【最終面接対策】好印象を与える逆質問例とNG逆質問例

【最終面接対策】好印象を与える逆質問例とNG逆質問例

shin_0014

書類選考・一次面接・二次面接と進んできた皆さん、いよいよ就活も大詰め。残すは最終面接ですね!

最終面接は、多くの企業では役員面接として行われます。細心の注意を払って熱意を高めて、これまで臨んできた就活生の緊張感も最大になることでしょう。最終面接まで行けば落ちない、なんて話は信用してはいけません。最後にもう一度、企業研究やエントリーシートを見直して、予想される面接質問にも備えておきましょう。

最終面接ではしばしば、担当者からの質問に答えるだけでなく、「何か質問はありますか?」という、こちらから質問する機会があります。偉い方々に囲まれて緊張する局面で、自分から質問をするなんてできるだろうか、と不安に思っている学生も多いかもしれませんね。

就活の締めくくり、落ち着いて臨み、悔いなく終えられるよう、最終面接での「逆質問」のコツをこの記事でお伝えします。難しくはありませんから、最終面接に向かう前に、ぜひお読みください。きっとお役に立ちますよ。

*いっしょに参考にしたいイッカツマガジンの記事(1):最終面接で逆質問をしよう!役員に刺さる逆質問5選

最終面接の「逆質問」のポイント

最終面接で逆質問はすべき

最終面接で、「何か質問は有りますか?」と聞かれた時に、「特にありません」と答えてしまうのは、少し印象が良くありません。企業研究を重ねていくうちに、その企業で自分が働く姿を想像しますよね。そのときに「実際にどんな業務を行うのだろう」「こういう場合には、どう対応するのだろう」といった疑問が湧いてくるはず。

逆質問ではそのような質問を行います。「特にありません」というのは「特に御社で働くことを想像していません」と伝えているようなもので、第一志望の企業ではないようなニュアンスが伝わってしまいます。

「絶対に御社で働きたい」という自分の強い意思が伝わるよう、逆質問はすべきです。

逆質問の内容が浮かばない人はこんな人

  1. そもそも何を聞けばいいかわからない
  2. 聞きたいことはあるが、聞いていいのか、どう聞いたらいいかわからない

1.の人は、企業研究が足りていません。企業研究を入念に行い、自分が働く姿を想像したときに、必ず欲しい情報が出てきます。改めて、企業の基本情報、口コミ情報などを集め、自分が職場で何を行うのか具体的に想像しましょう。

2.の人は、疑問点を整理してみましょう。最終面接で聞くべきか、内定を頂いてから聞くものか、働く上で欠かせない情報かなど、そこに「優先順位」をつけることで、整理できますよ。

最低でも20個は逆質問がぱっと浮かぶのが普通です。頭で考えるのではなく、紙に書き出しながら、自分の知りたいことを整理していきましょう。

企業目線での最終面接を知り、求めていることを把握しよう

就活生と同じように、企業側もこれまで細心の注意を払って学生を選んでいます。大量の応募資料を読み込み、企業のビジョンに照らし合わせ、間違いなく有益な人選をしようとしています。最終面接まで残っている学生は全員優秀なはず、面接をしてきた社員の方々が「この人ならうちの会社で活躍できる」と判断した人です。それでも更に絞らなければいけないとなると、最終面接では何を根拠に落とすのでしょうか?

  • 組織の文化に合い、自社で活躍する人かどうか
  • 何社も受けている中、本気で自社の内定を受け、働く意思があるか

最終面接では、上の2つの視点で見られています。逆質問をする際には、最終面接の担当者に「この人は活躍する」「この人はうちで働く意志が強い」という確信をいかにさせられるかが重要です。企業側の目線も踏まえて、ありきたりではない質問が行えると好印象になります。

好印象を与える逆質問例

これまで述べてきたことのまとめとして、逆質問の例をあげていきましょう。ここに出している例をそのまま持って行ってはいけませんよ。あくまでも大切なのはあなたの熱意なのですから、今までの就活を振り返り、企業研究をおさらいしておけば、あとは敬意を払って面接官に向き合い、話をするだけです。そこから自然に生まれるものが、逆質問であるべきです。

社長や役員に「この人を採ろう」と直感的に思わせるために、特に、あなたがその企業でやりたいことが明確にあり、その企業で長く働くことを前提に自分の将来像を考えていることが伝わる逆質問が、より担当者の心に刺さります

スキルアップや自己研修について聞く

  • 御社で活躍する社員の共通点を教えて下さい。
  • ◯◯をやっていた経験が、XXで活かせると考えています。XXで求められる力は他にどのようなものがありますか?

社長や役員のビジョンに近づきたい印象を与える

  • 社長が会社経営を考えていく上で、その基となっている人物や書籍はありますか?

要注意!NGな逆質問例

最終面接での逆質問は、ありきたりな質問では、やはり担当者の心に響きません。人事の方とお話しますと、次の例のような逆質問を最終面接で行う学生がいるようです。

● 御社の企業理念は何ですか?

● 主要取引先はどのような企業がありますか?

● 御社の売上高を教えてください

● 月給と手当はいくらもらえますか?

● 前年のボーナスの支給実績は?

● 年間休日は何日ありますか?

*参考記事・引用元(5):最終面接でよく聞かれる質問例とNGな逆質問例【役員面接】

企業のHPや配布資料で把握できるような内容を質問する点や、「働く」よりも「休む」「楽をする」ことに関心が強いような質問をするのはNGです。「お金の話」は難しいところですが、逆質問の一番最初に効くのではなく、2番目以降で聞くようにすると、印象は悪くないでしょう。

最終面接での逆質問体験談

実際に良い逆質問を行うと、どんな反応があるのでしょうか。面接体験談にこんな場面がありました。

私事ですが、学生時代に某飲食チェーンの最終面接を受けた時、1日の仕事の内容や年間スケジュール等は勿論、「近所で運動会とか開催されると、発注の質も量も変更が必要だと思います。そうしたイベント事の情報などはどう集めて、どう管理されてるんですか?」くらいまで突っ込んだことがあります。

最終的に内定を獲得したのですが、一番評価されたのが、その逆質問でした。

その時に人事の方から「仕事についてそこまで細かく逆質問してきた学生は他にいなかった」とコメントを頂いたことがあります。

*参考記事・引用元(3):最終面接・役員面接で就活生がしたい逆質問リスト【NG例あり】

この例からみえるのは、学生が入社後の業務について、具体的なイメージを持っていることが伝わると、そのイメージは面接官にも同じように描くことができ、結果として採用につながるということです。やはり、企業側の目線も考慮した逆質問が、担当者の心に響きやすいようです。

おわりに

ここまで読んでくださった方、おつかれさまでした。最終面接に臨む前に、安心材料としていただけたら幸いです。逆質問でも好印象を与えて、最終面接も突破しましょう!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事