IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

生姜の効果・効果的な食べ方・生姜湿布の効果

自己啓発

生姜は冷え性に効くと言われています。それだけでなく、美容のために生姜を取り入れたいという人も多いのではないでしょうか。この記事では、生姜の効果や効能と効果的な取り方についてご紹介します。これから生姜を積極的に取り入れたいと思っている人はぜひ読んでみてください。

更新日時:

生姜の効果や効能

生姜は、薬味や様々な料理に活用される万能な食材です。健康や美容の面でも注目を集めており、生姜を積極的に取り入れたいと思っている人も多いのではないでしょうか。今回は、そんな生姜の効果や効能と効果的な摂り方についてご紹介します。 生姜は体をぽかぽかさせてくれる効果があるというのはよく聞きますが、生姜の効果はそれだけではありません。生姜にはジンゲロール、ショウガオール、ジンゲロンという3つの成分があり、これらには様々な効果があります。まずは、この3つの成分について詳しくご紹介します。

ジンゲロール

ジンゲロールには血管を拡張させる作用があり、体の末端にまで熱が行き渡るようにしてくれます。これにより解熱の効果が期待できます。これは体温を下げ体を冷やすということでもあります。また、この作用により血流がよくなることで、肩こりや頭痛、むくみの解消が期待できます。 そして、ジンゲロールは吐き気にも良いとされ、乗り物酔いやつわりにも効果的です。さらに、免疫力向上の効果が期待できるほか、殺菌作用もあります。

ショウガオールとジンゲロン

ショウガオールとジンゲロンは、加熱によりジンゲロールの一部が変化したもので、生の生姜には含まれない成分です。ジンゲロンも体を温める効果がありますが、特にショウガオールは熱を作り出す働きを持ち、体を芯から温めてくれるため、冷え性を改善する効果が期待できます。 これら2つの成分により新陳代謝が高められることで、脂肪が燃焼されダイエット効果が期待できます。さらに、抗酸化作用があるため、老化防止などのアンチエイジング効果も期待できます。 また、ショウガオールには痛みの原因となる物質の働きを弱める作用があり、生理痛や頭痛の鎮痛効果が期待できます。

生姜の効果的な摂り方

冷え性の改善やダイエットやアンチエイジングなどの美容効果を期待する場合は加熱した生姜を摂取し、血行不良による肩こりや頭痛の緩和や解熱、吐き気を解消したい場合は生の生姜を摂取しましょう。 生姜には体を温めるという効果だけでなく、様々な効果があることがわかりました。しかし、だからと言って、毎日ただ大量に生姜を摂取すればいいというわけではなく、効果的に生姜を取ることが大切です。また、1日の摂取量はとくに定められてはいませんが、取りすぎにはご注意ください。 ここでは、効果的な生姜の取り方についてご紹介します。自分に合った効果的な生姜の取り方を見つけましょう。

紅茶

生姜紅茶は、紅茶に生姜を入れて飲むだけなのでとても簡単です。熱い紅茶にお好みの量の生姜を入れましょう。生姜は飲む直前にすり下ろすのがベストですが、粉末やチューブタイプのものでも構いません。黒糖やはちみつはお好みで加えてみてください。黒糖やはちみつを少し加えると味がまろやかになり、より飲みやすくなります。

ココア

生姜ココアも生姜紅茶と同様、ココアに生姜を入れるだけなのでとても簡単です。生姜ココアを作る際は、純ココア(ピュアココア)を使用してください。純ココアを熱いお湯でとき、そこにすり下ろした生姜(なければ粉末やチューブタイプの生姜)をお好みで入れます。純ココアは甘みがないので、飲みにくいと感じる場合は黒糖やはちみつを少し加えてみてください。また、カロリーは高くなりますが、お湯の代わりに牛乳や豆乳を使用しても構いません。

はちみつ

はちみつと生姜でドリンクを作るのもおすすめです。すり下ろした生姜(なければ粉末やチューブタイプの生姜)とはちみつをカップに入れ、熱いお湯を入れて混ぜるだけなのでとても簡単です。お好みでスライスしたレモンやレモン果汁を入れるのもおすすめです。

