IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ベトナムの物価情報|年代別/商品別・ベトナムとの物価比較

経済

今回は、ベトナムの物価について詳しくご紹介して行きます。あらゆる分野に分けてご紹介していくので、ベトナムのおおよその物価が全て掴める内容となっておりますので、ぜひベトナムへ行って見たいと言う方やこれからベトナムへ行こうと計画している方に便利な内容です。

更新日時:

年代別のベトナムの物価情報をご紹介

今回は、日本からもアクセスしやすく、近い国である「ベトナム」の物価や魅力的な部分について詳しくご紹介しましょう。 ベトナムは、安い費用で海外旅行が楽しめると話題で、「ハノイやホーチミン」が観光地として有名であり、近年に海外旅行客が増えております。ベトナムには、他にも一泊「1000円」程度で宿泊できる宿もあり、食堂なども安いので、節約すれば、少ない費用でもベトナムの旅を楽しむことができます。 これから、もっと深い内容に触れて行き、ベトナムに旅行に行こうとお考えの方などの役に立てば幸いです。

ベトナムの通貨「ドン」

ベトナムにて使用されている通貨は、「ドン」と言い、別名VNDとも表示されております。 「円=ドン」レートがおおよそ「1円=200ドン」「100円=20000ドン」となっており、2017年11月現在のレートです。 通貨の種類は、紙幣が「100、200、500、1000、2000、5000、1万、2万、5万、10万、20万、50万ドン」の12種類の通貨がベトナムにて使用されています。ドンの硬貨が200、500、1000、2000、5000ドンの5種類が使用されており、2007年より発行されました。 日本と比べて、紙幣の数が多く使いにくいイメージがあり、旧紙幣なども流通しており、ベトナムの旧紙幣は、現在使われていないので、お釣りとして提供された場合は、気をつけましょう。

2017の物価状況

それでは、ベトナムの物価情報の今年「2017」年の詳細をご紹介して行きましょう。 ベトナムは、年々に外国人観光客が増えている傾向にあり、今年のインフレ率「物価上昇率」は「4.37」となっており、昨年のインフレ率「2.67」と比べて、幅広く上昇している様子が伺えます。なので、年を重ねるごとにベトナムの物価は、高くなっており、ベトナムの国民にとっては、経済的に負担を抱えている状態だと言います。 私たちに日本人であれば、あまりきにすることなく、まだまだ格安のベトナム旅をできる期間とも言えますので、ぜひ今のうちベトナムの文化や町に触れる時とも言えるでしょう。

2016の物価状況

少し過去のベトナムの物価情報をわかりやすくご紹介していくので、一緒に見て行きましょう。 2017円のインフレ率は「4.37」であり、この年2016年は、インフレ率「2.67」となっており、現在よりもお得にショッピングを楽しめた期間とも言えます。 しかし、さらに前年の2015年のインフレ率を見ていくと「0.63」となっており、2015年の年は、より物価が全体的に安かった年で、年々物価は上昇している傾向にありますので、これから先も観光客が増えて、ベトナムの物価高が進んでいくと考えられます。

2015の物価状況

次に、さらに前の年の2015年のベトナムの物価をご紹介して行きますので、比較して見て行きましょう。 2015年のベトナムのインフレ率は「0.63」となっており、2016年のインフレ率よりも低かったと言えます。前年の2014年のインフレ率を見てみると「4.09」となっており、大きく物価が下落した年とも言えるでしょう。 この背景には、原油や天然ガスなどの価格が下がったことや、ベトナム通信市場の改革が国で行われたことなどが要因であることがわかります。 2015年から2017年の物価を比較してきた中で、ベトナムの物価は少しずつ上昇傾向にあって、ベトナムの経済が成長しているとも言えます。ベトナムの発展都市である「ハノイやホーチミン」に行けば、その発展をみることができるでしょう。

ベトナムの魅力をご紹介

ベトナムの魅力をご紹介

次に物価が安く、気軽に安い費用で観光できる「ベトナムの魅力」について、何点かご紹介して行きましょう。 ベトナムは日本よりも発展は遅れていますが、近年の外国人観光客の急増によって、経済も成長しており、都市はとても発展してきております。なので、充実した設備や環境が整ってきており、ベトナム旅行にも行きやすくなったと評判です。 それでは、ベトナムの魅力について、わかりやすくご紹介して行きます。

