IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

シンガポールのコンセント情報・各ホテルでのコンセントの形状

おでかけ

日本からシンガポールへ行く時、荷物の中に少なくとも一つは電化製品が入っているでしょう。日本の電化製品をそのままシンガポールのコンセントで使用するためには必要なものがあることをご存知でしょうか。シンガポールのコンセントや電圧、必要なものについてご紹介します。

更新日時:

シンガポールのコンセント情報

ビジネスや旅行でシンガポールを訪れるときに、荷物の中に少なくとも一つは家電製品が入っていることでしょう。スマートフォンやカメラ、パソコンなどは日常生活を送る上で欠かせないアイテムになっています。このような家電製品をシンガポールへ持って行く人の方が圧倒的に多いでしょう。 最近ではシンガポールのホテルや街中でも無料Wi-Fiが設置されているので、スマートフォンがあれば、シンガポールで現地の情報を入手することも簡単ですし、日本とやり取りをするにもとても便利です。また、ビジネスでも旅行でも多くの人が、シンガポールを訪れたら写真を撮るためにカメラを持ち歩きます。

日本の家電製品は使える?

では、その日常生活に欠かすことのできない家電製品は、シンガポールへ持って行ってもそのまま普段と同じようにコンセントに差して充電したり、電気を取って使用できるのでしょうか。コンセントに差したものの、壊れてしまったり、そもそもコンセントに差すことができずに充電できなかったらせっかくのシンガポールを楽しむことができません。 ここからは日本とシンガポールのコンセントの違いや、電圧の違い、日本から電化製品を持っていき使用するために注意点をご紹介します。

コンセントの形状・タイプ

コンセントと聞くと、縦に2つ穴が並んだ差し込み口を想像される方が多いのではないでしょうか。実は、世界中にはさまざまなタイプのコンセントが存在しています。 一般的に日本でよく見る縦に二つの穴が並ぶ形のコンセントは「Aタイプ」と呼ばれるタイプのコンセントです。海外旅行に行く際に、渡航先のコンセントタイプが日本と同じAタイプであれば、コンセントの差し込み口は何も問題ありません。

シンガポールのコンセント

残念ながら、シンガポールのコンセントはAタイプではありません。シンガポールでは丸い穴が2つ並ぶ「Cタイプ」と、縦に1つと下に横2つの穴が並ぶ3つの穴がある「BFタイプ」、3つの丸い穴が三角形に並ぶ「Mタイプ」が使用されています。 日本から持って行った家電製品の差し込み部分は「Aタイプ」なので、そのままではコンセントに差すことはできません。その場合、差し込み口部分に装着する「変換プラグ」というものを使用すればシンガポールのコンセントも使用することができるようになります。

シンガポールの電圧

シンガポールのコンセントを使用する際に、もう一つ気を付けないといけないものが電圧の違いです。 日本の電圧は100vです。シンガポールの電圧は200~240Vで、230Vが一般的です。日本の家電製品をそのままコンセントに差し込み電源を入れてしまうと壊れてしまします。普通の電化製品は壊れてしまいますが、実は大丈夫な電化製品もあります。

ユニバーサルタイプ

電化製品の中にはユニバーサルタイプというものがあります。パソコンやカメラなど、充電器の裏部分に字が細かく書いてある部分があります。そこを読むと、「INPUT100-240v 50-60㎐」という表記があります。 これはユニバーサルタイプと言って、「100~240vのコンセントに対応可能」という意味です。この表記がある電化製品は200~240vのシンガポールでも使用できます。

