IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

20代の転職で失敗しないためのおすすめ転職エージェント10選

転職ノウハウ

【転職を考えている方必見】20代は転職のチャンス!この記事では20代の方が転職を成功させるためのポイント・転職理由BEST3・20代に人気の職業・転職成功談/失敗談を紹介しています。この記事を読みポイントを掴み転職を成功させましょう!

更新日時:

この記事のまとめ
  • 初めての転職は転職エージェントを使うと円滑に進む
  • 転職エージェントによって得意な業界が異なるため複数の転職エージェントに登録する
  • 20代の転職はあまり実績、経験が問われない

終身雇用が日本企業の特徴といわれてきましたが、最近は転職も増えてきています。転職時期が早期化するだけでなく、数年で辞めると就活時に宣言しているという話も聞かれます。 しかし、ほとんどの人にとってはじめての転職や、未経験の業界・職種への挑戦はやはり不安がつきものです。 転職について正しい情報を得るためにも、まずは明日からでも職場探しの相談ができる「マイナビエージェント」に登録しておきましょう。

20代が転職エージェントを使うべき理由

20代が転職エージェントを使うべき理由

転職エージェントのメリットとしては、 ・転職の求人情報のみならず、転職に必要なサポートまで受ける事が出来る ・他には掲載されていない非公開求人を紹介してもらえる ・客観的に見たあなたの魅力を伝えてくれる この3点でしょう。 求人を探すだけなら一人でも出来ますが、転職にあたってのサポートや、自分の魅力を客観的に伝えてくれるというのは、転職で悩んでいる人にとってはとても有り難いサービスです。また、他には掲載されていない非公開求人を紹介してくれる部分も大きいメリットです。 沢山の求人サイトなどに掲載されている求人は競争率も高いので、非公開求人であれば競争率も低く、採用される可能性が高くなります。

20代が転職エージェントを使うべき理由1:非公開求人を紹介してくれる

転職エージェントを利用することにより、公開求人だけでなく、一般には公開されていない非公開求人も紹介してくれます。 非公開求人は企業側の採用効率やプロジェクトの内容を隠すために行のため、条件が多い求人が多いとされています。

20代が転職エージェントを使うべき理由2:サポートを受けれる

転職エージェントは、転職の為の求人情報などを提供してくれる事はもちろん、転職の為の相談にも乗ってくれ、面接のセッティングまで転職に必要な事を全てサポートしてくれる物です。 転職エージェントが主にやってくれる事はこちらです ・キャリア相談 ・求人紹介 ・履歴書や職務経歴書の添削 ・面接対策 ・面接のセッティング 転職活動の中で面倒な事、自分では手のまわらない事など全てを転職エージェントはやってくれます。面接までのやり取りを全て転職エージェントが代行してくれるので、面接までは本人は企業とやり取りをする必要がありません。逆に転職エージェントがいなければ全てを自分でやらなければいけないので、面接の練習などに集中する事が難しくなってしまいます。面接までの間全てを任せる事が出来れば、その空いた時間で自分のスキルを高める事も出来ます。

20代が転職エージェントを使うべき理由3:客観的にみた事を伝えてくれる

転職エージェントでは登録した際、多くの場合キャリアアドバイザーが付いてくれます。 キャリアアドバイザーはキャリア相談を親身に傾聴してくれます。また、経験豊富であるがため適切な意見を情報を元に述べてくれます。 自分が転職を考えている業界のこと、自分がやってみたいこと、希望の年収などを相談にのってくれるため、転職活動も行いやすくなることでしょう。

転職に失敗した20代の体験談

転職に失敗した20代の体験談

転職で失敗した方に共通して言えることは、「焦って転職をした」ということです。 今の会社に限界を感じ、会社を辞めたい、早く転職したいという思いから、転職目的が明確にならないまま転職活動が進み、ブラック企業へ転職をしてしまったという方は大勢います。 この失敗は日頃から転職を意識をするだけで防ぐことができます。 現状は今の会社に満足していても、いつ気持ちが変化するかわかりません。転職をしたいと思った時に焦って転職をすることがないよう、転職エージェントに登録しておくことをオススメします。 「転職エージェントは転職が決まった人だけが登録するのでは?」と思った方も多いでしょう。その考え方は間違っています。 「今すぐに転職をする気はないけれど、今の会社よりも良い条件の求人があったら転職をしよう。」 「将来のキャリアプランをプロのキャリアアドバイザーに相談しよう」 という気持ちで転職エージェントを利用している人はたくさんいます。 日頃より転職を視野にいれ、転職エージェントに登録するなど、転職の準備をしておきましょう。

人間関係にきつい、つらい思いをし、前の会社を逃げるように退職しました。 貯金はあったので退職してからゆっくり転職活動をしようと思っていました。 ただし、意外に転職活動にはお金がかかり、貯金がなくなってきたのでじっくり会社を選べず、悔いの残る転職活動になりました。

前の会社が体育会な社風でしんどいため逃げるように転職をしました。 ある程度業界で有名だったので大丈夫かとは思っていましたが、入ってみたら前の職場よりも過酷な社風でした。 すぐに出て行きたいですが、さすがに4ヶ月では再転職は難しそうなので我慢するしかありません。。

転職に成功した20代の体験談

転職に成功した20代の体験談

転職で成功した方に共通していることは、自己分析がしっかりできていることです。 転職の目的を明確にし、転職先に求める条件を絞り転職活動をすると理想の企業へ転職ができるでしょう。

第二新卒ということで、少し強気に「今よりも給料を上げること」「外回りの営業ができること」の2つの条件で会社を絞り選考を受けました。 未経験ながら面接もあまり落ちず、希望通りの会社に入社できました!

プライベートの時間が全く取れない会社でこのまま辛い環境で我慢して仕事をしていても何も得られないなと思い、転職を決意しました。 転職の面接では「なぜやめるのか」を結構しつこく聞かれた気がしますが、きちんと自己分析をしていたおかげもあって回答には苦労しませんでした。 準備を怠らなかったおかげで今の不満を払拭できる労働環境がしっかりした会社に入ることができて大満足です。

新卒の時はいわゆる学歴フィルターに引っかかり大手企業には引っかかりませんでした。 しかしながら、私が入社した会社の最大手の企業が中途で大量採用を行なっていると聞いたので、応募しました。 面接で2年半やってきた業務内容を高く評価してもらい、新卒の時には考えられなかったような大手企業に入社ができました。

20代向け転職エージェントの選び方

20代向け転職エージェントの選び方1:希望職種の掲載数

一番大事なのは希望職種の求人が多いという部分です。せっかく転職エージェントに登録したのに、薦められる会社が全て自分の希望と全く違うものであれば転職エージェントに登録している意味もなくなってしまいます。 自分の希望職種が明確であるのであれば、その転職エージェントがどんな職種を主に扱っているのかを調べておきましょう。

20代向け転職エージェントの選び方2:20代の求人数

転職エージェントと言っても20代に強い転職エージェントや、30代、40代に強い転職エージェントなど、年齢によって転職エージェントの選び方も変わってきます。20代なのであれば20代向けの転職エージェントを探しましょう。

20代向け転職エージェントの選び方3:個人情報の保護性

転職エージェントを選ぶ上でのポイントとして、個人情報保護に積極的に取り組んでいる転職エージェントを選ぶというのも大事なポイントです。プライバシーマークを取得している様な転職エージェントであれば、優良な転職エージェントが多いですし、やはり安心も出来ます。

20代におすすめの転職エージェント10選

20代におすすめの転職エージェント10選

20代におすすめの転職エージェント1:DODA(デューダ)

DODAは、パーソルキャリアが運営する大手転職エージェントで元は学生援護会が発行していた転職情報誌であったものです。 DODAの特徴は求人件数の多さでしょう。他にも特徴があるので紹介します。 ・大手だからこその求人数キャリアアドバイザーの質求人業界の多様さ若い層の利用求人 上記の4つが大きな特徴です。

