IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン
PR

元CTOが戻ってきた!Branding Engineerが目指す未来「本質的な価値を届ける開発チームづくり」

インタビュー

6月からBranding Engineerに復帰した勅使瓦さん。彼が上場企業への就職、起業という経験を経てもなお、Branding Engineerに戻りたいと思った動機とは、また彼がこれからBranding Engineerをどのような方向に導きたいか、探ります。

更新日時:

上場企業、起業を経てBranding Engineerに戻ってきた理由

(写真左から:高原 克弥(代表取締役COO)・勅使瓦 悠太・河端 保志(代表取締役CEO))

インタビューになるとなんか改まってしまうけど、よろしくお願いします。

まさかこういう日がくるとはね。

前にWantedlyで書いた創業ブログ「自分たちの心が震える決断をし続けろ!僕たちがBranding Engineerを創業した理由」に、実は勅使瓦(てしがわら)が写ってるんだよね。

本当だ。懐かしいね。

そもそもプログラミングを始めたきっかけって?

うん。プログラミング歴も含めて簡単に経歴を話していくね。

大学1年生の頃SEO系の会社でインターンをしていたときにプログラミングを始めて、そこで知り合った人と一緒に、アフィリエイトサイトを作ろうということになって、自分の力を試したかったこともあり2人で会社を作ったんだよね。

1年くらい可もなく不可もなく進んでいたけど「就職しないでそのまま続けるか?」という話になった時、結局就職をしようということになって会社をたたむことにしたんだよね。全部自分でやらなきゃいけない環境だから成長はするけど、この先も情熱を傾けるのはどうしても違うなと思って。

Branding Engineerに来たきっかけってなんだっけ?

会社をたたんだ後普通に就活してた時に、大手メガベンチャーとか、ゲーム系の会社を受けていたときの内定者繋がりでやすに(代表の河端)知り合って、「受託開発してるけどエンジニアが足りない」って話を聞いて、「少しだけ手伝ってやろう」くらいの気持ちでオフィスに行ったら「なにか面白いことができそうだな」と直感的に思ってそのままジョインすることになった笑

激動のルイーダ時代

懐かしいな。ルイーダオフィスにいたときか。地下にあるオフィスだったから地下帝国ルイーダなんて呼んでいたね。その時が俺たちとBranding Engineerを作り上げていく始まりの時だったんだね。勅使瓦はもともと学生の頃からエンジニアとしての経験があったらから、完全に即戦力だったからね。

ルイーダオフィスの頃は本当に激しかったな。

そうそう。その時受託回すのは大変だったけど、その分「マネジメント」も、「技術」もアップしたとは思う。ただ、当時のBranding Engineerはまだ規模が小さかったこともあり、果たして自分の「技術」や「マネジメント」が大企業でも通用するのか試したくなり、一度Branding Engineerをやめたんだよね。

そうだったね。Branding Engineerをやめてからは何をしてたの?

上場しているゲーム系の会社に入って、社長直下の新規事業でプロジェクトマネージャーをしていて、そこでは新規開発のノウハウを学べて、経験はすごく良いものだったよ。その会社に1年くらいいて、その後また起業したんだよね。

正直普通に生活できるくらいには順調ではあったんだけど、「なんか違うな」「これでいいのかなぁ」という思いがどんどん募ってきて。一度Branding Engineerをやめて、色んな会社、組織を見てきたけど、やっぱり一緒に働く人が一番大事だなと改めて思ったんだよね。一緒に働く人が良いと自分のモチベにも成長にも繋がるし。

一緒に死ぬまで働きたいなって思える仲間だった

昔Branding Engineerを作った時は「みんなでいいものを作ろう」「何があってもやりきろう」って感じで、すごくモチベーションが高かったけど、その時と比べると何か物足りない感じがあった。だからまた機会があったら、「また高原とか河端とか、当時からBranding Engineerを牽引してきた仲間と働きたいなぁ」と思い始めてた。一緒にBranding Engineerを作り上げてきたこの仲間だったら、一緒に死ぬまで働きたいなって思える仲間だったし。

ちょうどその時にたまたまBranding Engineerの仕事を1つだけやったら昔を思い出して楽しくなっちゃってさ笑。前から「戻ってきてよ」とは言われていたんだけど、これが良いタイミングかなと思って、Branding Engineerに戻ることを決めたんだよね。

2年前かぁ、懐かしいな。

「起業→就活→Branding Engineer→就職」と、色々Branding Engineer以外の社会に触れてもなお、一緒にBranding Engineerを創り上げてきた仲間ともう一度働きたいと思ったわけだね。昔の仲間にもそう思ってもらえるような組織を作ってこれてすごく嬉しいね!

開発の知識よりも大切なのは「スキル」と「プロダクトを作りきるスピード感」

Branding Engineerでも立ち上げとか任せてるけど、立ち上げで大切にしてることってなんかある?

