エンジニアは残業が多いってホント?

IT業界のみならず現代社会を支えているエンジニアですが、「残業が多い」というイメージが、世間一般に定着しつつあるようですね。実際に、エンジニアは残業が多い職業なんでしょうか?今回は、エンジニアが本当に残業が多い職業かなのかどうか、その答えや背景についてご紹介していきます。

エンジニアの残業事情あれこれ

「残業が多い」「労働時間が長い職業」などのイメージが定着しつつあるエンジニアですが、本当に残業が多い職業なのでしょうか?今回は、「Tech総研」が300人にエンジニアを対象に行った、アンケート調査の結果を参考に、さまざまな考察をしていきます。

約4割が21時までに退社

上記のアンケートによると、各時間帯に退社する人の割合は、以下のようになっています。

定時~19時:28%
19時~21時:41%
21時~23時:28%
23時以降:3%
このデータから、約4割のエンジニアが、21時までに退社していることがわかりますね。企業によって、業務を開始する時間や定時が異なる為、21時の退社までに何時間くらい働いているのかは、状況によって異なります。一般的には8時、9時が始業時間となっていることを考えると、3割以上のエンジニアは、頻繁に残業をしていると言えます。

繁忙期であったり、締め切りが迫ったりしている時期は残業が多く、反対に普段は残業が少ないという働き方をしているエンジニアもいるので、一概には言えません。しかし、3割以上ということもあり、エンジニアという職業には、残業が付き物であると考えていいでしょう。

何故、エンジニアは残業が多いのか?

では、エンジニアは何故、残業をすることが多くなるのでしょうか?理由や原因を考察していきます。

残業を前提としたスケジュール

エンジニアは、納期や締め切りを厳守することを重要視している職業です。その為、納期に間に合うように作業をしなければなりません。しかし、計画の段階で、残業をすることが前提となっている場合があります。締め切りや納期は絶対守るべきものなので、そうなると残業せざるを得なくなってしまうのです。

ミーティングや会議が定時後に入る

企業やチームによっては、定時後にミーティングをする場合があります。特に、今後の方針を話し合ったり、進行状況を報告し合う大切な会議だった場合、定時過ぎという理由で欠席するわけにもいかなくなり、残業をする形になってしまうエンジニアもいるようです。

他の社員に合わせてしまう

自分の仕事が終わっていても、上司や同僚、周囲のエンジニアが残業していて帰りづらく感じ、つい残業をしてしまうというエンジニアも少なくないようです。確かに、周囲の人が皆仕事をしているのに、自分だけ早く帰るのは、気まずいかもしれませんね。

いかがでしたでしょうか?締め切りや納期は、確かに守らなければいけませんし、定時で帰ることに気まずさを覚えている方もいらっしゃるでしょう。しかし、最終的には身体の健康が大切です。体調を崩してしまえば、元も子もありません。無理をしすぎないよう、気を付けながら働くのも、エンジニアの大切な業務の1つだと思いますよ。

労働条件への不満が転職理由になることも

「収入を上げたい」「残業を減らしたい」という気持ちは、転職理由としても上位に上がります。

■転職理由3位:「給与に不満がある」
■転職理由4位:「残業が多い/休日が少ない」
■転職理由11位:「会社の評価方法に不満がある」
■転職理由18位:「人間関係が上手くいかない」
(出典:DODA2016年データ)

企業の社風によっては、交渉をしても労働条件が変わらないことも。交渉をしにくい、不満を言いにくい空気が漂う職場もあると思います。自分の力で職場の制度や風土を変えることは難しい。だからこそ、他の職場に身を移す決断をするようです。

慣れない転職活動で、企業選びの力になってくれるのが「転職エージェント」。求人票では分からない各企業の内情を知ったエージェントが、給与や休日数など、あなたの希望の条件に合った企業を一緒に探してくれます。中でも業界大手の「リクルートエージェント」は転職成功実績No.1で心強い味方。

■自分のスキルで転職して収入は上がる?
■今の年齢で転職活動しても大丈夫?
■希望の求人は存在するの?
転職活動の際の疑問に親身に答えてくれるので、一度相談してみることをおすすめします。