IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【職種別】専門商社の志望動機の書き方と志望動機例文やポイント紹介

就活ノウハウ

専門商社に転職を希望する際、どんな志望動機を書くと合格しやすいのでしょうか?働くことは、とても大変な事ですが、自分に合った仕事をし、よりよい生活ができたら良いでしょう。そこで今回は、専門商社の職種別に志望動機についてご紹介します。

更新日時:

専門商社を受ける時の志望動機の書き方とは?

専門商社に関わらず、志望動機を書く時に気を付けたいポイントは、「もしも自分が書類選考する側だったら」と言うことです。 空白の多い書類をみて、やる気を感じられるでしょうか?さらには、字が汚かったら受ける印象はどうでしょうか。 この人が社員になったなら、会社側にとって、期待できるかも?と思わせることが大切です。例文を挙げてみましたので、一緒にみてみましょう。

1.専門商社(事務職)を受ける際の志望動機 例文

私は今まで事務の仕事の経験が○年ございます。事務処理で必要な事は、迅速にミスがなく処理できることです。 いくら仕事が早くても、ミスが多いと修正して、結局時間がかかってしまいます。そんな経験も重ねてきておりますので、今では自分がミスをしやすい所を理解し、ほぼミスなく仕事をこなしております。 初めて経験するような仕事でも臨機応変に対応し、処理していくことが得意です。また社内やお客様に対しての気遣いは忘れずに、良い印象を持ってもらえるように、言葉遣いには、日々気を付けております。

2.専門商社(営業職)を受ける際の志望動機 例文

時分の頑張ったことが数字となって表れ、会社に貢献したい思い、営業職を志望致しました。 御社では、幅広い企業とのお取引があることで、チームで一丸となって成功事例を共有していることや、実践力を身につける為のトレーニングもされているとの事。それらの点をとても魅力に感じています。 これまでの職で培ったコミュニケーション能力と先輩方の仕事方法を参考に即戦力になれるよう努めます。

3.専門商社(一般職)を受ける際の志望動機 例文

私が、貴社を志望する理由は人々の生活になくてはならない商品を取り扱い、人の生活を豊かにするための手助けができるからです。 ○○の仕事の関係で、商社と取引きすることによって、人々の生活が豊かに変わっていく様子を実感してきました。総合商社の中でも、貴社は新しいビジネスにチャレンジされています。 他社と同じことをしていては、成長がないと言う観点に共感しております。ビジネスチャンスが、成長ビジネスに変えていけると可能性を感じています。 今までの仕事で培ってきた、コミュニケーション能力と、人の気持ちを思いやる気持ち、営業と事務経験から得た、仕事の正確性をもとに、貴社に貢献したいです。

4.専門商社(営業事務)を受ける際の志望動機 例文

学生時代に、マネージャーとして活動しているうちに、誰かのサポートをすることに、やりがいや自分の居場所を感じ始めました。 私には、サポートする仕事が向いているのだと感じ、営業事務に応募致しました。一般事務と違う所は、電話応対などを通し、お客様や社員の方々にとって一番良い方法を考えなければないらないことです。 仲介役になることが多い職種ですので、人と話しをしたり、人の心理を読むことが得意な方です。それを貴社で活かし、スムーズに仕事が進むようサポートしたいです。

専門商社の分野別志望動機のポイントとは?

職種によって、企業が求めている人材が異なります。そのポイントをおさえてアピールすることで、評価が高くなることでしょう。どんなことに気を付けるべきなのか、分野別でみてみましょう。

専門商社(化学系)志望動機のポイント

化学メーカーの志望動機でよく使われるのが、『グローバル展開』『若手でも大きな仕事に携われる』『新規開発』この3つです。 この三つを上手く志望動機に盛り込んでみてください。新規材料を開発して、人々の生活を変えたいと言う気持ちがあれば、きっと人事の方の心に響くはずです。

専門商社(紙関係)志望動機のポイント

紙製品の業界に向いている方は、身近なものが、自分達の手で作られていることを実感でき、その事にやりがいを感じられることでしょう。紙と言っても、ノートやコピー用紙だけでなく、紙コップ、ティッシュなど紙製品の一つです。 ただペーパーレス化に伴って、業界全体としては対策が必要になってくるでしょう。ただダンボールなどの製紙は、需要が増加しています。大手の企業から内定を得たいのなら、業界研究をまずはしなくてはなりません。

