IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

全自動コーヒーメーカーおすすめランキングTOP10|選び方・口コミ

家事

皆さんは全自動コーヒーメーカーをご存知ですか。色々なメーカーによって様々なコーヒーメーカーがあります。どこを基準にどんな全自動コーヒーメーカーを選べば良いのか悩むことでしょう。ここでは、全自動コーヒーメーカーをどんな基準で選べば良いのか紹介していきます。

更新日時:

全自動コーヒーメーカーの選び方

トピック1013535/要素1770171

朝や、ホッとしたい時、これから頑張るぞというときなどコーヒーを飲みたくなりませんか。せっかく飲むのなら美味しいコーヒーが飲みたいところですが、ミルを出して豆を挽き、ドリッパーを用意しながら、コーヒーケトルでお湯を沸かし、なんてやることを考えたら面倒です。 しかし最近は「全自動コーヒーメーカー」というものがあります。コンセントを差し込み、給水部分に水を入れて、ミル部分に豆を入れておくだけで、美味しいコーヒーを入れてくれるマシーンです。今回は全自動コーヒーメーカーについて紹介していきます。

全自動コーヒーメーカーの選び方:自分の飲みたいコーヒーは?

全自動コーヒーメーカーの選び方はまず、ドリップ方法から選ぶと簡単です。 ・一般的なドリップを楽しみたい ドリップコーヒーお楽しみたいのならば、一般的な全自動コーヒーメーカーを選ぶと良いです。 ・エスプレッソやカプチーノを楽しみたい エスプレッソやカプチーノは圧力をかけて抽出するものです。専用機器も出ています。エスプレッソやカプチーノが作れる専用機を選ぶことが必要です。 ・ドリップもエスプレッソも楽しみたい 最近はエスプレッソだけでなく一般的なドリップコーヒーを楽しめるものもあります。種類は少ないですが、こういったタイプの全自動コーヒーメーカーも人気があります。ただし金額が高価になるので、購入はじっくり考えましょう。

全自動コーヒーメーカーのおすすめランキングTOP10

トピック1013535/要素1810782

ここからは全自動コーヒーメーカーをご紹介していきます。忙しい朝に美味しいコーヒーを全自動で、入れられるなんて楽ですし、コーヒーを飲みたい時に、コーヒー豆をミルにセットして給水ボトルに水を入れてスイッチを入れるだけで全部やってくれるなんて嬉しいです。飲みたいときに美味しいコーヒーを飲める、おすすめの全自動コーヒーメーカーを紹介しましょう。

全自動コーヒーメーカー 10位:アイリスオーヤマ IAC-600

おすすめの全自動コーヒーメーカーはアイリスオーヤマのIAC-600です。コーヒーや弾き方に合わせて3つのモードから選ぶことができます。メッシュフィルターを採用しているため紙フィルターは不要。そのままコーヒー豆やコーヒーの粉を入れることができます。水タンクはお手入れが簡単にできるのでおすすめです。

ここ3ヶ月豆から点てるコーヒーメーカーの機能と価格で選ぶのに悩んだ末これがキャンペーンで出ていたので即購入。今までは電動ミルで豆を挽いて、ペーパードリップで点てていましたが電動ミルの掃除がきれいにできず手間がかかるのでコーヒーを入れるのに決心が要りましたがこのメーカーにしてからは洗うのが楽できれいにできます。フィルターとカッター部分が本体から外れるので豆カスもきれいに洗い流せます。(ペーパーフィルターのように豆カスをポイとはできませんが)味も私好みでペーパードリップよりおいしい感じです。ただ、説明書とおりだと少し私にとって濃すぎるので4g少な目(1杯以外)で点てています。ボタンひとつで本格コーヒーが飲めるようになりましたが気がかりといえば今のところフィルターの耐久性くらいです。

全自動コーヒーメーカー 9位:象印 EC-NA40-BA

おすすめの全自動コーヒーメーカーは象印のEC-NA40-BAです。 魔法瓶タイプのステンレスサーバーがついているので煮詰まりを防ぎ美味しいコーヒーを楽しめます。またお手入れが楽になる自動ミル洗浄&ミル丸洗い機能もついていて便利です。

