IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

北関東ドライブコース|グルメ/日帰り/デート

更新日:2020年11月16日

おでかけ

栃木、群馬、茨城の北関東エリアは自然に恵まれ、ドライブにも最適です。この記事では北関東にお住まいの方も、北関東以外の地域にお住まいの方にもなドライブスポットについて紹介します。友達と遊びに行ったりデートの際の参考にしてください。

北関東ドライブコース

栃木、群馬、茨城のエリアは自然に恵まれ、ドライブにも最適です。この記事では北関東にお住まいの方も、北関東以外の地域にお住まいの方にもなドライブスポットについて紹介します。まずは季節ごとに北関東ドライブコースを紹介していきましょう。

春「国営ひたち海浜公園」

春に北関東ドライブスポットは、一面のネモフィラが咲く見たこともないような世界が見られる国営ひたち海浜公園です。見晴らしの丘からは海を見ることができ、大観覧車からの眺めも素晴らしいです。 どの季節に行っても色とりどりの花が咲いている海辺の公園です。広い園内の移動には、シーサイドトレインやレンタルサイクルを利用すのもです。 春のネモフィラのシーズンのドライブでは、大変な車の混雑が予想されるので早い時間に来ることをします。駐車場は多いので止められないということはありませんが、公園から離れる可能性もあるので、歩きやすい服装で行くのが良いでしょう。

夏「中禅寺湖」

夏場に北関東ドライブスポットは中禅寺湖です。中禅寺湖は栃木の避暑地としてが高く、日本で有数高い場所にある湖です。湖のほとりは、爽やかな風が気持ちの良く素敵な場所です。また、遊覧船も運航しており、夏の青々とした美しい自然を楽しむことができます。 また、中禅寺湖周辺の自然を近くで楽しむのなら、湖の周囲をハイキングするのもです。ドライブの途中にボートから景色を眺めたり、釣りをしたりするのもいいでしょう。中禅寺湖の水を受けて降り注ぐ華厳の滝も近く、マイナスイオンを浴びるのもです。北関東の自然でリフレッシュするのも良いでしょう。

秋「もみじ谷大吊橋」

秋の北関東ドライブになのが、那須ガーデンアウトレットから車で20分ほどのところにある“もみじ谷大吊橋”です。恋人の聖地として知られ、ドライブデートにぴったりの場所です。また、幸せのピンクのポストで手紙を送ることができ、手紙を受け取った人は幸せになれると言われています。 そして、もみじ谷大吊橋は名前のとおり紅葉の時期が一年で一番美しい時期です。吊り橋のため、風が強い日は高い所が苦手な人は避けた方がいいでしょう。また、那須塩原では日帰り温泉も楽しむことができます。

冬「あしかがフラワーパーク」

冬の北関東ドライブに外せないのが、東日本最大級のイルミネーションが魅力の「あしかがフラワーパーク」です。広大な園内と、そこに400万球の光が輝くイルミネーションは圧巻で、関東三大イルミネーションにも選ばれています。 また、光の花の庭をコンセプトにした「光のバラ」、「光の藤」、「光の水蓮」も見どころです。美しい大藤棚を再現したという「奇蹟の大藤」や、水面に写し出される光が美しい「光のピラミッド」も幻想的で素敵です。他にも、ここでしか見ることのできないイルミネーションが感動を与えてくれます。北関東にある素敵な場所に、ぜひ家族や恋人とドライブしに来ていただきたいです。

北関東ドライブグルメ

ドライブの途中には、せっかくですので地元のグルメも一緒に堪能したいものです。ここからは北関東のグルメについて紹介します。ドライブの途中にぜひ味わってみてください。

道の駅 日立おさかなセンター

美味しくて新鮮な海の幸が食べたいと思ったらこちらへドライブするのがです。道の駅ということもあって、雨でも問題なく楽しめるのも嬉しいです。茨城近海の漁場は、新鮮な魚介類が毎日水揚げされているのに安く手に入れるのが魅力です。地元で採れたお野菜や道の駅スイーツも楽しめます。 また、買ったものをその場で焼いて食べることができる浜焼きコーナーも魅力です。さらに、オリジナルの海鮮丼を作れる「身勝手丼」はとてもがあります。北関東でのドライブには、訪れる価値大の魅力溢れる道の駅です。

じゃがいも入り栃木焼きそば

栃木のB級グルメといえば「餃子」が有名ですが、他にもB級グルメが存在します。今回は地元に住む人のという「じゃがいも入り焼きそば」ご紹介します。こちらは、芋フライと焼きそばを扱う駄菓子屋さんなどで、一口大の茹でたジャガイモか、芋フライを焼きそばと炒めた栃木のローカルフードです。 他にも、同様のものが足利市などで「ポテト入り焼きそば」としてを集めています。

水戸藩らーめん

次のページ:日帰りドライブ
初回公開日:2017年11月10日

記載されている内容は2017年11月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング