IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「エリートネットワーク」の評判と特徴|サポート/活用方法/口コミ

転職サービス・サイト

小規模な企業なら絵ではの、きめ細かなサービスで知られている転職エージェント、エリートネットワーク。たくさんある転職エージェントを選ぶ際に役立つ、エリートネットワークを実際に利用した人たちの意見・ネット上のさまざまな評価を取り上げ、まとめました。

更新日時:

転職エージェント「エリートネットワーク」とは?

エリートネットワークは手厚いサービスで知られる少人数体制の転職エージェントです。社員はリクルート出身の方が多く体育会系で、その名の通り”エリート”なハイクラスの求人案件を多く取り扱っています。履歴書の添削サービスは、転職希望者の甘えをなくすためにやらないなど、こだわりの強い会社です。 実際に、どんなメリット・デメリットがあるのか、どんな人がエリートネットワークを利用するとよいのか見ていきましょう。

エリートネットワークの転職エージェントランキングは?

dodaによるランキング11位

「doda」が合計500名に対して実施した大手総合転職エージェント企業16社の評価に関するアンケートによると、エリートネットワークは総合評価第11位。求人の質・量の項目では9位、提案力では12位と順位を下げましたが、サポート体制という項目では6位で、小規模企業ならではのきめ細かなフォローが評価されました。特徴としては、ハイキャリア案件が多く、経験の少ない人にとってはハードルが高すぎる、都内の案件しかないとの声が上がりました。

エリートネットワークを利用するメリットとは?

「エリートネットワーク」その名の通り”エリート”案件が強み!

ほかの転職エージェントに比べ、ハイクラスの求人案件が多いです。大手会社の海外進出責任者、大手外資系のマネージャークラスなど、大中小問わずハイキャリアの案件が豊富で、希少価値のある案件などバリエーションに富んでいます。個性的な案件が多いという声があがりました。

普通の転職エージェントではみられない高年収の求人が見つかる

”エリートネットワーク”という会社名の印象通り、”エリート”な求人案件、年収1000万円以上の求人も多くみられます。

評判通りの手厚いサポート

初めの面接で、転職希望者の志望している職種、理由、長所や短所などに真剣に耳を傾け検討し、アドバイスをしてもらえます。担当のキャリアコンサルタントから厳しいことも言われるため、嫌になってしまう利用者も多いですが、逆に 「とても有効で自分のためになる面接だった」、 「自分の甘えを実感し、切り替えることができた」 などの意見もあります。面接後は、担当者が転職希望者に合った会社を選び紹介するという流れです。短期間で転職を成功させた方もおり、サポートの手厚さがうかがえます。

エリートネットワークの”ハイキャリア案件”とは異なる意見もある

実際に利用した転職希望者の声

転職評価会議というブログの管理人が実際にエリートネットワークのサービスを利用した結果、 非公開求人のバリエーションが少ない、 応募書類作成へのサポートが少ない、 などの不満を感じたことを公表しています。登録などの手間に対して求人の質が良くなかったため管理人はエリートネットワークを退会してしまいました。エリートネットワークは利用の際面談が義務付けられていますので、利用する方も限られてきます。 ネット上の評価ではハイキャリア求人が多いとされていますが、実際に利用した管理人の意見は、ハイキャリアの求人というより技術職やエンジニア関係の職が多いというものです。エリートという名前からハイクラスの求職者向けの転職エージェントという印象を受けますが、実際には20代~30代向けの求人が多いと語っています。

デメリットに会社の方針である「応募書類作成へのサポート」を挙げていますが、エリートネットワークの掲げる方針やこだわりを最初に知っていれば自分には合わないことが明確になり、無駄な時間を省くことができたでしょう。

エリートネットワーク利用者が語るデメリットとは?

転職求人案件が都内に集中している

2017年に行われた、非公開求人含む各都道府県の求人案件数の調査によると、都内は約12600件、そしてその他の地域ではだいたい1000件~2000件程度で、利用者の口コミ通り都内の案件が圧倒的に多いことが明らかになりました。 特に、北海道・中国四国など都心から遠い地方、そして海外では、求人案件数が500件以下となっているため、このエージェントは都内で働く求職者向けであるということがわかります。

面接が面倒

エリートネットワークのサービスを利用する際、オフィスでの面接は必須となっています。 ほかの大手エージェントでは面接なしに転職手続きを進めることのできる会社も多く面接を面倒に感じた、という声もあります。面接をしなければならない面倒さのわりに、サポートが期待していたほどには良くなかったという不満の声も上がりました。

担当のキャリアコンサルタントと合わなかった

登録後、担当のキャリアコンサルタントが決められます。面接はその担当者とすることになりますが、失敗した利用者の多くが「担当者と合わなかった」と語っています。 エリートネットワークの社員は、リクルート出身の方が多く、「軍隊的」とよく例えられるリクルートと会社の気風が似ています。 公式ウェブサイトや、インターネット上の転職会社比較サイトでも述べられているように、 エリートネットワークは転職希望者の甘えを許さないために、応募書類の添削などのサービスを行ってないなど、少しクセのあるエージェントです。 面接に行った際に、「もっと大きな声で挨拶できないのか」などの注意をされた人もいるような、体育会系なエージェントなので、人によってはエリートネットワークの転職希望者への態度に驚くことも多いことを把握しておきましょう。

案件を中々紹介してくれない

「年収1000万円以上という魅力的なハイクラス求人案件が多いのに、  なかなか紹介してくれなかった」 「少ししか紹介してもらえず、不満」 という意見もあります。この転職エージェントは数よりも質重視で、転職者が希望している求人案件の条件が高いため、自分の思っていたような求人を紹介してもらえなかったり、少しの会社しか紹介されないこともあります。

面接後、扱いが雑になった

オフィスでの面接ののち、担当のキャリアコンサルタントからの連絡がなかなか来ず、利用者から連絡しても適当に返された、連絡が途絶えてしまったなどの声も上がっています。 実際の利用体験談がありますので、紹介していきます。

面談後に連絡が途絶えるケースもある

利用者Aさん(男性)

利用者Aさん(男性)は、エリートネットワーク登録後オフィスでの面談を行いました。その面談の際に、担当のキャリアコンサルタントのやる気のなさを感じ不信感を持ち始めました。 実際に転職サポートが始まれば、必要最低限のことはしてくれるだろうと思っていたAさんですが、実際に求人提案を受けたりする中で、求人票の詳細について電話で問い合わせをしたところ、その後1週間たっても連絡がなく、そのままエリートネットワークの利用をやめてしまいました。 保険として、登録していた別エージェントでは担当者との相性も良く、転職活動はスムーズに進んだこともあり、やはり大手エージェントのほうが信頼できる、常識的だと感じたそうです。 この体験者は最初の面談の時点でエリートネットワークへの不信感を抱き始めました。 そのうえ連絡が途絶えてしまい、結果ほかの大手のエージェントで転職活動を続けることになりました。

利用者Bさん(男性)

「いくつかエージェントを利用しましたが、30代で平社員の自分のような人材は、あまりお呼びではないようでした。」 利用者Bさんはこう語っています。営業経験10年以上のキャリアがあったのにもかかわらず、該当求人がなかったようで、始めの銀座オフィスでの面談以降は担当のキャリアコンサルタントからの連絡が途切れてしまい、その後はたまにメルマガが届く程度のやり取りで終わってしまいました。 登録前は、小規模エージェントならではの決め細かい転職サポートを期待していたBさんですが、「実質的には転職させやすい候補者を優先的にサポートしているのでは」と疑ってしまい、エリートネットワークでの転職を断念しました。

利用者Cさん(男性)

利用者Cさんは、エリートネットワークで気になる非公開求人をみつけ、その確認のためにオフィスでの面談を行いました。 彼の担当のキャリアコンサルタントから、「応募する」と言われたきりで、まったく音沙汰がなく、しばらくしてからCさんのほうから確認の連絡をすると、「ご縁がなかった」という言葉、そして簡単な理由とともに返事が来たそうです。Cさんは、応募すらしていなかったんだろうと感じ、エリートネットワークを利用するのを中断しました。 Cさんが面談をしてみて感じたのは、本当に優秀な人材のみ企業に紹介しているのだろう、ということです。適当な情報ばかりで本質な情報を得られず、時間の無駄だったと感じ、エリートネットワークはお勧めすることができないエージェントだと語っています。 高学歴でバイリンガルなどスペックが高い方にはお勧めで、そうでない方は適当にあしらわれほとんど何も協力してくれない、というのがCさんの見解です。

キャリアコンサルタントとの連絡が途絶えてしまうことある

利用者の声からわかるように、面談後、担当のキャリアコンサルタントとの連絡が途絶えてしまうことがたびたび起こります。小規模企業ならではのきめ細かなサービスで評価されている会社だと期待して利用し不満を持つ方が多いです。エリートネットワークは、企業に紹介する前に会社内で転職希望者の人選をするという仕組みとなっています。

エリートネットワークでの転職成功例【実際の利用者の体験談】

利用者Dさん(女性)

利用者Dさん(女性)は、担当のキャリアコンサルタントからお説教、そして転職論のようなものを語られ、驚き少し不満に思いながらも面談を終えました。 彼女の条件は、エリートネットワークの求人案件の条件にマッチしたようで、転職先を紹介されました。エージェントが押したい求人への応募要請が少し強引でとまどいましたが、求人案件の年収の良さや勤務条件の良さに感心し、ほかのエージェントよりも求人の質はこだわっているとの印象だったと語っています。 Dさんは2社書類応募通過のち、1社無事内定を獲得し、エリートネットワークを通しての転職活動に成功しました。いろいろ驚かされたりバタついたりすることもあるエージェントでしたが、求人の質は悪くなかったと述べています。

Dさんの体験談はマイナスな要素も含んで紹介されていますが、成功した利用者の意見はエリートネットワークの特徴の一つであるきめ細かなサポートへの評価が高く、転職後の収入にも満足している方がほとんどです。

利用者Eさん(女性)

利用者Eさんのエリートネットワークでの経験は、かなりポジティブなものです。 彼女は初めての転職でこの転職エージェントを利用しました。キャリアコンサルタントの方との相性が良かったので、とても満足していた様子です。Dさんは、 ■早慶以上の大学院卒 ■20代後半 女 ■現職:20名弱のIT企業で管理部門全般担当 ■希望:東証一部上場企業の経理職 上記のような高学歴・ハイキャリアな方で、初めてのキャリアカウンセリングで担当のキャリアコンサルタントから「Dさんなら絶対転職できます!」と言ってもらえたそうです。 ちょうど現職の社長からのパワハラ発言で精神的にものすごくダメージを受けていたときだったそうなので、このキャリアコンサルタントの方の言葉に非常に感激し、救われたといっています。そして、その日に受け取った求人票から応募して1ヶ月程度で3社(すべて東証一部上場企業)から内定を獲得し、無事転職成功を収めました。 「面接対策や、内定が出たあとの面談など、本当に親身にご対応いただきました。」と彼女は語っています。 サイトの口コミですと、かなり評判が悪いですが、Dさんの印象では、マッチングも考慮せずひたすら大量の求人を送ってくる大手転職エージェントさまよりよっぽどきめ細かいサービスで、エリートネットワークを利用して本当に良かったと思っているそうです。

この女性は高学歴な若年者で、エリートネットワークを通し1か月という短期間での転職に 見事成功することができました。このように、キャリアコンサルタントの手厚いサポートに満足している方もたくさんいます。 やはりここでも「担当者が良かった」「自分に合っていた」という印象を受けるので、エリートネットワークの利用を考えている方は一度面接に行って自分に合うか判断するのもよいでしょう。

エリートネットワークで転職を成功させましょう!

これまでの調査で分かったエリートネットワークの特徴は、 ・体育会系 ・ハイキャリア求人 この2つです。 特に体育会系のエージェントであることを知っておかないと、面接の際に嫌な思いやびっくりしてしまう利用者が多いので気を付けましょう。厳しい言葉は、あなたのためを思ってかけられた言葉です。深く考えすぎずポジティブに受け取り、得られたアドバイスは有効に活用してみましょう。 ・自分の甘えを捨てたい方 ・体育会系 ・自分に向き合いたい方 ・ハイキャリア求人を求める方 はエリートネットワークを利用するのにぴったりです。 体験談ので多かったように、担当のキャリアコンサルタントと合わない可能性も十分にあります。ほとんどの場合面接ですぐに分かることなので、一度オフィスに足を運ぶことをお勧めします。

関連タグ

アクセスランキング