使用していて一度も動作不良はありません。豆を挽くときに音がしますが、まぁこんなものかなというレベルの大きさです。 特筆すべきはメンテナンス性と、コップに直接コーヒーを抽出できる機能。 ミル部分が外せて中まで丸洗いできるので、いつも清潔に保てます。豆が通るところを洗うだけなので手間ではないです。 コップに直接抽出できる機能のおかげでサーバーの使用が必須ではなく、1人での使用なら洗い物がコップだけで済むので洗い物が減ります。 中までしっかりメンテナンスできる全自動タイプは他にないのでオススメです。 清潔に保てるので、いつも美味しい挽きたてコーヒーを楽しめています。

全自動コーヒーメーカー 8位:Vitantonio VCD-200

おすすめの全自動コーヒーメーカーはVitantonio(ビタントニオ) VCD-200です。 1日の始まりに新鮮な挽きたてのコーヒーを楽しめるミル内蔵の全自動のコーヒーメーカーです。日本のキッチン・生活家電ブランドVitantonioから販売されています。デザインもシンプルで邪魔にならない大きさなのがおすすめのポイントです。

全自動コーヒーメーカー 7位:ROOMMATE EB-RMCM4

おすすめの全自動コーヒーメーカーはEB-RMCM4です。豆から挽ける香り薫る本格コーヒーが楽しめます。24時間タイマーで好みの時間にコーヒーを自動で作ってくれるので朝など忙しい時に便利です。またミル部分はメッシュフィルターなので掃除も簡単でおすすめです。

今までスイス製の業務用で、豆、水、濃さ、豆かすの廃棄迄完全自動の当時40万以上するエスプレッソマシンを15年程度使っていました。子供も巣立ち夫婦だけだとメンテナンスや何かで1日に4杯程度だと今回購入のこのマシンの方が使い安いです。エスプレッソとちがいゆっくりとドリップするので、久しぶりに懐かしい喫茶店のコーヒーの味が気持ちをゆったりとしてくれます。豆は薄、濃、普通で量の加減があるようです。ストッカーに目一杯入れておいても2杯、4杯とかで量を変えて挽いてくれますが、水は欲しい分量を入れないといけません。 沢山入れると全部使い切る仕様となっていますが、翌日まで古い水が少しでも中に入ってないことは良いこと思います。 豆は最低は2杯からですが、マグカップだと1杯分程度なので、先程の濃さや水の量の加減に慣れれば、一杯からの自分的な調整が出来ると思います。 出荷前にグラインダーの豆ひきをしたので粕が残っている場合洗浄してくれとの事ですが、グラインダーに水を入れて良いものか、はっきりと説明された文章が欲しいです。 しかしこの値段でこの仕様であるなら、先ずは合格でしょう。

全自動コーヒーメーカー 6位:タイガー魔法瓶 ATC-B040-TS

おすすめの全自動コーヒーメーカーはタイガー魔法瓶ATC-B040-TS です。レギュラーコーヒー、ドリップポッド、エコポッドの3WAYに使えるのが便利です。真空ステンレスサーバーでヒーターで加熱せず保温できるので煮詰まりを防ぎ風味や香りも逃しません。水タンクの給水もしやすく便利です。

欲しいときに、いつもおいしく飲めていて満足です! カリタのウェーブフィルターで飲んでいます、コーヒー専門店に行ってコーヒー豆を選ぶのが楽しくなりますよ!迷っている方にぜひオススメしたいです。

全自動コーヒーメーカー 5位:クイジナート DCC-590PCJ

おすすめの全自動コーヒーメーカーはクイジナート DCC-590PCJです。夜寝るまえにタイマーをセットしておけば朝に入れたてのコーヒーが飲めるという便利なタイマー機能がついています。また紙フィルターが不要なのでエコで経済的でもあります。2回分から10杯分まで入れられるので便利です。

