IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【男女別】男性・女性別の結婚で後悔したこと・理由

家事

早く結婚して幸せな家庭を築きたいと望んでいたのに、いざ結婚してみたら「こんなはずじゃなかった」と結婚を後悔している方が、男女ともに多いでしょう。ここでは、結婚した男女の後悔した事例を見ながら、後悔しないためにはどうしたらいいのか、その秘訣をご紹介しています。

更新日時:

【男女別】結婚して後悔した理由とは?

トピック1005412/要素1224665

結婚に夢を持っているのは、なにも女性だけではありません。男性にだって理想の結婚はあります。そんな夢と希望にあふれていた理想の結婚だったのに、実際に結婚してみたら、こんなはずじゃなかったとか、思っていたのとは違うなど、後悔の念を抱いてしまった人もいるでしょう。 もともと性別も違うし、育ってきた環境だって違います。男性も女性も、自分の思いどおりにいかないのは当然なのです。でも、結婚に夢を見ている場合は、それに気づきません。 結婚の後悔は、それこそ結婚してからでは遅いのです。ですから、今回は実際に結婚されている人が感じている後悔や理由をご紹介してみましょう。ぼんやりと結婚を考えている人も、実際に結婚のプランを考えている人も、1つの意見として参考にしてみてください。

お見合い結婚で自分に責任が持てなくなる

現代の結婚は恋愛結婚が多いでしょう。お見合い結婚というと、昔よく行われたという印象があります。お見合いは、それまで見たことも聞いたこともない人と会い、その人と結婚するということですから、恋愛を優先したいという人が多い現代では、初対面の人と家庭を築くのを想像するのは難しいです。 他にも、お見合い結婚の場合は、自分で好きになって相手を選んだわけではなく、また交際期間も短いので、あとで性格の不一致が発覚しても「自分が望んだわけではない」と行動に責任が持てなくなってしまいます。また、お見合い結婚だと親や周りのプレッシャーが大きく、第三者や家族間のつながりができてしまうので、簡単に別れることができません。 まとめると、交際期間が短いこと、自分の判断に責任がもてないこと、外部からのプレッシャーが大きいこと、この3つがお見合い結婚における後悔になります。

スピード婚で相手をよく知らないまま結婚する

とにかく結婚したい、と急いで結婚してしまうことを「スピード結婚」といいます。世間の認識では、だいたい半年以内に結婚する場合を指します。これは、とくに出産年齢にかかわっている理由から、男性よりも女性の方が多いです。そのため、早く結婚したい女性からしたらスピード結婚はうれしいものですが、その早さゆえの後悔も多いです。 その後悔で最も多いのは、離婚率が高いことです。周囲からも離婚しそうに見られてしまいますし、実際に離婚するケースも多いです。また、お付き合いの期間が短く、相手のことを理解しないまま結婚することによって、「結婚と交際は違った」と後悔するはめになります。好きな人であれば何でも許せるのが理想ですが、その許容範囲も、交際期間が短いために許せない範囲のものだった、とあとで判明するのです。 このように、スピード結婚では、相手のことを知らないまま結婚することが後悔になっています。

低収入の男性と結婚する

お金に関する問題は色々ありますが、結婚の場合でも発生します。男性のほうが一般的に収入は多いので、特にこれは男性の問題になりますが、低収入の男性と結婚して後悔している女性は多いです。お金がないと生活にも精神的にもゆとりがなくなってしまい、ケンカが絶えなくなるケースが多いです。 また、昔と違い、男性が大黒柱となって働き、女性は専業主婦として家を守るという形態ではなくなり、今は女性も男性と変わらず、もしくは、女性のほうが男性の収入を上回っている場合もあります。もともと男性のほうがプライドが高い人が多いので、収入で負けていることは、それだけで家庭不和につながります。 結婚前は、愛があればお金がなくても良いと思っていても、お金がない状態が続くと心がすさんでしまうため、低収入の人との結婚には後悔がつきものです。この件に関しては、男女というよりも、男性の低収入での結婚が後悔につながることが多いです。

結婚相談所で焦って決めてしまう

最近は結婚相談所を利用している人も多いですが、この結婚相談所を利用して結婚した場合の後悔はどうでしょうか。結婚相談所はシステム上、交際期間に上限があります。そのため、相手の性格を知る前に決めなければならないと焦って結婚を決めて、後悔してしまうのです。 交際期間が短いことや、第三者に紹介してもらうということから、スピード結婚やお見合い結婚に通じるところもありますが、結婚相談所で結婚した場合は、主に自分の落ち度を後悔するケースが多いです。スピード結婚やお見合い結婚の場合は、相手や周囲が原因の後悔ですが、結婚相談所での結婚は自分への後悔になります。

