男女別「就活かばん」の選び方|デザイン、大きさ、色、機能性が成功のカギ

就活でかばんがないと結構不便なんです。かばんが小さすぎて書類を折り曲げて入れてしまう、急なゲリラ豪雨でかばんがびしゃびしゃ、もちろん中身の書類も大変なことになってることでしょう。そんな状態じゃ面接に行けませんよね。そうならないためにも、今回はかばん選びのポイントとおすすめを紹介していきます。

機能性が大事!成功する就活用かばん選び

かばんの種類で採用に影響?

かばんの種類で採用不採用に影響することが絶対にないとは言い切れません、面接にカラフルで派手なかばんやハイブランドのかばん、リュックサックやあまりにも汚いかばん等で行ってしまったら、人事担当者にあなたの常識を疑われてしまいますよね。面接はきちんとしたその場にふさわしいかばんで行く事をおすすめします。


避けた方がいいもの

・カラフルで派手なかばん
・ハイブランドのかばん
・リュックサック
・あまりにも汚いかばん(もらいものや使い古し)

どこで買うべき?おすすめの購入場所

今の時代、様々な場所でかばんは購入することが可能です、やっぱりできるならお金を出したくないですから、安くて良いものを買いたいですよね。

割安で買うならインターネットで購入するのがおすすめです。インターネット通販サイトは現在多数存在します。大手なら「Amazon」や「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」「ポンパレモール」などがありますね。どこが一番安いのかを知りたいならば価格を比較サイトできるサイト「価格.com」で比較すればすぐに安いサイトがわかるでしょう。

ただ注意するべきポイントがあります。それは現物を見ることができないことです。かばんの材質や防水機能があるのかないのか、肩掛けベルトがあるのかないのか、ポケットはあるのかないのか等、情報を画像と説明文でしか確認できませんよね。それと注文後に配送の遅延等も起きることもあるため、インターネット通販サイトで購入する際は余裕をもって注文したり、ほかの購入者のレビューなどを参考に購入されたほうがいいでしょう。


有名なインターネット通販サイト一覧

・Amazon
・楽天市場
・Yahoo!ショッピング
・ポンパレモール


インターネットで一番安いものを探す場合

インターネット上で比較サイトというものがあります。様々なインターネット通販サイトやオークションなどの情報を比較し、価格をのせてあるため、インターネット通販サイトの中での最安値で買うこともできます。

・価格比較サイト価格.com


インターネット通販で購入する際の注意ポイント

・現物を確認できない
・説明文と画像でしか判断できない
・配送遅延も考えて余裕をもって注文する
・購入者のレビューや評価を見て判断

もしインターネットだと不安、と思われた場合は現物を見て購入するほうがよいでしょう。


現物を見て購入する場合の購入できるお店

やっぱり現物を見たいという人は紳士服売り場のあるスーパーや、量販店、紳士服専門店やデパートなど様々な場所で購入できますね。紳士服専門店は商品の品ぞろえも多いですが、品質もしっかりしているため少々高めになります。現物を見て購入をするのでしたら、おすすめはドン・キホーテなどの量販店がおすすめです。

購入場所一覧

・イオン
・西友
・ヨーカドー
・UNIQLO
・無印良品
・しまむら
・東急ハンズ
・ヨドバシカメラ
・AOKI
・コナカ
・はるやま

男女別かばん選びのポイント4つ

男性と女性でバッグのデザインやかばんに入れておきたい物は違いますよね。女性は化粧品ポーチなども入れておきたいでしょうし、男性は臭い対策の汗拭きシートなども入れておきたいでしょう。どちらにも共通して言えるのは余裕のある大きさで、書類をしっかり守れて見た目もキレイなものがいいということですね。実用性機能性の両方を備えたかばんを選ぶことが一番ですね。


