IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

4KビデオカメラおすすめランキングTOP10|選び方・口コミ

家事

用途や機能別で選ぶ4Kビデオカメラのおすすめ10選をはじめとして、どんな目的で4Kビデオカメラを使いたいのか、どんな機能があればうれしいのかを解説していきます、また、ビデオカメラを選ぶポイントとおすすめの機種も紹介しています。

更新日時:

4Kビデオカメラの選び方

トピック1013210/要素4123034

現在家庭用ビデオカメラの中では最も高画質といわれるのが、4Kビデオカメラです。買い替えを考えている人も多いのではないでしょうか。しかし種類も多くどう選んでよいか迷っている人のために目的別や機能別の選び方と、おすすめするTOP10の機種をお教えします。

4Kビデオカメラって何?

まずは4Kビデオカメラの定義についてお話します。もっているカメラの機能がどんなものなのか分からずに使用するよりも分かって使用するほうがより、愛着もわき選ぶときの理解度が増します。

4Kビデオカメラとは?

4Kビデオカメラとそれ以外のビデオカメラとの一番の違いは画素数です。通常フルハイビジョンカメラでは1画面の画素数は1920×1080画素で、4Kビデオカメラだと3840×2160画素です。 つまり4Kビデオカメラの場合は通常のフルハイビジョンカメラの約4倍の画素が使われていてその分鮮明でなめらかな映像が残せます。

4Kビデオカメラって必要?

数年前まで店頭ではフルハイビジョンカメラがほとんどで4Kビデオカメラはむしろ高級品という感じではありましたが、昨今では種類も増え値段も少しずつ下がってきて4Kビデオカメラが身近な存在になりました。しかし4Kテレビはまだまだ持っている人も少なく、ハイビジョンテレビしかもっていないという人がほとんどではないでしょうか。 「4Kテレビ持っていないのに4Kビデオカメラって必要?」と思う方もいるのではないでしょうか。そこで4Kビデオカメラのメリットデメリットを考えてみましょう。

4Kビデオカメラのメリット

まず第一に「画質が綺麗」というのがあがります。なんといってもこれが最大の要因でしょう。ただせっかく4Kの画質で撮っても4Kテレビがなければそこの力を最大限発揮することはできません。 しかしながら、4Kテレビがなければ4Kビデオカメラを買う必要はないのか。というとそんなことはありません。それが二つ目の要因の「これから普及するフォーマットである」という点です。 かつてのフルハイビジョンテレビがそうであったように4Kテレビの値段も下がっていっています。 4K放送も始まり、4Kの需要は加速度的に増え始めています。今の思い出を少しでも高画質で残しておけばよかったと後悔しないためにも、買い替えを考えているなら4Kビデオカメラをおすすめします。

4Kビデオカメラのデメリット

さて、ここで少し4Kビデオカメラのデメリットについても触れておきましょう。それはフルハイビジョンに比べ容量が大きく保存メディアを圧迫してしまうというところです。機種によっても多少違いますが一般的にフルハイビジョンの映像で32GBのSDカードを使用した場合2時間40分程度の映像が撮れ、4K映像の場合は約1時間程度の映像が撮れます。 このようにフルハイビジョンの映像の約4倍の容量が必要になりますのでハードディスクに残す場合も大容量のものが必要となります。このデメリットが気になる場合は、4Kビデオカメラで普段は画質を落としフルハイビジョン画質で撮影し、特に高画質で残したいときだけ4K画質で撮影するという方法もあります。

4Kビデオカメラの選び方のコツ

4Kビデオカメラの特徴が分かったところで選び方のコツについてお話いたします。まず最初に考えてもらうのはカメラで何を撮りたいのかという事です。友達との思い出を動画で残したいのか、お子さんの発表会を綺麗に残したいのかなどがあげられます。 または、趣味などの迫力のある映像を撮ってネットにアップしたいのか、とにかく綺麗な映像を撮って自分の作品を残したいのか、その用途はさまざまです。自分の目的にあった4Kビデオカメラを選びましょう。 具体的なコツとしてはまずは長時間持ち歩くのか三脚を使って撮りたいのかを考えてみるのがいいです。手持ち撮影を考えるのなら手振れ補正機能の充実や持ち歩いても疲れない軽さや持ちやすさが重要になってきます。 一度電気屋さんなどでいろいろな機種を持ってみてしっくりと手になじむものをさがすのがおすすめです。三脚を使用するのであれば暗所撮影機能や光学ズームの倍率などが重要になってきます。

