まるで日本版Slack⁉︎チーム開発にフォーカスしたチャットサービス「Idobata」

「チャットワーク」や「Slack」など、現在では様々なチャットサービスが存在しています。そんなチャットサービス戦国時代ともいうべきこの年に、日本で新たに「Idobata」というチャットサービスがはじまりました。今回は知る人ぞ知る「Idobata」についてご紹介していきます。

チーム開発にフォーカスしたチャットサービス「Idobata」

井戸端会議という言葉があるように、「Idobata」では気軽にそして素早く会話が飛び交うような工夫がされている、チャットサービスです。現在無料で利用することができます。

Idobataについて特徴をいくつかご紹介していきます!

1.GitHub通知の強力対応

GitHubでのコードやコメントを見やすいように表示してくれます。

2.様々な開発ツールの通知を取り込む

GitHubを始めとする開発ツールに何かしらアクションがあったとき、通知をIdobataで受け取ることができます。一箇所に集約することで、通知を見逃すといったミスをなくせますし、すぐに対応できますね。

3.IDを指定してメンション

IDを指定してあげることで、 すぐにメンションしたい相手を選択することができます。

Idobataでチーム開発を加速させる。

いかがでしたか?まるでSlackというエンジニア向けの海外製チャットサービスを、日本人エンジニア向けに使いやすくしたようなサービス「Idobata」。もし、Slackは英語でチームとして使いづらい、チャットワークではどこか使いづらさを感じているというエンジニアの方は、一度Idobataを試しに利用してみてください。