男性のかばん選びのポイント4つ

1.デザイン

・革製品、ビニールなど丈夫な製品で見た目に問題がなければ、どのような製品でも問題はありません、あまりにも安っぽく見えてしまうものは避けた方がいいでしょう。
地味目のビジネスバッグが無難です。
・リュックサックはビジネスの場に適していないため非常識な人という印象を与えかねませんので、必ずビジネスバッグを持つようにしましょう。
・底面に鋲がついてるものが良いです、面接の際にカバンを床に置いたりすることがあるため鋲(びょう)があるとかばんが自立できてとても便利です。
肩掛けベルトがついてるものも電車移動などの際に便利です。面接の際はバッグからベルトは外す手間はありますが、移動の際にバッグで手がふさがったりするよりは良いでしょう。


2.大きさ

・大きさはA4サイズの書類が入るかばんが良いでしょう。A4サイズの大きさのかばんなら、履歴書やエントリーシートを折り曲げずに、余裕で持ち運べますね。他にも書類やかさばるものを入れておけるので、それなりの広さがあって余裕のあるものを選ぶべきでしょう。


3.色

・色は黒色を選びましょう。茶色の物もありますが、スーツは基本的に黒ですので、合わせやすい黒を選びましょう。派手なものはNGです。面接はおしゃれをする場所ではないので地味目に黒で行きましょう。


4.機能性

・ポケットが内側、外側にたくさんあると便利です。持ち運ぶものは履歴書やエントリーシート以外にも、メモ帳やペンや携帯電話等入れておけますので、バッグを選ぶときは見ておくといいですね。
・折り畳み傘を外側に入れて置けるタイプのかばんがとても便利でしょう。雨水のついた折り畳み傘をかばんの中に入れた時に書類が濡れてしまい、びしゃびしゃになるのを防ぐためには外側にポケットがついてるものの方が良いでしょう。
・防水・撥水加工が施されている物が良いでしょう。急なゲリラ豪雨などが降ってきた時、防水が施されていないかばんは、外側だけではなく内側も濡れてしまうため、中の書類がぬれて大変な事になってしまうため、防水・撥水加工は外せませんね。


女性のかばん選びのポイント4つ

1.デザイン

・デザインは地味目のビジネスバッグが無難です。女性用のかばんより実用性機能性のある男性用のビジネスかばんを使っても問題はありません。
・底面に鋲があるものが自立して置けるため便利です。
・肩掛けのベルトもあると便利です。


2.大きさ

・書類が収まるA4サイズのかばんであることはもちろん、化粧品ポーチや手鏡等も常備される方もいるため、化粧品類も入れて置けるポケットがついていて、ポケット内で仕切りがあるようなものが便利です、女性は男性と比べ持ち物の種類が多くなるため、大きさもそれなりに余裕があった方がいいですね。


3.色

・女性のかばんの色は男性向けの物より多いですが、しかし派手なものは選ばずに面接の場に相応しく、スーツに合わせやすい黒色にしましょう。

4.機能性

・急なゲリラ豪雨などの対策のために折り畳み傘を入れて置けるポケットなどが外側についている物が良いでしょう。濡れた折り畳み傘を入れて書類を濡らしたくはないですよね。
・書類が濡れてしまわないために、防水・撥水加工になっている物が良いでしょう。
・ポケットが内側と外側にあるものが便利です。化粧品意外にメモ帳やペン、携帯電話なども入れておけます。

終わりに

いかがでしたか?今回は就活で活躍するかばん選びのポイントを紹介してきました。就活で使うかばんにも様々な種類があり選ぶのはとても大変ですが、実用的な面や機能面を考えて選ぶといいことがわかりましたね。面接会場へ向かうまでにどのようなトラブルやアクシデントが起きるか誰にもわかりません。最近では急なゲリラ豪雨や交通トラブルがあります。そうなったあとに後悔してしまうより先に備えておけば防げることもあります。大事なのは備えておくこと、何が起こるかわからないのが人生です、面接には余裕をもって挑んでいきましょう!心の余裕を持つことがかっこいい大人への第一歩です。頑張っていきましょう!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事