料理が美味しい

ベトナムの料理は、伝統の料理がすごく美味しかったと評判にあり、その料理名を「フォー」と言います。このフォーは、日本でも食卓によく出てくる「お米」を主材にした料理で、ベトナムの方は毎日食べている方も多く、朝も昼も夜も食べる方が多いとの噂もあり、とても生活に馴染んでいるベトナム料理です。 フォーは、お米を主材にきしめんのような麺を作って、茹でた牛肉や鶏肉にタケノコやつみれ、あらゆる調味料を入れたライスヌードルをフォーと言い、日本とは違った風味や味覚にとても魅力を感じる方が多いので、ベトナムに足を運んだ際はぜひ食べてみたい一品と言えるでしょう。

他にも「春巻き」などの料理や「バインミー」というベトナム料理もあり、ベトナム料理の多くは、味が薄めに作られているものが多く、日本人に受けやすい特徴もあり、人気の秘密にもなっております。 中国などのように、刺激性の強いスパイスはあまり使用していないので、ベトナム料理を食べても胃の負担が少なく、体に負担をかけないので、体に優しい料理です。 ちなみにベトナム料理は、日本文化と同じくお箸やお椀を使用しているので、日本人にとって馴染み安く、そして味付けもあって、美味しく感じて安心して食べることができるので、とても魅力的な部分と言えるでしょう。

買い物が楽しい

次に、ベトナムの観光で魅力に感じる「買い物のしやすさや楽しさ」真相についてわかりやすくご紹介して行きますので、一緒に見て行きましょう。 ベトナムのショッピングでおすすめなことは、たくさんの種類がある「バックやサンダル」などの雑貨用品がとても充実しており、たくさんの種類があるので、ショッピング好きな方にとっては、ベトナム商品の中で一番好みなものと出会えることもあるでしょう。 ショッピングができるのは、「スーパーや百貨店、ブティック」などのあらゆる市場があり、それぞれ個性があって長い時間ゆったりと楽しむことができ、一部の場所では、値段交渉なども可能であり、もっと安く好みな商品を手に入れることもできます。

ベトナムの発展都市である「ホーチミン」では、ドンコイ通りというベトナム最大の通りと、ベンタイン市場というのが有名であり、とても広い市場であるので、一日中楽しむことができ、ベトナムに来たら、ぜひ足を運んでみたいベトナムの土地と言え、一つひとつの市場に個性的な部分がり、日本人が出向くと新鮮で楽しいとの評判もありますので、ぜひ行ってみましょう。

物価が安い

ベトナムは、海外からの観光客の増加で、すごく発展している都市であり、物価も比較的に大きく上昇していますが、現在の時点では、まだ日本よりも大きく物価が安いので、少ない費用で、たくさん楽しめる国と言えます。 そして、日本と比べてお給料がまだ安い傾向にあり、人件費が安いので移動手段であるタクシーや、体の癒しとなるマッサージなどが、安い傾向にありますので、ぜひ利用してみましょう。 そして、近年発展している国である「ベトナム」は、国内製品やよく見かけるレストランなどは安く、とても利用しやすいですが、海外の人たちがよく出向く地域のホテルやレストランは、「ホーチミンやハノイ」は物価が高い傾向にあります。

結果としては、日本の一食分の価格で、ベトナムでは3食食べることができる店舗が多くありますので、旅行費用を抑えることもできますし、少し価格をあげて贅沢も普通にできるベトナムで楽しんでみてはどうでしょうか。

日本から近く、行きやすい

ベトナムは、近隣の国「タイやシンガポール」より発展が遅れてしまいましたが、日本からの距離はとても近い国です。 日本からベトナム「ハノイ」に移動するのに、必要な時間は、4時間から5時間ほどと、一日のほとんど過ぎないうちに、到着してしまいます。東京の羽田空港では、ベトナム行きのエアラインが増やされ、よりアクセスしやすくなりましたので、気軽にしかも時差も「2時間程度」なので、よくある時差ボケをしなくてすむのも、ベトナムの魅力と言えるでしょう。 なので、初めての海外旅行に選ぶのも物価が安い、アクセスも良いのでおすすめであり、少ない資金で、あらゆる料理や観光に、ショッピングも楽しめるので、とてもメリットが多く魅力的なベトナムに、ぜひ一度足を運んでみましょう。