全自動、紙フィルターが不要ということで選択しました。 良い点  ミル、抽出が早い。  魔法瓶の保温性はよくできてます 良くない点  ミルの加減が変えられない為、かなり細かくなります。金フィルーでは排除しきれずカップに入ります。結局紙フィルターを使用して何とか・・  魔法瓶は、洗う時手が入りません。カップに注ぐ時、相当傾けても、全部を出すことは出来ず必ず魔法瓶に残ります。

全自動コーヒーメーカー 4位:AucSale(オークセール) STC-501

おすすめの全自動コーヒーメーカーはAucSale(オークセール) siroca crossline(シロカクロスライン) STC-501 です。見た目がスタイリッシュでオシャレなのが売りです。コーヒーサーバーがステンレスになっているので、挽きたて入れたてのコーヒーをすぐアイスコーヒーにできます。

この価格で全自動の品物はなかなか無かった為、 購入。 購入して1年以上経過してますが、 毎日使っていても問題なく活躍中です♪

全自動コーヒーメーカー 3位:パナソニック NC-A56-K

おすすめの全自動コーヒーメーカーはパナソニックNC-A56-K 沸騰浄水コーヒーメーカーです。豆の挽きからドリップミルの洗浄まで全自動コーヒーメーカーです。おすすめのポイントは、コーヒー粉からもドリップできる点とミルの洗浄を自動でしてくれるところです。あらびき途中挽きを同時にドリップすることができるため、より香り高く味わいも楽しめる一台になっています。

購入後、5カ月経ちました。 一言でいえばとてもいい商品で買って良かったです。価格、機能、コーヒーの出来栄えともに納得の一品です。 豆は普段飲みにもっぱらOKストアの「オーケー特選オリジナルブレンド焙煎豆柔らかな酸味と甘み」ですが、毎朝コクと甘みを堪能しています。朝の一杯が楽しみになりました。 無印良品と悩みましたが最善の選択でした! 追記 豆を挽く音も至って普通の電動ミルと変わりありません。ミルを自動洗浄するアイデアは秀逸で、お手入れも簡単です。コーヒー抽出直後の熱いうちにミルの蓋を開けておけば濡れたミルの刃の乾きも早いですよ。

全自動コーヒーメーカー 2位:DeLonghi(デロンギ) ECAM23120B

おすすめの全自動コーヒーメーカーはDeLonghi(デロンギ)のECAM23120B(日本特別仕様 カフェ・ジャポーネ)です。レギュラーコーヒー、エスプレッソ、カフェラテ、カプチーノも作れる日本オリジナル仕様の全自動コーヒーメーカーです。ひきたての豆の香りを楽しめていつでも美味しいコーヒーが飲めるところがおすすめです。一台ずつ出荷検査をしているというこだわりが人気の理由でもあるのでしょう。

2014年に購入。 2年以上経ちましたが特に不具合なしです。 ただ掃除しないと音がうるさくなります。 面倒なことはなく、美味しいコーヒーが毎日飲めます。 カフェジャポーネは美味しいのですが豆を二回使うので、すごい勢いで豆が減っていきます(笑)

全自動コーヒーメーカー 1位:デロンギ ESAM1000SJ

おすすめの全自動コーヒーメーカーはDeLonghi(デロンギ)の全自動コーヒーマシーンの ESAM1000SJです。ボタン一つで、コーヒー豆を挽くところから抽出までを自動的に行う全自動マシーンです。 コーヒーの濃さ(豆の量)やコーヒーの量(抽出量)の設定やコーヒーの抽出、牛乳の泡だて(ミルクフロスター)給水タンクの着脱など全てが全面で行えるようになっているため省スペースで便利です。抽出ユニットは掃除も簡単なので、「前回引いた豆が残っていた」ということが起こりにくいので新鮮な状態でコーヒをいただけます。

ボタン一つで カンタン エスプレッソ! ついつい 飲み過ぎてしまいます あまりに豆を使い過ぎるので 安い豆にしたら 不味い豆を買ってしまって 処理に困りました ただ ドリップコーヒーのような 香りを 楽しみたい場合は 使い分けをすると 良いと思います 購入から2年経過しましたが 今も毎日使っています 蛇足ですが 最近イタリアの車を中古で 購入しましたが 壊れると評判の イタ車に抵抗が 無かったのは コイツのおかげだと思います(^O^)

