KDDIのインターン対策|倍率、選考方法など2015年情報

「KDDI」のインターンシップでは急速に進化していく通信ビジネスをどう乗りこなしていくかを学ぶことができます。そこで「KDDI」のインターンシップの内容や、倍率、選考の日程などをお伝えします。

「KDDI」のインターンシップ対策:企業研究

まずは「KDDI」の姿を改めて企業研究として見ておきましょう。

「KDDI」企業概要

「KDDI」は移動通信・固定通信の両方を併せ持つ、総合通信事業者として、時代の変革をリードすることを目的にしている会社です。

・企業名:KDDI株式会社
・本社所在地:東京都千代田区飯田橋3丁目10番10号ガーデンエアタワー
・本店所在地:東京都新宿区西新宿2丁目3番2号
・代表者:代表取締役社長 田中 孝司
・創業:1984年6月1日
・資本金:141,851百万円
・社員数:28,172人(連結ベース)
・事業内容:電気通信事業

「KDDI」企業の特徴

「KDDI」は激化する通信界の競争をチャンスととらえ、個人向けから法人向けまで、つながる通信環境、ネットワークサービスなどのビジネスサポートに貢献しています。

・パーソナルセグメント:ひとりひとりの生活をもっと自由に。
「Always 4G LTE」「ネットとセットでスマホがお得」「端末もサービスを安心して選べる自由」「au WALLETMarket」
・バリューセグメント:ネットでもリアルでも新たなバリュー。
「auWALLET」「お得に楽しく安心なauスマートフォン」「新たなモバイルインターネット・Syn.」
・ビジネスセグメント:企業のICT環境をトータルにサポート。
「ビジネスに最適な環境をワンストップで」「M2M/loTビジネスもワンストップで」「大企業向けサービス」「中小企業向けサービス」
・グローバルセグメント:豊かなコミュニケーション社会を世界に。
「成長市場での取り組み」「高品質なICTソリューション」「海外通信事業者と提携600以上」「ミャンマーでの通信事業に参画」
・新規事業:新たな価値創造の推進。
「UQ WiMAX」「じぶん銀行」「au損保」

「KDDI」のインターンシップ対策:実施内容を知る

「KDDI」のインターンシップは従来、サマーインターンとして5~8営業日の日程で行われてきました。その概要は後で述べますが、2017年春以降の新卒者向けに今回初めて、2月にOneDayインターンシップが行われたのです。事業と同様に採用活動もますます変容しつつあると言えるでしょう。

・One Day ワークショップ
・サマーインターン

2016年「KDDI」One Day ワークショップの実施内容

・応募対象 2015年12月時点で、大学院、大学、高等専門学校、短期大学等、各種学校に在籍している方(学年不問)
・応募方法 当社 採用ホームページ「エントリー」ボタンより応募
2月のOne Dayワークショップは「KDDI」初の試みでした。採用HPの人事担当者ブログには、当時の様子がアップされています。
KDDIの柱となるパーソナル事業の現場をテーマに、そこでの実課題の解決に取り組みました。

「KDDI」One Day ワークショップ 採用日程

Webからの申し込み順で、定員(最大100名)に達すると締め切りとなります。応募締切日は、2016年1月29日。

「KDDI」One Day ワークショップ 勤務情報

1日に2回、同じプログラムを実施します。多くの参加が可能なよう準備されていました。

・勤務期間  全8回のうちの1回
・勤務時間
1.2月11日(木)9:30~12:40
2.2月11日(木)14:20~17:30
3.2月12日(金)9:30~12:40
4.2月12日(金)14:20~17:30
5.2月13日(土)9:30~12:40
6.2月13日(土)14:20~17:30
7.2月14日(日)9:30~12:40
8.2月14日(日)14:20~17:30
・給与    なし 交通費・宿泊費 自己負担
・勤務地   東京・飯田橋
・受入人数  1回50名以上、最大100名
・プログラム ガイダンス/通信業界説明/パネルディスカッション/グループワーク〜発表

