IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

趣味がドライブといえる人の特徴・趣味というための走行距離は?

初回公開日:2017年09月28日

更新日:2020年05月15日

記載されている内容は2017年09月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

おでかけ

あなたの周りには「ドライブが趣味」と言う人はいませんか。そう言われると、旅行が好きなのか、車全般が好きなのか、ちょっと戸惑ってしまうでしょう。今回は、本当にドライブを趣味とする人の特徴と、その走行距離の関係を中心にご紹介していきます。是非ご覧ください。

「ドライブが趣味」と言える人はどんな人?

「ドライブが趣味」と言って許されるレベルというのは存在しません。「映画を年間○作観ていなければ趣味とは言ってはいけない」という決まりがないのと同じです。自分が趣味と思ったら、堂々と「ドライブが趣味」と言って良いのです。 しかし、そう言う人にはやはり特徴があります。あなたの周りには「ドライブが趣味」と豪語する人はいますか。どういう人が、ドライブを趣味とする傾向にあるのでしょうか。

女性で「ドライブが趣味」は本当にドライブ好き!

女性で「ドライブが趣味」と言うと少し違和感があるでしょう。女性で趣味がドライブになる割合は、残念ながら少し少なめです。女性がもしそのように言った場合は、何か他の狙いがあるのではなく、本当にドライブが好きな女性です。 それに対し、ドライブが趣味の男性は大勢います。もし女性がその男性と同じように趣味がドライブというのであれば、むしろお互いの好感度は上がります。「この人、一緒にドライブを楽しめるから素敵」と思うでしょう。 ただし、ここでドライブが趣味の女性の共通する大きな特徴が1つあります。それは、「もし男性の車に乗るのであれば、自分より運転がうまくなければ嫌」というものです。男性の皆さん、ドライブが趣味の女性よりも運転がうまい自信はありますか。

男性で「ドライブが趣味」アピールの意図とは?

女性とは違い「ドライブが趣味」と言う男性は多くいます。そう言うと、女性からの反応が良いからです。この趣味がなぜ女性からの好感度が高くなるのかというと「この男性、私のこと色々な場所へ連れて行ってくれるかも」と女性が思うからです。 男性の「ドライブが趣味」という言葉には「どちらかといえば趣味」と「本当に趣味」の2種類が隠れています。前者は他に趣味と言えるものがないか、女性へのモテ狙いに近い人でしょう。後者は、本当にドライブが趣味だと胸を張って言える人です。後者の本気度からすれば前者は偽物と言えます。 では、それを見極める方法を1つご紹介します。

もしドライブ中に助手席で眠ってしまったら?

「ドライブが趣味」と言う男性と、2人きりでドライブへ出掛けたと仮定します。もし、あなたが助手席で寝てしまったとしても、本当に趣味がドライブである男性であれば、あまり怒らないでしょう。 もちろん、起きていて会話をし続けてもらうことも楽しいでしょうが、彼は車を走らせることが好きなので車内で会話がなくなったとしても、あまり苦痛と感じないでしょう。むしろ、それで怒る男性がいたならば、その人こそドライブが趣味を語る偽者です。

ドライブが趣味の男性と付き合うには!

「ドライブが趣味」と言われた女性はその男性へ「旅行」を期待しがちです。もちろん、旅行へ行く機会は多いでしょう。しかし、ここで少し考えてみて下さい。「旅行が趣味」というのとは少し違います。つまり、「ドライブが趣味」である以上、旅行は車で移動出来る旅行が多くなりがちです。電車や新幹線、飛行機の旅行よりも車での旅行です。 「この距離なら電車のほうが良いのに、どうして車なの」と不満に思うこともあるでしょう。しかし、そこで車での移動を否定してしまえば、その男性はショックを受けます。趣味を否定されているからです。ドライブを趣味とする男性と付き合う場合は、その男性の趣味を広い心で理解してあげて、彼が望む限りの車での移動を許してあげましょう。

「ドライブが趣味」と言うための走行距離は?

ドライブが趣味の人は、車を走らせることを苦に思いません。疲れることはありますが、いくらでも走り続けることができます。そうしたことから「ドライブが趣味の人は、長く走ることが好き」と思われがちですが、実は1回毎のドライブの走行距離は常に長いというわけではありません。1キロでも1,000キロでも、ドライブできれば満足に感じます。 例えば、平日の仕事終わり自家用車に乗って家へ帰ろうとしたときに「いつものルートより少し遠回りして帰ろう」と思い車を走らせます。また、休日の用事がない時「ちょっと走ろうかな」と車を走らせます。もちろん、旅行することになった際にはたくさん走れることに喜びを感じます。 ただし、一般的な自動車の年間走行距離である1万キロは、年間を通して必ず超えてきます。1回の距離がたとえ短くとも、それが何度も続けば、一般的な距離ははるかに超えるということは想像に容易いです。

「ドライブが趣味」という人の車種とは?

「ドライブが趣味」と言う人は自分の車にこだわりがあります。車のデコレーションが派手という意味ではありません。自分の車を相棒と位置付けているので相棒を大切にするのです。 以前は、マニュアルでスポーツカーがこだわりの人気車種でした。しかしながら、各メーカー車の販売傾向に従うように、最近ではそのこだわりとは少し傾向が変わってきています。例えオートマ車や軽自動車でも、「ドライブが趣味」とする人の相棒となり得ています。 ここでは、その傾向を見てみましょう。

軽自動車という選択

最近の軽自動車は、昔の軽自動車と比べて性能が断然良くなっています。普通車に近い大きさにもかかわらず軽く、燃費も良いものが多いです。長距離をかける場合であれば、その乗り心地は普通車よりも残念ながら劣りますが、趣味がドライブの人であっても軽自動車に乗っている人は意外に多いのです。 維持にかかる費用が、普通車よりも安くて済むというメリットがあるからです。

関連タグ

アクセスランキング