就活に受かる学生の5つの特徴

ライフスタイル

就活に受かる学生の5つの特徴

更新日時:

YUKA862_hisyoumun15210248-1024x683

同じ環境で学び同じ時期に就活を始めたのにすでに『何社からも内定をもらっている』なんて友人周りにいませんか?

なんだか羨ましいですよね。

でも、内定をとれる人は何が違うのでしょう。

今回は就活に受かるためにやっておきたい今すぐ始められる5カ条を伝授しちゃいます!

あなたの就活の参考にしてみてくださいね。

 

1.規則正しい生活習慣

 

面接を通過する人の多くは正しい生活習慣をおくれています。

正しい生活習慣とは

◎早寝早起き

◎朝ごはんを摂る

◎決まった時間に決まったことを行う

◎自分の時間を作る

このように、きちんと規則正しい生活を送ることで一日の流れに良質なリズムができるので情報収集や隙間時間などの活用も無駄なく有効的に使う人が多くあげられます。

 

2.アンテナを広げる

新聞やテレビなどから得られる情報をしっかりキャッチすることがポイントです。

自治的な内容から政治、経済の動向そして世界情勢まできちんと把握しておくことも大切です。

このような情報が面接時に活かせる場面に遭遇した時にサラッと世間話程度のレベルで話が出来ると面接官からも『幅広い観点で関心を持っている』『どんな人なんだろう。もっと話してみたい』など好感やあなた自身に興味がもたれるきっかけに繋がります。

 

3.前準備をしっかりしている

面接前にはきちんと自己紹介、自己PRの内容を考えています。

予め自分で原稿をつくりストーリーを組み立て、面接時に話す流れも結論から話す『PREP法』を用いる人が多いようです。

話の優先順位を決める際に、質問されたい内容を面接官から引き出せるように話の流れを組み立てる作業をしっかり行っている方も少なくありません。

 

即興で作ったりあまりよく考えないで面接に挑むと失敗してしまうケースや取り返しのつかいケースも多く見受けられます。

 

4.常に感謝の気持ち

人に対し『感謝の気持ちを忘れない』基本的なことですが、毎日忙しく過ごしているとつい見失ってしまいがちなポイントでもあります。

しかし、これがとても大切で、つねに『ありがとう』という気持ちと言葉に出して伝えることが出来ている人は普段の表情やしぐさなどにも表れています。

相手を受け入れ、話しやすい雰囲気を醸し出している人が多く見受けられます。

面接などの緊張する場でも面接官との距離を近く保ち、話しやすい状況を自然と作りだしています。

 

5.連絡がいつでもとれるようにする

恐らく電話連絡などの連絡手段については携帯を優先している学生が数多いと思います。

企業からの連絡は基本的に就業時間内に来ることが多く、夜間や早朝というケースはあまりありません。

そのため、携帯には留守電機能をつけておくことはもちろんですが、着信履歴には特に注意しておきましょう。

企業から着信があったらすぐに折り返せるように、準備をしておくことも大切です。

基本的にその日に受けることが難しい場合でも翌日の午前中までには折り返すことがマナーです。

面接に通る学生の多くは企業との連絡マナーを心得ているケースが目立ちます。

まとめ

いかがですか。就活に受かる学生の5つの特徴をご紹介しました。

面接でのテクニックや学生時代のエピソードなどよりも基本的な部分ではありますが

あなたの日常をちょっと見直してみるまたは生活の中に取り入れてみるだけ!の簡単なことです。今すぐに実践できますね。ぜひ、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

関連する記事

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)