IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ドライフラワーに適した花13種類|向かない花の条件

初回公開日:2017年09月22日

更新日:2020年07月04日

記載されている内容は2017年09月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

趣味

贈り物で花束をもらった時、枯らしてしまい勿体無いと感じたことはありませんか。そんな時はドライフラワーにしてみてはいかがでしょうか。作り方が難しそうなイメージがありますが実は簡単で、使い道も豊富です。今回はドライフラワーの作り方と種類をご紹介します。

どんな花でもドライフラワーにできるのか

ドライフラワーとは、草花や果実を観賞用に乾燥させたもののことを指します。ドライフラワーは、生花ほどの鮮やかさやみずみずしさはありませんが、水やりや手入れの必要が無く、長く楽しむことができるので現在人気を集めています。ドライフラワーの保存期間は約3ヶ月から半年と言われています。

ドライフラワーに適した花の条件

ドライフラワーに適している花は、水分が少ない花びらの多い花で、変色しにくいことが条件です。香りも楽しみたい場合は、ドライフラワーにしたあとも香りが残る花を選ぶことが重要となるでしょう。

ドライフラワーに向かない花の条件

ドライフラワーに向かない花の条件は、水分が多く含まれていて、変色が激しく、花びらが薄いものです。向いてない花の場合は、花の部分だけを残せるシリカゲルを使ったドライフラワーを作ることができる場合もあります。

ドライフラワーになる花の種類

花屋さんで気に入って買ったお花や、プレゼントとしてもらった花束をずっと飾っておきたい時にドライフラワーにすると長期間楽しむことができます。ドライフラワーに向いている花と向いていない花があるので、花の特徴を知って適した方法でドライフラワーにしましょう。

花の種類1:バラ

バラは華やかな印象で、年中出回る花で様々な色や品種があるので、お気にりの品種を集めて、ドライフラワーのコレクションを作るのも良いでしょう。バラのドライフラワーの作り方は、ハンギング法かシリカゲルを使った作り方を、好みで使い分けます。

花の種類2:紫陽花

アジサイは環境や時期によって花の色が変わり、美しいグラデーションになるのが特徴です。季節の花なのでタイミングを逃さずドライフラワーにしましょう。アジサイの鮮やかな色を保ちたい場合は、シリカゲルを使用した作り方がお勧めです。 アジサイをドライフラワーにするタイミングは、夏の中頃の鮮やかな色の時期か、秋の初めの枯れかけのものが良いです。夏の中頃のものは、茎の水分が少ないので簡単に乾燥できます。枯れ始めのものは花の色が退色し始めているのがポイントです。

花の種類3:スターチス

スターチスは切り花として1年中花屋さんで入手することができ、生花の時からかさかさして水分が少ないので、ドライフラワーになりやすい花です。青やピンク、黄色、白、紫、赤なご色のバリエーションが豊富でドライフラワーにしても色があせることがなく長期間楽しむことができます。

花の種類4:ミモザ

ミモザは明るい黄色の花をつけるのが特徴で、ドライフラワーにすると味のあるくすんだ色に変化します。銀葉と呼ばれるギザギザの葉っぱも一緒に生花のままリースにして飾っておくと、自然に水分が抜けてドライフラワーになります。

花の種類5:ケイトウ

ふわふわとした質感が特徴であるケイトウは、花の形や大きさや色も多種多様でドライフラワー作りに適している花です。色があせにくいため、ドライフラワーアレンジのポイントで使われています。

花の種類6:ユーカリ

ハーブであるユーカリは、清涼感のあるすっきりとした香りが特徴的で、1本の枝にたくさんの葉っぱがついています。ユーカリは、水分がきれいに抜けるので初心者でも美しいドライフラワーにすることができます。

花の種類7:ラベンダー

フレンチラベンダーはラベンダーの一種で甘い香りのあるハーブです。ラベンダーは花に含まれる水分が少なく乾燥しやすい植物です。ドライフラワーにする時は花びらが肉厚のものを選びます。茎ごと乾燥させる場合は3分咲きを選びましょう。

花の種類8:コットンツリー

コットンツリーはふわふわした見た目から煙のように見えることからその名前が付きました。緑がかった色から紫色まで様々な色が有り、ブーケやリースなどのアクセントに多く用いられます。 コットンツリーのドライフラワーの作り方は、自然乾燥させるのがお勧めで、元々水分が少ない植物なので比較的短い期間でドライフラワーになります。スモーキーで少しくすんだ色合いが他のドライフラワーを良く引き立ててくれます。

