IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

日総ブレインの評判とは|特徴/求人量/求人の質/サポート/口コミ

転職サービス・サイト

新分野への挑戦や生活環境の変化などで、派遣勤務を検討している人もいるのではありませんか。日総ブレインでは、横浜を中心に様々な分野の就業先を紹介しています。勤務時間に融通が利き、主婦や副業も持つ人にも最適な派遣を主に取り扱う、日総ブレインの詳細をご紹介します。

更新日時:

日総ブレインとは

1986年3月に横浜で創業され、横浜で最も歴史のある人材サービス会社です。約60,000名のスタッフが登録を行っており、本社がある横浜市や、その近隣の川崎市などを中心とした関東エリアの求人と、支店のある長野県松本市を中心とした長野県での求人をメインで取り扱っています。過去には横浜市が主催をする、働きやすい職場づくりを進める企業に送られる「よこはまグッドバランス賞」を受賞するなど、仕事とプライベートが両立できる仕組みを積極的に追及していることから、登録スタッフからも高い評価を得ています。 未経験から始められる求人も豊富なことや、福利厚生が充実していることもあり、派遣勤務が初めての場合でも安心です。

日総ブレインとは

日総ブレインの評判

日総ブレインでは、企業情報の提供や面接のアドバイスなどを行う「コンサルタント」の質が高く、転職サイト「リクナビNEXT」の「第10回転職エージェントランキング」 において、「カウンセリング・対応満足度」部門の第10位も選ばれています。福利厚生の充実などが登録スタッフからも好評を得ているほか、子育てや家事などでしばらく仕事から遠ざかっていた、社会復帰を目指す主婦層や、短時間や扶養内で仕事を探したい方をサポートするプロジェクトも好評を得ています。

日総ブレインの特徴

神奈川県の横浜・川崎エリアと、長野県の求人を中心に、オフィスワークの仕事紹介を行っています。横浜で30年以上続く地元に密着した企業であることから、他社には見られない地元企業の求人が豊富に紹介されており、神奈川県、長野県を中心にIターン、Uターン就職にも力を入れています。また、「mama’s Career」プロジェクトとして、働きたいママ層の就業に力を入れています。産休や育児中のブランクからの社会復帰における不安を取り除くための無料集合サポート講座の開講や、家庭と両立して働ける仕事を作るためのサポートも充実しており、時短勤務や週数日の扶養内での勤務が可能な求人などの紹介もしています。

日総ブレインの求人量

創業30年を超える日総ブレインでは、これまでに取引を行った紹介企業数はのべ3,062社を数え、2016年6月現在は、約190件の求人がホームページ内で公開されています。また、非公開求人を取り扱う人材紹介(転職支援)サービスもあることから、日総ブレインが保有している求人情報は、ホームページで公開されている案件数よりも多いといえるでしょう。 しかしながら、全国展開をする大手の人材紹介会社と比べると、ホームページ上で公開されている求人が200件以下であるというのは、大手と比べるとやや求人数が少ないと言えます。

日総ブレインの求人の質

日総ブレインでは、派遣、紹介予定派遣(契約社員、正社員)の仕事が主に紹介されています。横浜市内を中心とした関東エリアでは一般事務、営業事務、経理事務、受付、秘書、総務人事、テレフォンオペレーターなどの事務系オフィスワークの求人が充実しており、長野県エリアでは事務系オフィスワークや軽作業の業務が中心になります。就業先はメーカー、商社、IT(エンジニア系、Web系)、サービス、官公庁、大学などの安定性の高い教育機関を含め、幅広いジャンルへの派遣が多いことも特徴の一つです。 また、横浜エリアでは外資系企業が多く進出しており、英語を始めとする語学を生かせる、秘書、外国語事務、通訳・翻訳などの求人が多く出されています。近年は訪日外国人も増加していることから、百貨店やショッピングモールなどの販売、接客の求人でも語学を生かすことができ、語学スキルを生かしたキャリアを希望する場合は大きなアドバンテージになります。

日総ブレインの求人の質

日総ブレインのサポート

派遣での就業は、雇用契約は派遣会社(この場合は日総ブレイン)と交わすことになるため、派遣先での勤務開始後も、契約更新手続きや勤怠管理、有給休暇の申請など、派遣会社を通じたやり取りが多く発生します。そのため、派遣会社との相性やサポートの内容は非常に重要です。日総ブレインで就業をした場合、どのようなサポートが受けられるのか、詳細を見ていきましょう。

福利厚生が充実!

ご就業開始から6ヶ月継続して8割以上の出勤をした場合に、就労日数に応じて有給休暇が発生します。派遣社員の有給休暇の平均取得率は81.3%と、正社員の51.6%と比べると、かなり高い消化率を出しており、付与された休暇は取得がしやすいといえます。その他にも長期で就業をしているスタッフ向けに、年に1度健康診断も開催されています。 また日総ブレインでは、福利厚生サービス最大手のベネフィット・ワン社が提供する「ベネフィット・ステーション」と提携をしており、全国1万店の飲食店や国内・海外の宿泊施設、Eラーニング、英会話学校、フィットネスクラブなどが優待価格で利用することができる他、「育児ステーション」として育児補助金制度を利用することができます。

スキルアップを全面支援!

日総ブレインでは、就業集のスタッフを対象に、無料で参加できるスキルアップ講座を開講しています。Excel、PowerPoint、Wordを基礎から学べるPCスキルアップ講座や、ビジネスマナー講座を始めとし、「eラーニング講座」として、ファイナンシャルプランナー、秘書検定、TOEICなどの試験対策講座の169の講座が受講可能です。またスタッフ登録完了後は、KENスクール(パソコン教室)、100ten.school(マネースクール)などでも割引や特典が受けられます。

松本支店限定の特典も!

松本支店で(長野県内は出張登録可)スタッフ登録をした場合は、TOEIC団体受験を無料受けることができます。

松本支店限定の特典も!

日総ブレイン紹介案件の給料平均額

派遣での就業の場合、給与は時給換算となります。株式会社リクルートジョブズの調査研究機関ジョブズ リサーチセンターが2017年6月に発表した2017年5月度の派遣スタッフ平均時給額は、関東の平均1,691円、東海は1,440円、関西は1,410円となっています。時給は業種や業務内容によっても大きく変わりますが、2017年6月現在日総ブレインで紹介をしている求人の給与は下記の通りです。 【横浜エリア】 時給:1000~1900円 月トータル(1日7時間勤務×月20日出勤の場合):140,000~266,000円 【中信地方(松本エリア)】 時給:970~1400円 月トータル(1日7時間勤務×月20日出勤の場合):135,800~196,000円

日総ブレイン紹介案件の給料平均額

日総ブレインの活用方法

日総ブレイン紹介の求人に応募をする際は、「マイページ」登録と「スタッフ登録」の二つのステップが必要になります。就業までの大まかな流れと、「マイページ」登録と「スタッフ登録」の詳細を見ていきましょう。 【就業までの流れ】 ①日総ブレインのホームページ内から求人情報をチェックする ②希望の求人へ応募するために、日総ブレインのスタッフ登録会の予約をする(電話予約またはマイページから) ③エントリーセンターへ来社し、スタッフ登録をする ④コンサルタントから希望の求人、または希望や条件にあったその他の仕事紹介 ⑤先方との顔合わせまたは職場見学 ⑥就業先決定、勤務開始

「マイページ」の利用方法

日総ブレインのホームページ上で利用できる個人の専用ページを「マイページ」と呼びます。マイページのアカウント登録後は、ホームページ上で気になる求人への応募が簡単に行え、パソコンやスマートフォン、タブレットなどのスマートデバイスからも利用可能です。マイページへの登録をせずに仕事への応募をすることも可能ですが、マイページアカウントがあると気になる求人のブックマーク機能などが利用できるため、事前に登録を済ませておくと便利です。

スタッフ登録会とは?

初めての応募の際は、日総ブレインのエントリーセンターでの「スタッフ登録」が必要になります。登録当日の流れは下記の通りです。 【登録会当日の流れ】 ①情報登録(約30~40分):マイページ上での情報登録(希望条件、スキル、資格等)、OAスキルチェック、職務適性診断 ②派遣についての説明(約5~10分):派遣のシステムや注意点、福利厚生などの説明 ③写真撮影 ④カウンセリング(約30分):担当コーディネーターとの面談 ⑤お仕事紹介

スタッフ登録会とは?

