IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

スピーカー台おすすめランキングTOP10|選び方・口コミ

家事

映画を見るときや音楽を聴くとき、利用するスピーカーによって、音の質が変わってきます。ただ、スピーカーさえ良いものを選べばいい、というものではありません。それを乗せる「スピーカー台」も重要になるのです。そこで、おすすめのスピーカー台を紹介していきます。

更新日時:

スピーカー台の選び方

スピーカー台おすすめランキングTOP10|選び方・口コミ

スピーカーは家具の一つです。そのスピーカーをどのように配置するかは家の景観を保つためには非常に重要で、特にスピーカー台を選ぶときは、高さ、天板、底板のサイズに注意して選ぶことが重要です。 まず高さですが、人によって音を聴くポジションも、スピーカーのサイズもさまざまなので、それに合わせる必要があります。音を聴く姿勢をとったときの耳の高さに対して、スピーカーのツイーターが5〜10cm程低くなるスピーカー台を選びましょう。 また天板は、スピーカーが完全に乗るサイズを選びます。そうすることでスピーカーの振動がしっかりスピーカー台に伝わり、良い音が聴けるようになります。スピーカー台の底板のサイズは、天板から1〜2cm大きいものを選んでください。底板が大きいほどスピーカーから出る音が安定し、スピーカー台の効果も高めることができます。

スピーカー台のおすすめ人気ランキングTOP10

スピーカー台おすすめランキングTOP10|選び方・口コミ

さて、早速スピーカー台のおすすめをランキング形式で紹介します。

10位はハヤミ工産【HAMILeX】

10位は「ハヤミ工産【HAMILeX】Acordeシリーズスピーカースタンド」です。国内ダントツの人気を誇るメーカーハミレックスの製品です。どのスピーカー台のメーカーにしようか悩んでいる方は、国内メーカーのハミレックスから選んでみてはどうでしょうか。

私がイメージしていた通りの品で、嬉しく思っています。前からスピーカーの音質は、こんなものでは無い筈と思っていて、何とかしなければと思いながら、ほっていましたが、こんなにも変わるかと驚いています。満足の一言です。

9位はアイシン高岡【TAOC】

9位は「アイシン高岡【TAOC】SPBシリーズスピーカーベース」です。スピーカーの持ち味を存分に引き出すことができる、大型スピーカーベースの定番です。 アイシン高岡も日本国内のメーカーです。ハミレックスと同じように安心して購入することができるでしょう。ハミレックスと比較するのもいいでしょう。

8位はSB-125

8位は「SB-125 ハヤミブロック型スピーカーベース」です。スクエア型なので、縦でも横でもどちらでも利用できます。少しかわった形となるので、スピーカーが落ちてこないような工夫や、もしも落ちてきたとしても他の家具に当たらないような工夫が必要でしょう。

国産製品かと思いますが,デザイン,品質とも,価格を考えると文句の付けようがなく,素晴らしい商品の一言につきます。YAMAHA スタジオモニター MSP7 STUDIO の台として購入しましたが,耐重量 約30kg / 1台 ということなので,MSP7 でも十分乗ります。組み立てた感じは頑丈そのものです。ただ,重いモニターで天板をこすると塗装がはげますので,設置作業は慎重に行ってください。

7位はヤマハ スピーカースタンドSPS-90

7位は「ヤマハ スピーカースタンドSPS-90」です。省スペース設計が人気の秘密です。また他のスピーカー台とは違い、「台」というイメージからかけ離れています。もしも注目を集めたいなら、こちらもぜひおすすめです。

パイオニア ホームシアターシステム HTP-SB760 に使用しましたが、取り付けねじを別購入した以外大変満足しています。

6位はSPK-STD-MS01スピーカースタンド

6位は「SPK-STD-MS01スピーカースタンド」です。シンプルで小型なスピーカー台です。高さの調節が可能です。 ここまでご紹介してきたスピーカー台の中では、恐らく他の家具とミスマッチを起こさないでしょう。無難にいきたいならこちらがおすすめです。

価格的(¥3,808で購入)にも満足度の高い商品です。 私の環境では高さ20cm程度で良かったのですが、同社の高さ206mmのモデルは天板底板が大きくデスクトップでは野暮な感じになる(スピーカーが小さいので)と思いこちらを選んで正解だったと思います。(この大きさで高さ20cm、天板の枠無しがあればよいのですが) 見た目もよく良い商品だと思います。 音はスタンドのせいだけではないので、とりあえず見た目重視です。

