最適な写真サイズと撮影時の注意点【エントリーシート】

最適な写真サイズと撮影時の注意点【エントリーシート】

shin-picture

就職活動でエントリーシートを提出する際、必ず写真を貼ります。その写真は、どのサイズを準備しておけばよいのでしょうか?また、髪型や服装に決まりはあるのかなど、就職活動の経験のない方にとっては不安な点、疑問な点がたくさんあると思います。厳密には企業ごとに指定されていることもありますが、一般的にどのサイズ・髪型・服装など、写真に関して気をつけるべき点について、今回はご紹介します。

エントリーシート用の写真

エントリーシートの用紙やフォーマットは、企業が作成するものなので、質問内容や形式などは企業によって異なります。エントリーシートに貼り付ける写真も例外ではありません。どの企業でどのような写真を用意すべきかは異なるので1社ずつご紹介していくことはできませんが、一般的に多く見られる写真の規定について見ていきたいと思います。

エントリーシートの写真の注意点:見た目

髪型は清潔感が大切

まず気になるのが、適切な髪型だと思います。髪型に決まりはなく、志望する業界にもよりますが、清潔感が基本的に重視されます。なので、男女とも、明るすぎる髪色は避けた方が良いでしょう。

長さは自由ですが、前髪は目にかかってない状態がベストです。もちろんパーマもかけないようにしましょう。現在の髪型に不安がある方は、美容室や床屋さんで、「就活用に切ってください」と頼めば間違いないでしょう。写真を撮影する直前に整えてもらうのも1つの方法です。

服装はスーツにしましょう

服装は男女とも、黒いスーツに白いワイシャツが主流です。男性はきちんとネクタイを締め、ボタンもしっかりととめて着崩れないようにします。

お化粧は濃すぎないように注意

女性の場合、お化粧は濃すぎないようにしましょう。ラメが入った化粧品やリップグロスなどは、派手になってしまうので、使わないことをおすすめします。とはいえ、全くお化粧をしないのも、印象が薄くなってしまう可能性があります。あくまでも控えめなメイクで撮影に臨みましょう。

もちろん、男性もですが、カラコンや、ダテメガネ、ピアスなどは身につけません。

エントリーシートの写真の注意点:サイズ

サイズは縦4cm×横3cmが基本。業界によってサイズが異なる場合も有り

エントリーシートには、写真を貼り付ける枠が決まっていて、サイズもその枠に合わせなければなりません。基本的にはどの企業も規定のサイズを記載しています。また、サイズはほとんどの企業でほぼ同じ規定で、特に多いのが縦4cm×横3cmです。場合によってはこれよりも小さいサイズの規定があるかもしれませんが、これより大きいサイズは、よほど特殊な場合以外は恐らくないと言っても過言ではありません。4×3の写真を用意しておいて、それより小さい規定であれば、ハサミなどで微調整すれば大丈夫です。

ただ、アナウンサー志望の方などは例外で、サイズなど異なる点が多く、他の企業とは別に準備する必要があります。

写真データは持っておきましょう

また、企業によってはweb上でエントリーシートを登録するところがあります。その際は、写真のデータをアップロードするので、写真の現物だけでなく、データを持っておく必要があります。写真のデータは、写真館などで撮影した後にもらえます。別料金の場合もありますが、もらっておいた方が何かと便利です。

というのも、web上でのエントリーシート登録がない場合でも、データがあればコンビニなどで手軽且つ安価でプリントできるためです。4×3のサイズですと、3枚で200円です。(1)

また、データの写真は自分でスマートフォにゃデジタルカメラなどで撮影して準備することもできますが、照明の加減や修正など、出来栄えがプロのカメラマンに撮影してもらったものとは雲泥の差になってしまいます。少しお金がかかってしまいますが、プロに撮ってもらいましょう。写真から受け取る印象は、選考に関わる重要な要素です。

エントリーシートの写真のサイズは40mm×30mm

以上、エントリーシートに使用する写真について見てきました。

エントリーシートは企業が独自に作成するものなので、形式など規定が企業ごとに異なります。写真も例外ではないのですが、企業ごとにほとんど差はないので、縦4cm×横3cmのサイズの写真を用意しておけば基本的に大丈夫です。1mm大きい程度の差は問題ありませんが、1cm近く違う場合はハサミやカッターで微調整しましょう。

また、写真をデータで持っていれば、web上でアップロードする場合にも使用でき、写真が足りなくなった時にもコンビニですぐに補充できます。写真館などで撮影してもらった際には、お願いしてあらかじめ用意しておいたUSBメモリなどにもらっておきましょう。

プロのカメラマンに撮影してもらうことがオススメ

自分で撮影した場合は、サイズの調整なども難しく、専用のアプリがないと上手に編集できないので、なるべくプロのカメラマンに撮影してもらうようにしましょう。実際に撮ってみて比べてみるとわかると思いますが、写真写りの良さが全然異なり、受ける印象も変わってしまいます。撮影してもらう値段は高いかもしれませんが、データさえ貰えばその後は良い写真を安くプリントアウトして使用できるので、惜しまずにお店で撮ってもらいましょう。