IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

おにぎりの冷凍保存方法・保存期間|おすすめの解凍レシピ3選

家事

皆が大好きなおにぎりは、作るとすぐになくなってしまいます。「食べたい時にすぐ食べられたらいいのに」実はおにぎりは冷凍して取っておけるので、たくさん握ったものを冷凍庫から解凍して食べたい時だけ取り出せます。今回はおにぎりの冷凍と解凍のコツをお話しします。

更新日時:

おにぎりを冷凍保存してみよう!

おにぎりと言えば、三角形に握ったご飯に四角い海苔が一般的なスタイルです。アツアツの白いご飯を、塩を付けた手のひらでギュギュっと握って海苔でくるっと巻いたら出来上がりです。簡単ですが、握る人によって味が全然違うとも言われる奥が深い一品です。中に鮭やたらこなどを挟んで握ったり、握った後で味噌をぬったり、ふりかけをまぶしたりと茶飯や混ぜご飯を握ったりとそのバリエーションは多岐に渡り、老若男女問わず人気のメニューです。 しかしながら、気軽に食べられるイメージの反面、準備する側はわりと手間を取られたりします。そんなおにぎりですが、実は冷凍して解凍したものもおいしく食べられる事はご存知ですか?冷凍する時と解凍する時…ちょっとのコツでおいしく食べる事ができるのです。 ご家族の突然の「おにぎり食べたい」に、サッとおにぎりはいかがですか?今回はおにぎりの冷凍保存と解凍のコツについてお話します。

おにぎりはいつまで冷凍保存できる?

具材を入れたおにぎりを冷凍するのか、何も入れないおにぎりを冷凍するのかにもよりますが、だいたい1か月は美味しく食べられます。ただし、冷凍庫に置いておく期間が長ければ長いほど、一緒に入れている食材からのにおい移りや、開閉のたびの温度変化の影響を受けるわけですから、やはり早めの消費を心掛けてください。冷凍する際に使用したフリーザーバッグに、「〇月△日・塩おにぎり」「梅干し入り」など、詳細に記載して置くと便利です。

おにぎりを冷凍したらおいしい?

冷凍したおにぎりを美味しく食べられるかは、後述する解凍のコツにかかっておりますが、ラップにくるんで冷凍したおにぎりをそのまま電子レンジで解凍すれば、ラップの中でご飯が蒸されて美味しいおにぎりの出来上がりです。余り長く電子レンジにかけてしまうと形が崩れてしまいますので気を付けましょう。

おにぎりをそのまま冷凍してもいい?

おにぎりを冷凍する際は、長期保存を前提として気を付けなければいけない事があります。下記の注意点を守って美味しいおにぎりを正しく解凍しましょう。

素手で握らない

冷凍保存するためには、雑菌を繁殖させない事です。残念ながら手のひらには数多くの雑菌が存在しており、おにぎりを握ってすぐ食べるのなら問題ありませんが、冷凍すると言えど、握ってから期間をおいたおにぎりには雑菌の繁殖の不安が生じます。おにぎりを冷凍したい場合は、ラップでくるんだまま握ったり、おにぎり型の容器を使うなど直に手で触れない工夫を心掛けましょう。 もちろん、普通に握ったおにぎりが余ったからと言って「そうだ冷凍しよう」は、NGです。

少しお酢を入れる

ご飯に少しお酢を入れると痛みにくくなります。ご飯3合に対してお酢大さじ1~2杯が目安ですが、お好みで加減しましょう。合わせる具材によっては、すし飯のようにお酢をハッキリ効かせても相性が良くお勧めです。

腐りづらい具材を挟む

おにぎりは具材を挟んだまま冷凍する事が可能ですが、あまりに水分や油分が多い具材はお勧めではありません。焼き鮭や昆布、梅干しなど塩分の強いものが良いでしょう。特に梅干しは防腐効果が高く、細かく刻んでご飯に混ぜて握るとおにぎり全体の防腐効果が上がります。 また、おにぎりに定番の海苔も、実は傷みやすい食材です。しかも、一緒に冷凍してしまうと解凍した際にベタベタになって風味が落ちます。海苔を使いたい場合はおにぎりを解凍して食べる直前に使いましょう。

冷凍おにぎりを解凍するコツは?

冷凍おにぎりは残念ながら自然解凍するとボソボソになってしまいますので、電子レンジを活用しましょう。大人1人前サイズの冷凍おにぎりを解凍するなら、600wで2~3分がお勧めです(メーカー、機種により異なります)。表面に触れて熱くなっていなかったら30秒ずつ追加で加熱しましょう。 おにぎりをひっくり返したり、ターンテーブル型の電子レンジでしたら、おにぎりを皿の端に置いて電子レンジの中でクルクル回るようにすると均等に熱が通ります。

お手軽!クックパッドの冷凍おにぎりレシピ3選

今回は皆さんもご存じのクックパッドの中から、ガッチリ定番を押さえたレシピと「これが冷凍おにぎりからできると思わなかった」と、言いたくなる意外なレシピを3点ご紹介します。どのレシピも冷凍したおにぎりをきちんと解凍するだけで美味しく食べられる、お勧めのレシピです。

冷凍焼きおにぎり

市販の冷凍食品でも人気の焼きおにぎりのご紹介です。こちらのレシピの焼きおにぎりは、なんと始めから大量に作り置きして冷凍保存する事が狙いのピンポイントレシピなのです。 お米を5合炊く際にしっかり味付けを済ませてしまいます。具がない炊き込みご飯のイメージです。こちらを握っておにぎりの表面が乾いてから、フライパンで焼きます。ポイントは油を引かない事です。おにぎりの表面が乾いているので焼いてもフライパンにくっつきづらくなるのです。 また油を使わない事で、冷凍保存中の劣化を防ぎます。両面焼いたら粗熱を取って、冷凍保存して完成です。初めからご飯に味付けしてあるので、食べ応えのあるしっかりした仕上がりの焼きおにぎりになります。 食べる直前に電子レンジで解凍します。より焼いたおにぎりの風味を楽しみたい場合は、焼かずに冷凍し、食べる際に電子レンジで解凍した後にフライパンで焼くのがお勧めです。この方法なら、焼く時にごま油を引いたり仕上げに醤油をたらしたり、もうひと工夫を楽しむ事も可能です。

冷凍焼きおにぎり茶漬け

こちらは、レンジで解凍したおにぎりに、市販のお茶漬けの素をかけてお茶漬けにした簡単レシピです。何も買いに行きたくない時のお昼ご飯のメニューなどに最適です。もちろん、ちょっと手間をかけて鮭フレークや海苔、ほんのりわさびなどを添えるのもお勧めです。 このレシピの嬉しいところは「いざ冷凍おにぎりを解凍してみたら中が冷たかった」「冷凍する前の握りが甘くて解凍した途端に崩れてしまった」そんな事態にも対応可能な点です。ちょっと解凍し損なってしまったおにぎりにお茶漬けの素とお湯をかけてご飯をほぐして解決です。 休日など、ちょっと準備に時間をかけられる時は、先に別の容器でお茶漬けの素をお湯で溶かす際に片栗粉か葛粉を小さじ2分の1ほど一緒に入れると、とろりとしたあんかけおにぎり茶漬けにアレンジできます。温かいものを食べる事でお腹の満足感も高まる、お勧めの一品です。

冷凍焼きおにぎりのリゾット

冷凍おにぎりがチーズリゾットに変身です。こちらのレシピをお試しの際は、あらかじめ味がしっかりついた冷凍おにぎりを活用しましょう。先ほどご紹介した焼きおにぎりをアレンジしてもお勧めです。 こちらは、冷凍おにぎりを電子レンジで解凍する際に、少し深めの耐熱皿に置いて上からスライスチーズをかぶせて牛乳を注ぎます。お皿に隙間を作るようにラップをかぶせてレンジを3分かけますと、チーズリゾットの完成です。仕上げにあらびき黒コショウをかけるとアクセントにお勧めです。お好みで温泉卵を乗せたり、カレー粉を少々まぶしても風味が変わって美味しく楽しめます。 レンジの時間につきましては、ご家庭でお使いの機種により異なりますので、加減にご不安の際は指定の時間より短い時間から始めて、ちょうど良くなるまで30秒ずつ追加で加熱しましょう。

困った時の冷凍おにぎり

いかがでしたでしょうか? 今回はご家庭で作るおにぎりを冷凍する際に気を付けなければいけない点や解凍する際のコツについてお話させていただきました。食べたい時にその都度握るおにぎりはもちろん大変美味しいですが、毎日作るとなると結構時間を取られてしまうのが悩みです。 週末など時間のある時にたくさん握って冷凍すれば、食べたい時に食べたい数だけ用意できるのが強みです。何よりご家庭の味を好きな時に楽しめるのが魅力です。とは言え「作りすぎてお昼がおにぎりばかりになってしまった」など、別のお悩みも出てくるでしょう。そんな時は今回ご紹介したおにぎりアレンジレシピをぜひご活用して、おにぎりの可能性を楽しんでいきましょう。

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)