IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ゲーム業界は未経験でも転職可能なのか|向いている人の特徴5つ

業界・企業研究

この記事では「ゲーム業界は未経験でも転職可能なのか?」といった疑問を解消できる情報をご紹介しています。転職活動に役立つような、ゲーム業界に強い転職エージェントやサイトについても記載しています。ぜひ参考にして頂き、ゲーム業界への転職を掴み取りましょう。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • ゲーム会社への転職は未経験でも可能だが、プログラミングができることが条件
  • ゲーム業界で働くうえで一番大切なのは、ゲームが好きであること
  • ギークリー」を利用して、ゲーム業界への転職を成功させよう

ゲーム業界は昔から憧れる方も多いでしょう。ゲーム業界への転職はどのように進めていくのがよいのでしょうか。一番は転職エージェントに登録しあなたの希望の求人を紹介してもらうころです。 ゲーム業界に強い「ギークリー」ならあなたにぴったりの仕事が見つかるはずです。まずは相談してみましょう。

ゲーム業界は未経験でも転職できるのか

ゲーム業界は未経験でも転職できるのか

ゲーム業界は資格なしでも転職する事ができるのでしょうか。ゲーム業界に未経験で資格なしでも転職できるのかについて解説していきます。

プログラミングは勉強しておこう

基本的に資格は無くても転職はできます。ただしゲームプログラマーなどはプログラミングができないと話になりません。またゲームデザイナーもキャラクターのデザインをするのでデザインするための技術力は必要です。 ディレクター職などの場合はプログラミングよりも統括したり指示出しするなどのプログラマーやデザイナーとのコミュニケーション能力が高い方がよいでしょう。未経験でもそうした基本的な能力があれば転職できる可能性が高くなります。

未経験から転職しやすい年齢

未経験から転職しやすい年齢

ゲーム業界に未経験から転職しやすい年齢について解説していきます。

ゲーム業界で働いている人達は主に20代から30代が多い

ゲーム業界で働いている人達は主に20代から30代の人たちが多いです。体力もあり情報を積極的に吸収できるためこの年代の人達が将来的に成長が見込めるため多く採用されるのです。それに対し30代以降の業界未経験者の転職になると採用率が落ちてくる傾向があるでしょう。

30代以降でゲーム業界が未経験の転職はきつい

30代以降でゲーム業界が未経験の人の転職は少し厳しいでしょう。業界経験があるのなら業界問題ないのですが、業界の知識やスキルを積むにしても時間がかかります。 前職でそれなりの活かせる能力を積んでいれば別なのですが、30代でいきなり未経験でなんのスキルも無い人が飛び込むのは難しい業界でしょう。

20代の内にスキルや経験を積むと良い

ゲーム業界に未経験で転職する場合は20代の内にスキルや経験をしっかりと積む事が大事です。20代転職する際はまずは将来を見据えて修行のつもりで経験をしっかり積みましょう。 労働環境がきつくて30代を境に転職をする人が多いので、もしも転職を考えている場合は転職先の口コミなどをしっかりと調べてからの転職に失敗しないように気を付けましょう。

ゲーム業界の6つの職種について知ろう

ゲーム業界の6つの職種について知ろう

ゲーム業界で働いている人達は一体どんな仕事をしているのでしょうか。またどんな職種があってどんな仕事をしているのか気になります。そこでここではゲーム業界の職種とゲーム業界の仕事内容について解説していきます。

1:ゲームプランナー

ゲームプランナーとはゲームの企画を提案し仕様書にまとめたり、ゲーム作りのための準備や分析や集計した情報を元に改善したりとゲームを作るためのゲーム作りの骨組みを作る業務を担当しています。

2:ゲームデザイナー

ゲームデザイナーとはゲーム上に登場するキャラクターを作成したり、ゲーム上のアイテムや背景やゲームに登場するあらゆるものをデザインするのがゲームデザイナーの仕事です。ゲームデザイン次第でゲームの雰囲気が変わってしまうので重要な仕事です。

