IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

テレビブースターおすすめランキングTOP10|選び方・口コミ

家事

自宅のテレビが、電波障害によって映らないやノイズがはしるなどの症状がありませんか。そんな電波障害の中でも、テレビ電波が小さいためにテレビに障害がある場合には、テレビブースターを使うことで綺麗に見ることができます。そんなテレビブースターを詳しく紹介しています。

更新日時:

テレビブースターの選び方

トピック1013216/要素4559953

テレビブースターの性能で1番大切なことは、「テレビ電波をどれだけ増幅して大きくできるか」ではなく、「増幅して大きくした、質がいい電波をどれだけ送れるか」と言うことになります。 そんなテレビブースターには、豊富に種類があるため、自身の使いたい状況に合わせた種類のテレビブースターを購入する必要があります。またテレビブースターを選ぶときには、同レベルのブースター同士を比較検討していから購入しましょう。 そんなTVブースターを購入する前には、事前にリサーチすることをおすすめします。リサーチすることで、テレビブースターを選ぶポイントや、基準値などを把握しておくことができるため、自分に合った製品を選びやすくなります。 また、テレビブースターの値段は、店頭とネットでも価格に差があるため、こちらもリサーチしておくとお得に購入できます。そんな、テレビブースターの選び方を詳しく紹介します。

利得・雑音数

まず、テレビブースターを選ぶときに確認しないといけないのが、「利得(ゲイン)」と「雑音数(NF)」です。 利得とは、受診した電波信号をどれだけ増幅できるかを表した数値になります。利得の単位は、デシベルになり、数値が大きいほどテレビ映りが改善できる可能があります。ですが、テレビ電波が強いと利得が高くなりすぎてしまい、映りが悪くなることもあるため調節機能の有無もチェックしておきましょう。 次の雑音数とは、受信している信号がどの程度ノイズの影響を受けているかの指標になっています。雑音数を表す単位は、利得と同じくデシベルになり、利得とは逆で数値が小さい方がノイズの影響が受けにくいため、電波信号の品位を落とすことなくテレビ電波を増幅させることが可能です。 この2つを、しっかりチェックして合うテレビブースターを選ぶことが、テレビをの映像を綺麗にするポイントになっています。

定格出力

次に、テレビブースターを選ぶときには「定格出力」を気にしましょう。定格出力とは、レテビブースターの性能の数値になり、受信した品質を保ちつつ増幅できる最大出力のレベルを表したものです。 最大出力レベルが、定格出力の範囲内であればスムーズに増幅されるため、映像を綺麗に映すことができますが、反対に範囲を超えてしまことでノイズがはしったり、故障の原因になる場合があります。そのため、できるだけ定格出力の上限に余裕をもたせた、数値の高いテレビブースターを選びましょう。

テレビブースターのおすすめ人気ランキング

テレビブースターの選び方を、詳しく紹介しましたが、そんなテレビブースターの購入を考えている方に、おすすめしたい人気ランキング10を詳しく紹介します。そんな、テレビブースターの購入を考えている方は参考にしてください。

おすすめ第10位

テレビブースターを購入したいと考えている人に、おすすめしたい第10位のテレビブースターは、DXアンテナの屋外用UHFテレビブースターの「U20L3C」になります。 U20L3Cの特徴は、超小型のサイズです。そんなU20L3Cの大きさは、人差し指ぐらいのサイズしかありません。また屋外用地デジ専用ブースターになっており、主に弱電界地域で高感度のテレビアンテナと一緒に、前置のブースターとして利用されています。 そんなU20L3Cの利得は、20dBになりNFは1.0dB以下です。U20L3Cに、電源は付いておらず同軸ケーブルをとおすことで、テレビやデジタルレコーダーなどの電源供給機能を使って稼働しています。

ここ数ヶ月受信状態が特定チャンネルで、夕方からブロックノイズが出てしばらくすると画像も止まって、アンテナをいじって見ても(特に方向が変わった様子もなく)改善せず、全てやり直すしかないかなと考え出していたが、これが1番費用も安くつき一か八かやってみるかと思い購入。取り付けて今までのブースターで調整した。バッチリいけました。それから相当の日がたったが、以後問題なく母親の文句も聞かずに助かっている。

