住宅業界研究|「現状」「今後の動向・将来性」を学ぼう

今回は、そんな住宅業界に注目して、現状や動向、将来性などを研究していきます。住宅業界への就職を検討している方はぜひ参考にしてください。

住宅業界研究:現状

まず始めに、住宅業界が今、どのような状況なのか、現状についてご紹介していきます。基本情報や業界シェアなどの、具体的な数字を通して、住宅業界と向き合っていきましょう。

住宅業界の現状:基本情報

以下は、平成25年~平成26年の住宅業界に関する情報を元にしたデータです。

市場規模:8兆9721憶円
労働者数:50153人
平均年齢:39.7歳
平均勤続年数:10.7年
平均年収:592万円
引用元:「業界動向SEARCH.com(※1)」

住宅業界のデータは全体的に、他の業界と比較しても平均的と言えそうです。強いて言えば、市場規模は他の業界よりも、やや大きいかもしれません。

平均年収に関しては、標準よりもやや高めです。業界や職種に関係なく統計された、2015年の労働者の平均年収は、440万円(※2)。この金額を標準と考えると、住宅業界の平均年収である592万円は、100万円以上も上回っている高額年収と言えます。

住宅業界の現状:業界シェア

次に、業界シェアや売上高から、住宅業界を見ていきます。他の業界よりもやや大きめな住宅業界の市場は、どのような内訳となっているのでしょうか?

業界シェア1位:大和ハウス工業

住宅業界の業界シェアで最も高い割合をキープしているのは、大和ハウス工業でした。その割合は30.1%。売上高は、2兆7003憶円となっています。

業界シェア2位:積水ハウス

業界シェアランキング2位は、積水ハウス。業界シェアは20.1%で、売上高は1兆8051憶円です。1位の大和ハウス工業には、業界シェアにして約10%もの差をつけられています。しかし、業界全体の5分の1にもあたるシェアを獲得しているので、充分な好成績と言えるでしょう。

業界シェア3位:住友林業

3位にランクインした住友林業の業界シェアは、10.8%。売上高は、9729憶円でした。1位・2位のシェアと合計すると、61%になります。住宅業界の場合は、上位3位までの企業で、業界全体の市場の約6割を独占していると考えられます。

住宅業界研究:動向

日々、変化し続ける世の中。それは、住宅業界も例外ではありません。現在、住宅業界は、どのように変わっていっているのでしょうか?課題や業界規模の推移、将来性などから、住宅業界の動向を追っていきます。

住宅業界の現状:課題

まずは、住宅業界が現在抱えている課題について、研究していきます。課題とその解決方法について考えていきましょう。

住宅業界の課題1:少子化・人口減対策

現在の日本は、少子高齢化社会となっており、今後は長期的に、人口が減少し続けると見られています。人が住む家を商品として扱う住宅業界にとって、人口減は深刻な問題です。人々にとって、住宅は生活をしていく上で欠かせないものであることに代わりはありませんが、人口の減少によって、そもそもの母数が減ってしまえば、相対的に業界規模も縮小していきます。少子化や人口減少という、避けることができない流れに対して、どのような対策を立てていくのかが、住宅業界の明暗を分ける鍵となるでしょう。(※3)

住宅業界の課題2:消費者の年収減少

上記の少子化・人口減少問題に繋がる問題でもありますが、現在の日本では、労働者の年収が年々減少しています。特に、住宅の購入者層である30~40代の年収は著しく減少しているという見方もあり、生活するだけで精一杯という人も、少なくないのだそう。「一世一代の買い物」などと言われる住宅は、高級な買い物である為、年収が減少しつつある現代の若者にとって、手を出しにくい存在になりつつあります。少子化や人口減少と共に、住宅業界にとって逆風となる問題です。(※4)