お金と愛のどちらかが欠けている

相手がお金持ちだからという理由で結婚するのは、そもそも褒められることではないので、後悔以前の問題ではあります。しかし、現代社会はリストラや年金問題、増税など、お金に関する問題が多いこともあり、きれいごとを言っていられるような状況ではないことも事実です。 この場合後悔するかどうかは、やはり本人の気持ちの持ちようです。例えば、お金持ちの男性が女性にプロポーズした場合を考えてみましょう。プロポーズの段階では、男性には好きな気持ちがあるが、女性にはその気持ちはないとします。でも、結婚生活を続ける中で、男性を好きになれれば女性の後悔はなくなります。でも、男性を好きになれなかった場合は、後悔と共に離婚にまで至ってしまうでしょう。 上でわかりやすく例を出しましたが、これは男女逆でも同じです。結婚は、お金だけでも愛だけでも後悔につながってしまいます。

結婚指輪にありがちの後悔したポイントとは?

トピック1005412/要素1248586

結婚指輪を選ぶことは、男性にとってとても大切なことです。それは、受け取る女性にとっては、結婚式と同じくらいに夢をもっているものだからです。1番大事なのはもちろん気持ちですが、形となって現れるものですから、なるべく女性の望みを叶えてあげたいものです。それに失敗すると、やはりここでも後悔してしまうことになります。そこで、女性視点から後悔した点について見ていきましょう。 まず、「デザインに飽きた」という意見があります。結婚指輪は毎日つけるものです。シンプルすぎても華美すぎても後悔することがあります。そのため、選ぶ基準は「自分がずっとつけていられるか」にかかっています。まずは、その点に注意しましょう。 次に、「妥協して選んでしまった」ことです。これは、値段や相手の好みを優先したがために起こる後悔です。結婚指輪は買い替えがききません。本当に欲しかったものをもらえないと、ずっと後悔が続いてしまいます。

結婚後悔症候群ってどういうこと?

トピック1005412/要素1248631

結婚後、「こんなはずじゃなかった」という理想と現実とのギャップから、うつ病になってしまうケースがあります。これを「結婚後悔症」といい、その状態であることを「結婚後悔症候群」といいます。これは、結婚生活の理想が高い人や、結婚相手には厳しい条件を課している人がなりやすい傾向にあります。他には、女性特有になりますが、夫が家庭よりも仕事や自分を優先するケースでも当てはまります。 具体的な例だと、新婚旅行でお互いの素を知ってしまったがために成田離婚に至るケースや、結婚前には尽くしてくれていた男性が夫になったら豹変したケースがあります。高すぎる理想があったり、スピード結婚をした場合に多く見られます。そうならないように、結婚する前にきちんと話し合い、また結婚後にも相互理解をはかれるように、お互いの協力が必要になります。

結婚後の退職で後悔したことは?

トピック1005412/要素1248677

結婚して仕事を辞めるのは、とくに女性の場合が多いです。俗に言う「寿退社」ですが、本人の希望なのか、それとも夫である男性の希望なのか、人によって都合は異なります。ですが、今までのキャリアを捨て、専業主婦となった女性にも後悔している人が多くいます。 1番多いのは経済的理由です。現代社会は男女共働きが多いですが、年金問題や増税などのお金に関する不安は大きいです。他には、周囲との接点がなくなってしまうことです。家事と仕事の両立するために、子供が小さいうちはと専業主婦を選んだものの、両立している友人や元同僚の話を聞くと、退社をするのではなく、育児休暇を利用するべきだったと後悔してしまうのです。

男性も女性もお互いを理解し協力し合おう

トピック1005412/要素1248680

結婚は、男性にとっても女性にとっても人生の一大イベントです。生まれも育った環境も違う相手と一緒になるということは、お互いの協力と理解、そして何より思いやりがなければ続きません。結婚に夢と希望を持つのは悪いことではありませんが、「相手あってこその結婚」ということを忘れないようにしましょう。 「後悔先に立たず」というように、後悔とは後で悔やむことです。結婚する前であれば、取り返しがつかなくなる前に、きちんと考えて行動しましょう。すでに結婚している場合でも、今回ご紹介した後悔したケースを教訓としましょう。ご縁があってパートナーになったのですから、後悔しないためにも、常日頃から意思疎通を大切にするようにしましょう。

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)