おすすめ第9位

テレビブースターを購入したいと考えている人に、おすすめしたい第9位のテレビブースターは、HORIC(ホーリック)の地デジ専用の「HAT-ABS024」です。 HAT-ABS024は、超小型の地デジ専用屋内用テレビブースターです。そんなHAT-ABS024の利得は、15〜19dB程度なため、複数台に電波を分配時などに、電波が減衰してしまいテレビの映りが悪くなったときなどの電波を増幅するのに役立ってくれます。 またHAT-ABS024の設置方法は、アンテナを配線している途中に挟み込むように取り付けることができます。そんなHAT-ABS024の主電源は、付属のACアダプターをコンセントにさすだけでOKなため、とても簡単に設置することが可能です。そのため、設置場所を取らないのもHAT-ABS024の魅力になっています。

関西テレビとテレビ大阪がどうしてもブロックノイズで画面が台無しになっていました。 レベルも40㏈そこそこなので仕方ないとあきらめていました。アンテナから途中にブースターがすでに入っていてこれなのでしかない、そう思っていました。でも、他の方のレビューを見ていてダメで元々と思い、使ってみました。 結果はなかなかのもので、何とか画像が安定しました。レベルは8㏈upです。 映りにくかった二局がちゃんと映るので満足しています。ブースターを2段にした格好になり、データのノイズが増えるだけかと思いましたが、ちゃんとブーストされます。 ダメ元でしたが、安く改善できたので満足です。

おすすめ第8位

テレビブースターを購入したいと考えている人に、おすすめしたい第8位のテレビブースターは、オーム電機のテレビブースターである「AN-0557」です。 このAN-0557の特徴は、現在テレビ用電波としては使用されなくなったVHF帯の増幅に対応していることになります。そのため、現在VHF帯の電波を使って送信されているFMラジオの電波も増幅が可能です。またFM電波を、増幅できるテレビブースターの存在が減少しているため、AN-0557はとても貴重な存在になっています。 AN-0557は、VHF帯だけではなくUHF帯の地デジにも対応しています。そんなAN-0557の利得は、24~28dBになり、定格出力レベルは96dBμです。またVHFの利得は、24~28dB、定格出力レベルは96dBμVになっています。またAN-0557は、価格はお手軽ですが利得を調整できるなど高性能な商品になります。

房総半島勝浦、中でも電波事情の大変悪い所で焼く20年前位から増幅器で2局程度やっと映る所です 周囲は更に悪い孟宗竹の高さ15m以上に電波を遮られ風の吹く時は竹の為画像が安定せず見えないに等しい所です。 アンテナが風に揺られた竹で破損した為、新しいアンテナと同時に増幅器を求めました用途は「地上デジタル」だけでたのBS CSは要らない色々調べ 送料込み安価のこのブースタをアマゾンから入手、大変しっかりした造りで取り付けてビックリ、ほぼ全域乱れる事無く映りこのアンテナとブースタに脅かされました外観、性能共に買い得の商品でした。 中古でも送料込みだと.値段が倍以上の増幅器をやめて良かったです。

おすすめ第7位

テレビブースターを購入したいと考えている人に、おすすめしたい第7位のテレビブースターは、日本アンテナのCS・BSラインブースターである「CSB-C25-SP」です。このCSB-C25-SPは、地デジ電波を増幅させるテレビブースターではなく、BS/CS専用のテレビブースターになっており、その利得は18~26dBになります。 CSB-C25-SPは、アンテナとテレビの間のテレビケーブルに挟み込むようにして設置できる程コンパクトなフォルムをしており、電源はBS/CSアンテナに電源供給しているテレビケーブルから取れる仕組みです。そんなCSB-C25-SPは、テレビ台数を増やしたときに、BS/CSの映りが悪くなった場合など、BS/CS電波を増幅させたいときに役立てることができるブースターになっています。

天候が悪いときなどにテレビ視聴とビデオ録画などが重なるとBS受信レベルが40以下(テレビのアンテナレベルモニター:60以上で良)に減衰して録画にブロックノイズが入っていた。改善効果確認のためブースター購入を検討するも、近郊の店舗は価格が高く迷っていたが、ネットでラインブースターが店舗の半値程度で購入出来る事が判りテストを兼ねて購入。結果は視聴と録画が重なっても受信レベルが減衰せず、テレビ単独時とほぼ同等のレベルを維持できるようになり安定してビデオ録画が出来るようになった。

