【面接時】履歴書入り封筒の手渡しマナー・クリアファイルは必要?

就活生の皆さん、志望企業へ提出する履歴書の準備ができたら、いよいよ提出ですね。履歴書を企業へ持参するとき、どう手渡せばいいのでしょうか。細かいところが気になって悩んでいませんか?こちらでは履歴書を手渡しするときの正しいマナーについて解説していきます。ぜひ参考にして、履歴書をお持ちしてくださいね。

手渡しする履歴書を封筒に入れるときのマナー

手渡し方の前に、出かけるときに履歴書をバッグにどう入れたらいいかおさらいしましょう。応募書類の提出準備については、基本的には郵送する場合と同じです。履歴書を郵送するときの封筒のマナーについては、イッカツマガジンの他の記事で述べていますのでご覧くださいね(※1)。

応募書類のそろえ方の注意点・ポイント

書類が履歴書だけであっても、その他の応募書類(エントリーシートなど)と一緒であっても、破損してはならない重要な書類です。移動中にヨレたり汚れたりさせないために、以下のことに気を配りましょう。

クリアファイルに入れる

提出前には必ず書類一式を再確認します。とくに履歴書の日付に提出日を書き入れることは忘れてはなりません。履歴書はコピーをとって提出用と別に保持しておきます。面接では履歴書の内容が話題になりますから、対策として履歴書の写しをとっておくことは対策として必須です。

書類のおもて面を揃えてクリアファイルにいれましょう。郵送のときに添える送付状は、採用担当者に直接手渡せるときは不要となりますが、受付・窓口で提出を求められる場合もありますから、用意はしておきましょう。

封筒のおもて面に「履歴書在中」、うら面には住所・氏名

正式な応募書類であることをしっかり示しましょう。封筒のサイズ、色、記載事項に気を配ります。

封筒のサイズはA4サイズが余裕を持って入る大きさとし、角形2号が良いでしょう。
事務用の社内便と混同しないよう「白色」の封筒にします。
おもて面には宛名書きは不要です。
おもて面に「履歴書在中」と朱書きします。
うら面には提出日を左側上部に、下部に自分の住所・氏名を記載します。
書類をクリアファイルごと入れ、封をせずに持参します。
バッグの中は整理し、履歴書の封筒を取り出しやすいようにしておく

対策本や資料・書類を鞄に入れると思いますが、履歴書が入っている時はなるべく物をいれないようにしましょう。なぜなら重なって履歴書に折れ目がついてしまうかもしれないからです。リスクを避けるためにも、履歴書を持参するの鞄の中身は必要最小限に留めましょう。冷たい飲み物を入れないこともポイントです。なぜなら冷たい飲み物から結露が発生して、書類や履歴書が濡れてしまう危険性があるからです。

履歴書を持参して手渡しするときの正しいマナー

履歴書を手渡しするのは、二つの場合が考えられます。

書類選考に応募(郵送と同じ扱い)
面接時に持参(面接前に郵送する場合もある)
書類選考、面接の順にみていきましょう。

書類選考の履歴書を持参するときの注意点・ポイント

書類選考の段階で、履歴書を郵送せずに持参することは、いくつかのメリットがあります。

確実に期日までに提出できる
企業を訪問することで社員に会うチャンスを得る可能性がある
社員の目に留まり有利になる可能性がある
あくまでも書類選考ですから、社員に会えたり、持ち込み提出が印象を良くしたりの可能性はそう大きくはありませんが、就活に最善を尽くす手段の一つにはなるでしょう。募集要項に「履歴書を郵送または持参」と書かれてある場合に持参する時は、必ずアポイントを取ってから訪問しましょう。

採用担当者に会うことなく、受付に書類提出になるときは、封筒の糊づけが必要になるかもしれません。提出時に確認し、指示に従いましょう。

おもて面を上に、封筒の向きを相手側に持ち替え、

「本日は履歴書を提出に参りました。どうぞご査収ください。よろしくお願いいたします。」

とお辞儀をして両手で差し出しましょう。

一斉に開かれる説明会で、履歴書を提出することがありますね。この場合も書類選考に応募するのと同様、封筒で持参して手渡しましょう。

面接時に履歴書を持参するときの注意点・ポイント

応募書類はあなたという商品のカタログのようなものです。自身は売り込みに来たセールスマン。面接はプレゼンテーションです。面接担当者は、応募者の細かい立ち振舞いやマナーも見ています。服装や髪型だけではなく、履歴書の渡し方、封筒の扱い方、お辞儀の仕方までに及びます。細心の注意と相手先への敬意を忘れずに手渡ししましょう。

手渡し方1:受付で提出する場合は封筒ごと手渡す

面接当日、どのような流れで書類提出になるのかは、実際に企業へ行く時にならないとわからないことも多いのです。臨機応変に対応できるように準備していきましょう。受付で提出する時は「履歴書在中」の朱書きと自身の住所氏名の書かれた封筒ごと手渡します。

面接官のもとに履歴書が届くまでに、履歴書が折れたり、傷ついたりしないように封筒のまま渡すのが原則です。係員や面接官が取り出しやすいように、封筒に糊づけはしません。ただ、封筒から履歴書を出すように指示されることもありますから、担当者の指示に従いましょう。

おもて面を上に、封筒の向きを相手側に持ち替え、

「こちらが私の履歴書になります。本日はよろしくお願いいたします」

とお辞儀をして両手で差し出しましょう。

丁寧な対応をしておくことで、あなたのいい印象が履歴書を受け取った人から面接官に伝わることもあります。

手渡し方2:面接官に直接提出の場合は、封筒から取り出して渡す

面接官には履歴書を取り出す手間をかけないように気を配ります。渡すタイミングは、面接官が後から入ってくる場合と、面接官の待つ部屋に自身が入室する場合があります。

手渡し方3:面接官が後に入ってくる場合

面接官が後からくる場合は、先に面接を行う部屋に通されます。通されたらすぐに履歴書をバッグから取り出して机の上に準備しておきましょう。そうする事で面接官がきたらすぐに履歴書を渡すことができます。タイミングは面接官の挨拶が終わった頃が良いでしょう。

手渡し方4:面接官が先にいる場合

面接官が先にいる場合は、部屋に通されたら挨拶をして名乗るときが渡すタイミングとなります。面接官から、履歴書をお預かりします、など声をかけてもらえることもありますから、焦らずころあいを見計らってバッグから履歴書を取り出して手渡しましょう。

入室し、学校名と名前を名乗った際、または
面接官に履歴書を渡すよう指示を受けたとき
目を見て挨拶、名乗り、お辞儀をします。挨拶の例としては

「本日はお忙しい中で貴重な時間をいただき、ありがとうございます」

「こちらが私の履歴書になります。よろしくお願い致します」

手渡しの手順は次のようになります。

封筒から履歴書を取り出し、
履歴書(クリアファイルごと)を封筒の上に重ね、
面接官の読みやすい向きに持ち替えて手渡します。
以上のことに気を配ることで、面接官には「この人は相手の立場に立って考えることができる」とチェック項目をクリアーとなります。きちんとした仕草で手渡せば、丁寧な印象になるだけでなく、あなたにとってこの企業への応募書類がどれだけ大切で、敬意を払っているかという点を大いに評価されるでしょう。

おわりに

いかがでしたか?履歴書の封筒を手渡しするときの正しいマナーについて、封筒への書き方や、手渡しの際のマナーなどを解説させていただきました。

いよいよ、企業へあなたの熱意を伝えるプレゼンテーションですね。最後まで気を抜かずに、深呼吸して臨んでください。応援しています!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事