避けるべきです。 正社員として働く際も福利厚生や社会保険、厚生年金は備わっているので正社員として働く際も正社員としてのメリットを感じて働ける様になっています。

SEとして正社員で働く場合

SE=システムエンジニアとして働く際は大きな会社の場合が多く、海外転勤もあるので自分のスキルを磨く事が出来ます。 IT社会が急速に進み、ベンチャー企業なども増えてきていますが、その中でもSEという職種は能力さえあれば、会社でそれなりの待遇を受けて働く事が出来ます。もちろん社会保険や厚生年金も加入できますし、会社の規模が大きければ、正社員としてのメリットを十分感じられる働き方が出来ます。

カフェの店員として働く場合

接客業のカフェの店員として働く場合も正社員登用という制度はあります。福利厚生や厚生年金も基準の勤務時間を満たしていれば、加入できます。 カフェの店員として働く場合は、気を配れる働き方が求められます。お客様が何を求めているのかを瞬時に判断する判断力が必要です。また派遣社員や契約社員の人に指示を与えるということもカフェ接客業には求められており、責任感も求められる仕事です。

スーパーマーケットの店員として働く場合

スーパーマーケットの店員として働く場合もカフェの店員と同じです。特に大きな店舗だと店舗ごとのノルマや達成する売り上げなどがあり、正社員として雇われた場合はアルバイトや契約社員、派遣社員より会社の利益を考えて行動する必要があります。 正社員として働く場合も、他の職業と変わらず責任感が求められます。また正社員ならば福利厚生や厚生年金、社会保険はしっかりしています。

コールセンターとして働く場合

テレビの通信販売が盛んな現代において、コールセンターで働く人程、他の仕事より忙しい仕事はないでしょう。家電メーカーやプロバイダーや携帯電話の通信会社のコールセンターで働く人は専門的な知識が求められるので、それなりの社内研修を経て、仕事に就いています。正社員として働く場合も他の仕事と一緒で、福利厚生、厚生年金、社会保険もしっかりしています。 最近はアルバイトや派遣社員としてコールセンターで働く場合も多く、正社員とは待遇が違うので正社員としてコールセンターで働く場合は会社の顔としてお客様と向き合うことが必要になってきます。

看護師として働く場合

いつの時代にも必要な仕事です。人の命を預かる仕事なので責任があります。資格を取って仕事をするので、年齢を重ねても体力さえあればできる仕事です。 看護師になるにはかなりの勉強が必要になり、医者と学ぶ知識は変わりません。つぶしの利く仕事なので福利厚生や待遇はしっかりしています。 一昔前は資格のない女性がなりたい仕事として憧れの仕事でした。何故ならば福利厚生や待遇や良く、給与も良いからです。正社員として雇用された場合はそれなりのメリットを感じる事の出来る職業ともいえますが、簡単には看護師の仕事には就けません。

正社員として働く場合のデメリットなど

デメリットは非正規社員の人より自由がなく、責任感を求められることです。アルバイトや派遣社員や契約社員よりも責任感を会社に強く求められる事と、非正規社員として働いている人より、会社の事を第一に考えていかなくてはいけないので自由な時間が持てないことです。 定年になってから自分がしてきた仕事に誇りを持てるのが正社員として働く際のメリットですが、デメリットも多いのは確かです。

正社員として雇われたなら感謝して働こう!

高度経済成長が終わり、終身雇用が崩壊している現代では様々な働き方があります。派遣社員、契約社員、アルバイトがあります。もし正社員として働くことが決まったら、非正規社員として働く人のお手本となるような働き方をしましょう。 正社員として働く場合は会社のことを考え、日本の国も視野に入れて物事を考える事が大切です。限られた資源をいかに残しながらテクノロジーの進化に立ち向かうのかなども正社員として働く際は必要です。 正社員として働く場合はメリットばかりに目がいきがちですが、大きなメリットを得られるという事はそれだけ責任感を求められます。また年齢を重ねたら、新しい世代が会社で働きやすい環境づくりをするのも先人としての使命です。 非正規社員としてではなく正社員として働くのであれば、会社や自分の両親などに感謝をしていずれは恩返しするつもりで働きましょう。

アクセスランキング