特殊別全自動コーヒーメーカーのおすすめ10選

TOP10を紹介してきましたが、いかがでしたでしょう。色々なメーカーのコーヒーメーカーがありましたが、特徴も機能も多少違っています。ここからは特殊別全自動コーヒーメーカーのおすすめ10選を紹介していきましょう。

業務用

業務用というととにかく大型のものを思い浮かべる方も多いでしょう。最近はコンパクトなものから多機能なものまでいろいろあります。使う場所に合わせて選びたいところです。まずは業務用のオススメを紹介していきましょう。

Melitta(メリタ) MKM-9110/B

業務用まず一つ目は、Melitta(メリタ)MKM-9110/Bコーヒー ルック デラックスⅡです。使いやすくしかも本格的なドリップができる商品です。マイルドから、ストロングまで選べるアロマセレクターやボタンでふたが開くので掃除も簡単です。またオートオフ機能もついているので消し忘れても自動で電源が落ちてくれます。

大容量の良い商品が中々なくて探してました。 こちらは人気商品で長年愛されているようです。

Kalita(カリタ) ET-250

おすすめのKalita(カリタ)ET-250です。2杯から12杯まで入れられる大型のコーヒーメーカーです。貯湯式なので抽出がスピーディーでおすすめです。昨日はシンプルですが、業務用としては便利です。

急な来客に、水からでも10分程度で沸きますので、重宝しています。

家庭用

家庭用の全自動コーヒーメーカーはTOP10でご紹介したものでも良いのですが、それ以外にもまだまだお勧めがあります。たくさんのメーカーが色々な種類のコーヒーメーカーを出しているので比較して見ても楽しいです。

ぼん家具 ミル付き全自動コーヒーメーカー

家庭用のおすすめ全自動コーヒーメーカーはぼん家具のミル付き全自動コーヒーメーカーです。コンパクトで、レトロなデザインが可愛らしくしかし、粉からでもミル付きなので豆からでもコーヒーを楽しめるマシンです。おしゃれでありながら本格的コーヒーが楽しめるのでおすすめです。

VERSOS(ベルソス) VS-KE54

VERSOS(ベルソス) VS-KE54 コーヒーメーカードリップ式2カップタイプです。見た目が可愛らしいですが、2人用のコーヒーが入れられる全自動コーヒーメーカーです。メッシュフィルターを採用しているので、ペーパーフィルターが入らないのでエコなのがおすすめの点です。

これまでドリッパーとフィルターを使い、お湯をゆっくり注いで淹れていましたが、2017年4月下旬に、カ○○○ホームセンターで処分品980円で販売されており、購入しました。【よい点】①安価②常温の水で5分ほどで淹れることができ、手軽にドリップコーヒーが飲める。③油分がフィルターでシャットアウトされないので、コーヒー本来の味が楽しめる。【改善してほしい点】①ふたの内側に、<1>と<2MAX>の水を入れるラインがあるが、見づらい。それで、あらかじめ飲みたい量より少し多めの水(またはお湯)をカップに入れ、それを注いでいる。②粉がふたや水を貯める所に飛び散ることがある。水で洗えばよいが・・・。③自動でoffにならないので、手動で電源を切る必要がある。【その他】カップの底の部分によどみが残る。私はそれを捨てるが、好みで飲む人もいるかもしれない。【総合】安価で、1人分または2人分を手軽に素早く飲めるのはよい。現在毎日3回、これで飲んでいる。

ミル付き

ミル機能がついている全自動コーヒーメーカーもたくさん種類があります。ミル機能がついているだけで、コーヒーを入れる手間が全く違います。それではミル機能がついている全自動コーヒーメーカーを紹介しましょう。

CCP(BONABONA) BZ-MC81-BK

CCP(BONABONA)BZ-MC81-BK全自動ミル付きコーヒーメーカー(保温機能付き)豆だけでなく粉からもコーヒーをドリップできます。ミルから全自動でできるので豆と水をセットしたらあとは待つだけで良いので便利です。またメッシュフィルターでコーヒーを入れるのでエコ設計になっています。

