IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

マルチツールおすすめランキング・口コミ・特徴別紹介・選び方

アウトドア・スポーツ

様々な種類のマルチツールがあり、それを使うためには適材適所があります。正しいところに正しいマルチツールを使用すれば、作業が捗理、時間を無駄にしないで済むのでおすすめです。おすすめマルチツールをこちらではご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

更新日時:

マルチツールってなんだろう

HOVNEE マルチツール 多機能型ナイフ 折り畳みベンチ 多機能型ペンチ  多機能ツール アウトドア 13-in-1一体化
HOVNEE マルチツール 多機能型ナイフ 折り畳みベンチ 多機能型ペンチ  多機能ツール アウトドア 13-in-1一体化

マルチツールという言葉はあまり聞きなれない方もいることでしょう。その言葉を聞いたときみなさんは何を思い浮かべますか。「何かに使う道具」や「マルチツール=色々使える道具」など、このように思い浮かべたりしませんか。あながち間違ってはいませんが、正しくはアウトドアなどで使うコンパクトで機能性のある道具です。 ちなみに、上記のマルチツールはHOVNEEというメーカーのマルチツールです。13もの機能が内蔵されており、見た目もピンクでかわいらしく、キャンプなどのアウトドアからロードバイクなど多方面で活躍するのでおすすめです。 それでは、キャンプやロードバイクなどで使用するマルチツールから、工具で使用するマルチツールまで、おすすめや人気商品などをたくさんご紹介していきます。

普段アウトドア等で使いやすいのツールが欲しいです。この多機能ツールは便利だと思うから購入しました。注文して翌日もう届いてくれた、商品の外観はカッコイイ,高級感もあります。意外としっかりとした作りで、小さくても使いやすい,多機能工具を求める人にはお薦めです。また、一度、大きな災害を経験した身としては、車に置いたから、緊急時だ助けるので安心した。

マルチツールの選び方

マルチツールの選び方

マルチツールはコンパクトな見た目の中にさまざまな機能がついています。とても機能が多く登山やキャンプなどでマルチツールをひとつでももっていれば活躍間違いなしです。しかし「どんな種類があるのかわからない。」「どうやって使うのかわからない」という方もいることでしょう。マルチツールを選ぶときの注意点は3つです。 ①使い道を明確にする。 ②使う場所を明確にする。 ③予算をある程度決めておく。 マルチツールに限らず、物を選ぶときには大概使い道や使い方、使う場所などを明確にしてから選びます。マルチツールも同じで、使い道や使う場所などを明確にしておくことが重要です。決めておくことで選ぶときにおおよその種類や予算の中から選ぶことができるので最低限、使い道、使う場所、予算を決めておきましょう。

種類がたくさんマルチツール

マルチツールには大きく分けて2つの種類があります。スイスアーミーナイフとプライヤーツールです。タイプによって内蔵されている機能が違い、用途に合わせて使い分けます。 スイスアーミーナイフはナイフタイプ、プライヤーツールはペンチなどがメインのプライヤータイプ、適材適所で想定される場面とどんな機能が必要なのか考えて自分に合ったマルチツールを選びましょう。では、それぞれの特徴別にご紹介します。

スイスアーミーナイフ

VICTORINOX(ビクトリノックス) クライマー BK 保証書付 1.3703.3 (旧名称:トラベラーBK)【日本正規品】
VICTORINOX(ビクトリノックス) クライマー BK 保証書付 1.3703.3 (旧名称:トラベラーBK)【日本正規品】

スイスアーミーナイフタイプのマルチツールはナイフをメインで使うことが想定されたタイプのマルチツールです。したがって、登山やキャンプなどでロープを切るような場合にはスイスアーミーナイフのタイプがおすすめです。 ・木を切る ・ロープを切る ・缶を空ける ・栓を空ける ・爪を切る スイスアーミーナイフは銃刀法違反になることもあるので注意してください。実際に書類送検された方もいるので、そうならないように気をつけましょう。また、マルチツールにロックをかけないと気付いたときにナイフが出ていたり、ドライバーが出てたりして怪我をする恐れがあるので、きちんとロックをかけて使用しましょう。

正規品なので永久保障です。初めてのアーミーナイフにプレゼント購入ですが、10才の子供にも安心して持たせています。 ワインオープナー以外は使い切っている感じです。以前購入のは箱すら無いので、保証を受ける事が出来ませんでしたが、箱の中に保証書があり、 「ハサミのスプリングも保障に含まれる」これは初めて知りました。 スプリングが弱くなると切りにくくなるので・・・大変うれしい保障です。 色も黒と個性のある色です。 キャンプに釣りに、色々使いながら覚えて行くにはいいツールだと思います。 カナビラに紐をつけているので、落として無くす・・・なんてこともまだありません。

プライヤーツール

アウトドア マルチツール プライヤー 多機能型ナイフ サバイバルツール 多目的 登山 防災 万能工具 専用ケース付き 折りたたみ (黄)
アウトドア マルチツール プライヤー 多機能型ナイフ サバイバルツール 多目的 登山 防災 万能工具 専用ケース付き 折りたたみ (黄)

プライヤーツールは、ペンチなどがメインのマルチツールです。プライヤーツールにもナイフが内蔵されている場合もありますが、スイスアーミーナイフに比べると比較的簡易的になっています。プライヤーツールの機能は以下のとおりです。 ・ドライバー(プラス、マイナス) ・ペンチ ・小型ナイフ ・栓抜き ・缶切り ・ノコギリ ・ヤスリ 以上の機能がプライヤーツールには主に内蔵されています。プライヤーツールはナイフがついているもの、ついていないものがあるので機能もさらに増え、使用する場面もより増えてきます。アウトドアでも日常でもさまざまな場面で役に立つでしょう。 ここでご紹介するマルチツールは13の機能を兼ね備えています。鱗取りもついているので、キャンプに行ったときなど魚をさばく前に使用する事もできおすすめです。また収納袋もついているので、腰ベルトにつけたりでき持ち運びも楽です。

届きました。発送は早かったです!見た目でも気に入ってる。ポーチも付いてるし、デザインには高級感が感じてます。また、機能が多くて、コンパクトで、持ちやすいし、旅行や仕事には、いろんな場合でも役に立つと思います。おトクです!

特徴別おすすめのマルチツールをご紹介

特徴別おすすめのマルチツールをご紹介

「マルチツールがいまいちよく分からない」「みんな同じ種類じゃないの」と思う方もいらっしゃることでしょう。ですが、マルチツールは先程ご紹介したスイスアーミーナイフ、プライヤーツールだけでなく、さまざまな場面に合わせたマルチツールが販売されています。 キャンプ、アウトドア、DIY、ロードバイク、工具、電動、それぞれどの場面にどんなマルチツールが合うのか、おすすめをご紹介します。

キャンプのおすすめ

冒険倶楽部(BOHKEN CLUB) 7徳スプーン&フォーク付ナイフ ケース付 レッド L-16
冒険倶楽部(BOHKEN CLUB) 7徳スプーン&フォーク付ナイフ ケース付 レッド L-16

キャンプにおすすめなのは冒険倶楽部のスプーン&フォーク付です。驚かれるかたもいらっしゃいますが、このマルチツールには缶切りや栓抜きはもちろんのこと、スプーンとフォークまでついています。 ・キャンプでスプーンやフォークが足りない ・出先でお箸がなかった ・ワインを開ける時 ・缶を開ける時 ・ガス管などに穴をあけるとき このような時、このマルチツールひとつで用が足せて便利です。アウトドアだけに限らずいつどこでも使用することがあるのでこっそりカバンなどに潜ませておくことがおすすめです。いざという時に役に立つこと間違いなしです。 キャンプにはビクトリノックスのキャンパーもおすすめです。名前のとおりキャンプ用のマルチツールです。スプーンなどはついていませんが、ドライバー、穴あけ、ブレード、のこぎりなどがついています。どちらもキャンプに適したおすすめのマルチツールです。

旅先でちょっとした時に使うために買いました。収納用のケースも付いてますが、オマケみたいなものですね。 宿泊先でお惣菜などを食べる際に、わざわざ食器を持ってきてもらうほどでもないかなあって時に便利に使ってます。

アウトドアのおすすめ

VICTORINOX(ビクトリノックス) アウトライダーNL 保証書付 0.90 23 【日本正規品】
VICTORINOX(ビクトリノックス) アウトライダーNL 保証書付 0.90 23 【日本正規品】

