IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ワークゲートの評判・特徴・求人とは|口コミからわかる評判まとめ

転職サービス・サイト

転職活動をハローワーク中心で行っていませんか?時間を短縮する為にも、転職サイト「ワークゲート」を使ってみましょう。今回は、ワークゲートの評判や活用方法、口コミからわかるワークゲートの良い・悪い両方の評判まとめをご紹介させていただきます。

更新日時:

転職サイトを使う理由

転職活動をする際に、皆さんはどのような方法で仕事を探しているのでしょうか。ハローワークや人材派遣会社、新聞・折り込みチラシの広告、友人や元同僚等を頼る、企業の公式ホームページから直接応募する等、様々な方法で転職活動に励んでいる事かと思います。 しかし、まだ現在の仕事を辞めてはおらず、貴重な休日を使って転職活動をしているならば、仕事で溜まった疲れが残った状態で動いている事になります。それでは現在の仕事の業務にも、転職活動の方にも良くない影響が出やすくなる事でしょう。 そこで、転職サイトの活用をお勧めします。転職サイトはインターネットの環境さえ整っていれば、すぐにでもアクセスする事が出来ます。その為、休日だけではなく、お昼休み等のちょっとした空き時間や仕事が終わった後という時間帯を気にする事なく使えますし、動く必要もありませんので、時間と体力の節約にもなります。 この記事では、数ある転職サイトのうちの1つである「ワークゲート」の評判や活用方法、ワークゲートに関するクチコミの良い・悪い両方のまとめ、をご紹介させていただきます。ワークゲートについて詳しく知り、上手く活用して転職活動を乗り切りましょう。

転職サイトワークゲートの評判

転職サイトと一口に言っても数がかなり多い為、どの転職サイトを見れば良いのか戸惑う方も多いのではないかと思います。転職活動をする上で、仕事が探しやすいかどうか等、自分のやり方と相性の良い転職サイトを見つけるという事も重要な点と言えます。 この項目では、転職サイトワークゲートの評判を、特徴、求人量、求人の質、サポート、給料、合格率の6つに分けて、ご説明させていただきます。

転職サイトワークゲートの特徴

ワークゲートの特徴は、大きく分けて3つあります。1つ目は、徹底した求人情報の管理です。今までに転職サイトを利用の際、時間をけて自分の希望としている仕事を見つけ出し、これしかないと勢い込んで応募した所、既に募集を打ち切られていた為、無駄な時間を過ごしてしまった経験はありませんか。せめて、募集が終了した後はすぐにページを削除するか、もう募集が終了したという事を記載しておいてくれたら良かったのに、と思うのも無理はありません。 しかし、ワークゲートでそのような経験をする事はありません。ワークゲートは求人情報をリアルタイムでチェックしておりますので、掲載されている求人は全て募集中のもので統一されています。募集が終わった求人はすぐにそのページが見られないように設定されている為、上記のように時間を無駄にする事はありません。 2つ目は、手間の少ないスカウト機能。ワークゲートには「My履歴書」というものがあり、これにご自分の個人情報を登録しておき、企業側が作成した履歴書に興味を持てば、メールという形で直接あなたにスカウトがくるという仕組みです。あなたがやる事はMy履歴書の作成のみで、後は待つだけというもの。 その間に、他の求人へ応募するもよし、面接や筆記試験の対策を練るもよし、勿論疲れているなら休んでいてもいいのです。注意点としては、スカウトが必ずくるとは限りませんし、きたとしてもそれで採用という訳ではない事です。あくまでこの時点では履歴書を見て、興味を持っただけに過ぎないので、書類選考が通ったくらいの気持ちでいて下さい。 3つ目は、応募前に気になる企業へ質問が出来る。求人ページには仕事内容や労働条件等、詳しい情報を記載されていますが、それでも疑問に思う事や気になる事等は沢山出てくるかと思います。 そこで、ワークゲートの求人ページをよく見て下さい。「応募する」というボタンの下に「企業に質問する」というボタンがあるはずです。それをクリックすると質問する為のフォームが出てきます。名前、メールアドレス、質問内容を入力して送信するだけなので、時間もそれほどかかりません。

転職サイトワークゲートの求人量

ワークゲートは総合求人サイトなので、様々な業種・職種を幅広く取り揃えており、その分だけ募集されている求人の量も多数掲載されております。 求人量が多い理由の1つとしては、ワークゲート以外の求人サイトと複数提携している事が挙げられます。そうする事により、サイトの求人数を毎日増やし続けているのです。 求人量が増えればそれだけ転職活動をしている方の目に留まりやすく、応募したい求人の候補も多く見つけられる事でしょう。

転職サイトワークゲートの求人の質

ワークゲートには、サイト独自の審査基準があり、それに沿って登録する企業を決めております。その為、その審査基準に合わないならば、登録を断る場合があるとの事です。したがって、求人の質は一定の水準を保っていると言えます。 更に、ワークゲートの特徴でも触れましたが、気になる求人に関しては企業へ質問が出来ますので、ご不安であればその機能で直接企業側へ確かめるという方法もあります。

転職サイトワークゲートのサポート

まず、ワークゲートは仕事が探しやすいです。例えばサイトの上部には正社員、派遣、バイトそれぞれの雇用形態の求人数が表示されており、一目で現在どれくらいの募集がかけられているのかが分かるようになっています。 更にご希望の職種や労働条件等で検索する際の数も豊富にあり、目的の求人を探しやすいです。他にも、ワークゲートにおいて目を通される数が多かった職種を、ランキング形式で紹介していますので、ライバルが多い仕事は何かを把握する事が出来ます。 そして、仕事を探す上で必要な知識をまとめたコンテンツもあります。 履歴書や志望動機の書き方では、転職、アルバイト、派遣に分けてそれぞれに応じた書き方を詳細に説明しています。お仕事用語集では転職活動をしていく中で必要な知識が、仕事資格集では資格の一覧が記載されています。 このようにワークゲートのサイトでは、求職者が少しでも使いやすいようあちこちに求職者をサポート出来る工夫がされています。スピーディーな採用実現を目指しているワークゲートの方針に沿ったサイトです。

転職サイトワークゲートの給料

ワークゲートで募集されている求人の給料には、当然ながら仕事内容によって差が生じます。しかし、出来る事なら誰でも高い給料が欲しいという願望がある事と思います。 そこで、こだわりの条件の中にある「高収入」で検索をかけてみましょう。どの求人を見ても給料は平均して月給が30万以上のものが目立ちます。そこから更に、ご希望の職種や労働条件等で絞り込みをかけていけば簡単に、給料が高い上に、その他の希望している条件に沿った仕事が見つかります。 ちなみに、高収入だけではなく、「交通費別途支給」や「食事・まかない支給」等、金銭に影響されるこだわり条件候補は他にもありますので、そちらもお試し下さい。

転職サイトワークゲートの合格率

ワークゲートの合格率は高いようで、中には1社を受けただけで仕事が決まったという方もいらっしゃいます。合格率が高い理由の1つとして挙げられるのが、ワークゲートの特徴にもなっている求人のリアルタイムによるチェックです。 常に求人を最新の情報に保つ事で、求職者は無駄な時間をとる事なく、転職活動をスムーズに行えます。その為、合格出来なかったとしても次に行ける時間を確保出来て、結果的には合格率が上がると言われています。

ワークゲートの活用方法

転職サイトをこれから初めて使う場合、最初はどのように使うかを把握するのに多少時間がかかってしまう事が多いです。 ワークゲートは初心者の方でも使いやすいサイトではありますが、上手く活用する方法がなかなか思いつかない方の為に、この項目ではワークゲートの活用方法を3つに絞って、ご説明させていただきます。

My履歴書を公開設定にしておく

ワークゲートでせっかくMy履歴書を作っても、公開設定にしておかなければ意味がありません。先述したように、企業の担当者がワークゲートを通して、条件に合う登録者のMy履歴書をチェックしているからです。 公開設定をしておく事により、こちらが何もしなくてもMy履歴書に目を通した担当者が気に入れば、スカウトされる可能性が高まるのです。 ちなみに、My履歴書はワークゲートだけではなく、姉妹サイトにあたる街わーくとITワーク、派遣ワークにも使う事が出来ますので、興味があれば是非、ご利用下さい。

自分の希望している条件を登録しておく

ワークゲートのサービスの1つに、メールマガジンを送ってくれるというものがあります。そこにはあらかじめ登録しておいた、自分が希望している条件に当てはまる最新の求人情報が記載されてます。 メールの回数は週に3回となっており、このサービスを活用すると自分で探す手間が省け、転職活動がスムーズに進みます。

資格一覧をチェックしておく

「求職活動をサポート 働く上で役立つコンテンツ」という項目が、ワークゲートの公式サイトの向かって右側の真ん中辺りにあります。その中には、「就職・転職に役立つ仕事資格集」というページがあり、資格一覧が掲載されています。 希望している転職先の業務に活かせる資格、今持っている能力を更に伸ばせる資格等は勿論の事、自己PRの1つとしても資格は強力な武器となります。資格一覧をチェックして、必要であれば転職活動と並行して資格取得を目指すのも良いでしょう。

口コミからわかる評判まとめ

ワークゲートを活用し、ご自分の希望に沿っている求人情報を見つけ出したとしても、応募をためらってしまうという事はよくあります。理由は人によって違い、この仕事で本当に良いのかと自分の気持ちに迷いが生じている時や落ちたらどうしようと応募をする前から悪い方向に考えが及んでしまっている時等、様々な葛藤が存在します。これはご自分で解決していただくしかありません。 しかし、気持ちの問題ではなく、これから使おうとしているワークゲートに対する情報が少ないという理由から不安になり、迷いが生じている方の場合は違う対処の仕方があります。 ワークゲートの公式サイトや提携先のサイトだけでは情報が足りないという事なら、口コミを読んでワークゲートの評判をチェックしてみましょう。公式サイトだけではいまいちよく分からない、信頼できないといった気持ちも、他の人の意見を読む事で気持ちや考えを整理する事が出来るはずです。 この項目では、良い評判と悪い評判の両方とその評判から分かる事を、まとめてご紹介させていただきます。

良い評判

私が転職サイトに登録する時に心がけたことは、求人の鮮度が良いところだけを利用するということです。いろいろ口コミを調べたりすると、登録者を集めるために条件の良い求人を餌にしているところが多いようでした。それで、応募してみるとすでに締め切られていたなんてことが実際にあるようです。私はそんな無駄なことはしたくなかったので、リアルな口コミで評価の高いワークゲートに登録することにしました。 実際、利用してみると求人の鮮度が高いことが実感できます。転職活動に長い時間をかけたくなかったので本当にありがたかったです。おかげで無駄な応募を極力減らすことができました。スピーディーに転職することができたのは良質な転職サイトを利用したからですね。

この方が転職サイトに求めた条件は、求人情報が新鮮である事のようです。転職サイトに登録する前に、きちんと調べた事でどのサイトが自分にとって良いものであるかを見極めようとなさっています。 ワークゲートを選んだ理由は、口コミの評価が高く、求人の鮮度を重視している事でしょうか。登録し、実際に使ってみて希望通りに求人の鮮度が高い事を喜んでいらっしゃいます。

私はワークゲートで転職活動をしました。 色々な転職サイトに登録して、応募したりしたのですが、中には既に応募を締め切っているところとかもあって・・・ そういう時って、期待したのがばかばかしくなって、すごくやる気を損なうんですよね。 それで、色々調べるとワークゲートはそういう心配が無くて、常に新鮮な求人だけを掲載していると聞いたので、利用してみることにしたんです。 登録すると、けっこう職種も豊富だし、こんなにたくさんの求人があるなんて驚きでした。 就職難とか不景気とかって言っても、探せばあるものですね。 それで、ワークゲートの求人情報を利用して片っ端から応募! 経理の仕事をしてきた私は、経験を活かすために経理の仕事だけに絞って活動しました。 応募した求人の中には、すごく大きな企業もあって驚きました。 さすがに競争率が高いらしく、その企業には内定はもらえませんでしたが・・・ 今は、けっこう安定した企業の経理事務として採用していただくことができ、しっかり稼いでいます! 求人情報が新鮮なワークゲートだからこそ、スムーズな転職活動に成功できましたね。

この方は、既に様々な転職サイトを使って転職活動をした末に、ワークゲートを見つけたそうです。繰り返し応募をする中で受付を締め切っていたという求人にも遭遇し、さぞがっかりした事でしょう。応募先の企業に対する期待値が高ければ高いほど、自分の出した応募が無駄だったと知った時の失望は大きいものだと思います。 新鮮な求人だけを掲載しているワークゲートを使ってみると、予想以上に求人数が多くやる気が出たようです。そして、ワークゲートで転職活動に力を入れた結果、最終的に転職成功を果たしたとの事です。

ワークゲートを利用する前に他の転職サイトを利用していましたが、その転職サイトでは載っている求人の募集が既に終了していたことが度々あり利用しにくかったです。 その点ワークゲートではそういったトラブルがなく、リアルタイムで求人の情報を見れましたので、いつでも募集可能な求人を探すことができました。 せっかく私が希望する条件にピッタリの求人を見つけても、エントリーしようとしたら応募が終わっていたということがなく、サイトに載っている求人は確実に募集中だったので安心できました。 自分の希望する条件をかなり細かく絞り込んで求人をチェックすることができたので、スムーズに希望通りの求人を探すことができたことも良かったです。 サイト内の「企業に質問する」のボタンから、応募する前に企業側へ質問できたので、応募する前にミスマッチを防ぐことができました。 求人情報の更新の頻度も高くて、常に新しい情報を惜しみなく提供してくれるので、求人に関しての行き違いが少なかったというのが大きなメリットでした。 ワークゲートを利用したおかげで、私の希望する土日休みで安定した会社へ転職することができました。

出典: http://xn--h-ieu4b3dr190bt4zagdvyha.com | ワークゲートを利用する前に他の転職サイトを利用していましたが、その転職サイトでは載っている求人の募集が既に終了していたことが度々あり利用しにくかったです。 その点ワークゲートではそういったトラブルがなく、リアルタイムで求人の情報を見れましたので、いつでも募集可能な求人を探すことができました。 せっかく私が希望する条件にピッタリの求人を見つけても、エントリーしようとしたら応募が終わっていたということがなく、サイトに載っている求人は確実に募集中だったので安心できました。 自分の希望する条件をかなり細かく絞り込んで求人をチェックすることができたので、スムーズに希望通りの求人を探すことができたことも良かったです。 サイト内の「企業に質問する」のボタンから、応募する前に企業側へ質問できたので、応募する前にミスマッチを防ぐことができました。 求人情報の更新の頻度も高くて、常に新しい情報を惜しみなく提供してくれるので、求人に関しての行き違いが少なかったというのが大きなメリットでした。 ワークゲートを利用したおかげで、私の希望する土日休みで安定した会社へ転職することができました。

この方も他の転職サイトを利用した結果、ワークゲートにたどり着いたとの事です。求人の鮮度だけではなく、企業に質問する事が出来るボタンを利用し、ミスマッチを防げたのも高評価につながっているようです。

悪い評判

仕事には何の不満もありませんでしたが、趣味の習い事との両立を図りたいのだと前々から思っていましたので、ワークゲートの転職支援サービスを使うこととしました。サイトの構成が分かりやすいという点は良いように感じましたが、正社員より派遣社員の求人数の方が圧倒的に多い点は直した方がいいのではないかと思いました。

こちらの方にとって不満だった点は、派遣社員の求人数が多すぎる所だそうです。正社員を希望されている方にとっては、不満の種になりやすいかもしれません。

ワークゲートは、大手の転職エージェントよりも求人数が少なかったが、事務職を中心に求人を出している事を友人から聞いて、早速ワークゲートの転職エージェントに登録しました。 ワークゲートの転職エージェントの事務所に行って、求人を閲覧していたら確かに事務職の求人が多かったが、ほとんどがパートやアルバイトや派遣社員などの非正規社員として求人を出している企業が多かったです。 早速担当者の人と面談を行って、正社員としての事務職を希望している事を伝えました。 しかし、正社員の事務職は他の登録者がすでに応募していたり、決まっている求人が多かったのが残念であったと思います。 事務職は半年間だけ契約社員として働いていたが、半年間だけの職歴ではなかなか正社員として事務職に就職するのは難しいと判断されてしまいました。 従って、他のエージェントと見比べながら事務職の職種を探す事になりました。

こちらの方は、事務職の正社員を希望されていたものの、派遣やパートばかりでなかなか希望の求人に恵まれなかったようです。

もっと求人数の多い大手の転職サイトはたくさんありますが、事務職に強いと聞いたのでワークゲートに登録することにしました。確かに事務の求人は多かったですが、そのうちの大半は派遣社員などの非正規雇用だったので、正社員を希望している自分には物足りなかったです。とはいえ、自分の事務のスキルはそれほど高いわけでもないので、あまり高望みはできないんですが。 とりあえず、正社員を募集している企業にできるだけ応募してみましたが、すでに他の候補者に決まりかけていたり応募自体が締め切られていたりでうまくいきませんでした。もっと高いスキルと経験があれば転職先も簡単に見つかったんでしょうが、今は難しいということなので、他の転職サイトも利用しつつ、しばらくは派遣社員で頑張っていこうと思います。

こちらの方も事務職の正社員希望だったらしく、非正規社員の求人ばかりだった為、他サイトと併用する形をとったようです。

評判から分かること

まず良い評判についてですが、ワークゲートのリアルタイムで徹底管理された求人が高い評価を受けています。やはり、応募したけれどもう募集していないという答えを得るまでの時間がもったいなく感じている方が多いようです。 他にも、前もって企業に質問できるボタンが便利という声も目立ちました。次に悪い評判ですが、全体的に非正規社員の求人が多い事についての不満が多かったです。非正規社員を希望している方にとっては良いかもしれませんが、そうでない方にとっては他のサイトの方が良いと考えてしまう点だと思います。事務職の求人は多いので、非正規社員でも構わない方には向いているサイトだとも言えます。

ワークゲートを活用して希望の仕事を見つけましょう!

転職サイトのワークゲートについて解説させていただきました。転職活動を探す上で、時間がかかる無駄な行動は避けたいものです。転職サイトを利用して時間短縮を目指したいという方にとって、ワークゲートはお勧めです。 ワークゲートでご希望の仕事に就けるよう祈っております。

関連タグ

アクセスランキング