【退職エントリ2015】なぜ彼らエンジニアは会社を去ったのか ― 見えてきた退職を考え始めるきっかけ

今回は「退職エントリ」の中から、2015年特に人気の高かったエントリをまとめていきます。•退職を考えているエンジニア•ずっと同じ会社にいるつもりはないエンジニア•新卒入社を考えているエンジニア志望学生以上のような方におすすめの記事を集めました。

「退職しました」エントリまとめ2015

「退職しました」

そんなタイトルのエントリを月にいくつか見かけますよね。2015年だけでも様々な理由で退職されたエンジニアの方が、自身のブログで「退職エントリ」を公開していました。火のついたエントリが即削除されたり、共感の嵐を得て拡散されたりなど、退職エントリはエンジニアにとって、関心の高い記事のようです。

彼らエンジニアはなぜ退職したのか。

入りたくて入った会社を辞めるという先人の経験は、もしかしたら今後あなたのキャリアパスを考えていく上で、大きなヒントになるかもしれません。2015年の記事とともに、自分の「今までのキャリア」、そして「これからのキャリア」を考えてみませんか?

それでは早速各エントリを見てみましょう。

任天堂を退職しました

退職理由:直属の部長、組織構造
勤務期間:15年
これから:新しい職場で任天堂ではできなかった仕事をする

部長の言動に理解できず、しかし「おかしい」と指摘できない職場の環境にも疲れたため、退職をされた筆者。「楽な仕事で高い給料を貰えればと良いという曲がった根性が身につきそうなので」という芯の通った方が書かれたエントリです。

東証一部 日本システムウエア株式会社を退職してました。

退職理由:LSI 関連はもう飽きた・やりたくない
どう考えても終わらないプロジェクトに入り残業も嫌だった
これから:株式会社ディーバに入社
勤務期間:7年

給与明細を公開するという、転職エントリ文化に新しい風を吹かせた記事です。7年努めて1万円の昇給だった会社をやめたこと、新しい会社の採用までの流れ、就職したわけなど包み隠さず書かれています。似た状況にあるエンジニアの方にとっては、参考になるエントリだと思います。

GMOペパボに入社しました

転職理由:BtoCでWebサービスを提供しているところで開発がしたい
これから:ペパボ
勤務期間:3年

若干29歳でありながら、転職を3度経験した筆者がペパボに入社するまでの経緯や、転職経験者として得た「転職にあたっての大切な3つのこと」を紹介しています。転職を初めてしようと考えているエンジニアの方にとって参考になる記事です。

退職します

退職理由:別の技術をやってみたい。環境を変えたほうが刺激になる。
これから:クラウドサービスで事業展開している企業で働きたい
勤務期間:4年

世間の日々うつろいゆく技術の変化を見て、今とは異なる技術をやってみたい、そう思ったそうです。次の転職先を決めていない状態で退職した珍しい体験談ではないでしょうか。

DeNAを退職してAWSにJoinしました

転職理由:全然違うことができて自分のキャリア・スキルに多様性が持てそう
これから:AWSで開発
勤務期間:6年

B2Bには興味がなかったにもかかわらず、自身でも意外なAWSに入社した筆者。「この選択を正しいものとするために行動したい」と強い決心とともに綴ったエントリです。

転職しました

転職理由:矢面に立ってモノを作りたかった
クライアントもウェブ・ネイティブをガッツリ作っていきたい
サーバ、インフラも業務知識として得たい
これから:Make It Real Inc.で何でもやらせてもらう
勤務期間:2年10ヶ月

DeNAでやっていたこと、なぜ辞めたのか、これからどうするのか、そして個人としてどうなっていくのか、詳しくご自身の言葉で語られています。転職やキャリアパスを考え始めている方に参考になるエントリです。

DeNAを退職します

転職理由:あえて弱点になるようなことを求められるような環境に身を置きたい
これから:次はもう決まってる
勤務期間:4年半

DeNAの魅力を語り尽くせいないと言うぐらいに綴り、その上で「なぜ辞めるのか」を語っています。良い企業であっても退職を決断した彼の中にあった言葉は「弱点」でした。

AWSを退職します

転職理由:当初の自分の役割は終わったと感じた
自分はマネジメントよりも技術に強みがある
ITの幅広い範囲を扱いたくなった
これから:まだ決まっていない
勤務期間:2年7ヶ月

AWSでの仕事から、辞める理由、次したいこと、筆者のスキルまでを語っている退職エントリです。次行くところはまだ決まっていないらしく、社会人生活を20年続けてきて少しゆっくりするそうです。気長にどしっと構えた退職記事のように感じます。

サイバーエージェントを退職してました

転職理由:自分のキャリアに幅をもたせるため他の世界を見たい
勤務期間:8年9ヶ月

転職する理由のひとつに「子どもができ、人生のステージが変化していくことを感じた」と書かれています。守らなければならない家族のいるエンジニアに読んでいただきたい記事です。

サイバーエージェントを退職します

転職理由:目標が明確になった
40代の自身を想像したときの不安。40代に向けて投資をしておきたい
勤務期間:4年半

40歳を前にした筆者が、改めて自分の人生を考えてみたときに、漠然と不安を感じる自分がいたそうです。30代後半は40代の自分への投資として今回退職を決断されました。

まとめ

ひとえに「退職」と言ってもいろいろな思いがあるようですね。はじめは大多数の方が働きたい企業に入社したと思います。それでも退職を考え始めるのは、年齢や経験を積み重ねていくにつれ、自分の中に合った判断軸が変化していくからでしょう。その会社と自分の判断軸との間のスレに、違和感を感じるのだと思います。

あなたの判断軸は何ですか?

初めての転職はエージェントへの相談がおすすめ

普通の転職では、企業からの評価はゼロからのスタート。しかしすでに企業と信頼関係を築いているエージェントを活用した転職なら、より選考通過率が高くなります。また、履歴書や職務経歴書の書き方から、面接の受け答え方まで相談できるので、よりその企業が求めているものをアピールできます。

中でもエージェントサービスでのおすすめは、業界最大級の案件数を誇る「リクルートエージェント」。転職成功実績No.1でもあり、安心してアドバイスを受けられます。転職を考えたときに、リクルートエージェントに相談をする方も多くいます。ぜひ参考にしてみてください。

ホームページ:リクルートエージェント転職支援サービス