IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

おすすめの還暦祝いプレゼント|父・母・上司・社長などへのおしゃれな還暦祝い

社会人常識

60歳のお祝いをする「還暦祝い」。昔から続く風習ですが、最近は平均寿命が延びるに連れて考え方や贈り物の内容など、習慣も大きく変化しています。ここでは還暦の考え方や、お祝いをする相手別におすすめのプレゼントなどを紹介します。

更新日時:

おすすめの還暦祝いの方法

トピック1009564/要素1519307

60歳のお祝いをする「還暦祝い」は昔から続く風習ですが、最近は平均寿命が延びるに連れて考え方やプレゼントの内容など、習慣も大きく変化しています。 還暦のお祝いは、普段はなかなか伝えられない感謝の思いを伝えることのできる素敵な機会です。還暦という一つの人生の節目のタイミングを心から喜んでもらうために、事前の準備や情報収集は大切です。ここでは、素敵な還暦祝いのためのノウハウを紹介します。

還暦ってなに??

「還暦」とは満60歳のことを指し、干支である「十干(じっかん)」と「十二支(じゅうにし)」を組み合わせた干支が、60年で一巡し生まれた年の干支に戻ることを言います。「本掛還り」とも言われ、干支が一巡して生まれ直しであることから昔から「第二の人生」の始まりとも位置付けられています。 この考え方は、古代中国で発祥したと言われ、日本では奈良時代に長寿のお祝いとして取り入れられました。「還暦」や「古稀」と呼ばれて室町時代あたりから節目のお祝いとされ人々の生活に根付きはじめ、江戸時代には長寿のお祝いとしての「還暦祝い」が、一般的に行われるようになりました。

現代の還暦祝い

前述もしたとおり、還暦祝いといえばもともとは長寿のお祝いごとでした。しかし、現在では男女ともに平均寿命もぐんと伸び、60歳を迎えてもまだまだ現役の方も多くなったことから、長寿のお祝いと言うよりは「人生の区切りのお祝い」と捉えられることが多くなっているようです。 また、それにともなって、還暦のお祝い=「赤いちゃんちゃんこ」というプレゼントの風習も大きく変わり、両親やおじいちゃん、おばあちゃんへ、これまでの感謝の気持ちや、頑張ってきたお仕事への労いの気持ちを伝えるというスタイルが多く見られています。

なぜ還暦祝いといえば「赤いちゃんちゃんこ」?

風習が変わってきたと言っても、還暦祝いのプレゼントといえば、まだまだ最初に思いつくのは「赤いちゃんちゃんこ」です。では、その理由をご存知でしょうか。 還暦は60年で生まれた干支に帰ると考えられているということは前述した通りです。そこに「縁起が良い」「魔除けの効果がある」とされている「赤色」を身につけるという習慣が合わさりました。昔は、生まれたばかりの赤ちゃんには魔除けの意味も込めて赤い産衣を着せることが多かったのも納得です。 また、60歳といえば男性にとっては厄年の年です。大きな災いがなく、平穏に過ごせるようにと厄除けの意味含んだ赤色のアイテムに、生まれた干支に帰るという意味でちゃんちゃんこが合わさって、この風習になったのです。

還暦祝いのプレゼントを考えよう!

トピック1009564/要素1566003

昔からの習慣にならって還暦祝いのときには、赤いちゃんちゃんこをプレゼントするのももちろん素敵ですが、平均寿命ものびた現代では「60歳」といってもまだまだ現役の方が多いのが現状です。 赤いちゃんちゃんこはどうしても年寄りくさいというイメージもありますから、最近は赤いちゃんちゃんことは別にプレゼントを検討する方も多いです。時代は変わりつつあると言いながらも、お祝いごとというのは変わりません。昔からの風習を残しながらも、喜んでもらえるプレゼントを渡したいものです。 ここからは、還暦祝いについてさらにきちんと理解するためにするもう少し詳しくご紹介したいと思います。

還暦祝いのタイミング

本来は生まれてからの数え年で行っていた還暦祝いも、今ではだいぶ形が変わってきました。 満年齢で年齢を数えることが多くなった現在では、満60歳でお祝いをすることが多いです。 また、お祝いをする時期が明確な成人式やお誕生日に対して、還暦祝い時期が決まっていません。本人の誕生日も分かりやすいですが、お正月やお盆のように親族が集まりやすい時期にお祝いを計画するのもいいかもしれません。

プレゼントはどんなものがいいの??

