IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

キャメル色|見本・キャメル色のアイテム・コーデ

更新日:2020年11月14日

社会人常識

秋のコーデにぴったりのキャメル色。着るだけで上品で柔らかな印象に仕上げてくれます。コーディネートしやすくどんなシーンにもぴったり。そんなキャメル色の使い方やアイテム、キャメル色を使ったコーディネートを紹介します。

キャメル色ってなに?

秋も深まり紅葉も色づき始めました。そろそろ秋のコーディネートが本格的に楽しめる季節です。 今年の本命はキャメル色。秋の装いには欠かせない、落ち着きと暖かみのあるカラーです。身につけるだけで上品な雰囲気の着こなしが楽しめるので、どんなシーンにも使えます。 そもそもキャメルってどんな色を想像しますか。 「名前がキャラメルに似ているから、キャラメル色? 」なんて思っている人もいるかもしれません。キャメル色のキャメルとは、英語でらくだの意味。らくだのような濃いベージュで茶色より柔らかなカラーです。 地味な色だから着たことがないという人はもったいないです。実はキャメル色はコーディネートしやすく、小物との相性もぴったりです。まだ取り入れたことがない人は、この秋にぜひキャメル色デビューをしてください。

キャメル色の着こなし見本はミラネーゼ!

ファッションの都イタリア・ミラノ。老舗ブランドが誕生した地として有名で、世界的ファッションショーも数多く開催されています。 ファッション大国で暮らすミラネーゼはとってもおしゃれです。シンプルさの中に上品さとエレガントさ、ちょっぴりセクシーさもプラスした着こなしがとっても上手で、小粋で洗練された着こなしは、世界中のファッショニスタからも注目の的です。街を歩くと、ファッションセンスに溢れた人々に出会え、見ているだけセンスが磨かれます。 そんなミラネーゼたちのファッションにアクセントを添えているのがキャメル色です。キャメル色はどんなコーディネートにも万能です。モノトーンのファッションにプラスすれば、女性らしい柔らかさを、華やかなファッションに足すと品格を与えてくれます。 ミラネーゼのキャメル使いをお手本に、いつもの着こなしをワンラックアップしましょう。実際にイタリアまで行けなくても、SNSやブログなどでもコーディネートスナップを見ることが出来ますのでチェックしてみましょう。

まずはこれ!キャメル色のアイテム

キャメル色って難しそうと感じたり、どうやって着たら良いか分からないという、キャメル色初心者の方もいるでしょう。取り入れ方が分からない時は、まずは小物からスタートです。小さなアイテムから取り入れると簡単で、苦手意識もなくなります。 小物で慣れてきたら、スカートやニットなどファッションアイテムもトライしましょう。いつもの着こなしに少しのキャメル色をプラスするだけで、エレガントで秋らしい着こなしが楽しめます。

きちんとした印象を出すバッグ

キャメル色のバッグは、きちんとした印象に。デキる女子を演出したい時にぴったりのアイテムです。キャメル色の革バッグなら、使い込むほどに味も出てきます。どんなシーンにも使い易いアイテムなので、上質でシンプルなデザインを選ぶことがです。

トレンド感が楽しめるコート

今年の秋はキャメル色が流行中。サッと羽織るだけで簡単にトレンドを手に入れられます。ショート丈のコートならキュートさを、ロングタイプなら可憐で上品な雰囲気の着こなしが楽しめます。女優気分でエレガントに着こなしましょう。

キャメル色スカートは着回し力バツグン!

キャメル色のスカートはどんなコーディネートでも、自由自在に着こなせます。ボーダーのニットと合わせてカジュアル感たっぷりに、ブラウスやジャケットと合わせれば、オフィススタイルにも。初めてのデートや大切な人と合う時など、いざというシーンにも大活躍です。選ぶなら、ぜひ丈が長めのものを選んでください。

ふわふわのニットで可愛さアピール

ふわりと身体を包み込むニットは、秋冬には欠かせないマストアイテム。柔らかな感触が心地良いですよね。キャメル色なら、さらに優しい雰囲気に仕上げてくれます。キャメル色のニットに顔をうずめれば、より可愛さをアピールできます。

キャメル色の上級者にはこれ!ワンピース

ワンピースは、着るだけで着こなしの雰囲気が作れるアイテムです。重ね着や上下のコーディネートを考える必要がないので便利です。 ワンピースを選ぶなら、最初にどんな雰囲気にしたいのか、どんなシチュエーションで着たいのかなど、ファッションのテイストを決めましょう。キャメル色は優美な着こなしもカジュアルな雰囲気も得意です。色々なデザインのワンピースを試着して、シーンに合ったものを選ぶのがです。

金運もアップするかも?!キャメル色の財布

初回公開日:2017年10月18日

記載されている内容は2017年10月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング