IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

レタスの冷凍保存方法・保存期間|おすすめの解凍レシピ3選

家事

毎日の野菜メニューにお困りではありませんか?野菜を冷凍することで、野菜レシピの種類をひろげられるとしたら、魅力的ですよね?今回はレタスの冷凍保存方法からレシピまでを一挙にご紹介!栄養満点のレタスで健康的な食生活を目指しましょう!

更新日時:

レタスの冷凍保存方法

野菜は毎日の食卓には欠かせません。そんな野菜は、炒め物やサラダ、スープとしていただくことが多いかと思いますが、どれにでも使えるレタスは毎日の献立を考える主婦にとっては味方です。 しかしレタスを買っても最後の方には、色が変色してしまったり、少し傷んでしまったりはしませんか?そんな方に必見です。レタスはポイントを押さえると冷凍で保存することができるんです。レタスを冷凍保存するためのポイントをご紹介します。 <準備するもの> ・キッチンペーパー ・ジップロック ・銀トレー(急速冷凍の機能がついている冷蔵庫は不要です)

ポイント① 水気はしっかりと拭き取る!

初めにレタスをしっかりと洗います。そして洗ったレタスをキッチンペーパーで水気をしっかりと拭き取ってください。そうすることで、レタスの中の栄養が水で流れてしまうのを防ぐことができますし、冷凍する際に余分な水分をしっかりと拭き取ってから冷凍することで解凍した後の調理のしやすさが変わります。しっかりと拭き取りましょう。

ポイント② レタスは手でちぎる!

しっかりと水気を拭き取ったレタスを適当な大きさに手でちぎります。手でちぎることで、レタスが酸化してしまうのを抑えることができます。包丁で切ってしまうと、金属に触れたところが酸化してしまいます。解凍した後なんの料理に使うかを考えた上でちぎる大きさを決めると調理が楽になります。

ポイント③ 小分けにして「急速冷凍」を!

手で適当な大きさにちぎったレタスをジップロックの中に入れます。ここでたくさん詰めてしまうと、冷凍されるのに時間がかかり鮮度が落ちてしまいます。ですので、たくさん詰め込まずに使う分ずつ小分けにしてください。 そして小分けにしたレタスを冷凍庫の中へ入れます。その際は急速冷凍をしてあげましょう。急速冷凍がない冷蔵庫の場合は、銀トレーをおき、その上にレタスを置くと早く冷凍されます。もし銀トレーがない場合は、アルミホイルで巻いてあげたり、保冷剤の上に置くなどして少しでも早く冷凍されるようにするといいです。

ポイントのまとめ

・しっかりと水気を拭き取りこと。 ・手でちぎること。 ・なるべく早く冷凍してあげること。 以上の3つでレタスを冷凍することが可能になります。しっかりとポイントを押さえてレタスを冷凍してください。

レタスの冷凍保存期間・保存した際の賞味期限

冷凍したレタスは、約1ヶ月間の間保存することが可能です。それ以上になってしまうと美味しくいただけない可能性がありますので、使いきれる分のレタスを保存しましょう。

レタスはそのまま冷凍保存できる?

レタスは、先ほどのように適当な大きさにちぎってから冷凍することが1番オススメです。丸いままのレタスを、そのまま冷凍すると使うときに大変ですし、重なっている部分が多いので冷凍するのに時間がかかってしまいます。 調理する際は、冷凍されたままレタスを調理することになりますので、調理の際に手間がかかります。さらに、丸いままのレタスだと冷凍庫のスペースをたくさん使ってしまいます。できれば冷凍前に調理後のことを考えて、冷凍しましょう。 先ほどの冷凍方法にもう一手間加えて冷凍保存する方法もあります。それはペースト状にしてから保存する方法です。

そのままより一手間加えて冷凍を

ペースト状にしてから冷凍すると、スムージーやスープ、離乳食などに利用ができます。冷凍前の手間は少しありますが、解凍後にすぐ使えますので時短調理が可能になります。 <準備するもの> ・ミキサー ・製氷皿 ・ジップロック ・銀トレー(急速冷凍のためです) <手順> ・洗ったレタスを手で適当な大きさにちぎります。 ・ちぎったレタスをミキサーにかけます。レタスから出る水分でペースト状になります。 (回らない場合は、レタスを何度か押し込んでください) ・ペースト状になったレタスを、製氷皿に入れます。 ・ジップロックに入れ、空気を抜き冷凍します。 なるべく早く冷凍するために、アルミホイルか保冷剤を用いても大丈夫です。

