IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就職活動の始め方や進め方・面接での髪型やメイク等の注意点

服装・髪型

「そろそろ就活を始めなきゃ!」と思っても何から始めたらよいか分からない、細かいマナーにも自信がない、といった方に就活の全体感についてお伝えします。後悔のない就職活動を終え、納得のできる結果を出すために、全体の流れやマナーを把握していきましょう。

更新日時:

就活のやり方・始め方

就活のやり方・始め方

「そろそろ就職活動始めなきゃ」と思っても何から手を付けたらよいのか分からない、細かいマナーにも自信がない、といった方に就職活動の全体像についてお伝えします。就職活動全体の流れを把握することによって、具体的に「何を」「どのように」進めればいいのかを把握でき、今やるべきことが自然とわかるでしょう。まずは、全体像を把握していきましょう。

自己分析のやり方とは?

自己分析のやり方とは?

自己分析とは「じぶん自身について理解を深めること」です。やり方はたくさんありますが、じぶんの学生生活やこれまでの人生を振り返り、以下のポイントでじぶんについて深堀りしていきましょう。 (1)今までどんな事を経験してきたのか (2)なぜその経験や選択をしたのか (3)具体的にどう行動、どのように工夫したのか (4)その経験で学んだことは何か (5)そこから得た強みを将来どういう風に活かしたいか 以上のポイントを深掘りにすることによって、自身が成長したきっかけや強みや今のじぶんを形成する要因が見えてくるでしょう。それを、エントリーシートや面接を通してアピールしていきましょう。また、自己分析はじぶんひとりだけで行うのではなく、家族や友達など周囲の人々の意見も参考にすると良いです。 就職活動が本格化すると、選考の対策で手が回らなくなってしまうので、早い時期から自己分析を行うことをおすすめします。

企業分析のやり方とは?

企業分析のやり方とは?

自己分析を通して「じぶんの興味」「価値観」「強み」が少しずつ明らかになってきたら、それを将来どの業界やどの企業なら活かせるのか、または活かしていきたいのかという視点で、企業研究を進めてください。 企業研究のやり方は人それぞれ異なりますが、企業の特徴を知りじぶんとの相性を見極めることが一番大事です。具体的な仕事内容について理解を深め、じぶんは「なぜその企業に入りたいのか。そこで何がしたいのか。じぶんの長所や能力をどう活かせるのか。」ということをポイントに、じぶんと仕事の接点を探してください。 企業の特徴を見極めるためには、以下の2つの軸を元に調査を深めていくと良いでしょう。 (1)同業界の中での位置付け (2)各企業ごとの特徴 (歴史、売上実績、成長性、社風、福利厚生など) エントリーシートや面接では「志望動機(なぜその企業を志望したか)」について必ず聞かれますが、説得力のある志望動機を作るためにも企業分析は十分に行ってください。

webテストとは?

webテストとは企業が選考の際に利用している採用テストのことです。webテストを実施する企業は多くありますが、タイミングややり方は各企業によって異なります。多くの企業は、ネットを通してエントリーを受付した後に、メールでwebテストの受検を求めてきます。 webテストの形式も数多くあり、テストの受検は自宅や大学にあるパソコンの他、テストセンターと呼ばれる会場で受けるものなど、企業ごとにシチュエーションが異なります。 攻略において、過去問題などを利用して勉強することももちろん重要ですが、webテストでのパソコン操作のやり方に慣れること、またテストの画面の見方や回答のやり方を事前に知っておくことも大事です。普段からあまりパソコンを使っていないと、操作のやり方に戸惑ったり思わぬ失敗につながります。

エントリーシートでは何を聞かれるの?

エントリーシートでは何を聞かれるの?

「エントリーシート(ES)」とは、志望企業の選考に参加するための正式な応募書類であり、自己PRや志望動機などを書いて、履歴書などと一緒に提出する書類のことを指します。 ESでは、スキルや技能よりも、就活生の特性や人柄を見られることが多くあります。多くの企業は、独自のESを用いて応募する就活生が自社で活躍するための能力を持っているかを以下の質問で確認しようとします。 ・あなたの長所を教えて下さい。 ・自己PRをしてください。 ・学生時代に力をいれたことは何ですか。 ・人に負けない強みを教えて下さい。 ・組織を上手くまとめた経験を教えて下さい。 ・逆境にも負けずに結果を出した経験を教えて下さい。 また、就活生の自社への志望の高さを以下の質問を通じて測っています。 ・志望動機を教えて下さい(志望動機) ・この業界を志望する理由を教えて下さい(業界志望動機) ・この企業で、どんなことをしてみたいですか(入社してからやりたいこと) ・この企業に入ったら、10年後にどうなっていたいですか(キャリアビジョン) ・この企業で、具体的にどんな職種で働きたいですか(志望職種) ESの対策としては、以下のポイントを心がけましょう。 ・自己分析、業界分析を深めること。 ・文章をシンプルに、結論から伝えること。 ・第三者に添削してもらうこと。 ・説得力を持たせるために、盛り込むエピソードは具体的に書くこと

店舗見学でのポイントは?