4Kビデオカメラおすすめ人気ランキングTOP10

トピック1013210/要素4865203

4Kビデオカメラの特徴と選び方がわかったところで筆者がおすすめする4KビデオカメラのおすすめTOP10をご紹介します。ファミリー向けのホームビデオからハイアマチュア向けのものアウトドア向けのアクションカメラなどさまざまな用途で使える4Kビデオカメラを選びました。

10位:Panasonic DMC-TZ85-S

10位はパナソニックのDMC-TZ85-Sです。コンパクトで持ちやすく鞄に忍ばせておいても邪魔にならない機動性と30倍光学ズームが特徴です。写真も映像もこれ1台で残せます。コンパクトデジタルカメラ感覚で気軽に4Kの綺麗な映像を残したい方におすすめです。

このサイズの高倍率ズーム機にしては圧倒的にAFが早く、撮りたい瞬間を逃しません。撮影後のデモ表示もoffに出来る(他メーカーは連写時off出来ないものばかり)ので、連写してすぐ連写出来、スポーツ観戦時やお子様、ペットの撮影にも最適かと思います。

9位:Everio GZ-RY980-A

9位はjVCのEverioシリーズの4Kモデルです。4Kビデオカメラとしては初の防水 防塵、耐衝撃、耐低温など搭載されたカメラで高画質でハードに扱えます。軽量コンパクトで手になじむ大きさでライブストリーミング機能もついていて気軽にライブ配信もできるモデルです。

4K撮影、SDカード2枚挿しと非の打ち所がない一品です。水中撮影も出来ますし汚れたら洗えるのって最高です。 重量がやや重い感じはしますが長年愛用していたHDR-SR1に比べれば気になりません

8位:MUSONMC2

8位はMUSONのアクションカメラMC2気軽に高画質な映像を残せる4Kビデオカメラです1万円以下の価格でWi-Fiにも対応していて手軽な車載カメラしても使用できます。オプションパーツなども豊富なのでウェアラブルカメラの入門用におすすめです。

動画も静止画も思った以上に綺麗に撮れており満足しています。まずはプラス評価➟①付属品が多い(自撮り棒はありませんが) ②軽いしコンパクト。価格もゴプロに比べて安い。 ③バッテリーを本体から外して充電できる(これ、結構重要です)④簡易ではあるが日本語の説明書がついている。

7位:Panasonic VX980M

7位はPanasonicのハンディーカムです。オーソドックスな形状でファミリー向けの機種になってます。シンプルな形状で手になじむので旅行や発表会などあらゆる面で使えます。早い被写体の動きにも対応する4KハイプレシジョンAFや、あとから補正することができる新・あとから追っかけなど機能面も充実していて初心者にも使いやすい1台です。

一般向けのカメラとしてはハイレベルな画質だと思います。オート撮影の精度もなかなか高く、かつ手ぶれ補正もしっかり効くので初心者でも簡単にきれいな映像が撮れます。

6位 :SONYFDR-AXP35

6位はsonyの4Kハンディカムです。sonyの4K技術は世界的にも評価が高く独自の空間光学手ブレ補正を搭載していてワイドでもズームでもブレのない安定した画を撮ることができ初心者からハイアマチュアまで幅広い層に高評価をうけています。 またこの機種は最大50ルーメンのプロジェクター機能が搭載されていてスクリーンや白い壁などに撮った映像をすぐに映し出すことができます。ホームパーティーや旅行先など大勢が集まる場でも大活躍する4Kビデオカメラです。