住宅業界の課題3:高付加価値住宅

若者の年収が減少傾向である一方で、高付加価値住宅の需要が高まりつつあります。環境に配慮した省エネ住宅や、安全性の高い耐震住宅、また、オール電化住宅やバリアフリー住宅なども、ニーズが高まっています。このような消費者の需要に応えるべく、住宅業界各社は、さまざまな高付加価値住宅の開発・建築を進めています。性能や価格面などで、今後は企業間の激しい競争が続くと見られており、競合他社との差別化が、住宅業界企業の今後の課題となりそうです。(※1)

住宅業界の現状:市場動向

続いて、住宅業界の市場動向を追っていきましょう。業界規模の推移から、動向や傾向を詳しく見ていき、それらの情報を元に、将来性について考察していきます。

住宅業界の市場動向:業界規模の推移

以下は、住宅業界の平成17年~25年までの業界規模の推移をあらわしているグラフです。

引用元:「業界動向SEARCH.com(※1)」

平成17年~平成20年にかけて、ゆるやかな増加傾向ではあるものの、ほぼ横ばいとなっています。平成21年になると、若干の減少傾向となりますが、翌年の平成22年には、回復傾向に転じています。一連の流れの背景にあるのは、世界的な金融危機や改正建築基準法施工。これらの影響により、平成21年までの建設業界は、伸び悩んでいました。

その後は、順調に回復していき、平成24年~平成25年にかけて、業界規模は大幅に増加。平成25年には、平成17年以降で、最高の規模となりました。好調な業界規模の推移の理由としては、政権交代の影響が大きいと見られています。また、増税前の駆け込み需要もあると考えられそうです。

住宅業界の現状:将来性

これまでご紹介してきた、現状や動向、業界規模の推移などから、住宅業界の将来性について、考察していきます。

短期的に見れば、住宅業界の業界規模は、今後も大幅に落ち込むことはないでしょう。震災による復興事業が進み、しばらくの間は、住宅業界の需要は現状を維持していくのではないでしょうか。

しかし、長期的に見ていくと、将来的には業界規模は減少していくと考えられます。上記の「課題」にもあげたように、日本は現在、少子化が進んでいます。将来的に人口が減少することは、現時点では避けようがないと思われます。人々にとっての、住宅に対する需要が落ちることはないと思われますが、人口の減少により、住宅取得層のそもそもの母数も減少するため、次第に業界規模は減少していくでしょう。

人口の減少への対策を、今のうちからいかに立てておくかが、住宅業界の今後を大きく左右することになると考えられます。

住宅業界研究:業界研究本

最後に、住宅業界についてより深く研究したいという方向けに、おすすめの業界研究本をご紹介していきます。

1.図解入門業界研究最新住宅業界の動向とカラクリがよ~くわかる本[第2版]

業界研究の定番とも言えるシリーズの、住宅業界版です。住宅業界の仕組みやシステムを、広く深く学べます。

2.住宅産業大予測2016

住宅業界の最新の動向がチェックできる1冊。また、業界の今後や将来性についても予測しているので、住宅業界への就職を考えているなら、ぜひ目を通しておきたい書籍です。

3.住宅業界のしくみ (図解雑学)

業界の仕組みだけでなく、業界の基本知識やデータなども掲載されています。住宅業界の歴史や近年の動向を知りたい方におすすめです。

終わりに

いかがでしたでしょうか?今回は、住宅業界にスポットを当てて、現状や動向、将来性について、研究してきました。

情報は、就職活動における、最も強力な武器。情報量が多い方が、いざという時にさまざまな選択肢を見出せたり、正しい判断を下したりできるでしょう。現在、住宅業界の業界研究を進めている方は、これからもたくさんの情報に触れて、就職活動を有利に進めていって下さいね。

[参考資料]
住宅業界の現状、動向、シェア等を研究-業界動向サーチ
平均年収ランキング2016(平均年収/生涯賃金) |転職ならDODA(デューダ)
住宅業界の将来性|住宅業界を知る|新卒採用情報|一条工務店
オトコとオンナ、住宅業界が抱える根本課題 | 建設・資材 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準