3:ゲームプログラマ

ゲームプログラマとはゲームを構成するためのプログラミングを行う仕事です。ゲームをプログラムする際にはゲームの開発言語であるC言語などを使ってプログラミングをします。 ゲームプランナーが作った仕様書があるので仕様書に従いゲームを制作していきます。

4:ゲームディレクター

ゲームディレクターはゲームの開発の現場指揮官の役割を持っています。主な業務はゲームの監督や演習などを行います。 ゲームプランナーやデザイナーとの打合せを行いゲームを企画するところから始まります。出来た仕様書で指示出しをしたり作業を割り振ったりと統括する業務もあります。リーダーシップをとり全体を引っ張っていく必要があります。

5:ゲームプロデューサー

ゲームプロデューサーはゲーム企画やゲームのプロジェクトの責任者です。ゲームディレクターがゲーム制作の現場の統括を行うのに対しゲームプロデューサーは予算管理やスタッフの役割分担や仕事スケジュールの管理業務などの全体を管理するのが仕事です。 ゲームディレクターの経験を積んだ人がゲームプロデューサーになる事が多いです。

6:営業

6:営業

営業は他の業界にもあるように商品を売るための営業です。ゲーム制作の場合はゲームが商品です。完成したゲームを置いてもらうための営業や販売の促進業務を行います。 ゲームが売れるには認知度も必要です。プロモーション次第では売れ行きが変わるのでこれも重要な役割です。

ゲーム業界の平均年収ランキング

ゲーム業界の平均年収ランキング

ゲーム業界の平均年収はいくらなのでしょうか。もっともゲーム業界で年収が高い企業と平均年収について解説していきます。

ゲーム業界年収ランキング

1 スクウェア・エニックス 1,374万円 2 バンダイナムコHD 938万円 3 ソニー 859万円 4 ニンテンドウ 839万円 5 セガサミーHD 803万円 6 コーエーテクモHD 757万円 7ディー・エヌ・エー 751万円 8  グリー747万円 9 コナミHD 711万円 10 ガンホー・オンライン 631万円

上記のランキングを見てみると1位に家庭用ゲーム機の有名なゲームの「ファイナルファンタジーシリーズ」や「ドラゴンクエストシリーズ」などを多く手掛ける誰もが知っている企業のスクウェア・エニックスが平均年収1,402万円で1位です。 2位以降もバンダイナムコやソニーなどの有名企業が多く平均年収も高いのが分かります。中には家庭用用ゲームを出していない企業もランクインしています。 グリーやディー・エヌ・エー主にスマホのアプリ系のゲームを出している企業です。最近ではこうしたアプリ系のゲームが平均年収のランキングの上位に挙がってきているのです。 近年スマホを利用している人も増えているのでスマホゲームをする人が増えている事も影響しているのです。 この事から将来的にはもっと多くのスマホゲームの企業が上位に入ってくる可能性があると予想できます。スマホゲームの企業も転職先候補として見てみるのも良いでしょう。

ゲーム業界平均年収 610万円

ゲーム業界の平均年収は610万円です。国税庁によると日本人の平均年収は414万円なのでそれに対しゲーム業界の平均年収は610万なのでゲーム業界の年収が高いことが分かります。

転職するために持っていると有利な資格・スキル

転職するために持っていると有利な資格・スキル

ゲームプログラマーに転職するための有利な資格&スキル

プログラミングをするための開発言語であるC言語やC++などの言語を活用するのでこれらの言語を使える方が良いでしょう。またブラウザゲームやソーシャルゲーム向けの場合はjavaなどの言語を覚えておくと有利になるでしょう。 自分自身でプログラムを作成して経験があればそれらの経験も充分に武器になります。

ゲームデザイナーに転職するための有利な資格&スキル

ゲームデザイナーに転職するための有利な資格&スキル

ゲームデザインをする場合はイラストレーターやフォトショップなどのキャラクターデザインをするためのソフトを扱えることスキルがあると良いでしょう。また最近ではCG制作スキルも必要なのでゲームデザイナーに転職を考えている場合は扱える様になっていると有利です。

