IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

電話が怖い?|電話の非通知や着信音が怖い際の克服方法

ビジネスマナー

電話が怖い・・という方は、現代には多いようです。電話が怖いと人としてのマナーに支障が出たり、ビジネスシーンでも困難が起きます。人はどのような電話で怖いと感じるのか、怖い時にはどのように対処したら良いのかを説明していますので、参考にしてください。

更新日時:

非通知の電話が怖い理由

非通知というだけで、「なんだか怖い」と感じてしまう方は多いことでしょう。しかし、世の中には全く怖くない方もいますし、誰かを知るために躊躇いなく非通知に出る方もいます。では、非通知を怖いと感じてしまう理由はなんでしょうか。人それぞれの経験に基づく理由もありますが、一般的に多い理由について見ていきましょう。

夜遅くにかかってきたので怖い

深夜に誰か分からない非通知がかかってくると、電話嫌いでなくても怖いと感じる方が多いようです。ホラー作品の影響もあるようですが、電話帳に入っていないから名前が出ないのではなく、非通知で誰か分からないという電話は深夜には怖く感じられるようです。

誰か分からないので怖い

最も多い理由ですが、名前どころか電話番号も出ない非通知は本当に誰か分からないため出たくない=怖いと思う方が多いとされます。以前に非通知で出た時にあまり良い印象が無かった方や怖いと言える経験がある方は、非通知に対して怖いと思う方が多いです。

ワン切りだったので意味が分からず怖い

なぜか、非通知でワン切りの着信が来るという方がいます。頻繁に来る場合は何か事情が考えられますが、やましいことがなければ通知するでしょうし、電話で連絡を取り合うほどの知り合いあれば非通知にしないどころか名前が出ることでしょう。 出ない方が賢明かもしれませんが、気になる場合は信用できる人の側で出た方が安心感はあります。中には頻繁ではなくたまに来る場合もあります。この場合は「この電話番号は使われているのか」という調査の可能性があり、正式な電話会社による調査のこともありますが、そうではないこともあると言います。

シチュエーション別、電話が怖い時の克服方法

トピック1006113/要素1263603

バイトを辞める

バイトを辞める事情はいろいろですが、バイトを辞めたいことを電話で伝える時には不安があると思います。働いて長く、ある程度親しい関係性を築けていた時には電話で伝えるとなった時でも緊張感や不安はそれほど無いこともありますが、働いてからそれほど期間が経っていない・上の人と話す機会などがあまりなかった・折り合いが悪かった・言いにくい事情で辞める時などは電話することに対して不安があることでしょう。 バイトを辞めることは辞めた後に関わることがないため、電話でバイトを辞めると伝えることに関して「なんて思われるだろうか」と不安に思う方が多いとされます。メールでバイトを辞めると伝えるよりは誠意がありますが、直接的に声で話しをするため緊張して当然です。そもそも電話に抵抗がない場合はバイトを辞める電話に関しても多少の緊張で済むようですが、端から電話が苦手の場合はバイトを辞めることを伝える電話は難しいことも気持ち的に生じます。 辞めることはちゃんと伝えなければならないため、深呼吸をして神経を落ち着かせることが大事です。言う内容をメモに書いて読み上げるように伝えると、伝えたいことが伝わります。

休む

バイトや正社員としての仕事を休む時、電話をするといったシーンは多くあります。バイトを辞めることは直接的に伝えることができたとしても、休むことは直接的に伝えることができない場合が多いものです。たとえば、風邪を引いた・急に親族がなくなった・予期せぬ事態が発生したなど、事前に決まっていなかったことが突如として起きてしまった時には電話かメールで伝える他ありません。 メールで伝えると誠意がないと思われることもあるため、またメールアドレスは知らないといったこともあり、電話で伝えることが基本とされています。休むことを電話で伝えることが怖いと感じる理由は「休むと言ってどう思われるか」が最も多い理由で、辞めると違って次にまた行くことになるわけですから、どう思われるのかという不安はつきものです。 理不尽な理由で休むのは良くないことですが、こちらとしても突然で仕方なく休まなければいけない時は起こり得ます。その時はちゃんと、電話で休むことと休む理由を伝えましょう。 バイトを辞める時と同様に神経的に落ち着かせることが大事ですが、突然何かが起きてあたふたしている時は案外すらっと伝えられる時もあります。風邪で声が出ない・電話をできる状況ではないなどの事情がある時は、メール上で電話できない理由を述べながら休むことを伝えましょう。メール手段がない場合は、同じ職場の人に伝言を頼むことをおすすめします。

無断欠席

無断欠席をしてしまった後に、お詫びの電話を入れる時、これは怖いと感じて当然でしょう。もともと電話が苦手ではない方も無断欠席を詫びる電話に対しては怖いと感じる方が多く、「怒られるかもしれない」「嫌な感じで言われるかもしれない」「評価が下がった感じが相手から伝わってきそうで怖い」などいろいろありますが、どれも同じ怖い感情です。 無断欠席をしてしまった理由にもよりますが、無断欠席したことに関して悪いのは電話の相手側ではなく自分側であるため、怖いと思ってしまってもちゃんと電話をして詫びるべきです。可能であれば直接的に伝えることが望ましいのですが、突然赴いて迷惑になることも考えられることから事前にまずは電話で詫びを伝えることが賢明です。 緊張するとは思いますが、無断欠席は悪いことなので発言としての言葉で伝えましょう。どうしても電話が難しい時は手紙を使用し、電話が難しいことを書いた上で心からの謝罪の気持ちを書いて伝えましょう。