専門商社(機械関係)志望動機のポイント

製品への思いではなく、製品を通じて社会をどう変えたいかが、肝心です。企業が求めているのは、製品のファンではなくて、一緒に事業を動かしてくれる人です。 仕事を通じて社会へどんな影響を与えたいのか?という考えがない場合は、内定は厳しいでしょう。あなたは何がしたいのか、人々の生活をどう豊かにしたいのかを語れると良いでしょう。

専門商社(食品関係)志望動機のポイント

食品メーカーを志望するなら、世界中の人に食を通して、健康を保つ、支えになりたいなど、やりたい事を明確に伝えましょう。 さらには、なぜそれをしたいのか?食べることを疎かにしていては、健康を損ない仕事も何もできなくなってしまいます。人間にとって食べることは、すごく大切な事です。 ただ企業の食品のファンだけでは、評価されません。その食品を通して、どのようにしたいか。またその企業で働くことで、何をやり遂げたいのか?を志望動機に書きましょう。

専門商社(鉄関係)志望動機のポイント

鉄鋼関係を志望する際に、おさえておきたいポイントは、この3つです。 『モノづくりへの熱意』 『挑戦・成長』 『使命感』 です。業界の動向、現状を研究し、ご自身の考えとマッティングする点を志望動機にしましょう。日本の圧倒的技術力をこれから先も受け継いでいきたいという使命感を持っていることも重要でしょう。

専門商社(日用品関係)志望動機のポイント

日用品業界を志望する際の志望動機に必要なことは、日用品業界にあって、他の業界にはない特徴を言うと良いでしょう。 日用品業界でどうしても働きたい理由を、『身近』『日常』という言葉を遣って表現してみてください・『環境に優しい製品づくり』という言葉も使う方が多いです。 人々の生活の質の向上を一緒に成し遂げたい意思を伝えましょう。

専門商社(半導体関係)志望動機のポイント

半導体産業とは、電子部品である、半導体を生産し販売する業界のことです。この業界は、技術の発展とともに、急速に変化しやすいです。その為あらゆる観点から発想できる人でなくてはなりません。 どの業界も技術開発には、力を入れており、新たなサービスを模索していかないといけません。志望動機を書く際に、具体的な体験談や、夢を書くことによって、人事の方への説得力を上げましょう。 なぜこの会社でないとダメなのか?もちろん業界研究も必要です。

専門商社(自動車関係)志望動機のポイント

自動車業界では、ご自身のビジョンを志望動機の中心にしましょう。企業の特徴だけを丸覚えして伝えるだけでは、評価が低いでしょう。 自動車ビジネスへの熱意を自分の言葉で伝えましょう。色々ある業界の中で、なぜ車を選んだのか?さらには、自動車業界の中でも、なぜその企業なのか?ビジネス上の強みと特徴を探して取り上げましょう。 そしてその強みにどのような魅力を感じるのかを表現しましょう。そしてどうか会社に貢献できるのか、ご自身の強みも伝えられると良いでしょう。

自分にあった職を探そう

色々な専門商社の志望動機のポイントを書きながら、ある共通点に気が付きました。それは受ける企業を、ものすごくタイプの女性あるいは男性と考えます。 そして付き合いたい場合に、どう自分をアピールするかということと同じように感じます。まずは会社(相手のこと)をよく理解していなければ、何も語れません。企業研究とはこのことでしょう。自分に合っているかどうかも、業界研究しているうちに見極められることでしょう。 ここで働きたいという会社が決まったのなら、後は口説く方法をじっくり考えましょう。人事の方も人間ですよね。人の心を掴めるよう、どうやったら口説けるのか、どのような内容であれば、興味をもってもらい、受け入れてもらえるのかを考えるのです。 そうすることで、あなたの就職活動が、きっと上手くいくことでしょう。ぴったりの就職先が決まることを心より願っています。

関連タグ

アクセスランキング