5位はNX-B300S スピーカースタンド

5位は「NX-B300S ハヤミ小型スピーカースタンド」です。床に置いても、机の上に置いてもよい、高さ15cmのローポジションのスピーカー台です。どちらかというとローサイズではありますが、ハイサイズスピーカーにも合う万能サイズといえるでしょう。 ローサイズのこちらは、家具全体がローサイズの方におすすめでしょう。なぜなら、ハイサイズの家具ばかりの中にこのスピーカー台をおいてしまうと、不釣り合いになってしまうからです。

このスピーカースタンドへYAMAHAのNS-B330を置くと、驚くほどサイズがピッタリで、まるでYAMAHAのNS-B330専用オプションではないかと勘違いするくらいです。 造りもしっかりしており、グラつきや、ガタつき等は全くありません。 スピーカーの底面に取り付ける防振シールが付属されているのも、気がきいていて良いと思いました。 (私はオーディオテクニカのインシュレーターを持っていたので使いませんでしたが) YAMAHA NS-B330を持っている人には特にオススメします。 買って良かったです。

4位はハヤミ スピーカースタンドSB109

4位は「ハヤミ ポール型スピーカースタンドSB109」です。高さの調節ができることと、天板のサイズが2種類あることが人気の秘密です。 ここまで紹介してきた中で唯一調整可能なスピカー台です。他の家具がローサイズかハイサイズかを問わず合わせることができるのがこのスピーカー台のメリットでしょう。

私がイメージしていた通りの品で、嬉しく思っています。前からスピーカーの音質は、こんなものでは無い筈と思っていて、何とかしなければと思いながら、ほっていましたが、こんなにも変わるかと驚いています。満足の一言です。

3位はNX-B300T ハヤミ

3位は「NX-B300Tハヤミ 小型スピーカースタンド」です。高さ60cmのハイポジションのスピーカー台で、小型のスピーカー向けです。 少し変わった形ではありますが、ひときわ目立つスピーカー台であることは間違いないでしょう。目立ちたい方にはおすすめでしょう。

D112-EXT 用として購入。送料込で5000円になった。60cmと迷ったがこちらが安定性で正解だった模様。Audio Technica D6098 を履かせるとほぼ想定通りの効果があった。サブ・補完システムやTVスピーカー用としてもまずまず。

2位はキクタニ モニタースピーカースタンド

2位は「キクタニ モニタースピーカースタンド」です。これによって少しだけ高さを稼ぐだけで、音の抜けが向上し、低音域もより直接的に体感できます。 スピーカ台の高さは音質に影響を与えます。その点でこのスピーカー台は、おすすめです。

今まで使用してきたスピーカースタンドの中では最高です! 私はDAWで音楽制作をしていますが、高さも丁度良くて、更に聴きやすいリスニングポイントを得ることが出来ました! スピーカースタンドそのものに重量はありますが、このくらいしっかりしていないと逆にモニタースピーカーを置く事ができません。

1位はハヤミ工産 小型スピーカースタンド

1位は「ハヤミ工産 小型スピーカースタンド」です。シンプルなデザインで、定番のメーカーのため、一番人気となっています。一番人気ということもあり非常に評価が高いです。迷った方はまずはこちらを購入してみることをおすすめします。

とても簡単な組み立てと十分な剛性感で、15cmの台に載せて使用していますがガタツキも無く、安定しています。十分に使える良い商品です。

特徴別スピーカー台のおすすめ10選

スピーカー台おすすめランキングTOP10|選び方・口コミ

スピーカー台にはさまざまな種類があります。高さの違い、天板のサイズの違い、底板のサイズの違い、色、素材の違いなどたくさんの中から選ぶことができます。その違いによって聴こえる音が違ってきますし、特徴によって用途も違ってきます。そこで、特徴別のスピーカー台の中からおすすめのものを紹介します。

100均

100円均一大手のSeriaの「スマホスタンド&スピーカー」を紹介します。三重県にある「山田化学株式会社」という企業が製造しています。 名前のとおり、スマートフォンのスタンドとしても利用できます。形がドーム型になっており、その形が音を前方向に集めてスピーカー効果を出しています。 スマートフォンをセットして、動画や音楽を流します。電池不要で小さいサイズにも関わらず、かなり大きな音で聴くことができます。持ち運びも楽なスピーカー台ですので、アウトドアの際にも活用できるでしょう。