おすすめ第6位

テレビブースターを購入したいと考えている人に、おすすめしたい第6位のテレビブースターはDXアンテナの「デュアルブースターCU43AS」です。 このデュアルブースターCU43ASは、地デジの4K8K放送だけではなく、BSの4K8K放送にも対応可能なテレビブースターになります。4K/8K放送を受信する使用周波数が3224MHzまで拡大してしまい、高域周波ではケーブルなどの信号レベルが低下するため、これまでと同じ増幅では4K8K帯域を綺麗に映せない可能性があります。 ですが、デュアルブースターCU43ASには、「チルト特性」機能という信号レベルの低下を考慮て高い周波数ほど利得を高くする機能を搭載しています。また増幅部のサイズを、スイッチ1つで調整することができるため、現在4K8K放送を受信している方はもちろん、今後4K8K放送の導入を検討している方におすすめな商品です。

3つのチャンネルが不調でした、そのうち1つは何も映らず、 うち2つは見ていると急に電波状況が悪くなり良い場面で諦めていました。 電器屋に聞くとアンテナからの距離が遠いからだと言われました。 また修理の見積もりの出張料金が3500円と言われました。 ほとんどこのブースターが買える値段です。 それで駄目で元々だと思いこちらのブースターを買いました。 驚いたことに3つのチャンネルの全てが綺麗に映るようになりました。 ご家庭にもよると思いますが、うちの場合は買って正解でした。

おすすめ第5位

テレビブースターを購入したいと考えている人に、おすすめしたい第5位のテレビブースターは、日本アンテナの卓上型ブースターである「VB-33MU」です。 このVB-33MUは、縦・横のどちらにも置くことができる地デジ専用の屋内用テレビブースターになっています。そのため、テレビ回りなどの空いているスペースにテレビブースターを置い使用が可能です。そんなVB-33MUの内部は、金属ケースに覆われており「電波の漏洩・飛込み防止」に対応しているシールド構造になっているため高性能を保つことができます。 そんなVB-33MUの利得は、UHF帯が25dB~33dB、定格出力は93dBμVです。また2系統の出力を持っているため、出力1はテレビ・レコーダーから衛星アンテナへ送る電気をそのまま通過させることができます。

分配した2階用に購入。1階テレビに比べて信号レベルが減衰しており、気象条件によっては特に冬場の低気圧接近時に数チャンネルモザイク状態になることがあった。しかし、この室内用ブースターを使うようになったら、1階も2階もほとんど変わらない信号レベルになった。 1階には室外用増幅器をつけており、増幅器を2つ使用することは薦められないような記事を過去に読んだことがあり躊躇していたが全く問題がない。もっと早くに試してみるべきだった。値段も近くの量販店より、3割以上安かった。

おすすめ第4位

テレビブースターを購入したいと考えている人に、おすすめしたい第4位のテレビブースターは、DXアンテナから販売しているCS/BS-IF・UHFブースターである「TCU15L1B」です。TCU15L1Bは、2.3Wという低消費電力性と、価格がリーズナブルという特徴を持ち合わせた屋内用のテレビブースターで地デジ/BS/CSに対応できます。 そんな、TCU15L1Bは、コンパクトなフォルムと付属しているスタンドを使うことで場所を取らずに設置することが可能です。またTCU15L1Bの利得は、15dBになり定格出力は90dBμVなっているため、2局程度のテレビ写りの悪さを改善するのに向いているテレビブースターになります。

分配器による2台使用のため購入しました取り付けは簡単で何よりも画質のアップにはビックリ。分配前よりもノイズの全く無い画質になり喜んでいます。 買って良かった製品です

おすすめ第3位

テレビブースターを購入したいと考えている人に、おすすめしたい第3位のテレビブースターは、マスプロ電工から販売されているBS/CS/UHF用のテレビブースター「UBCB35」です。 このUBCB35の特徴は、本体のコンパクトさと消費電力が低いことですが、そんなUBCB35の地デジ定格出力は105dBμVの高出力で、利得は地デジで32~37dB、BS/CSでは26~35dBになっており、UHF雑音指数が1.5以下という高性能さも魅力になっています。 そのUBCB35は、背面には2カ所フックで吊るせるようになっているため、壁などにも取り付ることが可能です。また、断線・ショートした場合など異常を知らせる装置が、装備されているため安心して使うことができます。そんなUBCB35は、BSの4K8Kの放送には対応していないため、4K8K放送を視聴予定の方にはおすすめできません。

マンションの共用アンテナを使用してTVをみていますが、BS/CSの移りが悪かったので購入。 利得を最大にして使用していますが、荒天時も含めて受信できなくなるような事象がなくなりました。 お値段そこそこしますが、強烈な性能で大満足です。