シロップ

生姜シロップは、生姜と砂糖と水を煮詰めたものです。本格的な味を楽しみたいなら、唐辛子やシナモン、ローリエ、カルダモンなどを加えます。また、レモンを加えたりブランデーなどを加えるレシピもあります。生姜シロップをいろいろな方法で消費したい場合は、生姜と砂糖と水だけで作るシンプルなものがおすすめです。自家製だと甘さも調節でき、好みに合ったものを作ることができます。 生姜シロップは、お湯で割ったり紅茶に入れたり、生姜焼きなどの料理やお菓子作りにも使え、まさに万能です。作り方も難しくないので、ぜひ試してみてください。

酢生姜は、生姜をお酢で一晩漬けるだけなのでとても簡単です。お酢はお好みのものをお使いください。生姜は、すり下ろしたものでもみじん切りにしたものでもスライスしたものでも構いません。生姜を細かくした方が使い勝手はいいですが、スライスが1番日持ちはします。また、酢生姜は生姜とお酢だけでもできますが、はちみつを入れるレシピもあります。 使い方としては、もちろんそのまま食べることもできますし、ごはんにのせて食べるのもおいしいです。あとは、サラダや豆腐などにかけたり、炒め物などに加えるなど調味料として使うこともできます。酢生姜をいろいろな方法で消費したいのであれば、はちみつは入れずにお酢と生姜だけで作る方が使い勝手はいいでしょう。

黒酢

黒酢生姜は、すでにご紹介した酢生姜を黒酢で作ったものです。酢生姜の中でも、特に黒酢で作った黒酢生姜がおすすめです。こちらは、はちみつを加えたレシピが多いです。そのまま食べたり水やお湯で割って飲む場合は、はちみつを加えた方がマイルドな味になるので続けやすいのではないでしょうか。食べやすさを求めるならはちみつを加え、さっぱりさせたいならはちみつを減らしたり加えないで作るなど、好みに合わせて作ってみてください。

酵素ジュース

生姜酵素ジュースには、生の生姜酵素ジュースと発酵生姜酵素ジュースの2種類あります。生の場合は、スムージーを作る際に生姜を加えるだけなのでとても簡単です。また、使うフルーツや野菜などによってさまざまな味を楽しめるところも魅力です。発酵させたものは作るのに1週間ほどかかります。作るのは少し手間がかかりますが、作ってしまえばあとはとても楽ではあります。自分に合った方を選んで作ってみてください。

生姜湿布の効果

生姜湿布には、筋肉や関節の痛み、腹痛やむくみ、生理痛などの症状を緩和する効果があると言われます。 生姜湿布は、昔ながらの家庭療法の1つで、生姜の外的療法の代表的なものです。生姜湿布のやり方は、簡単に説明すると、まずすり下ろした生姜を入れたお湯を準備し、そこにタオルを浸して絞り、そのタオルを患部にあてるというものです。また、まれに生姜の刺激により、皮膚が赤くなったりかぶれたりする場合があるのでご注意ください。 生姜湿布はご家庭にあるものだけで簡単に出来るので、ぜひ試してみてください。昔ながらの知恵を活用してみましょう。

ヘルシーに生きよう!

トピック1008231/要素1435789

生姜の効果や効能と効果的な取り方についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。生姜は体を温めてくれる効果があるということはよく聞くと思いますが、それ以外にも生姜にはたくさんの効果や効能があるということに驚いた人も多いのではないでしょうか。 生姜は、生で摂取する場合と加熱したものを摂取する場合とでは、その効果や効能が違います。冷え性の改善やダイエットやアンチエイジングなどの美容効果を期待する場合は加熱した生姜を摂取し、血行不良による肩こりや頭痛の緩和や解熱、吐き気を解消したい場合は生の生姜を摂取しましょう。 今回ご紹介した生姜の効果的な取り方はすぐに始めることができ、簡単なので続けやすいところも魅力ではないでしょうか。ぜひ試してみてください。生姜を効果的に取って、ヘルシーに生きましょう。

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)