フルHDのビデオカメラと比べると格が違います 4Kならではの 解像感と緻密な映像の表現は素晴らしいですね

5位:GoPro HERO4

5位はGoproHero4です。小さくて軽いのでウェアラブルカメラとして身につけたり、車やバイクにつけて走行動画を撮ったり趣味の動画で大活躍する4Kビデオカメラです。取り付けオプションも充実していて場所選びません。防水ケースを使用すればサーフィンやスキューバーダイビングでの撮影も可能です。趣味を活かした迫力のある動画を撮影したい方におすすめです。

初心者で買いました、まだ上位の機種もありましたがモニターで設定できるのでこれにしました。どのように写ってるのかもわかるしこれでよかったです。

4位:SONY FDR-AX1

4位はsonyのAX1ハンディカムとしては大柄で片手では収まらないハイアマチュアからプロ向けの機種です。世界的にも評価の高い高画質な4K映像はもとよりSDカードスロットが二つついているので4K画質でも長時間の録画が可能です。豊富なマニュアル設定機能でコンパクトデジタルカメラから、もうワンランク上の撮影に挑みたい方におすすめの機種です。

AX100のカクカク30コマとフォーカス性能に納得できず、こちらを購入。 4K記録に適した専用記録メディアを新たに採用しているので、記録において非常に安心感が高いです。 センサーが流行の大型サイズではないので、被写界深度が深く、画面の隅々まで解像感が楽しめます。 フォーカス操作がラクなのもいいです。光学ズームは630mmまで寄れますので、AX100の倍近くまで寄れます。 バッテリーも昔使っていたFタイプの大型がそのまま使えて経済的です。 もう4K以外では撮影したくないです。それほど4Kの映像は魅力的です。

3位:SONY FDR-X1000V

3位はsonyのウェアラブルカメラアクションカメラ小型軽量で防水オプションを使えばダイビングやスキーにも使えます。ライブビューリモコンを搭載して離れていても常に手元で映像の確認や操作ができるのが特徴です。

SONYのアクションカムは2代目を購入しました。これで一度に2方向の撮影を可能になり又、ライブビューリモコンで2台同時にコントロールする事が出来て使いやすくなりました。

2位:Sony FDR-AX100

2位はSonyの4KハンディカムAX100です。789 gと片手で持つには少し重い機種ですが慣れればそこまで気になりません。豊富なマニュアル調整機能と光学空間手ブレ補正と3段階のNDフィルタと初心者からハイアマチュアまで使いやすい機能が搭載されています。

初めて手にした4Kカメラで、画質の良さに驚いています。発売当初よりも値段が下がってきた事もあり、思い切って購入しました。高画質であるが故、三脚がないと手振れが気になるところですが、日常の映像記録には十分なスペックだと感じました。

1位:LUMIX DMC-FZ1000

1位はPanasonicの LUMIX DMC-FZ1000 LUMIXの中でもレンズと本体が1体となったネオ一眼と呼ばれる機種です。1眼レフカメラの美しいボケ感を有し、レンズ交換の手間がいらず、光学からズームまでワンアクションでこなせます。 優れた手振れ補正機能と追跡オートフォーカス機能により初心者でも簡単に使え、マニュアルに切り替えればハイアマチュアでも満足のいく4K動画を撮ることができる、オールマイティに活躍できる機種です。

FZ1000を購入してからもう2年半になるが、運動会、旅行、花火とこれ一台でほとんどをカバーできている。特に運動会ではそれまでカメラとビデオの二台持ちをしていたが、4Kフォトであとから写真を切り出しできるおかげでこれ一台で済むようになりとてもありがたい。

特徴別4Kビデオカメラのおすすめ10選

トピック1013210/要素4865212

ここからは特徴別機能別4Kビデオカメラのおすすめを見ていきます。

用途別におすすめ

静止画・動画両方の撮影に手軽に1台でこなせるカメラをご紹介します。

DMC-GF7

Panasonicのミラーレス一眼カメラDMC-GF7はシンプルで上品なフォルムの見た目でコンパクトながら4K動画から4Kフォト機能も兼ね備えた機種です。手軽に持ち歩きができ、シーンを選ばず使えます。