派遣就業はこんな人におすすめ

派遣社員としての就業は、正社員や契約社員の契約内容や業務内容とは少し違ちがった、事前に理解しておきたい独特のメリットやデメリットがあります。どんな条件を持つ人が派遣の就業に向いているのか、具体的に見ていきましょう。

派遣のメリット①勤務時間や勤務地を指定したい人

派遣社員での勤務は、正社員などの求人に比べると、ご自身のライフスタイルやライフステージに合わせて、勤務時間や勤務地をさまざまなバリエーションの中から選ぶことができます。ご自身の希望する勤務時間帯、勤務日数、残業量や勤務地の希望をコンサルタントに事前に伝えておくことで、条件にあった仕事を紹介してもらうことが可能です。 また、多くの就業先では副業も認められており、ダブルワークや、現在行っている本業にプラスして兼業できるオフィスワークを探している、という場合にもぴったりです。日総ブレインでは子育て中の主婦層もチャレンジできる、時短勤務などの求人も取り扱いがあります。

派遣のメリット②スキルアップを図りたい人

派遣社員として就業を決める際には、業務内容を細かく確認してから就業先を決めることができます。チャレンジしたい分野や伸ばしたいスキルをあらかじめコンサルタントに伝えておくことで、希望に合った就業先を紹介してもらえます。会社の意向で部署の移動などのある正社員と比べると、自分の意思で就業先から得られるものを選べるのも派遣社員の大きなメリットです。日総ブレインでは、登録スタッフ向けに、パソコンスキル講座などを開催しているほか、福利厚生の一環としてeラーニング講座を取り入れていることから、これからキャリアチェンジやキャリアアップを図りたい、という方にもぴったりです。

派遣のメリット③限られた期間内で仕事を探したい場合

派遣社員としての就業は、長期の就業であっても一定の期間ごと(1ヶ月毎、3ヶ月毎など)に契約を延長していくシステムのため、就業期間を自分の希望でコントロールすることが可能です。1年後に海外へ長期で渡航する予定がある、パートナーの仕事に転勤があり長くひとつの都市に滞在できないなど、就業期間に制約があっても、コントロールがしやすいのが派遣です。日総ブレインでは単発(1ヶ月以下)短期(1~3ヶ月以内)、長期(3ヶ月以上)の各カテゴリーの求人を紹介しており、勤務可能な期間に合わせて求人を選ぶことができます。

派遣のメリット③限られた期間内で仕事を探したい場合

派遣のデメリット①連休などに給与が左右される

派遣社員の場合、給与は実働で支払われるため、連休が多い5月や9月、年末年始の休暇がある12月と1月などは給与が下がりがちです。派遣社員はきちんとお休みが取れるというメリットもありますが、契約の前には、お盆休みの有無や、勤務先独自の休業日がないかあらかじめ確認しておくほうがよいでしょう。 日総ブレインでは半年以上の勤務で出勤率が8割を超える場合は有給休暇が付与されます。半年以上の勤務を予定している場合は、公休日とバランスよく利用できるようにあらかじめ就業先の上司や日総ブレインの担当者に相談をしておくとスムーズに有給が使用できます。

派遣のデメリット②就業期間

派遣社員としての勤務する場合は、派遣先との合意の下に一定期間ごと(1ヶ月~半年など)に契約を更新していく必要があります。長期間決まった就業先で勤務すること希望する場合は、契約更新のたびに手間や不安を感じることもあるかもしれません。日総ブレインでは、「紹介予定派遣」として、一定の期間派遣社員として働いた後、契約社員や正社員に契約を切り替えることを想定した求人も多く紹介されています。長期間の勤務を希望している場合は、照会予定案件を中心に求人をチェックするようにしてください。

派遣のデメリット②就業期間

日総ブレイン派遣のまとめ

いかがでしたでしょうか。賛否両論のある「派遣」としての就業ですが、ライフスタイルや生活環境の変化に合わせて働き方をあわせられるため、社会復帰を目指す主婦や、兼業としてオフィスワークをしたい場合などには非常に便利なシステムです。特定のエリアに強い日総ブレインの派遣紹介サービスは、神奈川・長野エリアへのUターン・Iターンを目指す人も一見の価値ありですよ。

転職すると給料・年収が上がるってホント?

入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング