IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

気温15度の服装は?レディースコーデ8選【アイテム別】

ファッション

気温15度前後は、季節の変わり目にあたり、服装選びに悩む人も少なくないでしょう。また最高気温15度の時と、最低気温15度の場合では寒暖差が大きいため、着る服装がちがいます。ここでは最高温度・最低温度別やスポーツジャンル別に着こなす服装を紹介します。

更新日時:

最低気温・最高気温15度の違いに注意

季節の変わり目にあたる15度前後の気温は、服装の選び方で迷う春秋の時期です。また、最高気温15度と最低気温15度では、肌で感じる温度感も結構異なります。まずは、どのように違ってくるのかご紹介していきます。

最低気温15度の目安

最低気温15度というのは、まだ日中20度前後上昇することも少なくないので、ニット1枚ほどの服装でちょうどいいくらいです。ただ朝は15度台、夕方もゆっくり15度近くに下がると、人によっては肌寒いと感じるので時間帯によって温度差を気を付けた方が良いでしょう。

最高気温15度の目安

最高気温15度は、朝晩の最低気温が非常に変わり10度前後になることもあるので要注意です。ニットなどの服装だけでは寒くなるので、外出時は春コートなどの軽めでも、保温効果のある服装を持ち運ぶようにしましょう。

最高・最低別気温15度の時の服装

トピック1009555/要素4495046

気温15度というのは温度変化の激しい微妙な時期なので服装選びに悩みます。 昼間は暖かいけど晩は冷えて寒いので、昼は暖かいからYシャツやカットソー1枚でいたら、夕方気温が下がって寒かったという経験をしている方もいらっしゃるでしょう。そんな方のために最高気温と最低気温が15度の場合の服装の選び方をご紹介していきます。

最低気温15度アイテム別コーデ

最低気温15度の場合に使えるアウター・インナー・小物・スーツとそれぞれアイテム別にご紹介していきます。服装に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

最低気温15度アイテム別コーデ<アウター>

早朝時間はひんやりとした空気でも、お昼頃には気温15度からぐんと上がって暖かくなる場合、軽いコートがおすすめです。女性用ニットコートはカーディガン感覚で、気軽にはおれるニット素材で、トレンドの服装になります。薄手のカットソーやシャツなどの上に着るといいでしょう。

最低気温15度アイテム別コーデ<インナー>

朝方が15度でも気温が日中上がり少し暑さを感じたら、女性用ヒートテックならキャミソールや半袖、タンクトップなどを付けてあとは薄着の服装で過ごすといいでしょう。また男性用も半袖のクルーネックは季節の変わり目から、Vネックはロングシーズン着れます。 夜になって寒いなと感じたら、家から持ってきておいたジャケットやコート、パーカーなどをはおればよいでしょう。

最低気温15度アイテム別コーデ<小物>

最低気温15度だとふとした瞬間に肌寒く感じるときがあるので、そんな時はコットン素材のタオルのようなタオルマフラーや、ガーゼ生地の薄さのガーゼマフラーと呼ばれるファッション小物を使いましょう。 曇りや雨などで思ったより15度位に気温が下がったら、ちょっと首回りを守るアイテムとし持ち歩くといいでしょう。

最低気温15度アイテム別コーデ<スーツ>

朝出かけた時は気温15度前後と肌寒くてもお昼時になると暖かくなる季節でしたら、男性の場合、中にあまり着こまないでスーツで過ごすという服装もいいです。 また女性も、スーツスカートやパンツスーツなど今はさまざまなスタイルがありますが、ランチタイム時にスーツ姿でそのまま外食してもいいです。 男性も女性もどちらも退社時には、やはりコートなどを羽織るようにするといいでしょう。

最高気温15度アイテム別コーデ

最高気温15度の場合に使えるアウター・インナー・小物・スーツとそれぞれアイテム別にご紹介していきます。服装に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

最高気温15度アイテム別コーデ<アウター>

最高気温が15度なので、朝の通勤通学・退社時などは気温が下がり空気がひんやりして結構寒いのでトレンチコートが活躍します。ライナー付きのコートなら、ライナーを付けはずしして温度調節できるので、温度差が激しい季節におすすめです。

最高気温15度アイテム別コーデ<インナー>

日中は過ごしやすい服装でも日が暮れると気温15度から一気に下がると冷えてきますので、インナーや下着タイプのヒートテックを着用するといいでしょう。ヒートテックを着ていればシャツやニットなど何枚も着込む必要はありませんのでおすすめです。

最高気温15度アイテム別コーデ<小物>

最高気温15度だと夕方はさらに気温が下がり、肌寒くなってきます。早朝や夕方から夜にかけてはマフラーで首回りを暖めるだけでだいぶ暖かく感じますし、多少薄手のコートなどの服装でも安心して過ごせます。

最高気温15度アイテム別コーデ<スーツ>

一般的に秋冬物スーツは、背中の部分に裏地がある総裏タイプで生地は厚くて重いものになっているので朝と夕方に冷えてくる時節にはカーディガンやニットベストなど中に着て調整をするといいでしょう。 また女性のスーツは、防寒よりも機能性や動きやすさの考えられたものが主流なので、営業の機会が多い女性の方は、コートやダウンなどの服装で対応するといいでしょう。

【気温15度】目的別コーディネート

トピック1009555/要素4496106

気温15度は暑すぎず寒すぎず、屋外でスポーツするのには快適です。ただ気候によっては夜が更けてくると冷え込んできますので防寒装備はとっても大切です。さまざまな目的別に相応しい服装・コーディネートをご紹介していきます。

【気温15度】目的別コーディネート<ゴルフ>

日中は長袖にセータは必須です。さらにウインドブレーカーにホッカイロで防寒アイテムをそろえましょう。ただ夜の3月はぐっと冷えるので、フリースにネックウオーマーや冬用手袋のアイテムといった服装をお勧めします。

【気温15度】目的別コーディネート<ランニング>

真夏ならノースリーブにハーフパンツ、真冬なら厚手のウインドブレーカーといった服装で統一できます。その日の天気予報を見て、気候と相談しながら着ていくランニングウェアの服装を決めていきましょう。

【気温15度】目的別コーディネート<キャンプ>

日中はTシャツにスエットフリースなどで良いでしょう。ただ朝晩は冷えるので必ず薄手のジャンパーやダウンジャケットを持参してキャンプを楽しましょう。 山間部などは当然平地よりも気温が低く、普通標高100m上がると0.6度下がったりしますので気温には注意しておきましょう。

【気温15度】目的別コーディネート<山>

登山の場合は、重ね着が重要になります。基本の服装は1肌着(アンダー)2中間着(ミッド)3外着(アウター)の3レイヤーとされています。アンダーで汗を出し、中間で保温し、アウターで雨風を凌ぐパターンです。 山は気象が変わりやすく、急な天候変化や温度変化に対応できるよう、晴天でも必ず雨具など準備しておきましょう。

上手く調整しておしゃれしよう

トピック1009555/要素4496098

季節の変わり目にあたる15度前後の気温は、服装の選び方で迷う時期です。最高気温15度と最低気温15度では服装の選び方が変わってきますし、15度を目安に着用するトップスやアウター、ボトムス、インナーをこれまで紹介してきました。 今回のコーディネートなどを参考にして頂き、着こなして楽しんでお出かけしましょう。

いろんなコーデを勉強しよう

アクセスランキング