0→1の立ち上げでは、専門的な知識よりかはプロダクトをスピード感を持って作り、グロースさせるというスキルが重要だよね。

Branding Engineerでも今後は立ち上げの部分を多くやっていくと思うし、この部分のスキルは今後も磨き続けたいし、ここで活かしていきたい。

プロダクトは、まず作ってみないとわからないから、まずはプロトタイピング的に作ってみることが重要。そこからみんなの共通イメージを作り、そこからプロダクトを伸ばす方向にいくのがいいと思うんだよね。

勅使瓦が出すプロトタイプは、デザイン面もリリースできる最低限のクオリティは担保できてるよね。

スピード感を持って作っているのに、デザイン当てが入りますとかそういう過程は足かせにしかならないしね笑。本当に「最低限見れるものにはする」というのをモットーにいつも取り組んでるよ。日頃から触ったものの中でいいなと思ったものはどんどん頭の中に入れて「これはこう使えるな」とか「こうしたらこうなるな」とか、そういうのは色々考えてるからね。

あとは「なんでこれは流行ってるんだろう」とか「世の中的にどう思われるか」とかを考えるのも好きだし、ものを作る人ってそうじゃないとだめだと思うからさ。

たくさんの知識を持っていることももちろん大切だけど、今のフェーズとしては、ちゃんと事業を成長させるために、どんな形であれスピード感を持って進めるメンバーがBranding Engineerの中では重宝される存在だよね。

最も大切にしたいのは「本質をとらえた開発」と「チームビルディング」

話は変わるんだけど、Branding Engineerで今何をやっているかという部分も聞いてもいい?

今は、中途採用事業の新システム開発をしていて、立ち上げの真最中だから色々なやり方を試してる。チームとして、何が合うかはまずはやってみないとわからないから、既存の開発のフローとかに捉われず、本質を捉えた開発ができれば立ち上げ方は何でもいいと思ってる。

今後はチームの成長にも貢献したいと思っているから、チームのみんなが個性を出してパフォーマンスを発揮して、活躍できるチームづくりをしながら、個別のサービスで必要な機能の開発にもコミットしていきたいと思っているよ。

「本質を忘れない」って大切な意識だよね。それに、個性を生かしたチーム作りができれば、「一人一人がより良いものを」って考えながら活動することができるしね。

開発の中で大切にしたいこととかある?

僕の開発の中でのモットーは

「目的や本質を理解した上で自走すること」

「スタートアップらしくあり続けること」

「スピード感をもって進み続ける姿勢」

「『他人に使ってもらう』までがものづくり」


作る前に、「そのプロダクトを作ることでどういったインパクトが出るのか」「本当にそれが必要か」を筋道立てて考えておかないと、それはただの無駄な開発になってしまうんだよね。開発力のあるエンジニア一人ではなく、エンジニアもビジネスサイドも含め、いいチームじゃなきゃ出せないアウトプットだと思う。だから、エンジニアにもチームビルディングのスキルが絶対に必要になってくると思うんだ。

「本質」って意外と難しいよね。でも、常にそこに原点を置いていれば、効率よく進めることができるし、本当に人の役に立てるものが作れるよね。

組織が大きくなっても、「ベンチャー」であり続けること

ちなみに、久しぶりに会社にきた時ってどう思った?

久しぶりに戻ってきて、人は変わっているのに雰囲気とか、ノリが変わっていないことに安心したかな。入りやすいしみんなから話しかけてくれて嬉しかった。

あとは、社員が増えている中で優秀な人も多い。中途事業部のマネージャーも、メディア事業部のマネージャーもコードが書ける上にマネジメントもできる。自分たちでビジネスやオペレーションを理解しながら、細かいところは自分で改修してしまうからすごい。やっぱり「技術」「マネジメント」を両方できるっていうのはかなりやりやすいなと思ったな。そういう人たちがいると、数字の分析ができるから、マネジメントを考える上でも無駄なく物事を考えられるし、常に開発的な優先順位を踏まえた話し合いができる。

なるほど。たしかに、そういう視点で作っている感じはする。そういう意識が「技術」「マネジメント」の両立をさせているのかもね。

今後の目標って?

チームとしての目標は、本質に向き合ったものづくりができるチームを作ること。

チーム全員がただ作るだけではなく、「なぜそれを作るのか」「今本当に作るべきものは何なのか」を考えることができ、自走できるチームにしていきたい。

あとは、今後組織が大きくなっても「ベンチャー」であり続けることは意識していきたい。「毎日が新規事業の立ち上げだ!」くらいの。そういうことができるメンバーは今のBranding Engineerには揃っていると思うし、意識を絶やさなかったら、絶対に良い組織になると思ってるよ。本当にそういう人たちと働ける環境は素晴らしいと思うし、ワクワクするね。

やっぱりBranding Engineerの仲間と新しい挑戦をしていきたいと思っているからだし、そういう仲間と働きたい。

そしてこれからも、「最後まであきらめず、根気よく、形にとらわれずやったるぞ!」みたいな人がBranding Engineerにどんどん増えていってほしいな。

Branding Engineerができたばかりの時みたいに、常に何か新しいことをやっていく気持ちで頑張っていきたいね。楽しいチーム作りしていこう!

期待してるからよろしく。

Branding Engineerでは共に挑戦する仲間を募集しています

【会社紹介】Branding Engineerてどんな会社?

BE CRAZY PERSON BE CRAZY COMPANY 個人として、チームとして最強であれ Branding Engineerはテクノロジーを活用して、非合理な常識を破壊し続ける組織です。 常識の破壊・創造には高い能力、思考力、行動力が欠かせません。ミッションの達成のために、個人の能力を最大化させ、多様性を尊び、個人個人の実力を最大化させる組織づくりにコミットし続けます。疑問に思ったことは破壊し、再構築をする。私たちと常識をぶち壊しませんか?

関連する記事

アクセスランキング