はじめてミラーレス一眼買ってみましたがコンパクトで良かったです。 使いやすい

暗所撮影能力がおすすめ

室内や夜間の撮影で力を発揮する暗所撮影に定評のあるカメラをご紹介します。

FDR-AX55

sonyの4Kビデオカメラです。ハンディカムとしては少し重いですが大口径レンズで光の取り込みに優れています。赤外線搭載のナイトショット機能で暗所での撮影もノイズの少ない美しい映像を残せます。

映像はすごくきれいです。風景などを撮影する場合は、4Kで撮影。少し動きのある動画は、FHDの60pで撮影するといい映像がとれています

FZ1000

おすすめTOP10でもご紹介したPanasonicのFZ1000です。機能性や画質だけでなく、暗所撮影能力にも優れています。室内や夜間の少ない照明のなかでもノイズの少ないクリアな映像を残すことができます。

FZ1000を購入してからもう2年半になるが、運動会、旅行、花火とこれ一台でほとんどをカバーできている。特に運動会ではそれまでカメラとビデオの二台持ちをしていたが、4Kフォトであとから写真を切り出しできるおかげでこれ一台で済むようになりとてもありがたい。 唯一の欠点はそのサイズだが、400mmズームで1インチセンサーという点を考慮するとコンパクトなくらいだ。交換レンズを何本も持ち運ぶことから解放されたい方にはオススメ。

オートフォーカス追従性でおすすめ

お子さんや動物など動く被写体を狙いたいときに重要になるのがオートフォーカスの追従性です。ここではオートフォーカスの追従性において高い評価を得ている機種を紹介します。

DC-GH5-K

PanasonicのLUMIXシリーズはオートフォーカスの追従性で高い評価を受けています。写真撮影も動画撮影も4Kの鮮明な撮影を楽しめます。空間認識AFや豊富なインテリジェンスオート機能でさまざまなシーンに対応できます。

キヤノン、ニコンのフルサイズも使ってきましたが、全て処分してM4/3に移行して正解でした。 レンズも含めてトータル重量が半分どころか1/3以下になり写りも申し分ありません。 使用感も最高です。

音質の良さでおすすめ

音楽の発表会やコンサートの記録撮影などできるだけいい音で残したい、そんなときにおすすめな音質に拘ったビデオカメラをご紹介します。

HDR-MV1

高性能なマイクに加えて、ライン入力やマイク入力端子も搭載されていてます。ライブ撮影や、楽器の練習におすすめのカメラです。

電子ピアノからライン入力で撮影するときはノイズも入りにくく良いです♪ 画像もキレイです

Q8 Handy Video Recorder

オーディオPCMレコーダーのメーカーでもあるZoomから発売されたビデオレコーダーです。高性能な内部マイクに加えて、外部マイク入力とライン入力の両方に対応していいるので音質に拘ったライブ撮影におすすめです。

手振れ補正機能でおすすめ

歩きながら撮影するときに重要になってくるのが手ブレ補正機能です。スムーズな移動撮影に特化した機種をご紹介します。

DJI OSMO+

ジンバルと呼ばれる手振れ補正機能に特化した機材が一体化している4Kビデオカメラです。長い距離を歩く撮影でもストレスを感じません。小さいながら光学3.5倍ズーム機能とデジタル2倍ズームで7倍ズームを搭載しており、光学ズームでもスムーズで手振れの少ない4K映像を残すことができます。

ブレのない綺麗な映像が手軽に撮れるのは、最高の幸せです。まさに日常が映画になります

ワイプ撮り機能でおすすめ

被写体を撮りながら撮影者の表情も子画面で撮れるのがワイプ撮り機能です。そんなちょっと変わった機能を持ったおすすめ機種を紹介します。

WX970M

Panasonicの独自のワイプ撮り機能搭載でおすすめの機種がWX970Mです。モニター側にも小型カメラが搭載されていて、被写体と撮影者の顔が同時に撮影できる4Kビデオカメラです。お子様の成長記録とお父さんお母さんの表情を同時に残せるファミリー向けの機能です。