おすすめ第2位

テレビブースターを購入したいと考えている人に、おすすめしたい第2位のテレビブースターは、DXアンテナから販売されているCS/BS-IF・UHFブースター「デュアルブースター CU43A」です。 デュアルブースターは、家庭用テレビブースターとして初めて、地デジの中電界用(33db)と中・弱電界用(43db)の両方で使えるモデルになっています。従来のテレビブースターは、電界に合わせたものを準備する必要がありました。ですが、このデュアルブースターではスイッチ1つで切りかえができます。 また、地デジのUHF帯の出力とBS/CSの出力が高出力だということも魅力的です。利得を28dB・33dB・43dBの3段階から調節できます。そんなデュアルブースターには、出力モニター端子が搭載しているため、防水キャップを外さず出力がチェックできます。地デジとBS/CSの両方を重視したいという人おすすめです。

NHKの電波か最近とれなくなり、さらに弱電地帯になった。 ブースターが10年前のモデルで利得がMAX33db、この機種に変えて風の強い日以外は見れるようになった。 NHK受信料払っているのに見れないのは辛い。 災害情報はリアルでNHKだ。

おすすめ第1位

テレビブースターを購入したいと考えている人に、おすすめしたい第1位のテレビブースターは、日本アンテナから販売されている卓上型ブースター「VBC22CU」になります。 VBC22CUは、地上デジタル/BS/CSの3つに対応している屋内専用の卓上テレビブースターです。サイズが21.4×8.8×4.8cmとコンパクトなため、一般的な屋内用のテレビブースターと比べても小型なため、部屋の雰囲気などを気にせず設置がしやすいのが特徴です。 そんなVBC22CUの内部は、金属ケースでカバーされているシールド構造なため、性能が定低下してしまう電波の漏れや、外部から侵入するノイズの飛び込み防止措置が付いている安全設計なため、室内でも安全にテレビ電波を増幅することができます。そんな高機能なVBC22CUは、その価格がリーズナブルなのも魅力の1つです。

今回の卓上ブースターが一番性能がいい。 今まで、UTF簡易タイプのブースターを使っていたが、今回 UHF+BS電波の不安定さから、このブースターを選んだ。 価格も¥3300だったので、結果使用してみたところUHF+BS不具合なくなった。 良い買い物でした。

特徴別テレビブースターのおすすめ10選

トピック1013216/要素4559970

テレビブースターを付けるときには特徴があり、そんなテレビブースターの特徴別で、おすすめしたいテレビブースターがあります。そんな、テレビブースターの特徴別でおすすめしたいテレビ周りの器具を詳しく紹介します。

室内

屋内用のテレビブースターは、テレビの台数にあわせて簡単に設置できるテレビブースターを選びましょう。 そんな屋内用のテレビブースターは、「卓上型」とも呼ばれており、以前の主流はテレビの上などに置くタイプでした。ですが、テレビが薄型になった現在は、テレビの横に置けるスリムタイプのテレビブースターが好まれています。 そんな、室内用のテレビブースターは、電波の増幅など性能の面では屋外用テレビブースターには勝てませんが、業者を呼んでの工事をしなくても設置が可能だったりと、誰でも簡単に設置することができるのが、屋内用のテレビブースターの特徴であり魅力になります。 また、アンテナ周りの工事ができない可能性がある、賃貸物件などでテレビ電波を増幅したいときなどにも、室内タイプのテレビブースターはおすすめです。

UHF卓上型ブースター VRB33MU

室内用テレビブースターを詳しく紹介しましたが、そんな室内用テレビブースターの中からおすすめなのが、日本アンテナの室内用テレビブースター「VRB33MU」になり業界初めての2出力電通のタイプのテレビブースターになります。 室内用テレビブースターの中には、せっかく設置しても効果を得られなかったと評価される商品が多いのですが、そんな室内用のテレビブースターの中でもVRB33MUは、設置した後に「画像がよくなった」と高評価をもらえることが多い商品です。 そんなVRB33MUの構造は、シールド構造を装備しているため、電波の飛び込みが少ない設計になっており、その構造がVRB33MUの信頼をより高めています。またVRB33MUは、一緒に付属されているスタンドを使うことで、設置場所を取らずに縦置きができるのも評価を上げる要素になり、ゴチャゴチャしやすいテレビ周りをスッキリと片付けることができます。

7~8年間に購入した同社のブースターとの比較です。コンパクトで置くスペースに困りません。ここまで電波が強くなるのは想像していませんでした。大手量販店の3分の2ほどの価格で購入できたのも良かった。とてもいい買い物でした。

室外テレビブースター

屋外用のテレビブースターは、アンテナの直下に設置でき防水性のいいテレビブースターを選びましょう。そんな屋外用のテレビブースターは、微弱な電波や、テレビ台数の増加への分配などへの対応のための電波強化もできます。ですが、設置には専門業者の工事が必須になるため、時間も費用もかかるのが難点です。 そんな、テレビブースターの1番いい設置場所は、アンテナの近い場所になるため、せっかくテレビブースターを設置するならは、基本的には屋外用のテレビブースターがおすすめです。その場合、アンテナの近くに置しやすいコンパクトタイプで、風雨にも対応できる故障がしにくい防水タイプのテレビブースターを選びましょう。 ですが、「写りが少し悪い」と感じる程度ならば、時間や費用などを考えると屋内用のテレビブースターがおすすめです。そんなテレビブースターは、テレビの状況などに合せて、設置場所・種類を決めましょう。

UHF用ブースター(屋外用) GCU433D1

室外用のアンテナを詳しく紹介しましたが、そんな室外用のアンテナでおすすめしたいのが、兵庫県に本社がある老舗メーカーであるDXアンテナのUHF用テレビブースター「GCU433D1」です。 そんなGCU433D1は、家庭用のテレビブースターとして初めて、地デジの「中・弱電界用」としても、「中電界用」としても使用可能です。今までのテレビブースターは、増幅させたい電界に合わせてテレビブースターを用意しなければいけませんでしたが、このGCU433D1はスイッチ1つで切り替えができます。 また、地デジのUHF帯・BS/CSの出力が高出力なのが魅力になり、利得を28・33・43dBの3段階から調節可能になっています。そんなGCU433D1は、出力モニター端子が搭載されており、防水キャップを外さずに出力チェックがおこなえ、テレビ電波の増幅と、受信環境変化への対応の両方を重視したい人におすすめです。

多分配で特にCSが弱くなってましたが、設置後は地デジBSCSすべて普通に改善されました 設置も簡単で良い商品だと思います 前の機器が7年目で調子が悪くなったので、これもそのくらいはもって欲しい

UHF用ブースター UB41

屋外テレビブースターでおすすめしたいのが、マスプロ電工のUB41です。このUB41は、屋外にも設置ですが、屋内の設置にも対応している地デジ専用のテレビブースターになっています。 そんな、UB41の利得は38~43dB、NF1.5dB以下、定格出力105dBμVという高性能なブースターになっており、信号の強さに合わせて入力レベルを切り替えることができるのが特徴です。またUB41の消費電力は、1.7Wなため電気代が気になる人にはおすすめなテレビブースターになります。 また設置場所は、垂直な棒などに取り付けらますが、その他にも付属外の取り付け金具へ替えることで、垂直だけではなく水平の棒にも設置が可能です。そのため、屋外に設置をするときには、設置場所が自由に選べるのも特徴になります。さらに、電源部の表示灯によって増幅部と電源部の間で故障した場合に感知できるため安全に使用できます。

取替え前のものは、10年以上前のブースターだったので能力が落ちていたのかもしれません。 こちらに更新して、しっかり映るようになりました。 もう一寸なんとかならないかというような用途には有効な気がします。

取り付け

テレビブースターは、取り付けするときには注意する点があります。下記のチェックポイントを守ってテレビブースターを取り付けましょう。 ・屋内用のテレビブースターで、入出力形状が通常のTV形のテレビブースターを選びます。 ・入力・出力信号は、設置する場所で違うため形態を選べるものを準備すると便利です。 ・感度を調整できるものを選びましょう。 また、テレビブースターは、UHF(地デジ)だけでなく、BS/CSも増幅されるテレビブースターを選びましょう。 ただし、BS/CSの視聴予定がない場合は、この項目は気にする必要はありません。また、BS/CSの増幅する項目がないと、テレビブースターの価格も下がるため、価格が安くなり購入しやすくなります。

HAT-ABS024

取り付けの際の注意点の中で、「地デジ専用のテレビブースター」があると紹介しましたが、その専用テレビブースターでおすすめしたいのが、東京に本社がある株式会社ホーリックから販売されている「HAT-ABS024」になります。 このHAT-ABS024の特徴は、なんと言っても「超小型」のサイズになり、人差し指くらいのサイズなため、テレビ周りに設置しても場所を取らないためおすすめです。そんなHAT-ABS024の設置は、既存のアンテナ配線の途中に挟みこむようにし、付属のアダプターを接続します。そうすることで、ブロックノイズを改善したり、複数に分配したときに減衰した電波を増幅できます。