レタスの解凍方法

レタスの約95%は水分です。そのため、解凍してしまうと、一緒に水分も出てきてしまいます。その水分とともに、レタスの栄養(水溶性のビタミン)が流れてしまいます。そのため、冷凍レタスは凍ったまま調理してください。そうすることで、レタスの栄養素を逃すことなく食べることができます。ですので、レタスが溶けた際に出る水分も共に調理して食べれる料理に利用しましょう。

レタスを冷凍しても美味しい?

冷凍したレタスは、サラダにして食べるのには向いていませんが、レタスから出てくる水分も共に食べることができる料理では美味しくいただけます。 冷凍レタスの中から出てくる水分には、たくさんの栄養素が含まれています。ですので、炒め物で言えば最後にとろみをつけるあんかけや、スープとして、またペースト状にした冷凍レタスであれば、離乳食や氷を用いるスムージーの氷としてそのまま利用がオススメです。 レタスにはビタミンEも多く含まれており、そのビタミンEには抗酸化作用があります。ですので若返りのビタミンとも呼ばれており、アンチエイジングの効果や生活習慣病予防にも期待されています。

冷凍レタスのクックパットレシピ3選

レタスを美味しいまま冷凍保存する方法をご紹介してきました。そんな冷凍レタスを使って簡単に調理ができるクックパットレシピを3つご紹介します。

1、レタスのミルクスープ

洋食用のスープにいつもと違った味が楽しみたい方にオススメのミルクスープです。いつもはコンソメ味のスープばかりで味に変化があったらいいなあと考え考案されたそうです。 準備から調理完成まで、所要時間は約20分です。簡単なので他の料理と並行してパパッと調理できてしまいます。寒い日に体も心も温まるレタスのミルクスープで、冬を乗り越えましょう。

2、お好きな野菜で栄養たっぷり卵雑炊

冷蔵庫の中の余り物の野菜をたくさん入れたトロトロの卵雑炊です。 冷凍レタスを入れることでレタスから出る栄養がしっかりとご飯に染み込んでくれるので、レタスの栄養を余すところなく食べることができます。さらに湯葉が雑炊をトロトロまろやかにしてくれます。トロトロしているのでご飯に味がしっかりと絡んで、またさらに美味しさがアップし、野菜もたっぷりなので栄養満点なレシピです。 余った野菜を使うことができるので、家計にも優しいし、体にも優しいです。

3、冷凍レタスdeスープ

冷凍レタスをふんだんに使った中華スープです。他にも冷凍ブロッコリーを使うなどして調理の時間を大幅に削減しています。忙しいママにはぴったりの簡単時短レシピで、後一品足りない時の救世主になってくれます。 野菜が少し苦手なお子さんでも、しっかりと中華スープの味が染み込んだ野菜なので食べやすいです。卵と一緒に食べることでさらにまろやかな味が楽しめる、そんな一品です。

レタスは丸ごと買って、全て食べ切りましょう!

いかがでしたでしょうか?いつもは最後までレタスを使い切ることができなかった方でも、冷凍保存をすることで余すことなく丸ごとレタスを使い切ることができるようになります。 丸ごとレタスは半分にカットし、半分はサラダに、もう半分は冷凍して時短レシピに活用することで、毎日の野菜メニューも楽にしてくれて、凍ったまま調理をすることが大切なので、解凍する手間も省けて、冷凍野菜初心者でも簡単に試すことができます。 小分けにすることで、必要な分づつ出して使うことができて少しだけ余ってしまったなどの心配もなくなります。そうすることで、腐って捨ててしまう野菜が減ることは、地球環境にも家計にも主婦の皆さんのためにもなります。 さらに、一人暮らしで野菜がなかなか摂れていない方でも、日持ちするので丸ごと野菜が買いやすくなります。そしてスープは簡単で量も調節しやすいので、一人暮らしの方にはぴったりなレシピです。ぜひ、皆さんも冷凍して鮮度を保ち、レタスの栄養をあますところなく食べてください。

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)