変圧器

ドライヤーやヘアアイロン、血圧計など、本体からコンセント差し込み口が一直線の電化製品はユニバーサルタイプではありません。その場合は直接コンセントに差し込むと壊れてしまいます。 ユニバーサルタイプではない電化製品をシンガポールのコンセントで使用するのであれば、「変圧器」が必要です。変圧器があればユニバーサルタイプではない電化製品でもシンガポールで使用できます。 ドライヤーやヘアアイロンは海外対応の製品もあります。電圧器は普段使わないから購入することをためらう方は、海外対応製品の購入も検討されてみてはいかがでしょうか。

iPhoneやスマートフォンの充電

iPhoneやスマホは年齢や性別を問わず、日常生活に欠かすことのできないマストアイテムです。iPhoneやスマホをシンガポールへ持って行き、Wi-Fiを利用して現地で情報を入手しようと思われている方は多いでしょう。 iPhoneはもともと全世界対応で作られています。電圧も100-240v対応なので、購入した時に入っていた充電器を持って行けば変換プラグは必要ですが、変圧器は必要ありません。 アンドロイドのスマートフォンの場合も基本的に充電器部分がユニバーサルタイプですので、こちらも変換プラグは必要ですが、変圧器は必要ありません。 iPhoneでもアンドロイドでも、付属品ではなく別途ご自身で購入された充電器を使用されている方は、使用されている充電器をよくご確認ください。100-240vの表記があるユニバーサルタイプであれば問題ありません。

シンガポールのホテルでのコンセントの形状

滞在するホテルのコンセントの形状はどのタイプでしょうか。また、宿泊するホテルの客室設備をチェックしていれば、減らせる荷物もあるでしょう。ここからはいくつかのホテルを挙げて、コンセントのタイプや客室設備についてご紹介していきます。

マンダリンオーチャード シンガポール

「マンダリン オーチャード シンガポール」は2014年に改装された1077部屋数のホテルで、オーチャード駅とサマーセット駅の間、オーチャードロードの真ん中に位置しています。 グランドタワーとサウスウィングの2つのタワーがあります。マンダリンオーチャードシンガポールは1階から4階までが有名なブランドが入っているショッピングスポットです。 ホテルの周辺にはお買い物を楽しめるお店がたくさんあるので、ショッピングを楽しみたい方におすすめのホテルです。ホテルには屋内プール、フィットネス、テニスコートも完備されています。

コンセントと客室設備

マンダリンオーチャードシンガポールのコンセントタイプはBFタイプです。変換プラグが必要です。ホテルの客室にはドライヤー、アイロン、ポットがあります。ホテルでは数に限りがありますが、変圧器と変換プラグはリクエストに応じて貸出があります。

ハードロックホテル

「ハードロックホテル」は2010年に開業された364部屋、ハーバーフロント駅の近く、シンガポールの主要なビジネス地区までも車で約10分の場所にあるホテルです。客室はタイプによって造りや内装が違います。それぞれに上質な内装なので、優雅な時間を過ごすことができます。ホテルのプールにはオシャレなバーもあります。

コンセントタイプと客室設備

ハードロックホテルのコンセントタイプはBFタイプです。変換プラグが必要です。ホテルの客室にはドライヤー、アイロン、があります。ホテルでは変換プラグ、変圧器の貸し出しはありません。

カールトンシティホテル

カールトンシティホテルは2013年に開業した386部屋のホテルです。マレー鉄道タンジョン・パガー駅から約200メートルのところに位置しており、チャイナタウンやラッフルズ・プレイスへも車ですぐの場所です。 ユニークで近代的なデザインのホテルですが、ロビーは落ち着いていて優雅な雰囲気です。客室はモダンなインテリアでスタイリッシュな印象のあるホテルです。ホテルの目の前にはスーパーマーケットがあるので、買い物や食事をするにも便利です。

コンセントタイプと客室設備

カールトンシティホテルのコンセントタイプはBFタイプです。変換プラグが必要です。ホテルの客室にはドライヤー、コーヒーメーカー、があります。ホテルでは変換プラグ、変圧器の貸し出しはありません。

エリザベスホテル

「エリザベスホテル」は2007年に改装された256部屋の客室があるヨーロッパ風建築のホテルです。外観と同様で、客室内のインテリアも西洋風なデザインです。 オーチャードエリアの丘にあるので、オーチャードエリアヘア歩いて行くことができます。とはいえ、少し距離もあるのでホテルではゆっくりとした時間を過ごすことができます。 ホテル周辺のオーチャードエリアでは飲食店も多く、リーズナブルに楽しめるフードコートから、ミシュランを獲得しているレストランまで、幅広く楽しむことができます。