この価格でアンテナ工事などを考えるならば とりあえずつけてみて失敗してもいいかとおもい購入。 効果は抜群で画像の乱れも一切なくなりました。 但し、地デジ専用なので注意。(BS・CS・非対応

CSB-C25-SP

先に紹介したのは、地デジ専用のテレビブースターでしたが、次に紹介したいのは、BS/CS専用のテレビブースターです。おすすめのテレビブースターは、老舗の大手メーカーである日本アンテナの「CSB-C25-SP」になります。 このCSB-C25-SPは、コンパクトなフォルムためアンテナと機器の間にとおっているケーブルに挟み込むように設置が可能です。そんなCSB-C25-SPのBS/CS利得は18~26dBになっています。またCSB-C25-SPの電源は、BS/CSアンテナに供給されているケーブルから取れます。 そんな、CSB-C25-SPのおすすめの利用方法は、BS/CSアンテナを分配するテレビ台数を増やした場合に、電波が減退してしまいテレビ映りが悪くなった場合などになります。

NHK BSデジタル放送のみブロックノイズ(モザイク状のノイズ)が発生することがありました。 他局のBSデジタル放送とNHK BSアナログ放送は正常に写るので、 NHK BSデジタル放送は電波レベルが低いのでしょうか CS・BSラインブースター CSB-C25-SPを設置したら解決しました。

接続

テレビブースターを接続するときの基本は、テレビブースターはできるだけ根元に接続することになります。そんな、テレビブースターの接続方法を詳しく紹介するので参考にしてください。 テレビブースターの接続方法は、基本的に壁(アンテナ)→テレビブースター→(分波器)→テレビかDVDレコーダーの順番に繋いでいきます。このとき互いを繋ぐのは、アンテナケーブルと呼ばれるケーブなため、テレビブースターを接続するときは最低でも2~3本のケーブルを準備しておきましょう。 また、分波器は全ての家庭で必要ではありません。そんな分波器が必要なのは、BSなど複数のアンテナを1本にまとめて屋内に配線している場合になります。また、アンテナブースターは、アンテナと遠くなることで、性能がおちてしまうためアンテナケーブルは長いケーブルよりも短いケーブルを使うことをおすすめです。

2DLRS

アンテナが受信した電波信号は、地上デジタル・BS・CSなどの複数の信号が混ざっています。この混合された信号を、アンテナケーブルを使い複数あるテレビに均等に配分するのが分配器の役割です。 この分配器があることで、1台のアンテナで複数台のテレビを視聴できます。 そのため、複数台のテレビを持たない方は、購入の必要はありません。ですが、複数台設置している方は、テレビブースターとテレビの間に分配器を入れることで、電波を均等に分割してくれるため設置することをおすすめします。そんな、分配器でおすすめしたい製品は、コアウェーブが販売している全端子通電型「CW-147TV」になります。 このCW-147TVは、全端子通電型になっているため、BSにもしっかり対応できます。また、販売元であるコアウェーブが目指している低価格も実現させているため、分配機を試してみたいとおもっている方におすすめです。

2台のテレビに分配するために購入。値段的に不安は有ったが、レビューの評価も非常に高い。普通の電気店で購入したら、値段的にも5倍位の開きがある。コスパ的にも非常にお勧めである。外に設置するには、塩害等で錆が発生する可能性もあるだろうが、室内使用なのでその心配も無用。分配機能もシッカリ果たしており、使用に於いて全く不満は無い。見た目的にチープに見えるが、この値段で、この性能なら十分お勧めできる。

4K

従来の2KであるBSアンテナの電波に加えて、2018年から実用放送が始まったのが「4K8K放送」です。そんな4K8K放送のデータは、データ量が膨大なため、その4K8K電波を増幅させる場合には専用のテレビブースターが必要になります。 そんな、4K8K放送には専用テレビブースターは、従来からある2KのBSアンテナ用のテレビブースターと性能や値段が違うため購入時には注意しましょう。 また、4K8K対応のBSアンテナを設置しても、従来のテレビブースターでは4K8K放送電波を増幅できません。そんな4K8K放送で対応できないのは、テレビブースターだけではなく、分配器・分波器・アンテナケーブルなども、対応していない商品だと映像が綺麗に映らない場合もあります。そのため、4K8K放送に対応している商品を使いましょう。

