IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

香港のコンセント情報・iPhoneを香港で充電する方法と注意点

初回公開日:2017年11月14日

更新日:2020年03月13日

記載されている内容は2017年11月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

おでかけ

香港へ行くとなったときに、あなたはどんな電化製品を持って行きますか?デジカメやヘアアイロンなど様々な電化製品が思い浮かぶと思いますが、一番充電する機会が多いのがiPhoneではないでしょうか。今回は、そんなiPhoneを香港で充電する方法についてご紹介します。

香港のコンセントはどんなもの?

香港へ海外旅行へ行くときに、生活に欠かせないiPhoneを持っていくという人も多いでしょう。しかし、日本で使っているiPhoneをそのまま充電できるとは限りません。電圧やプラグの形状など、電源事情は日本と香港では当然ですが異なります。 そこで、まずは香港の電源事情についてご紹介します。

香港のコンセントの形状やタイプは?

日本のコンセントの電源プラグの形状は、2本の平刃がついているAタイプと呼ばれています。一方、香港のコンセントの電源プラグの形状は、角ばったピンが3本ついているイギリスタイプやBFタイプと呼ばれています。しかも、香港の電源プラグであるBFタイプは、角ばったピンの1つは縦方向に向いているのに対して、残りの2つは横方向に向いているので、日本のAタイプをそのまま使用することはできません。

香港のコンセントの規格は?

香港の電圧は220ボルトで、周波数は50ヘルツです。一方、日本の電圧は100ボルトで、周波数は50ヘルツか60ヘルツですので、日本とは電圧がかなり異なります。

香港の各ホテルのコンセントの形状はどんなもの?

香港のコンセントの形状が、日本のコンセントとは異なることがわかったところで、香港の各ホテルのコンセント事情はどうなっているのでしょうか。

リーガルリバーサイドホテルのコンセントは?

香港のリーガルリバーサイドホテルは、自然が豊かな新界エリアに位置するホテルです。周りは、沙田という新興住宅地となっているので、香港の中心地とは違って、落ち着いた雰囲気で過ごせるホテルでもあります。香港の中心地から離れているとはいっても、2つのシャトルバスルートによって、ゴンピン360やディズニーランド、モンコックやチムサーチョイなど、訪れたい観光スポットには、ラクラク行動できる環境です。 香港へ旅行しているとはいっても、寝るときくらいは喧騒から離れたいという方や、小さなお子様連れのファミリーでの旅行におすすめのホテルです。 肝心なコンセントの方は、もちろん角ばったピンが3本ついているBFタイプです。電圧も220ボルトですので、日本の100ボルトのみ対応の製品は、そのままでは使えません。 しかし、多くの客室で1ヶ所のみですが、日本仕様の2本の平刃がついたAタイプで、電圧が110ボルトのコンセントがついています。ここで、iPhoneを充電することが可能ですし、タコ足プラグや延長コードがあれば、他の日本製の電化製品の仕様や充電にも使えます。

キンバリーホテルのコンセントは?

キンバリーホテルは、香港のショッピングスポットや、グルメスポットの中心に位置しているホテルです。キンバリーホテルから出るとすぐに、ローカルブティックが軒を連ねるグランビルロードがあります。ホテルから少し歩いただけで、雨の日のショッピングにも最適なミラマー・ショッピングセンターがあるのも魅力のひとつです。 立地のよさだけではなく、4つ星ホテルとしての安定した施設とサービスが受けられます。このため、ホテル全体の宿泊客の50%を日本人がしめています。 その他にも、最寄り駅には徒歩5分程度、マカオや中国行きのフェリーターミナルも徒歩10分程度と、交通の便にも恵まれているのが、このキンバリーホテルです。 本題のキンバリーホテルのコンセントも、基本的には香港仕様の角ばったピンが3本ついたBFタイプです。もちろん、電圧も220ボルトですので、そのままでは使えません。 しかし、客室によってはバスルームにのみ、日本仕様の2本の平刃がついたAタイプで、電圧も110ボルトのコンセントがあります。こちらは、シェーバーなどの容量の小さいものを対象に作られているので、容量の大きなものを使用するのには向きません。

カオルーンホテルのコンセントは?

香港の観光のメッカで、ホテルも密集していて観光客の一番多いところに位置するホテルのひとつであるカオルーンホテル。このホテルのロビーには、宿泊客ではないという日本人でも訪れたことがあるほど有名な場所です。それはなぜかというと、このホテルのロビーは、日本人を対象とした、オプショナルツアーの集合場所になっていることが多いです。 それだけではなく、最寄り駅と地下で直結しているため、天気に関係なく駅からの移動が楽です。その地下にはショッピングテナントも入っており、ホテルへの道以外の楽しみもあります。 そんなカオルーンホテルのコンセントは、香港仕様の角ばったピンが3本ついたBFタイプで、電圧も220ボルトですので、日本のコンセントとは異なりますので、そのままでは使えません。 しかも、客室には日本仕様のコンセントは設置されていませんので、コンセントの差込をBFタイプにする変換アダプターが必要です。日本の100ボルトのみ対応の電化製品を使用する場合には、電圧を変換させる変圧器も必要となってきます。

ハリウッドホテルのコンセントは?

ハリウッドホテルは、香港のディズニーランドに2つあるオフィシャルホテルのうちのひとつです。青々とした芝生が美しい広大な庭には、アメリカンクラッシックカーがさりげなく停めてあります。また。ピアノの形をしたプールには、ディズニーの仲間たちが遊びにくるなど、子供たちが喜ぶイベントが盛りだくさんですので、ファミリー層におすすめのホテルです。 それだけではあきたらず、子供向けのアクティビティやエンターテイメント施設も完備されているので、子供を中心として、家族全員が楽しい時間を過ごせるホテルがこのハリウッドホテルです。 このようなハリウッドホテルのコンセントも、香港仕様の角ばったピンが3本ついたBFタイプで、電圧も220ボルトですので、日本のコンセントとは異なりますので、そのままでは使えません。 こちらも、日本仕様のコンセントは設置されていませんので、コンセントの差込をBFタイプにする変換アダプターが必要です。日本の100ボルトのみ対応の電化製品を使用する場合には、電圧を変換させる変圧器も必要となってきます。

シェラトンホテルのコンセントは?

九龍のゴールデンマイルと呼ばれているネイザンロードの基点に建っているのが、シェラトンホテルです。建物自体は高級老舗らしい奥深さがあるものの、内部は改装されており、モダンなつくりとなっています。 ホテル内にそごうデパートが入っている他にも、地下テルの駅2つと直結しているなど、アクセスにも優れていますので観光にもビジネスにも適しているホテルでもあります。もちろん、近くには大型ショッピングモールや有名レストラン、徒歩圏内にフェリー乗り場やエアポートバスもあります。 そんなシェラトンホテルのコンセントの差込口は、香港仕様の角ばったピンが3本ついたBFタイプです。しかし、電圧は110ボルトと220ボルトの2種類がありますので、日本から持ってきた電化製品の使用が可能です。しかも、香港仕様のBFタイプのコンセント差込口から、日本仕様のAタイプに変換する変換プラグを引き出しに入れてくれています。 しかし、客室によって異なりますので、確認が必要です。

関連タグ

アクセスランキング