IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

エリンギの冷凍保存方法・保存期間・解凍レシピ3選

家事

あなたは「エリンギ」が冷凍保存できる食材であることを知っていますか?この記事ではエリンギの冷凍方法や注意点の他にもエリンギを使ったレシピなどを紹介しています。まだエリンギを冷凍保存したことがない方には、ぜひ一度読んでいただきたいです。

更新日時:

魅惑のキノコ”エリンギ”

エリンギは、その独特な食感や風味が癖になるキノコです。「炊き込みごはん」や「天ぷら」さらにはちょっとした付け合わせやおつまみ等々幅広く活躍してくれます。値段もお手頃なので、家計にも優しくボリュームもあるので非常に重宝します。今回は、そんなエリンギの冷凍保存方法やレシピなどをご紹介します。この記事を読んでいただくことで、エリンギの活躍する機会がさらに増えると幸いです。

まずはエリンギについて

エリンギはビタミンなどの栄養を多く含んでいるキノコです。ヒラタケ科ヒラタケ属のキノコであるエリンギの原産地はイタリアやフランスと言われており、日本の店頭で販売されているものは人工栽培されたものです。エリンギは、キノコの中でも食物繊維の量がトップクラスで100gのうち4.3gも含んでいます。 そのため、便秘解消や腸の中をキレイにしてくれます。他にもストレスに対する対策や健康維持、ダイエットなどの助けとなる栄養に富んでいます。女性には特に嬉しい効果を期待できる食材です。

エリンギはそのまま冷凍保存してもいいのかなぁ?

エリンギを冷凍保存する場合はそのまま冷凍保存することも可能です。しかし、冷凍保存したエリンギは魅力の一つである独特の食感が柔らかくなってしまうことがあります。なので冷凍する前に食べやすいサイズにカットしてから冷凍庫に入れたり、先に炒めるなどの工夫をした方がエリンギを美味しく食べることができます。

冷凍エリンギの保存期間はどのくらい?

冷凍保存したエリンギの保存期間は、およそ「1ヵ月」とされています。1ヵ月間もの間保存できるというは非常に便利です。旅行などの長い期間、家を空ける場合でも気にすることはありませんし、少々買いすぎても冷凍すれば1ヵ月の間は保存できるのですから無駄にすることもありません。ちなみに、冷蔵保存の場合は保存方法によって変わったりもしますが大体「1週間」程度なので買ってきたエリンギをすぐ料理に使うのならば冷蔵保存でも問題ありません。

エリンギの冷凍保存方法は?

買ってきたエリンギをなるべく長持ちさせたい時には冷凍保存が持ってこいです。エリンギを買ったはいいが料理に使うまでに期間がある場合や、旅行など長期間家を空ける場合でも冷凍保存ができると助かります。エリンギを冷凍保存?と疑問符が浮かぶ人もおられるかと思いますが、いくつかの注意点を守れば品質をできる限り保ったままエリンギを冷凍保存することが可能です。 エリンギの冷凍保存の方法には「エリンギをそのまま冷凍してもいいのかなぁ?」の項目でお伝えした通り冷凍する前に食べやすいサイズに切ったり、先に炒めたりする方法があります。ここでは、その方法をもう少し詳しく説明していきます。

冷凍方法の紹介をする前に注意点

これはエリンギを冷凍保存する際して、かなり重要な事となるため先にお伝えします。エリンギは水分に弱い性質を持っています。水がついたままのエリンギをそのまま凍らせてしまうと旨味が減ってしまったり臭みが出てしまいます。なので冷凍前のエリンギは水に晒さないようにしましょう。エリンギに汚れがついている場合や、水滴がついた場合などにはキッチンペーパーなどで拭き取ってください。

先に切っておく冷凍方法

こちらは先にエリンギを切ってから冷凍保存する場合の手順となります。その1、まずエリンギを適度な大きさに切ります。この時に根元の石づきという部分を切り落としてください。その2、適度なサイズに切ったエリンギを冷凍することができる保存袋に入れる、またはラップに巻いて冷凍庫に入れます。この時に空気をできるだけ抜いてください。ラップを巻いてから保存袋に入れても大丈夫です。先に切って保存しておけば、次の日に使う場合などに切る手間が省けます。

焼いてから冷凍法

続いて焼いてから冷凍保存する場合の手順です。その1、こちらもエリンギを適度な大きさに切ります。もちろん石づきも切り落としましょう。その2、フライパンに油をひいて適度な大きさに切ったエリンギを焼いていきます。この時に味付けをしておくと味が染みます。なので下味をつけたい場合などには先に味付けをしてから冷凍するのがおすすめです。 その3、焼いたエリンギの熱が取れたのちに冷凍することができる保存袋に入れる、またはラップに巻いて冷凍庫に入れます。空気を抜くことも忘れずに行いましょう。先に焼いて味付けをしておくと、ちょっとした付け合わせにも使えて便利です。料理に使用する場合でも、味付けを先にしておくことでエリンギに味が馴染みやすいです。

そもそもエリンギって冷凍しても美味しいの?

エリンギは冷凍することで本来の風味や旨味が増します。料理に使うことでより一層エリンギの良さが引き出されます。先にも説明した注意点を守っていれば、臭みがあり味も美味しくないエリンギになることはないでしょう。その一方で冷凍することで食感が柔らかくなってしまい、美味しくないと感じてしまうことがあります。 そんな時は、食感が気にならない料理に使用するといいでしょう。使用方法に工夫することで、エリンギを活かしていきましょう。

冷凍エリンギの解凍方法

冷凍されたエリンギは電子レンジで解凍することができます。しかし料理に使う場合にはわざわざ解凍する必要はありません。冷凍することでエリンギの中の水分は凍り膨らみます。凍ったことで膨らんだ水分はエリンギの細胞の壁を壊してしまいます。そのため冷凍したエリンギの食感が変わってしまったなんてことが起きてしまうのです。なので料理に使用する場合には冷凍された状態のまま使うことをお勧めします。

エリンギの料理レシピ3選

ここからはCOOKPADに投稿されているエリンギを使った料理のレシピをご紹介します。冷凍したエリンギを代用しても作ることができるので参考にしてみてください。

その1 エリンギの豚しそ巻き

エリンギを焼いて味わう料理で大葉を使ったさっぱりとした一品です。エリンギに豚肉を巻くことで二つの食感を楽しめると同時に、エリンギと豚肉がお互いを引き立てています。そしてごま油の香ばしい香りが食欲をわかせます。脂っこいものが苦手な人や食欲が落ちやすい夏などにもおススメの一品です。

その2 鶏肉ときのこのトマトジュース煮込み

エリンギを煮込んで楽しむ料理です。鶏もも肉とエリンギなどのキノコを煮込むことで旨味が増します。トマトジュースとウスターソースをベースとしているので小さなお子様に喜ばれることでしょう。また野菜などの具材を一緒に煮込むことで、野菜嫌いのお子様も野菜を食べやすいのではないでしょうか。

その3 きのこたっぷり炊き込みご飯

エリンギを炊いて味わう一品です。土鍋で作る場合は”おこげ”を楽しめますが、やはり炊飯器で作れるというお手軽さは見逃せません。お米にキノコ達の旨味がギューッっと染み込み、土鍋や炊飯器のふたを開けた時の香りは胃袋をグっと掴みます。

レシピを上手に活用しましょう!

近頃はインターネットを介して様々な人がレシピを投稿しています。そこには自分では思いつないようなアイデアが溢れています。そんな様々な人たちのアイデアに触れることでいい刺激となるでしょう。また、レシピに自分の工夫を加えてアレンジすることで一味違う料理を作ることもできます。COOKPADなどのレシピを利用してどんどん料理にチャレンジしてみてください。

冷凍できるからエリンギがさらに活躍!

エリンギの冷凍保存方法やエリンギを使ったレシピをご紹介してきましたが、改めてエリンギの良さを知れたのではないでしょうか。エリンギは元々、使う用途が幅広くお手頃な値段のため重宝します。「冷凍する前に水に濡らさない」などの注意点を守って冷凍保存を活用することで、さらに便利な食材となるでしょう。 エリンギを購入した際には、ぜひ今回ご紹介させていただいたエリンギの冷凍保存方法を試してみてください。

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)