コンセントと客室設備

エリザベスホテルのコンセントタイプはBFタイプです。変換プラグが必要です。ホテルの客室にはポット、ドライヤー、コーヒーメーカー、アイロンがあります。ホテルでは変換プラグ、変圧器の貸し出しはありません。

フォーシーズンズホテル

「フォーシーズンズホテル」は2014年に改装された客室数255部屋のホテルです。オーチャードロードと金融街から数分という中心部にあるホテルですが、ホテルは緑に囲まれており、とても落ち着いた静かな環境です。 アジアの美術品が1,500点以上飾られており、客室はアースカラーでまとめられているので、現代風で上品、落ち着いた雰囲気のホテルです。

コンセントと客室設備

フォーシーズンズホテルのコンセントタイプはBFタイプです。変換プラグが必要です。ホテルの客室にはポット、ドライヤー、アイロンがあります。ホテルでは数に限りはありますが、変圧器の貸し出しがあります。

変圧器や変換プラグの購入場所

変換器や変換プラグはホテルによって貸出を行っているところもありますが、数に限りがある場合がほとんどです。ご自身で準備する場合、どこで購入できるのでしょうか。 旅行用品を扱っているお店であれば大抵の店舗で購入することができます。旅行用品を取り扱っているお店が近くにない場合などはこちらをご参考ください。

ダイソー・100均

ダイソーなど100均のお店では変圧器はありませんが変換プラグは購入することができます。変圧器は必要な人、不要な人と分かれますが、シンガポールのコンセントを使用する上で変換プラグはマストアイテムです。 しかし、海外旅行の時しか使わない変換プラグにあまりお金を掛けたくない、と思われる方も多いでしょう。なるべくお金をかけずに変換プラグを準備したい方は100均の商品も検討してみてください。 実際に購入される際は、購入する変換プラグがシンガポールのコンセントに一番多いBFタイプに対応しているかの確認を忘れずにしてください。

amazon

ヤザワ 海外旅行用変換プラグ 世界主要国対応

ヤザワ 電源変換プラグセット(Aタイプ→A/B/C/O/BFタイプ)HPS5-WH 海外で日本の電気製品が使える(世界主要国対応タイプ)
ヤザワ 電源変換プラグセット(Aタイプ→A/B/C/O/BFタイプ)HPS5-WH 海外で日本の電気製品が使える(世界主要国対応タイプ)

世界でも使用頻度の高いプラグ、Aタイプ・Bタイプ・Cタイプ・BFタイプ・Oタイプがセットになっています。変圧器ではなく変換プラグなので、ユニバーサルタイプではない電化製品を使用する場合は、これとは別に変圧器が必要です。 シンガポールのコンセントに対応していますが、このセットを持っておけば、シンガポール以外の国へ旅行する際にもその渡航先にあったプラグを持って行くことができます。

EU向けのスマホ急速充電器用に買いました。入力電圧はAC85~264Vなので日本のコンセントに変換です。 元々変換プラグは付属していましたが外れやすかったです、こちらの商品はシッカリ勘合して安心感があります、ただ充電器がそこそこ重いので直接コンセントからではなくテーブルタップ経由が良いです。

海外旅行用変圧器 Poweradd 電源タップ 200W 90V-240V to 100V-110V 変換プラグ付き

海外旅行用変圧器 Poweradd 電源タップ 200W 90V-240V to 100V-110V 変換プラグ付き Quick Charge 3.0 4つのUSBのポート 変換器 変圧 最大出力6A 軽量 旅行/出張
海外旅行用変圧器 Poweradd 電源タップ 200W 90V-240V to 100V-110V 変換プラグ付き Quick Charge 3.0 4つのUSBのポート 変換器 変圧 最大出力6A 軽量 旅行/出張