歯医者などの予約

何かしらで予約をする時に電話することは、仕事上でもプライベート上でもあります。歯医者などのクリニック系・サロン系・飲食店系・物販系など、現代ではインターネットでメールをして予約ができるところもありますが、個人を特定して店側に危険がないように電話での予約しか受け付けていないところも多いです。 そもそも電話が怖いと感じる方にとっては避けたいことですが、人生の中で一度は予約のために電話をすることはあるでしょう。怖い気持ちはなかなか抜けないものですが、どうしても必要なことに関しては怖い気持ちを振り切って電話しないといけないこともあります。言う内容をメモにまとめ、深呼吸して、怖いと感じて高ぶった交感神経を落ち着かせる工夫をしましょう。

予約などをキャンセル

予約をするではなく、キャンセルするために電話するといったこともあるでしょう。この場合は予約する時よりも緊張するものであり、「キャンセルすることで相手側に迷惑がかかるかも」と考えてしまう自責的思考が関係していることもあります。 予約をしたということは、相手側がその分の席や物を他の人が購入しないように取らないようにキープしてくれているということなので、手間をかけたこともありますが、その物や席が利益になる予定がなくなるわけですから経営的にも心配してしまうかもしれません。 そのような心配をすることは悪いことではありませんが、特と場合によっては柔軟に考える必要があります。予約をキャンセルすることに対して何の自責もない方に比べたら優しい気持ちの持ち主ですが、そのことで怖いと感じて電話できず当日になったら良くありません。また、ギリギリになって予約キャンセルすることも相手側にとっても好ましくありません。 予約のキャンセルは早めに行うことが相手のためにもなりますので、怖い気持ちで日付を伸ばさないように踏ん切りをつけたいところです。相手のことを考える気持ちの他、これまでの場合と同じように「相手にどう思われるのか」という点が重点になっていることもあります。

電話での反応が怖い

トピック1006113/要素1263604

電話に限らず「相手にどう思われているのか」と気になって仕方がない方は電話相手の反応を気にする傾向があり、反応が怖いと感じる方が多いです。しかし、電話の反応が怖い理由は他にもあり、過去に理不尽な嫌な反応をされた経験がある方も電話相手の反応に対して怖いと思いやすい傾向にあります。 基本的に、会社や病院など個人以外の事業としての場所に利用者側として電話する時は悪い反応をされることはあまりありません。特に今の時代は世間的評価を気にする事業が多いことから、むしろ気をつけているところが多いとされます。 問題となるのは自身が務めている会社に連絡する時や個人に電話をする時であり、会社に電話する時はよっぽどのことがなければ悪い反応はないかと思いますが、個人に連絡するような仕事をしている方は利用者によって反応が大きく異なることから良くない経験をしたことがある方も多く、怖いと感じることがあるようです。 こちらの内容だけを伝える電話や伝える内容が決まっている電話では緊張も和らぎますが、相手とのやり取りで成り立つ電話や伝える内容は相手の反応をみて決める電話では、電話に恐怖感を抱く方は怖いと感じやすいです。目の前に相手がいるような感覚で話すと、やり取りのイメージがしやすくなります。

電話の着信音が怖い際の対処方法

着信音すら怖いと感じる場合は、電話恐怖症と呼ばれる恐怖症かもしれません。着信音が鳴るだけで怖い気持ちが生じる・悪い意味でドキドキしてしまう・聞きたくない上に不快感がすごいなど、電話に関係した着信音すら受け付けない場合はなかなか克服が難しいこともあります。 対処法としては、慣れていくことです。慣れるまでには時間を要することを前提に、着信音を聴き慣れるためちアラームを活用して鳴らしてみる・親しい人に電話練習の相手をしてもらうことを行うと少しは軽減されます。誰かとシミュレーションとして電話練習をすることが最もな対処法で、恐怖症改善にもつながります。

電話が怖い人は多い!改善のためには慣れることが大事

トピック1006113/要素1263615

現代はメールなどが普及したせいもあってか、電話恐怖症の人が多いと言われています。メールというツールが普及する前は電話か手紙が主流で、すぐに練習となると電話しかありませんでした。しかし、その時代を過ごした中にも電話恐怖症の人はいるため、これまでの電話に関係した経験が関係していることもあります。 電話に対する恐怖心は限られた電話内容の時に生じる場合、落ち着いて伝える内容を書き留めた上で電話をすることで電話を済ませることができます。電話恐怖症というように電話であればいずれの内容でも怖い場合は、親しい人に電話練習の相手をしてもらったり、電話の着信音に慣れることから始めると電話に対する恐怖心を軽減させることができます。

アクセスランキング