2015年「KDDI」サマーインターンの実施内容

・応募対象 2015年12月時点で、大学院、大学、高等専門学校、短期大学等、各種学校に在籍している方(学年不問)
・応募方法 リクナビ2017インターンシップにてエントリー受付。
変化の激しい通信業界をリードするKDDIにおいて、幅広い業務内容を体験。今後のキャリア観の形成につながるような実践型プログラムとなっています。2016年のサマーインターンについては未発表です。

2015年「KDDI」サマーインターン 採用日程

受付後の選考はメールで連絡されます。日程についても公表されていません。

1.エントリーシート
2.面接
2015年「KDDI」サマーインターン 勤務情報

・勤務期間
「通信技術コース」2015年8月31日~2015年9月11日のうち、5営業日程度
「サービス企画・開発コース」2015年9月1日~2015年9月18日のうち、5営業日程度
・報酬:なし
・勤務地:東京近郊の当社オフィス
・人数:記載なし
・プログラム
「通信技術コース」:通信インフラの開発・建設・運用という一連の業務を体験できます。開発現場での業務体験、通信品質測定、通信設備の見学など。
「サービス企画・開発コース」:新規サービスの企画・開発について学び、ディスカッションなどを行うコースです。auスマートパスやビデオパス等主要サービスの運営業務、auWALLETのコーディング業務やプロジェクトマネジメント業務など。

「KDDI」のインターンシップ対策:採用対策

「KDDI」は世のため人のために役立つ事業を行っていくことを経営の方針とし、社是に「心を高める」と掲げています。社員の幸福を追求することと同時に、顧客に感動を届け豊かなコミュニケーション社会の発展に貢献することを、理念としています。

インターンシップに参加するためには、企業理念を理解して、豊かなコミュニケーションを築くために何が必要か、しっかりと考察してエントリーシートを作りましょう。

「KDDI」インターンの倍率を知る

この1年間のインターンシップについて、倍率は公表されていません。人気企業といっても「One Dayワークショップ」は受入人数も回数も多く、チャンスはつかみやすいでしょう。しかし、5日間以上の業務体験となり日当も支給される「サマーインターン」の場合は、従来のように募集人数は絞られるとみられ、30〜50名程度となると倍率は相当なものになるでしょう。

「KDDI」インターンのES対策

豊かな社会の実現のための、豊かなコミュニケーションを築く努力。エントリーシートから「KDDI」はあなたのコミュニケーション能力、リーダーシップ、チームワークを読み取るでしょう。エントリーシートには2015年、以下のような設問がありました(いずれも300字程度)。

・当社を志望する理由について、具体的に記述してください。
・学生時代に力を入れたこととその成果について、具体的に記述してください。
・当社に対し、あなた自身をPRしてください。
一般的な質問ですが、これまでの経験と自分の魅力を、簡潔に積極的に表現しましょう。

「KDDI」インターンの面接/ディスカッション対策

「KDDI」は2013年に、企業理念とフィロソフィーを改訂しました。
フィロソフィーの第3章には「仕事の流儀」として「高い志を抱き、具体的な目標を立てる。絶対に達成するという強烈な願望を持ち、成功するまであきらめずにやり抜く。そして、達成した喜びを分かち合う」とあります。

面接でも、課題に真摯に向き合い、グループメンバーと協力して解決していくチームワークを見せることが大切です。

「KDDI」のインターンシップ対策で重要なのは、変化に対応する力

変容していく社会のシンボル的な、通信という事業。「KDDI」が多様性のある人材を求めていることは、フィロソフィーを読むことでわかります。自分の能力を自分で限定するのではない、変化にチャレンジしていく姿を「KDDI」は求め、さらに豊かにしようとします。失敗を恐れず、乗り越えていくあなたを、アピールしていくことが大切です。

おわりに

いかがでしたか。「KDDI」のインターンシップに参加して、コミュニケーションを最前線で作っていく仕事の魅力を体感してみましょう。伝えたいという意欲、相手の気持ちをくみとる努力を、「KDDI」は大事にします。インターンシップに参加して是非それを発揮してくださいね。

「KDDI」のインターンシップ以外でもインターンシップに参加することで得られる経験はとても貴重です。しかし、中にはインターンシップに行けない企業もあります。そのような場合には人事や社員と焼肉を食べながら、インターンに行けない企業の仕事の様子を知るといいでしょう。