スーパーやアパレルなどの小売業・サービス業を志望している就活生は、必ず店舗見学に行くようにしましょう。店舗見学に行くことにより、店舗の雰囲気や環境がじぶんが求めるものと相違がないか確認できるだけでなく、仕事内容をリアルに理解する機会にもなります。 店舗見学では、以下のやり方のポイントをチェックするようにしましょう。 ・接客態度 ・商品(ディスプレイなど) ・POP(商品のポイントなど) ・パンフレットやチラシ ・ディスプレイ・インテリア・設備など ・客層 ・外観(看板など) ・その他その店舗独自のサービス・プロモーション ・来店促進のための工夫(ポイントカード、来店者用の自由ノート、フリードリンクや自動販売機、サービスカウンターなど) 顧客の視点ではなく、じぶんがそこで働くイメージを持ちながら見学することが大事です。

支店訪問をしてみよう!

支店訪問をしてみよう!

銀行を志望する就活生はぜひ支店訪問を行ってください。興味ある銀行に直接出向き、現場の様子や働く行員の方々を実際に見ることで、より具体的なイメージを持てるようになります。 面接でも「支店訪問はしましたか」と聞かれることもあるので、その際に話できるようにしておきましょう。ここでは支店訪問のパターンとやり方について紹介します。 ①利用者として訪問する 最初に利用者として訪問してみましょう。その際には私服で構いません。利用者として訪問することで、銀行の実際の雰囲気をチェックしてみましょう。興味ある銀行の窓口を利用し、支店内の雰囲気を観察することで、じぶんに合う支店かどうかが分かります。 ②就活生として訪問する 就活生として支店訪問する際に心がけることは、「行員の邪魔をしないこと」「礼儀を守ること」です。繁忙期を避け、事前にアポイントを取った上で、質問内容も決めてから臨みましょう。また、ポイントして以下を心がけてみてください。 小型店は人手が不足するので、対応してくれる可能性が大きい大型店舗に連絡しましょう。また、銀行の繁忙期は3月、6月、9月、12月なので避けた方がいいでしょう。

書類郵送で気をつけるポイントは?

本格的に就職活動が始まると、多くの企業ではESや履歴書による書類選考を経て、面接へと進みます。ESの送付の際には、社会人の練習として書類送付のやり方・マナーを知っておきましょう。 ESを送る前に、次の5つのものを準備しましょう。 ・角2サイズの封筒(ESを折らずに入れること) ・送付状(パソコンでも、手書きでも大丈夫です。名前、大学、住所を明記) ・A4サイズのクリアファイル(ESを保護するため) ・120円切手(50gまで) 封筒の宛先基本的に縦書きで書き、また自身の学校名も差出人の隣に書くのを忘れないでください。また、送付する前に、誤字・脱字についていもう一度チェックしてから送付してください。

集団面接はどのように行われるの?

選考に進む準備が整ったら、次はいよいよ面接です。複数回の面接選考を実施する企業では、1次面接や2次面接では集団で面接する場合が多いです。ここでは、集団面接のやり方について紹介します。 集団面接では、複数の就活生が同時に面接を受け、面接官が一人の場合もあれば、複数人の場合もあります。就活生全員に対して同じ質問が投げかけられることが多く、自己PRや学生時代にがんばったことなど、定番なことが聞かれる可能性があります。 一人あたりの答える時間が短く質問数も少ないため、以下に他の就活生と異なるプラスの印象を与えられるかが大きなポイントとなります。簡潔な回答、スムーズなコミュニケーションを心がけ、じぶんが話しているときだけでなく、他の就活生が話している間にも頷くなど、態度に気をつけましょう。

就活面接でのメイク・髪型の注意点

就活面接でのメイク・髪型の注意点

面接においては、何よりも第一印象が大切です。第一印象では「清潔感」を意識し、相手に好印象を与えることを心がけましょう。清潔感を左右する大きなポイントがメイクと髪型です。ここでは、好印象を与えられる髪型について紹介します。

理想の髪型ーハーフアップー

ロングやミディアムの髪型の方は、アップにするとスッキリとした印象を与えることができます。就活ではメモを取ったり、下を向いたり頭を動かす機会が多くあります。また、話している最中に横髪や前髪が顔にかかって、何回も髪の毛を触る動作はあまり相手にいい印象を与えません。場合に寄っては不潔な印象を与える場合もあります。 清潔感のある印象を与えたい場合におすすめするのが、ハーフアップです。ハーフアップにすると女性らしさを感じさせることができますし、顔周りがスッキリします。また、ハーフアップの結ぶ市によっては「明るさ」や「快活」を印象づけることもできます。やり方については、動画サイトなどを参考にしながら練習してみてください。

おだんごヘアはOK?