シンガポールへ行く際に、変換プラグと変圧器の両方が必要な方におすすめする商品です。これ一台で、変圧器、変換プラグ、電源タップ、USB充電器、アダプターの5つの役割を担ってくれます。 スマホ、カメラ、パソコンなど充電が必要なものがたくさんある方にもおすすめです。コンパクトに収納できるケースが付属されているのも大変ありがたいです。

旅行用として購入しました。 ACアダプタとUSBポートの両方が搭載されているものを探していて、見つけた瞬間これだ!と即決しました。 実物は商品ページの写真の通りで、頑丈そうなので気に入りました。 ACコンセント3口とUSBポート4つがあるので、かなり便利です。

楽天

楽天などの通販サイトでも変換アダプタや変圧器の購入ができます。インターネットで商品を購入する場合は、シンガポールのコンセントBFタイプに対応するかどうか、変換プラグだけなのか変圧器がついているのかをしっかり確認してください。

海外対応商品

ドライヤーやヘアアイロンのために変圧器の購入を検討される方には海外対応商品もご紹介します。海外旅行用のドライヤーやヘアアイロンですが、もちろん日本での使用も可能です。海外旅行用として購入しシンガポールへ持って行ったあと、外出用として使用することができます。

コイズミ マイナスイオンカーリングドライヤー 海外対応

コイズミ マイナスイオンカーリングドライヤー 海外対応 ビビッドピンク KDD-0050/VP
コイズミ マイナスイオンカーリングドライヤー 海外対応 ビビッドピンク KDD-0050/VP

海外対応のカーリングドライヤーです。コンセント差し込み口部分は日本のAタイプのものなので、シンガポールのコンセントへ差し込むための変換プラグは必要です。 電圧100-120V/200-240V に対応していて、手元のスイッチで電圧の切り替えをすることができます。本体重量が0.315kgとそこまで重たくないので、できるだけ荷物を軽く、でも必要なものは持って行きたいという方にぴったりです。

常に海外用充電器もち歩きでしたが、これで充電器いらなくなりました。髪もきれいにまとまるし、欲しがってる人も多いのでリピーになると思います。ありがとうございました。

サロニア 2WAYストレート&カール 32mm ヘアアイロン プロ仕様220℃ 海外対応

SALONIA サロニア 2WAYストレート&カール 32mm ヘアアイロン プロ仕様220℃ 海外対応 SL-002 (ホワイト)
SALONIA サロニア 2WAYストレート&カール 32mm ヘアアイロン プロ仕様220℃ 海外対応 SL-002 (ホワイト)

普段の生活でヘアアイロンが必要な女性は多いのではないでしょうか。このヘアアイロンは100V~220V対応なので海外でも使用できます。しかもカールもストレートも使用できる2wayタイプです。この商品とシンガポールのコンセントに合う変換プラグがあれば、シンガポールでもヘアアレンジを楽しむことができます。

海外で使用するために購入しました。MAX220度まで上がるのが早い気がします。ストレートをする時、確かにボタンに触れてしまい、温度を下げてしまいますが、つかむ部分を握れば、ボタンに触れることなく使用できます。このお値段でこの活躍は★5つです。

準備万端でシンガポールへ出発!

日本からシンガポールへ持って行く家電製品が決まったら、それに合わせて必要なものを準備してください。持って行くものがユニバーサルタイプのものばかりであれば変換プラグを、変圧器が必要な家電製品であれば変換器と変圧器を、もしくは海外対応の電化製品と変換プラグを、それぞれに合うものを準備しておけば、大丈夫です。 シンガポールへ行くとき、何を持って行けばいいのかわからないことも多いでしょう。しかし、電化製品に関してはこれで準備万端で出発できます。ご自身に必要なものが何かを整理できたら、あとはシンガポールを思い切り楽しんで、素敵な思い出をたくさんのこしてください。

関連タグ

アクセスランキング