UBCBW35

2018年から実用放送が始まった、4K8K放送を視聴するなら4k8K放送へ対応しているテレビブースターの購入をおすすめします。そんな4K8K放送への対応商品の中でも、おすすめなのがマスプロ電工の「UBCBW35」です。 BS/CS放送は、周波数帯域が広範囲なため、受信システムの伝送路で、伝送損失の高周波と低周波のレベル差が発生します。そんなUBCBW35は、入力レベル調整でBS・CS帯域のレベル差が補正できるため、全帯域にわたり綺麗なテレビ映りが期待できます。またUBCBW35には、異常感知の機能も搭載されているのが特徴です。 そんなUBCBW35のマストに、付属されている取り付け金属は垂直のマストへの取り付け金属ですが、水平のマストへの取り付けができる金属も販売されているため、取り付け場所を自由に選ぶことができます。

CSR7DW-P

アンテナが受信しているテレビ電波は、地デジ放送と衛星放送など複数の電波が入り混ざってっおり、テレビを視るためには「地デジ」「衛星放送」の2つの入力端子にそれぞれの電波を接続する必要があります。そのため、そのままの状態ではそれぞれの端子に繋ぐことができません。 その複数の電波が混ざる合っているテレビ電波を、電波の種類ごとに分けて出力できるのが分波器です。そんな分波器を使うことで、それぞれの端子に合った電波を接続することができます。 そんな分波器の中で、4K8K放送に対応しているおすすめの商品がマスプロ電工の「CSR7DW-P」です。このCSR7DW-Pは、CATVのテレビ放送にも使用が可能ですが、CATVインターネットには対応してないので購入時には注意しましょう。

マスプロでこの価格は凄い。 同軸ケーブルが何本も入らないのが良いですね。 しかも、BS・CS側にはちゃんと表示があるので繋ぎ間違いもありません。

配線

テレビブースターを接続するときに使うのが、同軸ケーブルになります。そんな同軸ケーブルにも選ぶ条件があります。同軸ケーブルを選ぶときには「75Ω」か「テレビ用」と書かれている物を購入しましょう。 そんな同軸ケーブルを使っているのは、テレビだけではなく、オーディオ・無線機器などの高周波信号のもので使われているため、見た目で同軸ケーブルを選んでしまうと、信号などが違うためテレビ用じゃなくと使えない場合もあるので、テレビで使えることが記載されている商品を購入しましょう。 そんな、現在販売されているテレビ用同軸ケーブルのほとんどが、地上デジタル・BS・CS放送に対応しています。ただし、2018年から始まった4K8K放送には対応していないため、4K8K放送を見たい方は、専用の商品を再度購入しましょう。

4Cケーブル JFL8D-P

テレビとテレビブースターなどを繋ぐ時に必要な配線である同軸ケーブルの購入の仕方などを詳しく紹介しましたが、そんな同軸ケーブルでおすすめしたいのは、日本の老舗メーカーであるマスプロ電工のテレビ継続ケーブルである「JFL8D-P」になります。 テレビのノイズ原因が、実はこの同軸ケーブルが古いという可能性もあります。同軸ケーブルが劣化したために、テレビ映りが悪くなる場合があります、そのため、新しい同軸ケーブルと交換することで、ノイズがよくなる可能性があります。 また、このJFL8D-Pはプラグの組み合わせや、同軸ケーブルの長さのバリエーションが豊富にあるため状況に合わせて選びやすいです。またマスプロ電工からは、分配器・分波器・テレビブースターなどの電子機器が豊富に販売されているため、相性がいい同じメーカーの製品でテレビ周りを統一することができるのもおすすめしたい理由になります。

4Cケーブル  4JW5FLS

現在のフルハイビジョンに比べても、さらに高画質でテレビを使用できる4K8K放送は、高画質なために扱うデータ量も増加してしまうため、同軸ケーブル対応しいる専用の同軸ケーブルが必要になります。 そんな、4K8K放送の対応している同軸ケーブルでおすすめしたいのが、DXアンテナから販売されている「4JW5FLS」になり、4K・8K放送に対応しているこの同軸ケーブルなら、信号の減衰を最小限抑えられます。 そんな4JW5FLSは、4K8K放送の膨大なデータを損なわずにテレビへ届けてくるだけでなく、同軸ケーブルの端子部分には劣化がしにくい、金メッキの加工がされているため長期間使用が可能です。 もちろん、現在の通常放送している2Kにも対応しているため、今すぐ4K8K放送を見る予定がなくても、今後4K8K放送を楽しみたいと考えている方におすすめな商品になります。

