年収350万の生活(手取りはいくら?家賃は?貯金は?どんな仕事?)

年収350万円で生活する場合、どのような暮らしになるのでしょうか?「年収350万円」という収入を、手取りや家賃、貯金といったさまざまな観点から考察しています。年収350万円の場合の生活水準が気になる方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

年収350万円なら、どんな生活ができる?家賃や貯金などの生活事情

記事番号:951/アイテムID:11060の画像

人生、お金が全てというわけではありませんが、現代社会では資産や収入は重要なステータスとなっています。

資産や貯金、年収などによって、どの程度の生活できるのか、生活水準も変わってくる為、年収や貯金などは結婚などをする際に重要視されることも。勿論、人柄なども重要ですが、収入が人生に与える影響が非常に大きいのも、事実なのです。

毎月の給料や年収などは、職業や役職、そして個人の能力によって幅広い金額となっていますが、世の中には年収350万円という方も、多いと思います。今回は、「年収350万円」という収入について、さまざまな観点から考察していくので、ぜひ参考にどうぞ。

年収350万円の人は、労働者の中でも多い方

そもそも、年収350万円という収入は、世間一般としては高い方なのでしょうか?それとも、少ない方なのでしょうか?

答えとしては、どちらでもありません。年収350万円は、平均的な収入と言われています。労働者全体の約30%(※1)が、年収300万円~年収400万円というデータもあります。 3人に1人くらいの割合で、年収が300万円~400万円ということになりますね。

特に、年収300万円~400万円の丁度中間にあたる年収350万円は、平均的な金額であると言えそうです。

年収350万円の場合、手取りは277万円

年収350万円といっても、実際に手元に支給されるのは、350万円全てではありません。年収350万円から、各税金や保険料を支払い、残った金額が手取りとして口座などに振り込まれるのが一般的です。

では、年収350万円の場合、手取りはいくらくらいになるのでしょうか?

結論から言うと、年収350万円の方の手取りは、277万円(※1)くらいになります。その内訳としては、社会保険料が年間51万円(※1)、所得税は年額で7万円(※1)、住民税は年間15万円(※1)、合計で73万円(※1)となっています。

この73万円を年収350万円から引くと、手取り277万円になるというわけですね。

年収350万円の場合、家賃は年間約116万円前後がベスト

住居というのは、生活の基盤となる重要な場所です。出来る限り、良い家や部屋に住みたいと思っている方も、多いでしょう。

しかし、月々、そして年間の出費として考えた時、大きな割合を占めるのが住宅ローンや家賃でもあります。特にマンションやアパートの場合は、収入に見合った家賃の部屋を選ばないと、大きな負担となります。

では、年収350万円の場合、家賃はいくらくらいがベストなのでしょうか?家賃の目安の1つとして、「年収の3分の1(※2)」という説があります。この目安に従って計算すると、年収350万円÷3となり、約116万円となります。

つまり、年収350万円の場合、年間の家賃は116万円前後がベストということですね。

月々で換算すると、約9万7000円

年収350万円の場合、家賃は年収の3分の1である、約116万円がベストという結論が出ました。しかし、年間116万円と言われても、月々の家賃で換算してみないと、いまいちピンとしないかもしれませんね。

そこで、116万円を12カ月で割ってみましょう。1カ月あたり、約9万7000円ということになります。

都心に住むのか地方に住むのか、築何年の建物なのか、そしてどれくらいの広さの部屋なのか。条件によって家賃というものは大幅に変わりますが、家賃に月々9万7000円まで使えると考えると、余裕のある暮らしができそうですね。

年収350万円の場合、ある程度貯金することも可能

年収350万円の場合、手取りでも277万円前後受け取れることが分かりました。では、毎月いくらくらい貯金できるものなのでしょうか?今度は、貯金について考察していきたいと思います。

貯金に関しては、個人の価値観のほか、単身世帯なのか配偶者などがいるのかによっても大きく異なります。しかし、毎月の出費を抑えれば、充分な金額を貯金できると考えられます。

実際に年収350万円で暗している方の例として、「毎月の貯金額は約5万円。(※1)」という方もいます。この方は独身男性で、配偶者などがいないということもあり、或る程度趣味を楽しんだ上で、毎月5万円程貯金しているようです。

養育費などがかかる子供がいる家庭となると、生活水準や出費の内訳なども、また大きく変わる可能性があります。しかし、基本的には多少の節約さえすれば、毎月コツコツ貯金することもできそうですね。

年収350万円の生活は、工夫次第で貯金も趣味も楽しめる

記事番号:951/アイテムID:11100の画像

いかがでしたでしょうか?今回は、年収350万円という収入に注目して、どのような生活ができるのか、さまざまな観点から考察してみました。

年収350万円の方は、労働者の中でも割合的に多く、平均的な収入と言えます。そのため、年収350万円での生活は、標準的な生活水準であるとも言えるでしょう。

お金の使い方は人それぞれですが、毎月ある程度の金額を貯金に回している方もいれば、趣味をしっかり楽しんでいる方もいるようです。また、趣味も貯金もこなしている方もいます。家賃という観点で考えても、ある程度のランクの部屋に住めると考えられます。

これらの情報から、年収350万円での生活は、標準的な生活水準を保って、ある程度余裕のある生活ができると言えそうです。

リクルートエージェント
中でも業界大手で転職成功実績No.1で心強い味方。求人票では分からない各企業の内情を知ったエージェントが、給与や休日数など、あなたの希望の条件に合った企業を一緒に探してくれます。
http://www.r-agent.com/

※1:30%・277万円・51万円・7万円・15万円・73万円・毎月の貯金額は約5万円

出典:http://男性が好きな人にとる態度.jp

※2:年収の3分の1

出典:http://type.jp