花の種類9:かすみ草

カスミ草は枝が細かく分かれた先に小さな白い花が沢山ついている植物です。単体ではあまり目立ちませんが、他の花と組み合わせて飾ることで見栄えが良くなるので花束やウェイディングブーケに多く用いられます。現在ではカスミ草を染色して、ドライフラワーにしたものを、レジンで固めてアクセサリーにしたりと、ハンドメイド作品で多く用いられるようになりました。

ドライフラワーに向かない花

ドライフラワーに向かない花に、トルコギキョウやチューリップ、スイセン、パンジー、コスモス、菊やガーベラといった花が挙げられます。ドライフラワーに向かない理由はなんであるのか、詳しくみていきましょう。

花の種類10:菊

菊は多年草で世界中に1万種類以上あるといわれています。菊は大輪から小ぶりのものまで存在していて、色も豊富でなのが特徴ですが、水分が多く、自然乾燥すると花びらが縮まってしまいドライフラワーに適していません。

花の種類11:ガーベラ

ガーベラは大きな花を咲かせ、豊富なパステルカラーで女性に人気の花ですが、水分が多くドライフラワーには向いていません。花びらが細く丸まってしまい、ガーベラの雰囲気がなくなってしまいます。

花の種類12:ユリ

純潔のシンボルといわれているユリは、白やピンク、黄色などの香りの強い大ぶりの花を咲かせます。ユリは水分が多くため、自然乾燥させると元の花びらの形状を保つことができないため丸まってしまいます。色も茶色く変化してしまうため、ドライフラワーには向いていないといえます。

花の種類13:桜

春の代表の花である桜は、もともと花びらが薄くドライフラワーにしてしまうとくしゃくしゃになり花びらもボロボロになってしまうため、自然乾燥は向いていません。シリカゲルを使ってドライフラワーにすると成功しやすいといわれています。

豊田化工 シリカゲル ドライフラワー用 乾燥剤 (1kg) ×2袋セット
豊田化工 シリカゲル ドライフラワー用 乾燥剤 (1kg) ×2袋セット

ドライフラワー用乾燥剤です。1週間程でちゃんとドライフラワーになり、シリカゲル自体をフライパンで乾燥させたら何度でも繰り返し使用できます。自然乾燥より色も形もしっかり保たれるのでドライフラワー作りにおすすめです。

ドライフラワーの作り方

特殊な薬剤を使わない自然乾燥で行うドライフラワーの作り方が基本になります。セピア色に似た少し褪せた色合いがアンティークな雰囲気を醸し出します。自宅で簡単に行える作り方なので、プレゼントで花束をいただいた時などに、生花を数日楽しんでからドライフラワーにするのにお勧めな方法です。またシリカゲルを使った方法もご紹介します。

基本は吊るして自然乾燥

ハンガーにタコ糸や洗濯ばさみで括り付けて吊るしても良く、紙に包んで壁に画びょうなどで固定して吊るせばインテリアにもなります。 吊るした切花は約1~2週間ほどでドライフラワーになります。ドライフラワーは冬などの空気が乾燥している時期に作るとよく乾燥します。早く乾燥させたい時は余分な葉を取って水分の多い部分を減らします。ただし、この方法は花が逆さになったまま乾燥するので、花が閉じてしまったりと形が崩れてしまう可能性があります。

シリカゲルで乾燥させる

シリカゲルを使った作り方は花だけをドライフラワーとして使いたいという人にお勧めです。花の茎は水分が多いので時間がかかります。シリカゲルはドライフラワー用に販売されているものを使います。作り方は、タッパーなどの密閉容器にシリカゲルを敷きます。そこに花を並べて、更に上からシリカゲルをかけて花を埋めます。あとは蓋をして1~2週間待ちましょう。

電子レンジで乾燥させる

なるべく早く作りたい場合はシリカゲルを入れたタッパーを500Wの電子レンジで30~40秒加熱するとすぐにドライフラワーができます。ただし、ずっとシリカゲルの中に花を入れていると焦げてしまうので、加熱した後はすぐに花を取り出すようにしてください。また、花の大きさによって加熱時間は変わるので、様子を見ながら加熱してください。

簡単に作れるので試してみては

ドライフラワーは簡単に作れるだけでなく、お庭に咲いている花でも飾り付ければほとんどお金がかからずに、お部屋のインテリアにできたりと、コストパフォーマンスが良いです。季節ごとのイベントにリースやブーケを作って飾りつけをすれば、人を招いた時も華やかに見えます。 花束やフラワーアレンジをもらった時や、ガーデニングで季節の花が終わる時、植物の剪定を行う時は、ドライフラワー作りにチャレンジしてはいかがでしょうか。

部屋に花や緑を飾る

関連タグ

アクセスランキング