テレビ業界の人気企業の業績ランキング・平均年収ランキング

テレビ業界の人気企業の業績ランキング・平均年収ランキング

こんにちは、サトゥです!

誰もが、好きなドラマやアニメ、テレビ番組が、1つくらいはあると思います。子供の頃に夢中になった懐かしのアニメから、大人になってから視聴して深い感動を覚えたドラマ。また、夢を抱くきっかけとなったドキュメント番組に、友人との共通の話題を作ってくれたバラエティ番組。どんな方にも、1つくらいは好きなテレビ番組があるはずです。

そんなテレビ番組を生み出し、放送し、人々に夢や希望を与えているテレビ業界。華やかなイメージを持っている方や、憧れているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?学生にも、例年人気のある業界です。

今回は、そんなテレビ業界企業の、業績や平均年収をランキングにしてまとめました。テレビ業界への就職を検討している方や、業界研究をしているという方は、ぜひ目を通してみて下さいね。

テレビ業界企業ランキング

テレビ業界企業というと、やはりキー局の社名を思い浮かべる方が多いと思います。また、地元のローカルなテレビ局を連想する方もいらっしゃるかもしれませんね。最近では、BSやwowowなどの衛星放送が人気や勢いを増し、テレビ業界の勢力図が大きく変わるつつある印象を受けますが、実際のところはどうなのでしょうか?テレビ業界の現状を、ランキングで見ていきましょう。ぜひ、業界研究に役立てて下さいね。

テレビ業界企業ランキング:業績ランキング

まずは、テレビ業界各社の売上高による、業績ランキングをご紹介します。業績だけで各企業の人気や魅力が把握できるわけではありませんが、業界研究の参考にはなるはずですよ。

1位:フジ・メディア・ホールディングス
2位:東京放送ホールディングス(TBS)
3位:日本テレビホールディングス
4位:テレビ朝日ホールディングス
5位:スカパーJSATホールディングス
6位:テレビ東京ホールディングス
7位:朝日放送
8位:WOWOW
9位:USEN
10位:毎日放送
11位:中部日本放送
12位:RKB毎日放送
13位:TOKAIホールディングス(CATV事業)
14位:新潟放送
15位:札幌テレビ放送
16位:九州朝日放送
17位:テレビ西日本
18位:北海道放送
19位:東京メトロポリタンテレビジョン
20位:ブロードメディア
21位:スペースシャワーネットワーク
22位:山陽放送
23位:東北放送
24位:信越放送
25位:長崎放送
26位:南海放送
27位:山口放送
28位:北日本放送
29位:青森放送
30位:四国放送
31位:アイビーシー岩手放送
32位:北陸放送
33位:秋田放送
引用元:「業界動向.SEARCH.com(※1)」

以上が、テレビ業界企業の業績ランキングとなっています。上位にランクインしているのは、所謂キー局ばかりですね。そんな中、5位にはスカパーがランクインしています。また、wowowも8位に入っており、衛生放送が地域のテレビ局・企業の間に割って入る形となりました。このような結果から、衛星放送の勢いの良さが感じ取れますね。

業績ランキング1位:フジ・メディア・ホールディングス

フジ・メディア・ホールディングスの平成25年~平成26年の売上高は、なんと6421憶円。2位には大差をつけて、首位の業績を獲得しています。

業績ランキング2位:東京放送ホールディングス(TBS)

続いて、2位にランクインしたのは、東京放送ホールディングス(TBS)でした。その業績は、3543憶円。フジ・メディア・ホールディングスの売上高には少々差を付けられていますが、テレビ業界内でもトップクラスの業績です。

業績ランキング3位:日本テレビホールディングス

3位の日本テレビホールディングスは、3417憶円。2位の東京放送ホールディングス(TBS)の業績とは、僅差となっています。今後の業績次第では、逆転も可能です。

ちなみに、4位のテレビ朝日ホールディングスは、2679憶円でした。また、5位にランクインしたスカパーJSATホールディングスの売上高は1716憶円です。1位のフジ・メディア・ホールディングスが独走を続ける中、2位3位は僅差。続く4位は、上位3社にリードを付けられつつも好成績をキープし、5位のスカパーJSATホールディングス以降、再び僅差の業績が続く結果となっています。

テレビ業界企業ランキング

続いて、テレビ業界各社の平均年収ランキングをご紹介していきます。社会人として労働する上で、見てみぬフリは出来ない大切な条件・年収。やはり、少しでも高いに越したことはありませんよね。勿論、年収の高さだけで就職する企業を選ぶことは、あまりおすすめできません。しかし、企業の人気や魅力を示す要素の1つとして、年収の存在が大きいことは確かです。業界研究をしている方や、テレビ業界企業への就職を考えている方にとって、知っておいて損はない情報でしょう。

テレビ業界企業ランキング:平均年収ランキング

それでは、テレビ業界企業の平均年収ランキングをご紹介していきます。以下は、平成26年7月~平成27年6月の、決算時のデータを参考にまとめられたものです。

1位:朝日放送
2位:TBSホールディングス
3位:日本テレビHD
4位:フジ・メディア・HD
5位:テレビ朝日HD
6位:テレビ東京HD
7位:毎日放送
8位:九州朝日放送
9位:スカパーJSAT HD
10位:RKB毎日放送
11位:中部日本放送
12位:札幌テレビ放送
13位:テレビ西日本TOKAI HD(CATV事業)
14位:東北放送新潟放送
15位:WOWOW
16位:南海放送
17位:北海道放送
18位:山口放送
19位:山陽放送
20位:新潟放送
21位:東京メトロポリタンテレビジョン
22位:信越放送
23位:北日本放送
24位:長崎放送
25位:青森放送
26位:四国放送
27位:アイビーシー岩手放送
28位:北陸放送
29位:ブロードメディア
30位:秋田放送
引用元:「年収ラボ(※2)」

以上が、テレビ業界企業の平均年収ランキングです。業績ランキングと比較して、多少の変動はありますが、上位はやはりキー局となりました。業績ランキングで上位にランクインしていた、WoWoWやスカパーJSAT HDなどの衛生放送は、平均年収ランキングでは順位を落としています。これらは最近になって、急速に業績を伸ばして成長を遂げてきた企業です。今後、他界業績が社員の給与に還元されていく可能性がありそうですね。

それでは、上位3社の平均年収をより詳しく見ていきましょう。

平均年収ランキング1位:朝日放送

テレビ業界企業首位の朝日放送の平均年収は、なんと1518万円。これは、2015年の一般的な労働者の平均年収と言われている440万円(※3)と比較すると、3倍以上の金額です。

平均年収ランキング2位:TBSホールディングス

続いて、2位にランクインしたTBSホールディングスの平均年収をご紹介します。その金額は、1509万円。1位の朝日放送と僅差の、高額な年収です。今後、平均年収ランキングで首位を獲得する可能性も、大いにあり得ますね。

平均年収ランキング3位:日本テレビHD

3位の日本テレビHDの平均年収は、1469万円でした。1500万円代の1位・2位と比較すると、やや低くなりますが、一般的と言われる平均年収と比較すると、まだまだ高年収と言われる範囲の金額です。

ちなみに、30位の秋田放送の平均年収は661万円。今回のランキングでは最下位でしたが、金額としては一般的な平均年収よりも200万円以上高くなっています。テレビ業界の年収が全体的に高いことがわかりますね。

これからも最先端の存在であり続けるテレビ業界

いかがでしたでしょうか?今回は、テレビ業界への就職を検討している方や業界研究をしている方向けに、テレビ業界企業の業績と平均年収に関する、2つのランキングをご紹介しました。

衛生放送が登場し、テレビ業界企業の勢力図に変化があらわれてきました。また、インターネットの普及によって、テレビ業界が苦戦を強いられている部分もあるようです。

しかし、私達にとって、テレビが身近に情報を収集できるツールであることは変わりません。テレビ業界はこれからも、現状の課題をクリアして、最先端の情報を伝える人気の業界で在り続けるでしょう。

[参考資料・引用元]
※1「業界動向.SEARCH.com」
※2「年収ラボ」
※3「DODA 平均年収ランキング2015」

shin

こんにちは、サトゥです!

誰もが、好きなドラマやアニメ、テレビ番組が、1つくらいはあると思います。子供の頃に夢中になった懐かしのアニメから、大人になってから視聴して深い感動を覚えたドラマ。また、夢を抱くきっかけとなったドキュメント番組に、友人との共通の話題を作ってくれたバラエティ番組。どんな方にも、1つくらいは好きなテレビ番組があるはずです。

そんなテレビ番組を生み出し、放送し、人々に夢や希望を与えているテレビ業界。華やかなイメージを持っている方や、憧れているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?学生にも、例年人気のある業界です。

今回は、そんなテレビ業界企業の、業績や平均年収をランキングにしてまとめました。テレビ業界への就職を検討している方や、業界研究をしているという方は、ぜひ目を通してみて下さいね。

テレビ業界企業ランキング

テレビ業界企業というと、やはりキー局の社名を思い浮かべる方が多いと思います。また、地元のローカルなテレビ局を連想する方もいらっしゃるかもしれませんね。最近では、BSやwowowなどの衛星放送が人気や勢いを増し、テレビ業界の勢力図が大きく変わるつつある印象を受けますが、実際のところはどうなのでしょうか?テレビ業界の現状を、ランキングで見ていきましょう。ぜひ、業界研究に役立てて下さいね。

テレビ業界企業ランキング:業績ランキング

まずは、テレビ業界各社の売上高による、業績ランキングをご紹介します。業績だけで各企業の人気や魅力が把握できるわけではありませんが、業界研究の参考にはなるはずですよ。

  • 1位:フジ・メディア・ホールディングス
  • 2位:東京放送ホールディングス(TBS)
  • 3位:日本テレビホールディングス
  • 4位:テレビ朝日ホールディングス
  • 5位:スカパーJSATホールディングス
  • 6位:テレビ東京ホールディングス
  • 7位:朝日放送
  • 8位:WOWOW
  • 9位:USEN
  • 10位:毎日放送
  • 11位:中部日本放送
  • 12位:RKB毎日放送
  • 13位:TOKAIホールディングス(CATV事業)
  • 14位:新潟放送
  • 15位:札幌テレビ放送
  • 16位:九州朝日放送
  • 17位:テレビ西日本
  • 18位:北海道放送
  • 19位:東京メトロポリタンテレビジョン
  • 20位:ブロードメディア
  • 21位:スペースシャワーネットワーク
  • 22位:山陽放送
  • 23位:東北放送
  • 24位:信越放送
  • 25位:長崎放送
  • 26位:南海放送
  • 27位:山口放送
  • 28位:北日本放送
  • 29位:青森放送
  • 30位:四国放送
  • 31位:アイビーシー岩手放送
  • 32位:北陸放送
  • 33位:秋田放送

引用元:「業界動向.SEARCH.com(※1)」

以上が、テレビ業界企業の業績ランキングとなっています。上位にランクインしているのは、所謂キー局ばかりですね。そんな中、5位にはスカパーがランクインしています。また、wowowも8位に入っており、衛生放送が地域のテレビ局・企業の間に割って入る形となりました。このような結果から、衛星放送の勢いの良さが感じ取れますね。

業績ランキング1位:フジ・メディア・ホールディングス

フジ・メディア・ホールディングスの平成25年~平成26年の売上高は、なんと6421憶円。2位には大差をつけて、首位の業績を獲得しています。

業績ランキング2位:東京放送ホールディングス(TBS)

続いて、2位にランクインしたのは、東京放送ホールディングス(TBS)でした。その業績は、3543憶円。フジ・メディア・ホールディングスの売上高には少々差を付けられていますが、テレビ業界内でもトップクラスの業績です。

業績ランキング3位:日本テレビホールディングス

3位の日本テレビホールディングスは、3417憶円。2位の東京放送ホールディングス(TBS)の業績とは、僅差となっています。今後の業績次第では、逆転も可能です。

ちなみに、4位のテレビ朝日ホールディングスは、2679憶円でした。また、5位にランクインしたスカパーJSATホールディングスの売上高は1716憶円です。1位のフジ・メディア・ホールディングスが独走を続ける中、2位3位は僅差。続く4位は、上位3社にリードを付けられつつも好成績をキープし、5位のスカパーJSATホールディングス以降、再び僅差の業績が続く結果となっています。

テレビ業界企業ランキング

続いて、テレビ業界各社の平均年収ランキングをご紹介していきます。社会人として労働する上で、見てみぬフリは出来ない大切な条件・年収。やはり、少しでも高いに越したことはありませんよね。勿論、年収の高さだけで就職する企業を選ぶことは、あまりおすすめできません。しかし、企業の人気や魅力を示す要素の1つとして、年収の存在が大きいことは確かです。業界研究をしている方や、テレビ業界企業への就職を考えている方にとって、知っておいて損はない情報でしょう。

テレビ業界企業ランキング:平均年収ランキング

それでは、テレビ業界企業の平均年収ランキングをご紹介していきます。以下は、平成26年7月~平成27年6月の、決算時のデータを参考にまとめられたものです。

  • 1位:朝日放送
  • 2位:TBSホールディングス
  • 3位:日本テレビHD
  • 4位:フジ・メディア・HD
  • 5位:テレビ朝日HD
  • 6位:テレビ東京HD
  • 7位:毎日放送
  • 8位:九州朝日放送
  • 9位:スカパーJSAT HD
  • 10位:RKB毎日放送
  • 11位:中部日本放送
  • 12位:札幌テレビ放送
  • 13位:テレビ西日本TOKAI HD(CATV事業)
  • 14位:東北放送新潟放送
  • 15位:WOWOW
  • 16位:南海放送
  • 17位:北海道放送
  • 18位:山口放送
  • 19位:山陽放送
  • 20位:新潟放送
  • 21位:東京メトロポリタンテレビジョン
  • 22位:信越放送
  • 23位:北日本放送
  • 24位:長崎放送
  • 25位:青森放送
  • 26位:四国放送
  • 27位:アイビーシー岩手放送
  • 28位:北陸放送
  • 29位:ブロードメディア
  • 30位:秋田放送

引用元:「年収ラボ(※2)」

以上が、テレビ業界企業の平均年収ランキングです。業績ランキングと比較して、多少の変動はありますが、上位はやはりキー局となりました。業績ランキングで上位にランクインしていた、WoWoWやスカパーJSAT HDなどの衛生放送は、平均年収ランキングでは順位を落としています。これらは最近になって、急速に業績を伸ばして成長を遂げてきた企業です。今後、他界業績が社員の給与に還元されていく可能性がありそうですね。

それでは、上位3社の平均年収をより詳しく見ていきましょう。

平均年収ランキング1位:朝日放送

テレビ業界企業首位の朝日放送の平均年収は、なんと1518万円。これは、2015年の一般的な労働者の平均年収と言われている440万円(※3)と比較すると、3倍以上の金額です。

平均年収ランキング2位:TBSホールディングス

続いて、2位にランクインしたTBSホールディングスの平均年収をご紹介します。その金額は、1509万円。1位の朝日放送と僅差の、高額な年収です。今後、平均年収ランキングで首位を獲得する可能性も、大いにあり得ますね。

平均年収ランキング3位:日本テレビHD

3位の日本テレビHDの平均年収は、1469万円でした。1500万円代の1位・2位と比較すると、やや低くなりますが、一般的と言われる平均年収と比較すると、まだまだ高年収と言われる範囲の金額です。

ちなみに、30位の秋田放送の平均年収は661万円。今回のランキングでは最下位でしたが、金額としては一般的な平均年収よりも200万円以上高くなっています。テレビ業界の年収が全体的に高いことがわかりますね。

これからも最先端の存在であり続けるテレビ業界

いかがでしたでしょうか?今回は、テレビ業界への就職を検討している方や業界研究をしている方向けに、テレビ業界企業の業績と平均年収に関する、2つのランキングをご紹介しました。

衛生放送が登場し、テレビ業界企業の勢力図に変化があらわれてきました。また、インターネットの普及によって、テレビ業界が苦戦を強いられている部分もあるようです。

しかし、私達にとって、テレビが身近に情報を収集できるツールであることは変わりません。テレビ業界はこれからも、現状の課題をクリアして、最先端の情報を伝える人気の業界で在り続けるでしょう。

[参考資料・引用元]
※1「業界動向.SEARCH.com
※2「年収ラボ
※3「DODA 平均年収ランキング2015