すでに何度か記述のとおり、現在の60歳はまだまだ現役世代。昔は主流だった赤いちゃんちゃんこも、今では年寄りくさいという理由からプレゼントとしてあげること自体、今ではだいぶ見られなくなりました。 お祝いされるご本人の希望であれば問題ありませんが、年齢を感じさせてしまうプレゼントを避ける傾向になっているようです。人生の区切りとなるお祝いですので、喜んでもらえることはもちろん、記念や思い出に残るプレゼントがいいです。

プレゼントの予算はどのくらい??

還暦祝いをする時に、プレゼントを送るあいてが両親や祖父母など身内の場合、プレゼントの相場は10,000円〜50,000円で考える方が多く、平均は30,000万円のようです。 親族の皆さんで集まってお祝いするのであれば、お金を出し合って、自分ではなかなか買えないなというような少し高価なプレゼントを一緒に用意する、というのもおすすめです。

還暦祝いのヒント

トピック1009564/要素1566027

家族・親族での還暦祝いではもちろんですが、職場で還暦祝いをすることも最近では増えてきているようです。昔からの風習であるがために、やってはいけないこと・しきたりが多くあるも還暦祝いの特徴です。 万が一、失礼があったときに身内では笑って過ごせても、上司や目上の方などはそうはいかないことも多くあります。そんなことないよう、還暦祝いをする意味や、タブーについてしっかり理解しておきましょう。

そもそも還暦ってどんな時期?

平均寿命が男女共に80歳を超えた現代では、何度か人生の岐路と言われる時期があります。そもそも還暦を迎える60代は、人生の中でどんな時期なのでしょうか。 60代といえば、子育てがひと段落したり仕事を引退する方が多い時期です。今までは子供のため、家族のために費やしていた時間がなくなり、自分に使える時間が増えることが多い時期と言っても過言ではありません。 そして、気力も体力もまだまだ!一気に増えた自由な時間を使って、今まではなかなかできなかった旅行や習い事を始めてみたり、なかには次の目標を定めて新たにビジネスを始めてみたりと、これまでの生活から一変、新しい生き方を考える時期と言えるでしょう。

還暦世代はどんなことに興味を持つの??

2012年の総務省統計局の「統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)ー”敬老の日”にちなんでー」を参考にすると、還暦世代より少し上の65歳以上の約4分の1は、芸術・文化・英語を含む外国語やパソコンなどのように何らかの学習や自己啓発・訓練を行っているようです。 また、約半数がウォーキングなどの運動をしており、登山やサイクリング、ジョギングなども最近は人気で、健康の関心も高いことがわかります。還暦祝いにプレゼントを考えているのであれば、大きな変化のスタート地点であることが多いことも含めて、新しく何かを始めるきっかけになるプレゼントをするというのもいいです。

<相手別>プレゼントのおすすめ

トピック1009564/要素1565987

家族・親族で集まって還暦祝いをするほか、最近では60歳と言ってもまだまだ現役でお仕事をされている方も多く、職場で還暦祝いをする、ということも増えているそうです。ここからは、還暦祝いの相手やシーンに合わせて、おすすめのプレゼントや、お祝いの方法を紹介します。

お父さんの還暦祝いプレゼント

ご本人の好みや、趣味に合わせた小物というような「普段使いできる」アイテムをプレゼントとして考えられることが多いようです。また、男性は厄年ということから、魔除けや厄よけの意味がある赤い色のアイテムにも人気があります。 今まで家族のために頑張ってくれたお父さんに、「感謝の気持ち」を込めたものをプレゼントできる良い機会ですので、趣味や名入れのアイテムなど、普段本人が良いなと思っていてもなかなか手を出しにくいものをプレゼントすると喜んでくれること間違いなしです。 また、最近では職場などでも還暦祝いをしてもらう機会も増え、家族以外の方からもプレゼントをもらうことも増えているので、一緒に過ごす時間の多い家族ならではのアイテムをプレゼントできると良いです。

お母さんの還暦祝いプレゼント

女性にはやっぱり、いくつ持っていても困らないアクセサリーやバッグなどの小物類は定番のアイテムのようです。60歳の記念なので、いつもよりもちょっと上質なアイテムをプレゼントするのも、喜ばれそうです。 このほか、最近では「プリザーブドフラワー」もおすすめです。生花も素敵ですが、色鮮やかなまま長く飾っておくことができ、お手入れも簡単であることに加えて、「いつまでもきれいなお母さんでいてね」というメッセージにもつながると、人気のプレゼントの一つになっています。