20代におすすめの転職エージェント2:マイナビエージェント

「マイナビエージェント」はマイナビグループが運営している大手転職エージェントです。 首都圏&関西圏を中心に求人が多く、特に新卒の方から人気がありますが、20代からの転職に関しても実績を広げており、人気のある転職エージェントです。 また「マイナビエージェント」でしか第二新卒の募集を出していないという企業も多数あるので、20代で転職を考えている方にはかなりおすすめの転職エージェントです。扱っている職種などもジャンルが幅広いので、どんな希望職種でも必ず自分の探している物が見つかります。 「マイナビエージェント」は独自のネットワークを保有し、転職先として提携している企業が15,000社以上あります。この求人数は業界の中でもトップクラスです。 マイナビエージェントの最大の特徴は業界問わずに営業職の求人がとても豊富という点です。

20代におすすめの転職エージェント3:リクルートエージェント

「リクルートエージェント」はリクルートグループが運営している大手転職エージェントサービスです。リクルートは圧倒的な求人数が特徴としてあります。他にもリクルートエージェントの特徴を紹介します。 ・圧倒的な知名度とブランド力大手企業の求人が多数転職支援実績が業界トップ転職の進捗を管理できるマイページ このような特徴が挙げられます。

20代におすすめの転職エージェント4:パソナキャリア

パソナキャリアは大手転職エージェントの1つであり専門のアドバイザーが特徴的な転職エージェントとなっています。 ・求人の質が高いサポートの幅が広い専門アドバイザーの質が高い 以上の3つが特徴的な転職エージェントです。

20代におすすめの転職エージェント5:ハタラクティブ

20代におすすめの転職エージェント5:ハタラクティブ

ハタラクティブとは、未経験やフリーターからの転職などが特徴的な転職エージェントになっています。その他特徴として ・若い層に強い未経験求人が多いアドバイザーのきめ細かいサポート の以上4つが挙げられます。

20代におすすめの転職エージェント6:ワークポート

20代におすすめの転職エージェント6:ワークポート

ワークポートはキャリアアドバイザーのサポート力、情報キャッチアップ力などアドバイザーの質の高さが特徴的な転職エージェントです。他にも ・若い層に強い未経験求人が多いアドバイザーのきめ細かいサポート などの特徴があります。

20代におすすめの転職エージェント7:レバッテックキャリア

20代におすすめの転職エージェント7:レバッテックキャリア

レバテックキャリアはIT業界に非常に強くそのため、面接のサポートなどからも専門的な細かい部分まで突き詰めてくれます。他にも ・内定率が高いアドバイザーの質IT業界に強い などの特徴があります。

20代におすすめの転職エージェント8:type転職エージェント

type転職は歴史が長くそのため、大手転職エージェントにもない独占求人が多くあるのが特徴的です。他にも ・大手サイトにはない独占求人が多い求人数が多い営業職、エンジニア職に強い などの特徴があります。

20代におすすめの転職エージェント9:ビズリーチ

20代におすすめの転職エージェント9:ビズリーチ

ビズリーチはハイキャリア向けの転職エージェントです。そのため使うにいくつかの条件や場合によっては転職が難しいものとなっています。他にも ・ハイキャリアの求人が多い年収1,000万が以上の求人が全体の1/3エージェント数が他の転職エージェントより豊富スカウト機能が充実している などの特徴があります。

20代におすすめの転職エージェント10:JACリクルートメント

20代におすすめの転職エージェント10:JACリクルートメント

JACリクルートメントは外資系に強いとされている転職エージェントです。そのため専門性もたかくサポートも優れています。他にも ・コンサルタントの質が高い質の高い求人が多い教育が徹底されているためサービスが良い などの特徴があります。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職を考えている人には、「転職サイト」というものも転職エージェントと同じくらい身近になるのではないでしょうか。 簡単に基本的な違いをご説明します。 転職サイトとは 転職サイトは、さまざまな求人が掲載されているWebサイトです。基本的には求職者が自分で求人を検索して応募する形式になっていますが、現在はほぼすべてのサイトでスカウト機能があります。 転職エージェントと比べるとサポートは少ないですが、履歴書のテンプレートなどが掲載されていることが多いです。 「リクナビNEXT」などが代表的です。 転職エージェントはどこが違う? 転職エージェントの概要は前述のとおりです。見てわかるように、キャリア相談や面接対策など、しっかりと転職活動をサポートする体制があります。

転職エージェントを使う時の注意点

転職エージェントを使う時の注意点1:嘘をつかない

転職活動を行う際に大手に入りたい、年収を上げたいなどより良い条件で働きたい欲から嘘をつく人は多くいます。もし嘘がうまく行けばいいこともあるかもしれませんがかなりのリスクがあります。 リスクの内容としては内定取り消し、求人媒体から紹介されなくなる、社内での居心地が悪くなる、解雇されるなどのリスクがあります。最悪の場合、罰金や賠償金が発生する恐れも考えられます。 しかし中にはつくべき嘘も存在します。「御社が第一志望です」などこれは社交辞令に近いところもありこの様な嘘のないものなので問題はないでしょう。

転職エージェントを使う時の注意点2:複数の転職エージェントから同じ求人に応募しない

多くの求人企業は複数の転職エージェントを使い求人を行っていて、これはより良い人材を採用できる可能性が高くなるなど様々な要因があるためです。そのため違う転職エージェントに同じ求人があるといったケースは当たり前に起こることでしょう。 ここで注意しなければいけないのは複数の転職エージェントから同じ求人に応募する事です。 同じ求人に複数の転職エージェントから応募することにより、同じ求職者から応募がきた企業は転職エージェントの選定をする必要が生まれ、また転職エージェント側からすると他のエージェントとの掛け合いが必要になります。 そのため複数の転職エージェントと企業間で揉め事に発展するケースも考えられ、悪い印象を受けるためこの行為は避けましょう。

失敗しないための転職エージェント活用方法

失敗しないための転職エージェント活用方法1:こまめに連絡をとる

転職エージェント登録後、こまめに連絡を取りましょう。 それにより、キャリアアドバイザーと仲良くなり、そこからの情報を得ることができます。 また常に新しい求人が更新されているため、いち早く、自分の希望条件求人に出会える確率があがることでしょう。

失敗しないための転職エージェント活用方法2:自分の意思を伝える

キャリアアドバイザーとしては転職が決定させる事で利益に繋がるので、やはりどんなキャリアアドバイザーでも決定を急かす事もあります。 しかしもし希望職種でない職種で転職を勧められた場合はハッキリと自分の意思を伝えましょう。キャリアアドバイザーがどれだけの事をしてくれていたとしても、お互いの利害を合致させる関係であればこちら側もしっかりと意見を伝えなければなりません。

失敗しないための転職エージェント活用方法3:複数に転職エージェントに登録する

転職エージェントを選ぶ上でのポイントとして、個人情報保護に積極的に取り組んでいる転職エージェントを選ぶというのも大事なポイントです。プライバシーマークを取得している様な転職エージェントであれば、優良な転職エージェントが多いですし、やはり安心も出来ます。 転職エージェントを複数利用するという事がNGというルールはないので、そこは気にしなくて良いでしょう。また、担当コンサルタントと相性が合わないとわかったら他社サイトに切り替えるというやり方もありますが、それでは無駄な時間が出来てしまいます。なので、最初から複数登録しておくのが賢い利用方法と言えるでしょう。

20代が転職に成功するためポイントまとめ

1分でわかるこの記事の要約
  • 初めての転職は転職エージェントを使うと円滑に進む
  • 転職エージェントによって得意な業界が異なるため複数の転職エージェントに登録する
  • 20代の転職はあまり実績、経験が問われない

挑戦をする転職なら20代までと言っても過言ではありません。20代前半であれば、未経験分野にもチャレンジしやすいでしょう。 社会人として最低限のスキルが身についていれば、ポテンシャル採用といった形で、採用をしてもらえます。 面接では、経歴を気にしすぎず、将来のことに視点を置きアピールをしましょう。 20代後半になると、ある程度のスキルを求められることになりますが、面接で重視されるのは、「将来性」と「志望動機」です。30代になると「今までの経験」を重視されてしまいます。 30代は未経験分野のチャレンジが不可とは言いませんが、難しいでしょう。 年を重ねるごとに転職のハードルは上がってしまいます。 20代のうちにいろいろなことに挑戦し、スキルを身につけ将来の可能性を広げましょう。 厚生労働省が毎年実施している調査などもあるので、転職先を選ぶ際は参考にしてみてください。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング