電通のインターン対策:倍率・選考方法など2015年情報

今回は、毎年多くの学生さんがエントリーし、高倍率と名高い広告業界最大手の「電通」についての情報をご紹介してみたいと思います。企業情報の研究や、2015年度のインターンシップの情報などご紹介してまいりますので、分析して挑みましょう。

電通のインターンシップ対策:企業研究

電通のインターンシップに備えるためには、まず「電通」と言う企業をよく把握する事が重要です。基本情報をおさらいして、企業分析に役立てましょう。

なぜ電通は広告業界最大手になれたのか、そこであなた自身が何をしたいのか、何ができるのか。研究材料として必ず価値があるものとなりますので、しっかり頭に叩き込んでおきましょう。

電通の企業概要

常に広告業界のトップを走り続け、時代を先取りし、人々に素晴らしい娯楽を提供する、「広告業界のガリバー」とも呼ばれる「電通」。その概要についてご紹介してみましょう。※1

・企業名:株式会社 電通
・所在地
東京本社:東京都港区東新橋1-8-1
関西支社:大阪府大阪市北区堂島2-4-5
京都支社:京都府京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町101 アーバンネット四条烏丸ビル5F
中部支社:愛知県名古屋市中区栄4-16-36
岐阜連絡事務所:岐阜県岐阜市若宮町9-16 トーカイビル3F
三重連絡事務所:三重県津市羽所町375 百五・明治安田ビル3F
・代表者:代表取締役社長執行役員 石井 直(いしい ただし)
・設立日:1901年(明治34年)7月1日
・資本金:746億981万円(発行株数:2億8,841万株)
・社員数:7,261人(連結従業員数 47,324人)
・事業内容:
「Integrated CommunicationDesign」を事業領域としたコミュニケーション関連の統合的ソリューションの提供、経営・事業コンサルティングなどを展開。

電通の特徴

電通の企業理念となるスローガンは、「Good Innovation」。企業家精神 アイデア技術。この3つの柱が「電通」の企業理念である「Innovation」を作り出します。

「マーケティング・デザイン」「コミュニケーション・デザイン」「クリエーティブ」「プロモーション」「デジタル/ソーシャルメディア」「データ・ソリューション」「メディア・コンテンツ」「ソーシャル・ソリューション」と、この8本の柱で、広告代理業にとどまらない事業展開をおこないます。

※2

豊富な人材

幅広い人材が多数所属している「電通」はそのマンパワーに魅力が溢れています。だからと言って、気後れする事はありません。どんな些細な事でも何か一つ秀でた物があれば、それは、電通が欲している人材とマッチングするかもしれません。広い視野で、色々な人材を採用することを積極的に行っています。

充実した人材育成

幅広い人材を発掘するだけでなく、個性ある人材をさらに立派なビジネスマンとして育てることにも、力を注いでいます。

新入社員1人につき、必ず1人のトレーナーが配属され、電通を担う人材として必要になる知識や、教養を徹底的に指導してくれます。このトレーナープログラムは、電通ならではの新入社員の教育となっていて、他社には真似出来ない教育制度と言われています。充実したプログラム、カリキュラムの元、仕事を覚える事ができるので、安心して仕事をする事ができます。

昭和26年、当時4代目となる吉田秀雄社長により作成された「鬼十則」も必ず登場し、電通人としての行動模範の基礎を覚える事となります。この「鬼十則」は電通のスタッフのみならず、全ての社会人の方に目を通して頂きたい、大切な事がたくさん盛り込まれています。

電通のインターンシップ対策:実施内容を知る

とにかくユニークで有名な「電通」のインターンシップ。実際にどのようにおこなわれているのか、2015年におこなわれて詳細を見てみましょう。

インターンシップ「アイデアの学校」コース

昨年で8年目となる電通のインターンシップ。「アイデアの学校」と銘打って行われる電通のインターンシップには3つのコースが用意されています。

1.「その手があったか!」を発見して、世界や未来をいい感じにするコース
(コピーライティング&CMプランニング発想法)
「2.つまらないことを、おもしろく。おもしろいことを、まじめに。
(Planning & Concept makingコース)」
3.「世の中をアッと驚かす何かを、つくりつづけたい人のコース」
各コースの、「電通らしい」独特でユーモアあふれるネーミングから、その内容が充実した物になりそうな期待を感じさせます。

電通のインターン1:Aコースの実施内容

・「その手があったか!」を発見して、世界や未来をいい感じにするコース
・コピーライティング&CMプランニング発想法コース
・定員:20名
・講師:東畑 幸多
・株式会社電通 ODC シニアクリエイティブ・ディレクター/CMプランナー
講師を務める東畑氏は、1999年に電通に入社後、サントリーやトヨタ自動車などの、有名大手企業のCMプランナーとして活躍。現在はクリエイティブ・デザイナーとして、商品開発から、広告制作までのキャンペーンの全体をデザインしています。

電通のインターン2:Bコースの実施内容

・つまらないことを、おもしろく。おもしろいことを、まじめに。(Planning &Concept makingコース)
・定員20名
・講師:佐久間 崇
・株式会社電通 ODC クリエーティブ・トラジスト
・講師を務める佐久間氏は2009年に電通入社。企画のモットーは「ハッとして、グッとくる」。広告に関わる全ての媒体に精通し、テレビ番組や商品企画などマルチな才能を発揮しています。最近ではソフトバンク「pepper」に始まり、キリン、ソニーミュージックなど名だたる企業の仕事を手掛けています。

電通のインターン3:Cコースの実施内容

・世の中をアッと驚かす何かを、つくりつづけたい人のコース
・定員:12名(6組) 2人1組のバディで実施
・講師:仁藤 安久
・株式会社電通 CDC コピーライター/プランナー
講師を務める仁藤氏は2004年電通入社。コピーライティングやデジタルクリエーティブを中心とした考え方を施設開発・事業開発のみならず、まちづくりなどにも応用して実践していく事を得意としています。ロンドン国際広告賞金賞やニューヨークフェスティバル銅賞などの輝かしい経歴を持ち、近年はサッカー日本代表「夢を力に2014」やロンドンオリンピック、西武鉄道、日本コカ・コーラ等の大手企業の仕事を手掛けながら、スタートアップ企業の事業コンセプト策定などもおこなっています。

電通のインターン番外編:座禅選考の実施内容

Twitter連動のインターンシップ・エントリーを賭けた新しいアプローチを電通側から仕掛けます。選考通過に必要なのは、いかにPCの前で精神統一できているかと言う事。選考基準を通過した若干名には、電通のインターンシップの一部選考免除や、無条件で希望コースに参加出来るなどと言う、権利を得る事ができます。

・応募対象
大学および大学院に在籍している学生
・応募方法
インターン募集ページ内や、各コース詳細にある「ENTRY」ボタンより応募
電通のインターン採用日程

2016年度のインターンシップの詳細は、5月下旬ごろに公式サイトが立ち上がり、そこで発表される予定です。こちらでは参考にしていただくために、2015年度のスケジュールをご紹介してみましょう。

・6月24日(水) エントリー&エントリー課題提出 締め切り
・7月 7日(火) メールにて1次選考結果連絡
・7月11日(土) 2次選考:Aコース・Bコース筆記試験
・7月18日(土) 2次選考:Cコース面談
・7月29日(水) 以降に2次選考結果連絡。
・8月 3日(月) 3次選考:Aコース面談
・8月 4日(火) 3次選考:Bコース面談
・8月 5日(水) 3次選考:Cコース面談。
・8月 6日(木) 以降に3次選考結果連絡。
・8月17日(月) インターンシップ スタート。
電通のインターン勤務情報

2015年は8月17日(月)~21日(金)までの5日間と、29日(土)・9月5日(土)の2日を含める、計7日で開催。全日程参加できる事も、エントリー条件となっています。20日(木)から21日(金)の期間は宿泊を伴う合宿形式となります。実施場所は汐留にある電通本社ビルと、電通が鎌倉に所有する研修施設で行われます。期間中の昼食は電通側が用意。鎌倉までの交通費や、合宿中の宿泊費も電通側が負担します。

昨年のエントリー締め切りは6月24日(水)23:59までとなっていましたので、今回も6月下旬頃とを考えておくといいでしょう。
※3

電通のインターンシップ対策:採用対策

最初のエントリーから、かなりの難易度が高い内容となり、能力の高い人材が求められます。方にとらわれない自由な発想を大切にし、簡潔に分かりやすい文章で課題作成をする事に努めましょう。面接ではなく課題で合否が分かれる1次選考こそが、インターンシップ採用への足掛かりとなる事でしょう。

インターンの倍率を知る

数ある有名大手企業の中でも、高倍率になる事は必至です。企業そのものが持つネームバリュー自体も大変魅力的で、自分の才能を試すチャンスが存分にある企業と言う事で、多くの学生が夢を抱えてチャレンジする事でしょう。企業からの倍率などの情報は公開されてはいませんが、高い壁である事は、理解しておきましょう。採用人数は3コース計52名となった2015年のインターンシップ。2016年度も恐らくエントリーが殺到すると思いますので、早めのエントリーを心がけましょう。狭き門ですが、学年などの制限が無い分、チャンスは少ないわけでは無いと考えるほうが前向きで良いと思います。

ES対策

自由な発想と、進化を常に求める電通のエントリーで重要となるのは、各コースにおける提出課題の質の高さではないでしょうか?公式サイトからの最初のエントリーでは、必要最小限の個人情報しか記入する事は出来ません。ES対策として構えるよりも、過去の課題などを参考に、沢山課題を完成させてみましょう。一つの方向からだけ見るのではなく、ありとあらゆる視点から1点に挑める力を養う事が重要です。自分自身のアピールを最大限にできるようになって来れば、今度はいかに短い文章でインパクトと、個性をアピールできるかの訓練を繰り返し行いましょう。

面接/ディスカッション対策

既にここまでの段階でかなりの数がふるい落とされている状態となっていますので、面接となる3次試験までたどり着けたら大したものです。ここでもこれまでと同じように、質問される事に対していかに明確に簡潔にはっきりと答える事ができるかが勝負となります。さらにはここでアピールしたいのが「誰にも負けない何か」を用意しておく事です。ここまで残ると言う事は一緒に参加する方々もかなりのハイスペックとなっているはずです。その中で、人とは違う光る個性を、アピールできるよう心がけておきましょう。電通はとにかく「色々な幅広い人材」を欲しています。どんな特技でも構いませんので、堂々とアピールしましょう!

電通のインターンシップ対策で重要なのは光る個性を見つけること

電通が求めているのは、常に挑み続ける力、新しい発想力です。その中で必要になるのは、唯一無二の光る個性。これこそが、最後の決め手となる一手を打つこととなるでしょう。

・広い視野
・型に捕らわれない自由な発想力
・柔軟な思考

これらを駆使し、あなただけのアピールを研究してください。誰にでも必ず、人には負けない何かがあるはずです。常日頃から同じ物なかりを見るのではなく、見る角度を変える、嫌いなものを取り入れてみるなどして、人間としての魅力を磨く事を欠かさず行ってください。これはES対策などと同じぐらい重要な事となる事でしょう。

人気企業で、難関であるからこそ、挑みがいのある電通のインターシップ。挑むことで新たな自分の発見も必ずあるはずです。そしてそれは今後、社会を生き抜くために重要となるファクターとなる事でしょう。周りを見渡せばエリートばかりに見えるかもしれませんが、大丈夫。周りがどうと言う事ではなく、自分自身がどうであるかが重要です。頑張って挑戦しましょう!

電通のインターンシップ以外でもインターンシップに参加することで得られる経験はとても貴重です。しかし、中にはインターンシップに行けない企業もあります。そのような場合には人事や社員と焼肉を食べながら、インターンに行けない企業の仕事の様子を知るといいでしょう。