ベトナムは犯罪が少ない

そして、ベトナムには他にも良いところがあり、ゆったりとした国民が多く、穏やかな人が多いので、ベトナムの街は、笑顔の方が多く元気を分けてもらえます。この国民性から、他の国と比べて犯罪の件数が少ない傾向にあり、都市であっても治安が安定しているので、一日中安心して観光やショッピングを楽しむことができます。 ベトナムへの外国人観光客が比較的に日本人が多いことから、日本との共通点も多くなってきており、改めて安心して観光できるベトナムと自信を持って言えるでしょう。そして、ベトナムはフランスなどのヨーロッパの文化も溶け込んでおり、文化性が多様で、あらゆ建物や伝統の風景を感じることができますので、感じたことのない気持ちにもなれるでしょう。 あらゆる文化や伝統、景色なども幅広く楽しめるので、ぜひベトナムへ行って堪能してみるのもおすすめです。

ベトナムとの環境設備の物価を比較していきます

次の分野では、ベトナムの移動手段や設備環境の物価を他国と比較していき、「どのくらい高いのか安いのか」などについてわかりやすくご紹介していきます。 ベトナムの物価を表していくとおおよそ「タクシー100円、ホテル1000円、バス30円」となっており、日本と比べると物価が安いことが一目瞭然でわかってしまうほど、物価が安いです。タクシーの初乗りが100円で、「0.7km」ずつ加金されていきますが近隣の移動などを考えたら、とても安く早く移動できるので、魅力的な面があります。

宿泊費で言えば、ベトナムで「1000円」を宿泊費に当てるだけで、充実した環境で休むことができ、近年は設備や環境も整ってきているので、快適にホテルを楽しむことができるでしょう。 ベトナムの移動手段の一つのバスであったなら約30円ほどで、近隣を移動できるので、移動手段を毎日使っても負担は少なく、歩くということをしなくても、行きたい場所に手軽に移動できるのも、魅力的な部分と言えるでしょう。

日本と物価比較

次に私たちが住んでいる日本の物価を見て行きましょう。 一般的な日本に物価ですがおおよそ「タクシー600円、ホテル8000円、バス300円」という見るからに物価が他の国に比べて高い傾向にあるのが一目瞭然で、負担が大きいです。他の国「ベトナムやタイ、フィリピン」などと比較すると、充実した環境や設備に、案内表記などもしっかりと整備されているので、外国人観光客にとっては大きな魅力的な部分と言えるでしょう。 しかし、他国よりも倍以上の環境設備費用が必要なので、日本人からすると普通に感じますが、他国からすると物価が高く、日本の観光に行けないデメリットが存在しているともいえます。

タイと物価比較

ベトナムの近隣に位置する「タイ」の物価の背景に迫って行きますので、ぜひ一緒に見て行きましょう。 ちなみにタイの通貨は「バーツ」と言い、レートはおおよそ「100バーツ1000円」ほどとなっておりますので、0を一つ足したら円に変換できるので、比較的にタイの観光での、表記は簡単に読み解くことができるでしょう。 それでは、タイの環境設備や移動手段の物価はご紹介して行きます。物価はおおよそ「タクシー100円、ホテル3000円、バス20円」となっており、ベトナムに近い物価と言えることができ、ベトナムに近隣の旅行であれば、気軽に物価安を体験できるでしょう。

一つ、ベトナムと違うポイントは「タイはベトナムよりも発展している」ということであり、タイの観光地に近いほど物価高が進んでおりますので、ホテルなどを選ぶ際は、地域によって大きく価格が変わってきます。 ベトナムと比較的にタイのホテルは、宿泊費が高い傾向にありますので、注意が必要でありますが、ベトナムよりも施設や環境が快適であり、費用を重ねればとても豪華なホテルに日本と比べて宿泊することができるでしょう。