両親への還暦祝いプレゼント

トピック1009564/要素1566041

ご夫婦が同じ年代の場合、人生の節目を迎えるのも同じタイミングのため、還暦祝いも合わせてという方も多いと思います。そんな時は、ご夫婦二人で体験・経験できるものをプレゼントするのもおすすめです。 特に、仕事を終えてゆっくりする時間が増えることも多いので、海外旅行や温泉旅行などは人気のようです。最近では旅行会社各社で「長寿祝いプラン」というのも用意されているみたいですので、今まではなかなか少なかった「夫婦水入らずの時間」をプレゼント、というのも素敵です。 また、お孫さんがいらっしゃる場合は、「お孫さんからのプレゼント」というのも喜ばれる還暦祝いのプレゼントの一つです。食事会などを開いた時に一緒に写真を撮ったり、なかには写真屋さんにお願いをして、三世代揃って家族写真を撮りに行くなど、思い出としてのプレゼントはおすすめです。 遠方に住んでいるなど、離れている場合などはお孫さんの書いたメッセージを添えた写真なども喜ばれそうです。

上司・先輩への還暦祝い

日頃からお世話になっている上司や先輩などへは、同じ部署のメンバーでお金を出し合って還暦祝いのプレゼントを用意することが多いようです。お祝いの気持ちがあれば十分と言いながらも、周りと金額差がありすぎるようでは気まずい思いをさせてしまうこともあります。 みんなでお金を出し合って、プレゼントを用意する場合、身内でのプレゼントの相場(平均30,000円)を超えない程度の予算で探すことをおすすめします。もし、個人的にプレゼントを検討されている場合は、5,000円〜10,000円くらいで検討するといいです。 還暦祝いのプレゼントとして人気のアイテムは、高価なもの一つと言うよりは、もらっても気後れしてしないよう、メインの記念品(趣味のアイテム)+お花・お酒というように複数用意する場合が多いです。

還暦祝いの注意ポイント

トピック1009564/要素1566066

いままでに何度も出てきていますが、還暦祝いは「人生の節目」ともいえる大切なお祝いごとです。よっぽどのことがない限り、相手を大切に思う気持ちがあればその思いは伝わるものですが、古くからの風習なだけに、重んじるべき縁起や言い伝えや、プレゼントや手紙などの言葉使いなどにはタブーとされているものも少なくありません。 せっかくのお祝いを心から喜んでもらえるお祝いにするために、還暦祝いのNGポイントを知っておきましょう。

還暦祝いのNGワード

還暦祝いで、まず気をつけなくてはいけないのは「死」や「老い」を連想させないということです。60歳という人生の節目・新しい人生のスタートをお祝いする大切な場面で、それらを連想させてしまうということは縁起が悪いわけでなく、何よりお祝いされるご本人の気分も悪くなってしまいます。 また、「老い」も連想させないことも大切です。昔は、還暦祝い=赤いちゃんちゃんこでしたが、今はより若さを感じさせるアイテムがを還暦祝いのプレゼントとして好まれる傾向にあります。

プレゼントで気をつけること

お祝いする相手の欲しいものを事前に聞くことができれば一番ですが、それができないこともありますよ。還暦祝いのプレゼントにも避けるべきアイテムがあります。何を用意するか迷ってしまった時など、参考にしてみてください。 <お茶> お茶が好きという方は多いですが、香典返しとして使われることが多くあるため、還暦祝いには不向きとされています。 <時計・カバン> 「勤勉さ」を連想させるものとして、職場の上司など目上の方へのプレゼントとしては適していません。 <櫛> 語呂合わせ担ってしまいますが、「苦」や「死」を連想させてしまうためNGとされています。9や4といった縁起が悪いとされている文字・数字の入らないものをプレゼントするように心がけましょう。 <履物> 靴下や靴には「相手を足で踏みつける」といった意味があるので、還暦祝いのプレゼントとしては不向きです。

感謝の気持ちを忘れずに!

トピック1009564/要素1565947

60歳という年齢は、いままでの生活習慣を見直したり、これからの人生をより具体的に考え始めるというような「節目」の年、そして、これからの人生の節目節目で複数ある長寿のお祝いの最初のお祝いが「還暦祝い」です。 お祝いをする側としても、ただ長寿を祝いをするのではなく、これまでの感謝の気持ちに加えて、今後の健康などにいたわりの気持ちを伝える場面です。時代によってお祝いのかたちこそうつり変わりつつありますが、「みんながいつまでも元気で仲良く暮らせるように」という願いが込められてお祝いをしましょう。

アクセスランキング