今年からBSの4K放送が開始されるらしいので、先んじて買ってみました。 これまで、10年ぐらい細いケーブル(多分、2C?)を使っていたので、それに比べるとやや太めでしっかりしています。 まだ4Kテレビも持っておらず、4K放送も始まってないので真価のほどは不明ですが、 今使用しているテレビでも、なんら問題なく使用できます。 値段も安いし、これで4K対応なら文句ないですね。

おすすめのテレビブースターのメーカー紹介

トピック1013216/要素4559989

テレビブースターの特徴別のおすすめを紹介しましが、そんなテレビブースターには、たくさんの販売しているメーカーがあります。そんな、テレビブースターを販売しているメーカーの中から、おすすめしたいテレビブースターを詳しく紹介します。

日本アンテナ

日本アンテナは、1953年に創立された老舗のブランドです。そんな日本アンテナは、創立当初は自動車ラジオ用のアンテナとテレビ用アンテナの製造・販売から始めました。 また日本アンテナは、マスプロ電工・DXアンテナ・サン電子などと並ぶ日本を代表しており、日本国内のテレビアンテナシェアは業界3位です。そんな日本アンテナは、海外進出が盛んでフィリピン・アメリカ・上海などに販売の拠点をもっており、「協調・効率・挑戦」を経営理念に掲げて製造・販売をすすめています。 そんな日本アンテナは、顧客満足・環境パフォーマンスを向上させるため、品質・環境目標の設定し、マネジメントシステムを継続的に改善しています。日本アンテナでは、「リデュース・リユース・リサイクル」の3Rを推進することにより、汚染予防、気候変動の緩和、生物多様性の保全に努めています。

マスプロ電工

マスプロ電工は、1953年に創業者である端山 孝さんにより名古屋の自宅で「昭和電気工業」と言う会社名で創業しました。そんな創業当初の昭和電気工業は、アマチュア無線用の通信機とラジオ受信機を製造・販売していました。そんなマスプロ電工は、カラーテレビが始まった1960年代に社名を「昭和電機工業」から「マスプロ電工」 と変更しています。 そんな社名である「MASPRO(マスプロ)」とは、「Master of Production」から造語したもので、「生産の覇者」という大きな志がこもっています。その後テレビ放送は、アナログ放送からデジタル放送へと移りましたが、マスプロ電工では全ての家庭が円滑にデジタル放送へと移行できるように、受信機器・インフラ機器などの製品を開発・販売をしています。

DXアンテナ

DXアンテナは、テレビ放送が開始された1953年に、有限会社関西テレビジョンの研究所として誕生しました。それ以来60年以上にわたって放送文化発展の一翼を担っています。 そんなDXアンテナの「DX」とは、アマチュア無線で「遠距離」を意味している略符号のことになり、「遠距離から受ける微弱な電波を、強力にキャッチする優れたアンテナを作る会社」という気持ちが込められています。 そんなDXアンテナは、今まで以上に顧客の皆様から信頼される企業として、今以上の成長を目指して積極的に新規事業に挑戦しながら、「情報伝送システム企業」として世間に貢献できる製品を創ることを目標にしています。

オーム電機

オーム電機は、1955年に家電製品の小売店として創業したのが始まりです。そんなオーム電機は、1974年に業種をオーディオキット・パーツの製造卸へと転換しました。また1978年に開発した超薄型ステレオ「ブックコンポ」など、オーディオ用品・家庭用配線器具・電話機・OA用品などのオリジナル商品を豊富に開発・販売しています。 現在のオーム電機は、北海道・岩手・茨城・埼玉・佐賀・兵庫県の全国6カ所に地域事業所を展開しており、そんなオーム電機は、携帯ラジオ・ヘッドフォンなどのオーディオ関連器具・照明器具などだけではなく、乾電池・電球(LED)・理美容関連製品などの日用品までと幅広い製品を取り扱っているのが特徴です。 またオーム電機は、全国規模の物流ネットワークを活かすことで、小売店や市場ニーズへ対応をしています。

テレビブースターを使ってテレビ放送を楽しもう

トピック1013216/要素4559979

地域によっては、テレビ電波が小さく、テレビに映らない放送局があったり、映ってもノイズが入ってしまい綺麗な映像が見れないことがあります。そんな小さなテレビ電波を、テレビブースターを使うことで、テレビの電波を増幅させることができるため、テレビの画像を綺麗に映すことができます。 そのため自宅のテレビが映らないや、ノイズが入って困っている方などは、環境に合せたテレビブースターを選び、設置することで綺麗な画像のテレビ放送を楽しみましょう。

アクセスランキング