台座

台座とは、スピーカー台の天板の部分のことを言います。スピーカーの大きさに対して台座が小さいと不安定な設置となってしまいますし、その逆であれば見た目が悪いです。 その中でおすすめのスピーカー台が「ハミレックス(HAMILeX) 小型スピーカースタンド NX-B300」です。 リーズナブルな木製のスピーカー台で、定番商品となっています。一般的な小型ブックシェルフスピーカーに合う台座のサイズで、重さも10kgと、取り回しが良いのもおすすめの理由の一つです。

とても簡単な組み立てと十分な剛性感で、15cmの台に載せて使用していますがガタツキも無く、安定しています。十分に使える良い商品です。

レンガ

おすすめのスピーカー台に「レンガ」があります。そうです、あの「レンガ」です。市販のスピーカー台を購入するのもいいですが、高額なものになると数万円かかる場合があります。スピーカーを床に直に置くのが嫌だが、あまり費用をかけたくない、という人におすすめなのがレンガです。 レンガは、硬くずっしりと安定しているため、防振効果があります。レンガをスピーカー台にするのが抵抗がある人がいるでしょうが、音楽を生業としている人でも、スピーカー台にレンガを利用している人は多いです。

取り出すときのために軍手がサービスで入っていました。 なかなか嬉しい気遣いです。 品物も良いです。 色が優しい、穴もなんだかユニークで便利。また買うと思います。

石の素材のおすすめのスピーカー台は「御影石オーディオボード」です。石の良い所は、何と言ってもその安定感です。スピーカーを大音量で利用すればするほど、その振動が激しくなります。その対策のために重く安定した石は最適です。ノイズが減少し、音が引き締まりクリアになります。特に低音が強化されます。 石によっては値段が張りますが、スピーカー自体の安定感にもつながり、地震などの際にもスピーカーを守ることができます。

店舗の方から丁寧な連絡、また届いた商品にもメッセージが添付されており、とても好感が持てました。 商品も文句なしです!

木材

木材のスピーカー台の中でおすすめなのが「山本音響工芸 スピーカースタンド DKS60ペア」です。木材のスピーカー台を選ぶ利点として、「音が良くなり過ぎない」というものがあります。あまりにも音がクリアになってしまうのを好まない人におすすめです。

使用中のスピーカーを載せ替えて選定したわけではありませんが,鳴っている音に満足し,これを購入して良かったと思っています。見た目の安定感も相まって心穏やかに音楽に浸れます。耐荷重60kgと,ほぼ全てのブックシェルフ型に対応でき,組み立てながらもその丈夫(そう)さに安心感が得られました。表面はプリントでしょうが木目調で落ち着いていて,多くのスピーカーで使えそうで,どの部屋に置いてもよさそうです。なお,実際に届いた商品はPC画面で見たものより暗めの色調でしたが,私にとっては好ましいものでした。別途パーツを買えば,高さや上下版のサイズも変えられるので,より細かに調節できるようです。純正品はデザインの統一など良い面はありますが,それに拘らなければ半額程度でこのDKS-60が買えるのは喜ばしいことだと思います。

金属

金属製のスピーカー台は、音の振動をより吸収するので、非常にまとまりのある音を楽しむことができます。木製のスピーカー台と対照的と考えられます。 その中でおすすめなのが、「タオック(TAOC) スピーカースタンド WST-C60HB」です。このタオックというブランドは、オーディオ愛好家から評判の定番ブランドです。天板は二重板構造で、支柱には鋳鉄粉を封入し、底板にはスパイク支持構造というものを採用しており、振動をより抑制できる設計となっています。

B&WのCM5用に購入しました。固定ネジもピッタシで、安定してます。砂が入っており結構重量あります。

サイズ

スピーカー台を選ぶ際に重要になるのが天板のサイズです。大きすぎると不格好になりますし、小さすぎると安定しません。 そこでおすすめのスピーカー台が「ハヤミ工産 【HAMILeX】 SBシリーズ スピーカースタンド」です。このスピーカー台の良いところは、セパレートタイプなので、どんなサイズのスピーカーにも対応できることです。また、上下を逆に置くことで、スピーカーの設置角度を変えることができます。