何しろ軽いのが良い。心配していた30fpsでも通常の運動(バドミントン)でも十分な追従。静止画にしてみて確かにデジカメ品質。以前できていた内臓メモリからSDカードへのリレー録画ができないのはあれっ?と思った。

プロジェクター機能でおすすめ

カメラだけでプロジェクターの機能をはたす機種をご紹介します。

AXP35

おすすめTOP10でも紹介したSONYのAXP35です。高性能な空間手ブレ補正や高画質な4K映像を搭載しながら、カメラ1つでプロジェクター機能も兼ね備えて壁やスクリーンに撮った映像をその場で投影できるユニークな4Kビデオカメラです。

フルHDのビデオカメラと比べると格が違います 4Kならではの 解像感と緻密な映像の表現は素晴らしいですね

手軽さでおすすめ

いろいろな機能をつけるより、とにかく気軽に4Kビデオカメラを持ち歩きたいし、簡単にDVDやブルーレイに焼きたいという方におすすめの機種をご紹介します。

GZ-RY980-A

おすすめTOP10でも紹介したGZ-RY980-Aです。 手になじむ大きさと軽さで手軽に4Kビデオカメラを使用したい方におすすめです。専用の取り込みソフトを使用すればDVDやブルーレイに焼く作業も簡単にできて初心者にはうれしい機体です。

録画の仕方だけでなく、保存した動画の再生、録画用の記録媒体の取替えなど、あらゆる操作がとてもシンプル!! ビデオカメラ選びをしている方に、まずお薦めしたい製品だと思います。

4Kビデオカメラのメーカーの紹介

トピック1013210/要素4865216

ここからはメーカー別の特徴を紹介していきます。

SONY

日本を代表する家電メーカーSONY家庭用のハンディカムから業務用のプロカメラまで幅広く世界中で使用されています。4Kカメラの画質は世界中でも高い評価を受けて鮮やかな発色と高精度な映像や独自の空間手ブレ補正機能や高音質の録音機能などあらゆる方面でプロにも高い評価をうけているメーカーです。

Panasonic

Panasonicの4Kビデオカメラは家庭用では独自のワイプ撮り機能や愛情サイズという手になじむサイズへのこだわり暗所撮影機能などファミリー向けの、痒い所に手が届く機能が満載ですまたデジタル1眼ではLUMIXシリーズが1眼レフの綺麗な画質と明るさと手軽さが同居しており、ファミリーから画質に拘るハイアマチュアやプロまで使用されているメーカーです。

Canon

Canonは老舗大手カメラメーカーです。日本で初めて1眼レフを開発し日本のカメラの礎を築いた企業です。画質や静止画の美しさに拘った玄人におすすめのメーカーです。

GO Pro

Goproはアメリカ生まれのメーカーで、ウェアラブルカメラと呼ばれる身に着ける事ができる小型で機動性に優れたカメラか多数出ています。ジョイントオプションも豊富で車載カメラや目線カメラなど激しいアクションの中でも4Kの鮮明な映像を残すことができます。

JVC

JVCは元は日本ビクターでカメラやオーディオ機器で世界的なメーカーの一つでもありました。ビデオカメラはエブリオシリーズが手軽さで人気です。パソコンとの連携が手軽にでき簡単にDVDに焼くことができます。撮ったあとにパソコンにつないでDVDに焼く方法がよくわからないという方にはJVCのエブリオシリーズがおすすめです。

楽しい撮影ライフを送るために

トピック1013210/要素4511968

いかがだったでしょうか。一般的なハンディカムから少しマニアックな用途のものまでみなさまが気にいるものはありましたか。一概に4Kビデオカメラといってもその用途はさまざまです。 友達との思い出を高画質で残したい方や美しい景色や映像作品を撮りたい方、みんなが驚くような映像を撮ってYoutubeにアップしたい方など、映像にはいろいろな目的があります。自分の目的にあった機能を見極めてよく考える事が大事です。 どんなに技術が進歩して新しい機能が次々開発されたとしてもそれは変わりません。みなさまもこの記事を参考に自分にあった4Kビデオカメラで楽しい撮影ライフを送っていきましょう。

アクセスランキング