お昼の情報番組で取り上げられていましたので購入してみました。 注文した翌日に届いて迅速な対応にアマゾンさんにはほんと感謝します。 2〜3回使ってみましたがシンプルな外観と機能がとても気に入っています。 イタリア ミラノ滞在時に愛用していたドリップ式コーヒーメーカーにもよく似ておりこれを見ると懐かしく感じます。 全自動コーヒーメーカーは今回初めてですが思った以上に使い方が簡単で、メカ音痴の私でも容易に使いこなすことができました。 やっぱり豆から挽くと全然違いますね! 香りと味が格別です。 もうインスタントコーヒーには戻れないと思います。 お店用にもう1台購入させて頂きます

B899-S1

B899-S1石臼式全自動コーヒーメーカーミル機能付きでステンレス製です。豆から挽いてドリップまで行ってくれる全自動タイプです。石臼式でコーヒー豆を挽くのでムラがなく均一なこなになります。また内部洗浄の機能がついているのでワンプッシュでお手入れできて清潔に保つことができます。

引き立て、コーヒーがいつでも簡単に楽しめて、お手入れ簡単、こんなコーヒーメーカー欲しかった。

一杯ぶん

一杯ぶんだけコーヒーを入れることができれば便利です。飲みたいときに簡単にコーヒが飲めるのが一番楽でいいです。一人暮らしなのにたくさんのコーヒーが作られても仕方ないでしょう。ここでは一杯ぶんだけ入れられる全自動コーヒーメーカーを紹介します。

ニシヤマ CU-15CD(B)

ニシヤマ クオーレ 1カップコーヒーメーカー(ブルー) CU-15CD(B)です。カップ付きの1カップコーヒーメーカーです。シンプルでスタイリッシュなデザインが目を引きますが、コンパクトなので場所もとりません。飲みたいときに自分用のマグでコーヒーを飲めます。

キントー 7066

キントーの7066です。コーヒードリッパーとサーモカップがついています。ペーパーフィルターを使わないので掃除も簡単です。重ねて収納でき、サーモカップは二重構造なので、保温性が高く、気軽のおいしいコーヒーを楽しめます。

過去レビュー様々でしたが、 先日雑誌で紹介されているのを見て購入。物は波佐見焼とのことで雑誌紹介されていましたが、色、形、サイズともに使いやすいです。寒い時期になってきたので飲む時に湯のみのような感覚で手を温めながら使えるのも気に入っています。使い始めて1ヶ月ですが今のところ不自由なく使えています。ややドリップ速度が早いので蒸らしにはコツが必要かもしれません。

一人用

一人用というとなかなか販売されていないイメージがありませんでしたか。実は色々なメーカーから販売されています。ご紹介したものの中以外にも色々ありますので、自分のスタイルにあった商品をえらんでみてください。

TIGER(タイガー魔法瓶) ACI-A010-C

タイガー魔法瓶(TIGER) ACI-A010-Cパーソナルコーヒーメーカーせす。サーバーがそのままカップにもなるので便利です。メッシュフィルターですので、洗って繰り返し使えます。コーヒー一杯をとびきり美味しく入れられる全自動コーヒーメーカーです。

 悪い点 ●ボタンが押しずらい(最初は本気で壊れているのかとも思ったが、コツがつかめれば2歳の息子も押せるようになった。) ●水を入れる部分が狭いため、注ぎ口がついている入れ物(家では計量カップを利用中)があったほうが便利。 ●一度作ったら10分程度(説明書では8分となっている)待たなくてはならず続けて何杯も作ることができない。熱が冷めるのを待たずに2杯目の水を入れるとすごい勢いで蒸気が出てきて危険。その上、すでにセットしてあったコーヒー豆が周囲に飛び散って掃除が大変だった。  良い点 ○なんと言っても作るのも洗うのも簡単! ○安い!(自分用と実家用の2個購入しました) ★私のように面倒くさがり&一日にコーヒーを1、2杯程度飲まれる方には重宝するかと思います。私は買ってよかったです。