フィリピンと物価比較

次に、ベトナムやタイの近隣の島にあたる「バナナで有名なフィリピン」の物価についてわかりやすくご紹介しましょう。 ちなみに、フィリピンの通貨は「ペソ」でありおおよそ「500ペソ1000円」がレートとなっており、100ペソが200円と倍の表示となっていますので、値札の表示も案外簡単に価値がわかるので、とてもショッピングなどが楽しみやすいと言えます。 フィリピンの物価を表していくとおおよそ「タクシー80円、ホテル4000円、バス30円」ほどが相場となっており「タイ」とほぼ同じくらいの相場だということがわかります。

しかし、ベトナムやタイと比べてホテルの宿泊費が高い傾向にあり、観光地と有名なフィリピンだからこそと言えるでしょう。綺麗なビーチに充実した環境設備が整うフィリピンも、ベトナムと一緒で魅力を感じる国となっており、また行きたいとの声が多いのも特徴であり、日本人が楽しみやすい国であります。 比較的に日本よりも物価が安いので、食事や観光を気軽な予算で楽しめるのも魅力の一つと言えるでしょう。

ベトナムの郵便局を利用してみよう!

ベトナムにも、「ホーチミン市」に大きな中央郵便局があります。 こちらでは、日本へ郵便を送ったり、日本へハガキを出したり、ベトナムの友人などにもハガキを出すことができます。日本の郵便局よりも、伝統を感じる佇まいで、とても新鮮に感じることでしょう。 実際のホーチミン市の中央郵便局の利用料金をご紹介して行きます。 ◯日本へ郵便で送る「500gほど」 1.750円 ◯日本へハガキを出す        85円 ◯ベトナム国内にハガキを出す    11円 意外と日本へのハガキを出す料金が安いのが、見て取れますが、日本へ郵便物を送るとなると、「1750円」と少々値段が張る結果となっております。

ベトナムなどに、友人などがいる方なら、「11円」という価格で、ハガキを出すことができますし、日本へでしたら「85円」でハガキを出すことができるので、ぜひ観光を楽しんでいると何気ないトークを送って見てはどうでしょうか。

商品別で見るベトナムの物価をご紹介

最後に分野として、日本でも普通に販売されていたり、利用したりする環境設備の物価をご紹介して行きますので、一緒に見て行きましょう。 ベトナムと日本の物価の違い、物価が高いもの、物価が安いものがあるのかについても見て行き、ベトナムの本格的な物価に迫って行きます。

インスタント麺

ベトナムで販売されている「インスタント麺」の物価は日本の約半分の物価となっており、ベトナムのインスタント麺は「一袋20円」という日本人からしたら破格な物価と言えるでしょう。 しかも、あらゆる味のするインスタント麺や麺の種類も豊富で、日本のインスタント麺にひけを取らないレベルの商品となっているものが多く、ぜひベトナムに行った際は、おみあげに購入して見たはいかがですか。

コーヒー

次に、ベトナムで飲むことができる「コーヒー」の物価について触れて行き、日本とどんな違いがあるのかについて詳しくご紹介して行きます。 ベトナムの「コーヒー1杯」の物価で「市場で飲めるコーヒーが約150円」「スターバックスなどのチェーン店で約300円」「コーヒー専門高級店で約400円」とベトナムのコーヒーの物価となっており、日本と比べてたくさんの量で、ベトナムコーヒーを楽しむことができるので、コーヒー好きにとっては、物価の安いベトナムはとてっも魅力的に感じるでしょう。 ベトナムにも、アメリカシアトル発祥の「スターバックスコーヒー」の店舗があるので、ぜひベトナムのスターバックスコーヒーを堪能して見てはいかがですか。

ミネラルウォーター

どこの国であっても、販売されている商品として「ミネラルウォーター」が候補に上がってくるでしょう。 今回は、ベトナムで販売されているミネラルウォーターの物価を見て行き、どのくらい安いのかについて物価に触れて行きます。 ベトナムで販売されている「ミネラルウォーター」には、ベトナムメーカーと輸入メーカーのミネラルウォーターが流通しておりますので、この2種類の物価を見て行きましょう。 ベトナムで販売されている「ベトナムメーカーの500mlペットボトルのミネラルウォーターがおおよそ34円〜」「輸入メーカーエビアンの500mlペットボトルのミネラルウォーターで141円〜」となっており、輸入製品は物価が高いことがわかり、これは他の製品であっても言うことができますので、ベトナムで輸入製品を購入する場合は、物価が高いと覚えておきましょう。