ゲーム業界に向いている人の特徴5つ

ゲーム業界に向いている人の特徴5つ

ゲーム業界に向いている人はどのような人でしょうか。ゲーム業界に向いている人について解説していきます。

特徴1:ゲームが好きであること

大事なのはゲームが好きである事です。やはりゲーム会社の商品はゲームです。そのゲームが好きだからこそそれを仕事に選んだわけです。そのゲームへの熱意がある人ほどゲーム業界に向いているでしょう。

特徴2:ゲーム作りが好き

ゲーム制作は一からゲームを作る仕事です。企画もプログラムもゲームを作るための仕事です。とにかくゲームを作る作業が好きでないと続けるのは難しいでしょう。ゲームを作る工程が楽しいと思える人の方が長く続きますし、つらい作業があっても頑張れます。

特徴3:表現力がある人

特徴3:表現力がある人

ゲーム作りは表現力が必要です。物を何もない段階から形にするので表現力が無いと難しいでしょう。表現をするアイデアを持っていてそれを形にできる表現力を持っている人にはゲーム作りに向いているでしょう。

特徴4:地味な作業もこなせる人

ゲーム作りは地道な作業です。プログラミングをやったことがある人ならお分かりだと思いますが、たった1文字コードの入力のミスが致命的なミスになってしまうのです。 致命的なミスを起こしてしまうとそれを修復するための地道な作業を行わなくてはいけません。そんな地道な作業をこなす事が出来る人が向いています。

特徴5:コミュニケーション能力

ゲーム作りの中にはコミュニケーション能力も必要です。例えばディレクターなどはチームの統括を行うので1人1人とのしっかりとしたコミュニケーションや指示出しが大事です。 もくもくと一人で作業をやってもらうわけではないので1人1人としっかりコミュニケーションが取れないと相手に指示が上手く伝わらず意図しないトラブルが発生してしまう事もあります。

ゲーム業界未経験者の転職面接のポイント

ゲーム業界未経験者の転職面接のポイント

ゲーム業界未経験者の転職面接のポイントについて解説していきます。

ゲームへの熱意ややり遂げる気持ちでアピールする

未経験者の場合は前職でアピールするポイントがや共通点を掴むのが難しいでしょう。そのためゲーム業界への熱意ややり遂げる気持ちでアピールしていく必要があります。 ゲーム作りはモノづくりです。自分自身が制作するならどのようなゲームを制作したいのかをしっかりと説明したり表現できた方が良いでしょう。 自分なりのゲーム作りの経験やゲームの案があればそれをプレゼンするのもポイントが高くなる可能性があります。 あと応募する企業のゲームの有名なゲームをプレイしておき、そのゲームについて良い点悪い点などの感想と改善できるポイントについても語ると良いでしょう。とにかくゲームへの思いを伝えられればその部分を見込まれ採用される可能性も高くなります。

ゲーム業界においてあなたのどのスキルが活かせるのか考える

ゲーム制作には様々な職種があります。あなたの持っている活かす事ができるスキルの職種が合っている方が良いでしょう。例えば営業職を希望した場合はプログラミングスキルを持っていても活かす事ができません。 それぞれの職種にはそれぞれ活かせる事ができるスキルがあります。自分自身のスキルについて把握しておく事が大事なポイントです。

ゲーム業界に強い転職サイト・エージェント7選

ゲーム業界に強い転職サイト・エージェント7選

転職エージェントを活用すればゲーム業界への転職できる可能性が広がります。ゲーム業界に強い転職エージェントをいくつかご紹介していきます。

1:レバテックキャリア

IT業界やWeb業界に特化している転職エージェントです。4000社以上の転職支援実績のある評判の良い人材コンサルタントが在籍しています。 年収の高い求人も多く職種別検索だけでなく得意分や検索で得意言語別にも検索ができる点も優秀です。あなたの得意分野を充分に生かしていける転職サイトです。80%以上は非公開求人で登録すれば閲覧と応募する事が出来ます。

