2016年度「三越伊勢丹」のインターン内容:「倍率」「選考方法」「採用日程」など

企業研究はインターネットで情報収集することも重要ですが、そこは「百聞は一見にしかず」です。やはりインターンを活用し自分で見て、聞いて、体験したものこそ価値のある情報であり就職活動において大きな判断材料になります。そこで今回は、株式会社三越伊勢丹のインターンについてお話します。

こんにちは!イッカツマガジン編集部です!皆さん就職活動は自分の思い通りに進んでいますか?

企業研究はインターネットで情報収集することも重要ですが、そこは「百聞は一見にしかず」です。やはりインターンを活用し自分で見て、聞いて、体験したものこそ価値のある情報であり就職活動において大きな判断材料になります。

そこで今回は、株式会社三越伊勢丹のインターンについてお話します。

株式会社三越伊勢丹

百貨店の漠然としたイメージが先行しがちな同社ですが、インターンシップは、より具体的に会社を理解出来るものとして構成されています。

同社のインターンシップのテーマは「モノ・コトから考える価値の創造」です。

近年の消費の傾向として「どんなモノを持つかよりも、どんなコト(体験)が得られるか」という点に関心が持たれているところからこのようなテーマとなっていますが就職活動におけるインターンシップも同じことが言えますね。具体的に見てみましょう。

株式会社三越伊勢丹のインターン内容

2016年度の株式会社三越伊勢丹のインターンは多種多様な内容です。

「新規事業プロジェクトリーダーインターンシップ」
「セールスマネージャー・バイヤー仕事体験インターンシップ」
「衣・食・住ライフスタイル創造インターンシップ」
希望する業務に即したインターンシップがあります。

開催頻度の多さがポイント

株式会社三越伊勢丹のインターンシップは「三越伊勢丹マーケティングカレッジ」として毎月開催されています。対象も大学1年制から対象となり、選考外となっても再度応募・参加が可能です。

タイプとしては短期型のインターンとなり、業務の習得よりも説明会の延長に近いと言えますが少人数制という事もあり密度は濃く、若手社員との交流会もあり、参加することにより得られる情報は多量で価値のあるものです。

株式会社三越伊勢丹のインターン:倍率

内定倍率222倍(2012年度)と倍率は高めで、新卒内定倍率ランキングでも上位50社に入るほどの人気企業。インターンの倍率も高くなることが予想されます。

株式会社三越伊勢丹のインターン:採用日程

各インターンシップによって異なりますが、基本的に以下の流れになります。

・1次選考:WEB適性検査、エントリーシート
・2次選考:個人面接

おわりに

どの業種でも共通することとして「現場でのお客様とのやりとり」がサービスの根幹となります。冒頭に述べた同社のインターンシップのテーマもそこから生まれています。

今回は株式会社三越伊勢丹のインターンについてお話しましたが、現場の状況や顧客の声・ニーズを掌握することは就職してキャリアを形成するうえで大変重要なことです。

それらを体験できるインターンシップを積極的に活用してみましょう!