IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ベトナムの物価情報|年代別/商品別・ベトナムとの物価比較

更新日:2020年08月14日

経済

今回は、ベトナムの物価について詳しくご紹介して行きます。あらゆる分野に分けてご紹介していくので、ベトナムのおおよその物価が全て掴める内容となっておりますので、ぜひベトナムへ行って見たいと言う方やこれからベトナムへ行こうと計画している方に便利な内容です。

年代別のベトナムの物価情報をご紹介

今回は、日本からもアクセスしやすく、近い国である「ベトナム」の物価や魅力的な部分について詳しくご紹介しましょう。 ベトナムは、安い費用で海外旅行が楽しめると話題で、「ハノイやホーチミン」が観光地として有名であり、近年に海外旅行客が増えております。ベトナムには、他にも一泊「1000円」程度で宿泊できる宿もあり、食堂なども安いので、節約すれば、少ない費用でもベトナムの旅を楽しむことができます。 これから、もっと深い内容に触れて行き、ベトナムに旅行に行こうとお考えの方などの役に立てば幸いです。

ベトナムの通貨「ドン」

ベトナムにて使用されている通貨は、「ドン」と言い、別名VNDとも表示されております。 「円=ドン」レートがおおよそ「1円=200ドン」「100円=20000ドン」となっており、2017年11月現在のレートです。 通貨の種類は、紙幣が「100、200、500、1000、2000、5000、1万、2万、5万、10万、20万、50万ドン」の12種類の通貨がベトナムにて使用されています。ドンの硬貨が200、500、1000、2000、5000ドンの5種類が使用されており、2007年より発行されました。 日本と比べて、紙幣の数が多く使いにくいイメージがあり、旧紙幣なども流通しており、ベトナムの旧紙幣は、現在使われていないので、お釣りとして提供された場合は、気をつけましょう。

2017の物価状況

それでは、ベトナムの物価情報の今年「2017」年の詳細をご紹介して行きましょう。 ベトナムは、年々に外国人観光客が増えている傾向にあり、今年のインフレ率「物価上昇率」は「4.37」となっており、昨年のインフレ率「2.67」と比べて、幅広く上昇している様子が伺えます。なので、年を重ねるごとにベトナムの物価は、高くなっており、ベトナムの国民にとっては、経済的に負担を抱えている状態だと言います。 私たちに日本人であれば、あまりきにすることなく、まだまだ格安のベトナム旅をできる期間とも言えますので、ぜひ今のうちベトナムの文化や町に触れる時とも言えるでしょう。

2016の物価状況

少し過去のベトナムの物価情報をわかりやすくご紹介していくので、一緒に見て行きましょう。 2017円のインフレ率は「4.37」であり、この年2016年は、インフレ率「2.67」となっており、現在よりもお得にショッピングを楽しめた期間とも言えます。 しかし、さらに前年の2015年のインフレ率を見ていくと「0.63」となっており、2015年の年は、より物価が全体的に安かった年で、年々物価は上昇している傾向にありますので、これから先も観光客が増えて、ベトナムの物価高が進んでいくと考えられます。

2015の物価状況

次に、さらに前の年の2015年のベトナムの物価をご紹介して行きますので、比較して見て行きましょう。 2015年のベトナムのインフレ率は「0.63」となっており、2016年のインフレ率よりも低かったと言えます。前年の2014年のインフレ率を見てみると「4.09」となっており、大きく物価が下落した年とも言えるでしょう。 この背景には、原油や天然ガスなどの価格が下がったことや、ベトナム通信市場の改革が国で行われたことなどが要因であることがわかります。 2015年から2017年の物価を比較してきた中で、ベトナムの物価は少しずつ上昇傾向にあって、ベトナムの経済が成長しているとも言えます。ベトナムの発展都市である「ハノイやホーチミン」に行けば、その発展をみることができるでしょう。

ベトナムの魅力をご紹介

次に物価が安く、気軽に安い費用で観光できる「ベトナムの魅力」について、何点かご紹介して行きましょう。 ベトナムは日本よりも発展は遅れていますが、近年の外国人観光客の急増によって、経済も成長しており、都市はとても発展してきております。なので、充実した設備や環境が整ってきており、ベトナム旅行にも行きやすくなったと評判です。 それでは、ベトナムの魅力について、わかりやすくご紹介して行きます。

料理が美味しい

ベトナムの料理は、伝統の料理がすごく美味しかったと評判にあり、その料理名を「フォー」と言います。このフォーは、日本でも食卓によく出てくる「お米」を主材にした料理で、ベトナムの方は毎日食べている方も多く、朝も昼も夜も食べる方が多いとの噂もあり、とても生活に馴染んでいるベトナム料理です。 フォーは、お米を主材にきしめんのような麺を作って、茹でた牛肉や鶏肉にタケノコやつみれ、あらゆる調味料を入れたライスヌードルをフォーと言い、日本とは違った風味や味覚にとても魅力を感じる方が多いので、ベトナムに足を運んだ際はぜひ食べてみたい一品と言えるでしょう。

他にも「春巻き」などの料理や「バインミー」というベトナム料理もあり、ベトナム料理の多くは、味が薄めに作られているものが多く、日本人に受けやすい特徴もあり、の秘密にもなっております。 中国などのように、刺激性の強いスパイスはあまり使用していないので、ベトナム料理を食べても胃の負担が少なく、体に負担をかけないので、体に優しい料理です。 ちなみにベトナム料理は、日本文化と同じくお箸やお椀を使用しているので、日本人にとって馴染み安く、そして味付けもあって、美味しく感じて安心して食べることができるので、とても魅力的な部分と言えるでしょう。

買い物が楽しい

次に、ベトナムの観光で魅力に感じる「買い物のしやすさや楽しさ」真相についてわかりやすくご紹介して行きますので、一緒に見て行きましょう。 ベトナムのショッピングでなことは、たくさんの種類がある「バックやサンダル」などの雑貨用品がとても充実しており、たくさんの種類があるので、ショッピング好きな方にとっては、ベトナム商品の中で一番好みなものと出会えることもあるでしょう。 ショッピングができるのは、「スーパーや百貨店、ブティック」などのあらゆる市場があり、それぞれ個性があって長い時間ゆったりと楽しむことができ、一部の場所では、値段交渉なども可能であり、もっと安く好みな商品を手に入れることもできます。

ベトナムの発展都市である「ホーチミン」では、ドンコイ通りというベトナム最大の通りと、ベンタイン市場というのが有名であり、とても広い市場であるので、一日中楽しむことができ、ベトナムに来たら、ぜひ足を運んでみたいベトナムの土地と言え、一つひとつの市場に個性的な部分がり、日本人が出向くと新鮮で楽しいとの評判もありますので、ぜひ行ってみましょう。

物価が安い

初回公開日:2017年11月11日

記載されている内容は2017年11月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング