【今すぐ始めるRuby】入門資料まとめました

「サクッと使えてプログラミングするのも面白い!」とよく聞くRuby。気になっていたけど、まだ入門していなかったという方は多いのではないでしょうか。今回は、「Rubyとは」から「Rubyを書いてみる」ところまで、順を追って理解していけるようにまとめてみました。

Ruby 入門資料

では、早速Rubyについて触れていきましょう!

入門編:Rubyについてざっくり説明

まずは、Rubyについて、以下のスライドで大まかな概要を把握していきます。

Rubyの補足説明
少し補足説明をしておきます。

Rubyはオブジェクト指向を追求したスクリプト言語です。データ型すべてをオブジェクトとして扱っている、他の言語とは一線を画す言語です。可続性も重視しているため、シンプルな文法であり、初学者にとっても入門しやすい言語といえるでしょう。

手軽で楽しくオブジェクト指向をするといった目的で、日本人の「まつもとゆきひろ氏」によって開発されました。

応用編:もっと詳しくRuby

入門資料から一歩進んで、もう少し詳しくRubyについて見ていきます。以下のスライドで、実践的なコードの例を確認し、他の言語との違いなどを実感していただきたいです。

文法や変数、配列などプログラミングする上での基礎的なところを解説しています。

PHPとRubyとを比較して、他の言語をすでに学習している方にとって、Ruby独特のつまづきやすいポイントを紹介しています。

実践編:Rubyを書いてみる

ここからは、実際にRubyで開発をしたい方向けの資料を紹介していきます。

Ruby開発環境構築
「サクッと使えてプログラミングするのも面白い!」とよく聞くRuby。気になっていたけど、まだ入門していなかったという方は多いのではないでしょうか。

今回は、「Rubyとは」から「Rubyを書いてみる」ところまで、順を追って理解していけるようにまとめてみました。今から、Ruby入門したいという方は、ぜひご覧ください。

Ruby 入門資料

では、早速Rubyについて触れていきましょう!

入門編:Rubyについてざっくり説明

まずは、Rubyについて、以下のスライドで大まかな概要を把握していきます。

Rubyの補足説明
少し補足説明をしておきます。

Rubyはオブジェクト指向を追求したスクリプト言語です。データ型すべてをオブジェクトとして扱っている、他の言語とは一線を画す言語です。可続性も重視しているため、シンプルな文法であり、初学者にとっても入門しやすい言語といえるでしょう。

手軽で楽しくオブジェクト指向をするといった目的で、日本人の「まつもとゆきひろ氏」によって開発されました。

応用編:もっと詳しくRuby

入門資料から一歩進んで、もう少し詳しくRubyについて見ていきます。以下のスライドで、実践的なコードの例を確認し、他の言語との違いなどを実感していただきたいです。

文法や変数、配列などプログラミングする上での基礎的なところを解説しています。

PHPとRubyとを比較して、他の言語をすでに学習している方にとって、Ruby独特のつまづきやすいポイントを紹介しています。

実践編:Rubyを書いてみる

ここからは、実際にRubyで開発をしたい方向けの資料を紹介していきます。

Ruby開発環境構築

まずはRubyで開発をしていくために、開発環境を整えましょう。Rubyの開発環境構築にはこちらの記事で紹介されていますので、参考にしてみてください。



動画でRubyの基礎を学ぶ

「サクッと使えてプログラミングするのも面白い!」とよく聞くRuby。気になっていたけど、まだ入門していなかったという方は多いのではないでしょうか。

今回は、「Rubyとは」から「Rubyを書いてみる」ところまで、順を追って理解していけるようにまとめてみました。今から、Ruby入門したいという方は、ぜひご覧ください。

Ruby 入門資料

では、早速Rubyについて触れていきましょう!

入門編:Rubyについてざっくり説明

まずは、Rubyについて、以下のスライドで大まかな概要を把握していきます。

Rubyの補足説明
少し補足説明をしておきます。

Rubyはオブジェクト指向を追求したスクリプト言語です。データ型すべてをオブジェクトとして扱っている、他の言語とは一線を画す言語です。可続性も重視しているため、シンプルな文法であり、初学者にとっても入門しやすい言語といえるでしょう。

手軽で楽しくオブジェクト指向をするといった目的で、日本人の「まつもとゆきひろ氏」によって開発されました。

応用編:もっと詳しくRuby

入門資料から一歩進んで、もう少し詳しくRubyについて見ていきます。以下のスライドで、実践的なコードの例を確認し、他の言語との違いなどを実感していただきたいです。

文法や変数、配列などプログラミングする上での基礎的なところを解説しています。

PHPとRubyとを比較して、他の言語をすでに学習している方にとって、Ruby独特のつまづきやすいポイントを紹介しています。

実践編:Rubyを書いてみる

ここからは、実際にRubyで開発をしたい方向けの資料を紹介していきます。

Ruby開発環境構築

まずはRubyで開発をしていくために、開発環境を整えましょう。Rubyの開発環境構築にはこちらの記事で紹介されていますので、参考にしてみてください。



動画でRubyの基礎を学ぶ

ドットインストールの動画では手を動かしながら学習できます。動画とともに一緒に手を動かしながら学習するので、始めてRubyに触れる方にとては躓くことが少なくて安心でしょう。



テキストでRubyの基礎を学ぶ

こちらのサイトでは、Rubyの基礎的な文法などについてコード例とともに解説されています。動画を進めたり止めたりするのが面倒だと感じる方には、こちらのテキストでの入門がおすすめです。

おまけ:仕事としてのRuby

こちらのスライドでは、Rubyの収入、将来性などについて説明されています。

趣味としてだけでなく、仕事としてもRubyを使っていこうと考えているエンジニアの方にとっては、Rubyの市場の傾向を知っておくことは決して損になる情報ではないでしょう。最近ではRubyの新たな動きが見られるので、それに関する記事もご紹介しておきますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。「Rubyってやっぱりとっつきやすいんだな〜」と感じた方が多かったのではないでしょうか。

Rubyは、上のスライドにもあったように「束縛のない開放感溢れる言語仕様」を意識して作られているため、比較的、楽しみながらプログラミングを行うことができます。皆さんも是非、この機会に、Rubyに触れてみてください!