ビクトリノックスの一つである、アウトライダーはアウトドアにおすすめです。本体はポケットサイズで機能は充実しており、栓抜き、プラスドライバー、マイナスドライバー、ラージブレード、ワイヤーストリッパー、穴あけ、のこぎり、カン切り、コルクの栓抜き、はさみ、ピンセット、つまようじなどが備わっています。 ビクトリノックスはさまざまな生活スタイルに特化したマルチツールを扱っています。形は似通った物になっていますが、それぞれ内蔵されている機能が違い、バランスのとれた仕様です。 アウトドアの時に木を切ったり、レトルト食品の梱包を切って開けたり、ガス管の穴を開けたりするのに使えます。造りも丈夫で長期間使えるのもおすすめポイントです。

買ってから数年経ちました。 キャンプに持って行き、簡単な料理に使用したり、 栓抜きや缶切りとして使ったりと重宝しています。 これから買う人へのアドバイスとしては、缶切りは押し切りだという事です。 尖った先端を缶に刺して、押して切るのです。 引いて切るタイプしか使った事が無かったので最初は戸惑いました。 それでは、良いアウトドアライフを!

電動マルチツールのおすすめ

ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) 18V マルチツールプラス【スペシャルボーナスキット】 EVO183P1-JPBI
ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) 18V マルチツールプラス【スペシャルボーナスキット】 EVO183P1-JPBI

電動工具にもマルチツールは存在します。マキタや日立が日本メーカーで有名ですが、ここではブラックアンドデッカーをおすすめします。ブラックアンドデッカーはアメリカの電動工具で赤と黒のデザインが特徴です。また、アタッチメント数が多くさまざまな用途で活躍してくれます。主なアタッチメントをご紹介します。 ・ドリルドライバー ・サンダーヘッド ・ジグソー ・インパクトドライバー ・丸ノコ ・のこぎり ・はさみ ・芝生用バリカン ・生垣用バリカン ・振動ドリル これだけあれば、今流行りのDIYもひととおり作ることができます。また、今回ご紹介するブラックアンドデッカーにセットされている物は空気入れです。さらに収納するバックがセットでついてくるのでおすすめできます。バラバラになりがちなアタッチメント、空気入れなどを収納することができるのでとても便利なのでおすすめです。

手軽に使えるのがいいです。本体がブラシレスならもっと良かったんですが。 本体が少しおっきいので狭いとこの締め込みとかはフレキシブルシャフトがあれば問題なくできます。 プロ仕様の工具は揃ってますが、持ち出すとなるとかさばるので家置き用にして、こっちは車のトランクに乗せたままパパっと使うのに便利です。 タイムセールで23000円くらいで買えました。

DIYのおすすめ

ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) マルチツール プラス 18V EVO183P1 マルチエボヘッドアタッチメント マルチのこぎり 18V用 セット
ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) マルチツール プラス 18V EVO183P1 マルチエボヘッドアタッチメント マルチのこぎり 18V用 セット

先程の電動工具に引き続き、DIYにもブラックアンドデッカーがおすすめです。ブラックアンドデッカーはひとつあれば木材を使ったDIYの作業がひととおりこなせます。 いままでご紹介したマルチツールはコンパクトなサイズでナイフやドライバーやのこぎりなどの機能がついた物をご紹介してきましたが、工具やDIY用のマルチツールは主に電動工具のことを指します。 今回ご紹介するブラックアンドデッカーに付属のおすすめアタッチメントはのこぎりです。のこぎりのアタッチメントは刃が数枚ついており木材はもちろん金属なども切断できる刃がついているので色々な物を裁断できます。のこぎりで木を裁断できたり、粗大ゴミも切ることができるのもおすすめポイントです。 またドリルややすりもついているのでこのセットで物を作ることができます。全て揃えたりすると大金になりますが、これ一つでしたら出費も抑えられるので多方面から見てもおすすめです。

電動工具は必要に迫られる毎に安物を買い増して来ましたが コード式、充電式バラバラ 充電規格もバラバラになり非常に使い勝手が悪くなってしまったので 全部ハードオフで売っぱらいコレに統一します 〇バッテリー2個は必須なのでありがたい 〇バッテリー死亡しても互換バッテリーが安い 〇庭での作業が多いのでコードレスは便利 〇インパクトのパワーはコード式よりちょっと弱いけど2×4に打つ程度なら充分 〇ドライバーはクラッチ付きで使いやすいけど狭い所は苦手 △サンダーはかなり暴れるのでコツが要る。手でやった方が正直早いかも △丸ノコガイドが付けられないので同じ幅で何度も切る作業は苦手(自作ガイドで対応) コンパクトに収納できるのは最高 初期投資はちょっとお高めですが DIY好きなら思い切って買った方が幸せになれます 新築祝いなんかに送っても喜ばれますね

ロードバイクのおすすめ

自転車工具セット 六角レンチ 多機能 携帯
自転車工具セット 六角レンチ 多機能 携帯

ロードバイクにもマルチツールは不可欠です。今回ご紹介するマルチツールは自転車工具セットで六角レンチ、ドライバー、チェーンカッターなどが付属されています。ロードバイクをセッティングする時や走行中にチェーンが外れたり、ブレーキの調節などをするときに一つあるととても便利です。 おすすめとしては、六角レンチやドライバー、チェーンカッターがついているコンパクトかつ機能性のある多機能なマルチツールがおすすめです。 ロードバイクはあまり荷物をもって走行することができないので、コンパクトなマルチツールは重宝します。また、ロードバイクにつけられるマルチツールもあるのでひとつ持っているとよいでしょう。

自転車ツーリングの携帯用に買ってみました 試しにナットを締めてみたのですがいい感じで使えました 金額も手ごろなので1つ持っていると便利ですね

工具のおすすめ

マルチツール,AQV 20-in-1一体化 高機能マルチツール キャンプ/アウトドア/登山/釣り/防災 多機能 工具 ナイフ コンパクト収納 折り畳み 携帯に便利なケース付 日常用 (黒い )
マルチツール,AQV 20-in-1一体化 高機能マルチツール キャンプ/アウトドア/登山/釣り/防災 多機能 工具 ナイフ コンパクト収納 折り畳み 携帯に便利なケース付 日常用 (黒い )

このマルチツールはペンチやのこぎり、小刀、缶切り、爪やすり、プライヤーなどがついており、ヘッド部分のソケットを変えることでドライバーや六角レンチなど機能が増えます。サイズは10センチ程度で手のひらサイズなので切ったり、つかんだり、回したり、何をしても差ほど不便には感じないでしょう。 このマルチツールは実用性があるので、登山、DIY、普段使い、マルチに活躍できるのでおすすめです。また、いままでご紹介してきたマルチツールも工具に含まれますので見合った使いやすいマルチツールを選びましょう。

価格的にあまり期待していませんでしたが、しっかりとした作りで小さすぎず 大きすぎず、いざ使用しようとして使い物にならないと言うのが一番困るのですが、 その点これは良かったです。

おすすめのマルチツールランキング

おすすめのマルチツールランキング

おすすめのマルチツールランキングをご紹介します。マルチツールを選ぶ上で悩んでいるかたや初心者のかたは参考にしてみてください。

第3位

Anpro 24-in-1 マルチツール プライヤー 多機能ペンチ 折り畳み アウトドア・DIY・防災に ケース付
Anpro 24-in-1 マルチツール プライヤー 多機能ペンチ 折り畳み アウトドア・DIY・防災に ケース付

おすすめ第3位は、多機能型マルチツールです。ワイヤーカッター、ペンチ、マイナスドライバー、やすり、鱗取具、フック外し、栓抜き、缶切り、ナイフなどの機能が内蔵されています。おすすめすポイントをご紹介します。 ①デザイン性です。一目見たときにシルバーと黒の組み合わせにかっこいいと感じる方が少なくありません。魅力的なデザインに加え、滑りにくいグリップ、強度耐久性に優れています。 ②多機能なところもおすすめです。ワイヤーカッター、ペンチ、マイナスドライバー、やすり、鱗取具、フック外し、栓抜き、缶切り、ナイフなどの機能がついており、付属のアタッチメントが12個もついています。 ③ドライバーのアタッチメント付きです。ペンチや、ワイヤーカット、栓抜き、缶切りなどの機能は比較的どのマルチツールにも存在しますが、通常の機能に加えアタッチメントがプラスされているので使用できる幅も広がりおすすめです。

最初は多機能のツールを探したところで、たまたま目に入って、色は黒と銀色の組み合わせで、一目惚れしちゃった(笑)。実物は予想以上の品質感があり、軽いのに結構丈夫ですね。同梱にちっちゃい収納バックがあり、携帯し易し、使いやすい。そして、安くて多機能、超お得ですね^ ^

第2位

RAVPower ナイフ アウトドア マルチツール ( 5-in-1 ツール + 9-in-1ドライバーセット / 折り畳み式 / 安全ロック / 耐摩耗 / 高耐久 ) 日常 キャンプ 登山 釣り 防災 用RP-TL001
RAVPower ナイフ アウトドア マルチツール ( 5-in-1 ツール + 9-in-1ドライバーセット / 折り畳み式 / 安全ロック / 耐摩耗 / 高耐久 ) 日常 キャンプ 登山 釣り 防災 用RP-TL001

第2位の商品は、プライヤータイプのマルチツールです。ペンチ、ナイフ、プライヤー、缶切り、栓抜き、ドライバー、9in1のドライバーアタッチメントが内蔵されています。第3位のプライヤーツールとほぼ同じ機能です。 おすすめは、折り畳み式のナイフです。刃が大きく切れ味が鋭いです。ハンドル部分は左右どちらの手にもにフィットする形になっているので、長時間使っても疲れにくくなっています。また、ボディーの色が黒で統一されているため、シックで大人っぽいかっこよさがあります。

見た目のデザインのカッコよさと、他の方のレビューでナイフの切れ味も問題なさそうだったので購入。 この手のツールって、どうしても全部の機能が中途半端でとりあえず使えるレベルが多い印象がありましたが、 この商品は作りこみがしっかりしていて、それぞれのツールがきちんと機能してくれそうです。 今日届いたばかりなので、ファーストインプレッションとしては満足です。

第1位

VERTEX 20徳ツールナイフケース付
VERTEX 20徳ツールナイフケース付

おすすめ第1位はVERTEXの20徳ツールナイフケース付です。スイスアーミーナイフタイプのマルチツールで、機能が多いタイプです。ナイフ、缶切り、爪そうじ、爪やすり、のみ、のこぎり、栓抜き、削り落とし、針外し、コルク抜き、ドライバー、ウロコ取り、フック、ピンセット、ハサミ、糸通しなど20種類の機能が内蔵されています。 コンパクトなマルチツールの中に20種類も機能が内蔵されていると、爪を切ったり、はさみを使ったりと日常で使う時にも対応でき、アウトドアでも枝を切ったりおおよそのことに対応できます。ひとつあればアウトドア、日常、災害時いつどんなときにも対応することができるのおすすめです。

仕事で出張時の宿泊するホテルで過ごす時にハサミ等があれば便利だなと思う状況が時々あるので購入してみました。 まだ未使用ですが本体に目立った傷等も無くツールも固くて取り出せない事も無いのでアタリ商品なんですかね。 迷彩柄収納ケースも付属されているので良い買い物ができたと思います。

3つの注意点

3つの注意点

マルチツールは効率的でとても便利です。それゆえ初心者の方はきちんと説明書などを見ないうちに使用してしまう方が多数います。「壊れた」や「怪我した」との声をよく聞きます。そうならないためにもマルチツールについての注意事項をきちんと守って安全安心に使いましょう。それでは使用時の注意点をご説明します。

1.刃物は常にロックをかける

ナイフなどの刃物が付いている場合、作業中に滑って指を切ったり、使わない時に刃物がポケットを突き破っていたりすることがあります。作業中は夢中になっていると指を切ったり、勢いで刺さったりすることがあります。 刃物を使う時には周りの状況を確認し、刃先に気をつけながら作業をします。また使っている時も使っていない時も必ずもロックをかけるようにしましょう。また、刃物がついているマルチツールを選ぶ際には、ロックがきちんとかかるものを選びましょう。

2.持つ位置に気をつける

六角レンチなどがついているマルチツールはレンチが曲がったり折れたりするケースがあります。その要因はきちんとした持ち方でレンチを回していないからです。持ち方は本体の端ではなく支点に近いところをきちんと持って回しましょう。 「そんなのわかってる」と頭にはあっても夢中で作業していて気づくと本体の端を持って回している方もいます。端を持って回すと力が別のところにかかってしまい、六角レンチが捻れたり曲がったり、支点のところが壊れてしまう要因になります。持ち方に気をつけて扱いましょう。

3.メンテナンスをする

マルチツールは使っているうちに汚れていたり、刃物が錆びていたり、支点部分が緩んだりします。メンテナンスを怠ると怪我や事故の要因に繋がります。定期的に確認して、緩んで少しガタつくようなら六角レンチなどで支点部分を締めてあげ、錆びていたら刃先に気をつけながら研いであげるとよいでしょう。 また、電動工具のメンテナンスをする際には、電源コードを抜き誤って怪我をしないように十分気をつけてください。   きちんとした持ち方使い方で怪我や破損する要因を少なくしましょう。

おすすめメーカーの種類と比較

おすすめメーカーの種類と比較

マルチツールの選び方などがある程度わかったら、より良いものを選びたいと考えるかたもいることでしょう。しかし、より良いものを選ぼうとするあまり、いろいろなものに目移りしてしまって結局自分が求めている物がなんなのか、どんな機能がついてるのがいいのか、値段もメーカーも種類が多くわからなくなってしまうこともあります。   マルチツールのメーカーは、高品質と耐久性で評判のあるレザーマン、世界的にも有名なビクトリノックス、使い勝手がよく素朴な質感のノースマン、コンパクトな本体にプライヤーメインの機能があるレザーマンなどがあります。 電動工具ですと、ボッシュ、ブラックアンドデッカー、日本メーカーでは先立って発売したマキタ、マキタの後からより良いものをと発売し始めた日立があります。   おすすめの商品はたくさんあるので、価格、種類などについてご説明しながらおすすめをご紹介しましょう。

価格について

価格によってなにが違うのでしょうか。もちろんブランド料金はあることでしょう。しかし根本的なことは、マルチツールの機能数や素材などによります。 コンパクトなマルチツールの価格の違いは、機能の多さとナイフの大きさ、素材で変わってきます。電動工具は金額が少し高めですが棚を組み立てたり、ドアを直したりと簡単だけど少し力を使うものから、本格的なDIYまで使用できるので一家に一台あると役に立つでしょう。アタッチメントにより価格が変わります。 それでは価格別にどんな種類があるかおすすめをご紹介します。

価格別マルチツール 0円~1万円

VICTORINOX(ビクトリノックス) ハントマン Hantsman 1.3713 [並行輸入品]
VICTORINOX(ビクトリノックス) ハントマン Hantsman 1.3713 [並行輸入品]

0円~1万円のおすすめはビクトリノックスのハントマンがおすすめです。内臓機能も充実しており、ナイフ、缶切り、栓抜き、ピンセット、はさみ、のこぎりなどが内蔵されています。

他店のものに比べ1000円ほど安かったのでバッタ物が来るかもしれんと覚悟していたが正規品だった、状態も良い。 並行輸入品ゆえの値段の安さのようだ。 機会が有ればまた購入したい。

価格別マルチツール 1万円~

VICTORINOX(ビクトリノックス) スイスチャンプ・シルバーテック 保証書付 1.6794.T7 【日本正規品】
VICTORINOX(ビクトリノックス) スイスチャンプ・シルバーテック 保証書付 1.6794.T7 【日本正規品】

1万円~、ビクトリノックスのスイスチャンプシルバーテック、レザーマンではリミテッドエディションがおすすめです。中でもスイスチャンプシルバーテックがおすすめで、通常内蔵されている、ドライバー、ナイフにプラスして鱗取り、スケール、端子潰しなど計31もの機能が内蔵されているのでどこに行っても、どんな時でも役に立つこと間違いなしです。 ただし、多機能なので重さもそれなりに重く約200gあります。素材がステンレスだったりするので、見た目も統一感がありきれいです。

車のキーワードとして、ビクトリノックスのナイフと爪ヤスリの付いてるのを付けてますが、本格的なのが、欲しくて購入しました まだ未使用ですが、これからが楽しみです

価格別マルチツール 高額

マキタ 充電式マルチツール TM30DSH
マキタ 充電式マルチツール TM30DSH

高額な物はコンパクトなマルチツールから電動工具まで幅広くあり一概に一番高いものとしてご紹介できませんので、ここでは電動工具のおすすめをご紹介します。電動工具はブラックアンドデッカーをはじめ、マキタや日立がおすすめです。今回はマキタの電動工具をご紹介します。 マキタの電動工具はとにかく軽量です。そのため、軽やかに作業をこなすことができます。アタッチメントを変えることができるので、切断や研磨など約40種類以上もの作業を行う事ができます。さまざまな場所でさまざまな場面でさまざまな作業を行う事ができるのでおすすめです。

小型で軽量使いやすいです又、交換もすぐに対応いただき感謝してます。

安いマルチツール

KLUMA フォールディング マルチツール 多機能ペンチ 折り畳み アウトドアナイフ フォールディングナイフ 防災 家庭
KLUMA フォールディング マルチツール 多機能ペンチ 折り畳み アウトドアナイフ フォールディングナイフ 防災 家庭

安いマルチツールは、500円~1,000円ほどの物もあり、ネットでもホームセンターなどにも販売されています。ここでおすすめするマルチツールはKLUMAです。長さ約5cmととてもコンパクトでキーチェーンがついているのでアクセサリーのように軽々持ち運べます。 しかし、とても小さいので機能が少なく、ペンチ、ナイフだけの機能です。あまりマルチツールに興味はないが災害用などでもっておきたいと考えている方にはおすすめです。災害用バックやご自身の身の回りのものにつけておくとよいでしょう。

思ったより小さくて、キーホルダーにも下げられそうです。とても気に入りました。 でも2月19日に注文して「3月5日までに配達」の表示にもかかわらず、届いたのは3月12日でした。 届くまで3週間くらいかかることもあると覚悟して、ポチッしましょう。

種類別マルチツールのおすすめ

VICTORINOX(ビクトリノックス) ハントマン 保証書付 1.3713 【日本正規品】
VICTORINOX(ビクトリノックス) ハントマン 保証書付 1.3713 【日本正規品】

これまでご説明したように、マルチツールには大きく分けて2種類あります。スイスアーミーナイフタイプとプライヤーツールタイプです。では、種類別におすすめをご紹介します。   スイスアーミーナイフは、 ハサミを装備するトラベラーとのこぎりを装備するキャンパーが合体したため、多機能でアウトドアなどでひとつあるととても便利です。用途にあった機能を内蔵したものを持っていくことをおすすめします。 おすすめはビクトリノックスのハントマンです。さまざまな機能に加えLDEがついているものもあり、暗がりだったり遠く離れたところに行っても役に立つこと間違いなしです。    プライヤーツールはペンチなどがメインのマルチツールです。一つ目のおすすめはガーバーサスペンションです。錆びにくい本体とナイフも内蔵されてます。二つ目はレザーマンです。コンパクトでナイフも内蔵されていないのでなので安心して持ち運び使えます。

数回のキャンプに連れて行きましたが今では無いと不安になるまで信頼しています。 主に大小ナイフとハサミが便利です。買う前イメージしていたより利用回数が多いので驚いています。 無くしそうなのでワイヤー付けて腰から下げて使用しています。 なおブッシュクラフトも可能ですがもう少し大きいナイフを別途購入することをお勧めします。

マルチツールは好きな物を大切に

マルチツールは好きな物を大切に

たくさんおすすめをご紹介してきましたがいかがでしたか。マルチツールについて、種類や価格、用途などがわかりましたか。 洋服を選ぶ時にも好みの洋服を選びます。マルチツールでも適材適所に合わせた自分の好みのマルチツールを選びましょう。選ぶ時にも、使う時にも楽しさを忘れないようにしましょう。 マルチツールは本体に複数機能が内蔵されていたり、アタッチメントを変えるだけで機能が増え、ひとつ持っていればいつどこでも活躍できます。ただし、どの場面に使う時でも注意しておくべき点をわきまえて使用しましょう。 適材適所で使うわけなので、マルチツールを使ったことで悪いことになったりしないよう、おすすめとしてはマルチツールを使ったことでさらにその場を盛り上げ活躍できる使い方をしましょう。

関連タグ

アクセスランキング