以前まで自作のセンタースピーカーのスタンドを使用しておりましたが やはり市販のほうが定位も安定しているのか少しクリアになったように 感じます。

高さ

スピーカー台で重要な要素の一つに「高さ」があります。音を聴くときの姿勢によって、耳の位置が変わります。そして心地よい音が聴けるスピーカーの位置も変わってきます。 珍しい高さのスピーカー台を紹介します。「キクタニ モニタースピーカースタンド」です。このスピーカー台は高さが20.6cmと中途半端です。床に置くには低すぎるし、机の上に置くには高すぎます。そんなスピーカー台にピッタリの用途が「テレビ」です。映画やゲーム、もちろん音楽もですが、テレビ観賞用のスピーカーのためのスピーカー台です。

おすすめのスピーカー台のメーカー

スピーカー台おすすめランキングTOP10|選び方・口コミ

何度も述べてきましたが、音を聴くときのスピーカーが重要になるのは当たり前ですが、実は同じように重要な役目を果たすのが「スピーカー台」です。スピーカーが持っている、本来の音質を引き出す、という目的があり使用されています。 床への直置きや、スピーカー台以外の適当な場所に置くのと、スピーカー台に置くのでは、素人でも聴き分けられるほど違いがでます。モヤモヤした音が払拭され、すっきりと聴き取りやすい音になります。細かい音も聴き取れるようになります。また、「スピーカー台を使用する」という同じ行いでも、使用するメーカーや製品によっても音の質が変わってきます。 おすすめのスピーカー台のメーカーを紹介していきます。

サンルック

この会社は音楽関連の製品だけを扱う会社ではありません。家電やカー用品を中心に企画・製造・保守を行っている会社です。製品の輸入や販売も行っています。 電子ピアノやテレビ台などという楽器やAV機器なども扱っています。その中の一つがスピーカー台です。サンルックの扱うスピーカー台の数は決して多くはありませんが、入門用として最適な低価格設定で販売されています。 どのような部屋に置いても邪魔にならないシンプルなデザインと手軽さで、人気となっています。組み立て式で、ドライバー1本あれば組み立てることができます。

ハミレックス

ハミレックスとは、ハヤミ工産株式会社のオリジナルブランドです。ハミレックス事業部という部署があり、そこでは家庭用、業務用向けにテレビ台、オーディオ機器、ビジュアル機器の各種スタンドなどさまざまな製品が企画・販売されています。 リーズナブルな値段設定と、安定した品質により、国内では揺るぎない地位を確保しているメーカーです。昭和2年にラジオ店から始まった会社で、それから和楽器の製造、ラジオ関連商品、そしてスピーカー関連商品の製造で会社を大きくしてきました。日本ではダントツの人気メーカーです。

クリプトン

クリプトンは、1984年創業の、映像・音楽・情報ネットワーク部門で市場を創造してきた会社です。高品質にこだわった既成概念にとらわれない製品を生み出しています。 スピーカースタンドも、その企業理念の例外ではなく、独自の技術を駆使したこだわり抜かれたハイブリッドのスピーカー台です。決して値段は安くありませんが、スピーカーの音質を最大限に引き出すことができるスピーカー台です。 支柱の内部には鉄芯が入り、ベース部にはクリプトン社製のオーディオボードと同じ仕様の鉄球が入っています。徹底的な高剛性、高制振設計となっており、計10kgの重量のおかげで、スピーカーの音質を上げてくれます。

用途にあったスピーカー台をみつけましょう

スピーカー台おすすめランキングTOP10|選び方・口コミ

たかがスピーカー台と思うでしょう。これまで、スピーカーによって音が違うとは聞いたことがあっても、それと同じようにスピーカー台の役割もとても重要であることなど、ほとんどの人が知らないからです。 ただ、「されどスピーカー台」です。どんなに高性能の、値段の高いスピーカーを使っていたとしても、それを床に直接置いたり、適当な台の上に置いていたりしたのでは、せっかくの素晴らしい音を殺してしまいます。また部屋全体の景観も損ねてしまいます。 スピーカー台は、スピーカーの持つ本来の音質を最大限に引き出してくれるだけでなく、自分の好みの音質に調整することができます。好みや用途によって、高さを選んだり、メーカー色にこだわったり、スピーカー台の素材を選んだりして、テレビ、音楽、映画などを存分に楽しみましょう。きっと快適な音楽ライフがまっているはずです。

アクセスランキング