お団子ヘア(シニヨン)は、作る位置や形によっては子供っぽくなることがあります。また、派手すぎる印象を与えたりと、やり方次第で与える印象が異なってしまいます。 中々難しい髪型ですが、やり方を完璧にマスターしてしまえば、大人っぽい「できる就活生」という印象を与えることもできます。 特に、エアライン系やホテル業界など、接客業の花形を目指す就活生におすすめです。

好印象を与える前髪とは?

上に書いたとおり、髪型を変えるだけで与える印象はかなり異なります。特に面接で好印象を与えたいなら、正しい前髪のセットのやり方やポイントを意識しておきましょう。 ・眉毛が見えるぐらいの長さがベスト 長すぎず短すぎず、印象のよい位置をキープするには、眉毛の上あたりの前髪の長さがベストと言えます。 ・自然な分け目を作るやり方 髪の毛の生え方やクセは人それぞれですので、分け目も作る際はその人にあった自然な感じにすることをおすすめします。じぶんの分け目が自然な感じになるスタイルを見つけるには、一度髪の毛をかき上げみて、その後自然に下ろしてみましょう。 ・少しおでこを出しましょう。 就活では清潔感や爽やかさがもっとも大事になりますので、できればおでこを出して顔を明るく見せることをおすすめします。 ・お辞儀をしても崩れないようにピンで留める 就活中は面接や会社説明会のたびにお辞儀をするなど、頭を動かす機会が多くなります。そのために、ピンか何かで止めるといいです。

好印象を与えるメイクのやり方とは?

就活女子が一番気になるのが化粧のやり方でしょう。面接はさまざまな年代の方が担当するので、普段とおりのメイクのやり方では、世代の違う面接官からいい評価がもらえるとは限りません。 そこで、就活女子が覚えるべきなのが「ナチュラルメイク」のやり方です。ナチュラルメイクのやり方を覚え、清潔感を演出することで、面接官に好印象を持ってもらいましょう。 やり方のポイントは以下を参考にしてください。 ・ベースメイク ベースメイクはじぶんの肌の色とマッチした色を選び、薄く均一に塗りましょう。 ・眉メイク 眉毛のカラーはブラウンやブラックなどじぶんの髪色と合わせるようにしてください。しっかりとした眉毛を眉毛ペンなどで書くようにしましょう。 ・アイメイク ナチュラルなアイメイクを目指すために、アイラインは控えめに引きましょう。マスカラとアイシャドウは着けすぎず、あくまでも自然を心がけてください。 ・チーク 顔色を健康的に見せるために、仕上げにチークをほんのり色づく程度につけましょう。 ・ リップ じぶんの肌の色とマッチしているものを選び、ラメが入っているもの、極端にテカテカしているものは避けましょう。

新卒と既卒で違いはあるのか?

新卒と既卒で違いはあるのか?

新卒の就活の場合、仕事の経験がないことが前提だと考えられますので、完全な未経験者であっても、やる気があるかどうかが重視されます。 しかし、既卒になったとたん就活選考のハードルが上がります。既卒とは学校を卒業してからどの企業にも一度も就職をしていない人を指します。 就活では、企業は既卒者に対して、基本的なことは「分かっている。できる。」前提のスキルを求めています。 また既卒者に対しては、「なぜ新卒で就職しなかったのか」といった質問が面接で必ず尋ねられるので、上手く答えられるように事前に準備をしておきましょう。就活しなかった理由を自分で分析し、しっかり伝えられるようにしましょう。

就活を楽しもう!

就活を楽しもう!

就活を成功させるコツは「楽しむこと」にあると言えます。確かにたくさん覚えるマナーもあり、また選考に落ちると挫折を感じることもたくさんありますが、就活を通して新たな出会いもたくさんありますし、ストレス耐性もつきます。 一生に一度の貴重な経験と思い、じぶんなりの就活を行うことで、成果がついてくると言えます。楽しみながら、気持ちを前向きに持つことで、ちょっとした失敗にもめげず、また次に向かって頑張っていけるでしょう。ポジティブな気持ちを持ちながら、就活での出会いを大事にしながら、諦めずにやりぬきましょう。

関連タグ

アクセスランキング