2:リクルートエージェントIT

No. 1の求人数を誇るのは、「リクルートエージェント」! 皆さん一度は聞いた事があるであろう転職エージェントです。さすがは最大手なだけあり、IT系の求人にも強みがあります。全体の求人数は7,000件以上で、非公開求人も合わせると、なんと約25,000件以上!こちらは、皆さん納得の結果ですね。 豊富な求人数と実績を重視し、たくさんの選択肢を持っておきたい方には特におすすめです

3:ワークポート

こちらもIT業界専門の転職エージェントです。転職相談実績はこちらは25万人ととても多く、求人数が全国に15000件も載っている点もおすすめです。おもにソーシャルアプリやゲームの求人やエンジニアやデザイナーやディレクターの求人があります。

4:ギークリー

IT系やゲーム業界への転職に強いエージェントです。こちらも2000件以上の非公開求人があり知名度の高い上場企業の非公開求人が多い点も注目です。ソーシャルゲーム業界のゲームデザイナーやゲーム開発やディレクターなどのゲームに関する求人が多くおすすめです。

5:Green

IT系やWeb業界専門の求人サイトです。常に5000件以上の求人があります。おすすめできる点は職種で求人が分かれていて探しやすい事と求めている条件ごとで探す事もできて便利です。 使えば使うほど最適な条件の合った求人をおすすめしてくれる推薦機能も優秀です。特にPCオンラインゲームやスマホゲームに強い転職サイトです。

6:Findjob

webゲームの求人が多いサイトです。しかも未経験からでも挑戦できる企業が多いのも特徴です。企業とのやり取りがスピーディな点も魅力です。 早く応募先企業と面接をしたい人にはおすすめです。応募企業とのやりとりの早さの一例ですが応募後5分以内に連絡が入り一週間で面接を行い内定をもらった人もいるほどスピーディな面接ができます。

7:IT転職ナビ

ここのサイトの魅力は複数の求人サイトの横断検索ができる事です。横断検索ができる求人サイトは@typeやGreenやイーキャリアなど複数の横断検索ができます。 一つの求人サイトだけで検索するよりも効率よくゲーム業界の求人を探す事ができますのでとても便利です。便利な検索以外にも企業からのスカウトや転職支援サービスなどがあります。

ゲーム業界は未経験からも転職できる!

記事のまとめ
  • ゲーム会社への転職は未経験でも可能だが、プログラミングができることが条件
  • ゲーム業界で働くうえで一番大切なのは、ゲームが好きであること
  • ギークリー」を利用して、ゲーム業界への転職を成功させよう

今回はゲーム業界について解説してきました。 ゲーム業界にはゲームプランナーやゲームディレクターやプロデューサーなどのゲーム企画や提案をする職種とプログラミングやソフトを使ってゲームを作るプログラマーやデザイナーなどの実際にプログラミングやキャラを作成する仕事がある事がわかりました。その他にゲームの販促や営業を行う職種がある事がわかりました。 これらの職種のいずれも特に資格は必要なく未経験からの転職は可能です。ただし最低でもある程度のプログラミングスキルを独学で学んだり学校で学んでおく法が良いでしょう。 あと開発言語が扱えると更に良いでしょう。デザイナーの場合はイラストのソフトやフォトショップなどのソフトを扱えると有利です、 ゲーム業界に未経験で転職する場合は20代前後の内が良いでしょう。今後のキャリアを積むためにもある程度は修行だと思って学ぶことが大事です。 未経験者でのゲーム業界への転職は厳しいのでできるだけ早めに転職する事をおすすめします。 転職の際は転職エージェントやサイトを活用するとスムーズに採用される可能性が高くなりますので使って見るといいでしょう。 ゲーム業界への道は未経験からも開けています。ゲームが大好きなあなたの熱意とやる気をしっかりアピールして憧れのゲーム業界への転職をしていきましょう。

関連タグ

アクセスランキング