ビール

次に、日本でも余暇の際に飲んだり楽しんだりすることのの多い「ビール」の物価をみていき、日本とのビールの物価の比較をして行きますので、一緒に見ていきましょう。 ベトナムで、多く販売されているのが「缶ビール型」ですが「びんに入ったビール」も販売されており、ベトナムの「一般的な350ml缶ビールでおおよそ70円前後」となっており、日本よりも少し物価が安いと感じる程度でしょうか。 ベトナムのビールは、日本と少し違った風味やキレを感じると日本人にも大きく好評で、ベトナムに行った際には、ぜひ飲んで見たいベトナムビールとなっております。

コーラ

コーラ

みなさん知らない人はいないと言える「コカコーラ」についての、物価を見て行き、日本と比べて高いのか安いのかの真相に迫って行きます。 ベトナムにて一般的に販売されているもので「350mlコカコーラでおおよそ51円」となっており、日本と比べるとあまり価格は変わらないことがわかります。 ベトナムは輸入製品が高い傾向にあるので、これが響いているのでしょう。ベトナムメーカーのコーラなどであれば、日本よりも安い物価にて、炭酸飲料のコーラをたくさん楽しむことができるでしょう。

タバコ

タバコ

日本人もよく好む、タバコについてベトナムの物価をみていき、輸入製品のタバコとベトナム産のタバコの価格を見て行きます。 ベトナムで販売されている「輸入製品マルボロのタバコで一箱130円〜」であり、「ベトナムメーカーのタバコで一箱67円〜」となっており、やはり輸入製品であるタバコの方が、物価が大きく高いことがわかります。 しかし、ベトナムのタバコの物価は、日本と比べて安く半額以上の値段で販売されているので、タバコが好きな方にとっては、とてもベトナムが魅力的に感じるでしょう。

レストラン

中華料理店

ベトナムのレストランの物価を見て行き、あらゆる分野の料理がどのくらいの相場なのかを見て行きましょう。 例えば、ベトナムの中華料理店にて食事を楽しんだ場合に「エビチリ、チャーハン、ギョウザ」などを堪能した場合にかかる食事代金はおおよそ「1750円」となっております。価格は高いように見えますが、ひとつひとつの品の料理の量が多く、この料金で、2人前ほどの料理が楽しめる店舗が多いので、食通に方にとってはとてもおすすめなレストランと言えます。

日系の和食店

次に、日本で食べるような「和食店にて夕食」を堪能した場合にかかる物価を見て行きます。 ベトナムにて「和食店夕食でのセット」をオーダーした場合にかかる食事代金は「おおよそ850円〜」となっており、レストランは充実した環境が整っており、このような店舗で食事をしてもこの価格で、堪能できるので、日本よりもゆったりと楽しく新鮮な気持ちで、料理を食べることができるのでおすすめです。

イタリアンレストラン

最後にベトナムの「イタリアンレストラン」にてお食事をした場合にかかる食事代金の相場から物価を見て行きますので、一緒に見て行きましょう。 ベトナムで、イタリアンレストランを堪能できるのは意外と言う方もおられるでしょう。フランスなどの文化があるので、味にもリアル感があり、とても楽しめると評判なレストランとも言えることができます。 ベトナムでイタリアンレストランにてかかる費用は「おおよそ1400円」ほどが相場となっており、ディナーをこの価格でも楽しめるのでとても物価は、日本と比べて安いことがわかります。 ぜひ、ベトナムにてイタリアンを少し味わって見てはいかがですか。

ベトナムは素晴らしい

今回は、ベトナムの物価についてあらゆる分野にてご紹介してきましたが、ほとんどの環境や設備の利用の際でも、物価が安く、食事やホテルなどの物価も安いので、気軽に低予算で海外旅行を楽しめる魅力的な国と言えます。 ぜひ、実際に足を運んでベトナムの文化や伝統に触れて見てはいかがですか。

関連タグ

アクセスランキング