Russell Hobbs(ラッセルホブス) 10973JP

 RussellHobbs(ラッセルホブス)10973JPパーソナルコーヒーメーカーダブルステレスレス付き全自動コーヒーメーカーです。コーヒー一杯ぶんを簡単にドリップできますコーヒーの粉をセットして水を入れて本体横にあるスイッチを入れるだけです。ワンタッチでコーヒーを抽出できるので便利です。。

かなり小さいです。1杯が150ml位。、粉1杯でコップ2杯飲めます。フィルターは目が少し荒いのか、コップの底に粉が沈みます。抽出は、30秒から始まり5分位で終えます。水道水を使用しましたが、味に問題は有りません。操作、清掃も簡単で、これからの季節とても重宝です。

おすすめの全自動コーヒーメーカーのメーカーの紹介

全自動コーヒーメーカーといってもいろいろあります。ここまで紹介した中でお気に入りは見つかりましたか。それではメーカーから選んでみるというのはどうでしょうか。次は全自動コーヒーメーカーを販売しているメーカーごとのおすすめ商品をご紹介していきましょう。

無印

無印良品 MJ-CM1 豆から挽けるコーヒーメーカーです。香りと味を追求した結果豆を一定の大きさに弾けるフラットみるカッターを搭載していて、忙しい朝でもタイマーでひきたてのコーヒーを楽しめる仕様になっています。

パナソニック

パナソニックNC-R500-Tみる月浄水コーヒーメーカーです。コーヒーのトレンドを踏まえ入れ方へのこだわりに対応してミルクに合うコクのあるコーヒーが楽しめる仕様になっています。豆の挽きわけができる「挽きわけミルサイン」を搭載していて好みの挽き方にできてドリップコーヒーを色々楽しむことができます。

何十年ぶりに コーヒーメーカーを買って 入れる時の匂いや味に 感動しながら使ってます。 手入れも簡単で良いですが 水を入れるタンクは手が大きいと洗いにくい 普通の人なら問題無いですが 抽出の時間も短いように感じていて とても良いです。

デロンギ

DeLonghi(デロンギ)ESAM1000SJ全自動コーヒーマシーン。ボタン一つで、コーヒー豆を挽くところから抽出までを行なってくれる全自動コーヒーマシーンです。コーヒーの濃さ(豆の量)やコーヒーの量(抽出量)の設定、コーヒーの抽出牛乳の泡だて(ミルクフロスター)給水タンクの着脱など全てが全面で行える省スペース設計で置く場所にこだわりません。

サイズもお手頃で、豆を挽く音は少し大きいですが、思っていたよりではなかったです。 きめ細かいなめらかな、コーヒーの後味もすっきりしていて、量や濃さも選べ、購入してよかったです。

siroCA crossline

AucSale(オークセール) siroca cossingline SC-A131CB全自動コーヒーメーカー 。ひきたてのコーヒが楽しめるミル内蔵のコーヒーメーカーです。ドリップする直前にコーヒーを挽くことで参加を塞ぎフレッシュなコーヒーがいただけます。また、「蒸らし」の工程をプログラムすることでコーヒー本来の味わいをもっと楽しめるようになりました。

象印

ZOUJIRUSHI(象印) EC-KS50-RAです。真空魔法瓶構造のステンレスサーバーです。ヒーターを使わずに保温するので煮詰まらずにコーヒー本来の美味しさが長くたのしめます。「マイルド」「レギュラー」「ストロング」レバー式温度調整で好みの濃さに抽出できるので便利です。

全自動コーヒーメーカーを日常生活に取り入れよう

ここまで色々なコーヒーメーカーを紹介してきました。いかがだったでしょう。全自動コーヒーメーカーを日常から使いこなすには、自分のライフスタイルにあったコーヒーメーカーを選ぶことが重要です。タイマー式にして朝からコーヒーを飲むのか、コーヒーミルの挽き方にこだわるのかなどいろんな方法で選ぶことができます。 これを機会にコーヒーメーカーを購入を検討してみてはいかがでしょう。美味しいコーヒーが飲めること間違いなしです。

アクセスランキング